• ベストアンサー
  • 困ってます

子供たちが自分の前世を語り、家族が子供がその前世だと語る故人の家族を尋

子供たちが自分の前世を語り、家族が子供がその前世だと語る故人の家族を尋ねると、前世の人物の生涯と子供が語ることが大方一致したという研究報告が、イアン・スティーヴンソン博士らによって幾例も報告されています。 この生まれ変わりのような現象を、前世を語る子供の家族とその前世だと語られた故人のいる家族の、集団ヒステリーで作られたフィクションだと仮定します。 スティーヴンソン博士は、双方の家族証言の真実さを厳密に検証しているわけですが、集団妄想や集団ヒステリーにかかっている人たちは、そうした博士の厳密な調査に耐えられるものでしょうか? フィクションだと見破られてしまうものでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数281
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>双方の家族証言の真実さを厳密に検証して ここが嘘でしょうね。 厳密にではなく、都合良く一致した部分を取り上げることで自説を(あるいは教会の説を)立証しようとしたでっち上げでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 前世を語る子供たちは、高頻度で先天的な母斑や欠損をもっていて、前世と語

    前世を語る子供たちは、高頻度で先天的な母斑や欠損をもっていて、前世と語る故人の持っていた傷跡や致命傷と一致するというイアン・スティーヴンソン博士の研究がおります。(『生まれ変わりの刻印』) インドの前世を語る子供では、三分の一にこうした身体的な現象がみられるとあります。身体現象だけではなく、子供は遥か遠方に住んでいた、誰も知りえない故人の死の状況や生涯を語り、大方当ててしまいます。さらに高頻度で前世の死にまつわる恐怖症を示したりもします。 博士の見解の通り、生まれ変わり、が一番適切なのですが、科学は許さないでしょう。 常識では考えられない事例が幾つもあるので、偶然説は成り立たないでしょう。 そうすると、30年にもわたる厳密で真摯な研究で定評があるスティーヴンソン博士らスタッフは、実は周到な詐欺師の集団だったのでしょうか? あるいは、前世を語る子供の出現に、その家族と故人の家族が集団妄想を起こし、生まれ変わりのストーリーを作ってしまい、スティーヴンソン博士がそのフィクションを見抜けなかったのでしょうか?

  • 前世を記憶する子供たちは、知りえないはずの前世の実際の事実を語るのみな

    前世を記憶する子供たちは、知りえないはずの前世の実際の事実を語るのみならず、その前世の習癖ももっていたり、前世の死因にまつわる恐怖症を示したり、まるで前世という人物の生まれ変わりのようにふるまうという研究報告が、イアン・スティーヴンソン博士によって発表されていますが、これは精神医学的に解釈できるのでしょうか?

  • イアン・スティーヴンソンの「前世を記憶する子供たち」についてです。本に

    イアン・スティーヴンソンの「前世を記憶する子供たち」についてです。本に発表されている十数例では、常識では考えられないものがあります。 前世を記憶する子供たちは、遥か遠方の誰も知るはずもない故人の死の状況、生前の職業や家族などについて語り、それがほとんど当たっているのです。(さらに高頻度で、死にまつわる恐怖症や同じ傷跡をもって生まれたりします) 誰も知るはずもない遠方の故人について、生涯を詳しく言い当てるということだけとっても、偶然では考えられません。すると、あと考えられるのは、 A.厳密な調査を掲げているスティーヴンソンら研究スタッフだが、実は周到な詐欺を30年にもわたり行っていた。 B.前世を語る子供の出現に、その家族と故人の家族が集団妄想を起こし、生まれ変わりのストーリーを作ってしまった。そしてそのフィクションをスティーヴンソンが見抜けなかった。 C.子供の超感覚的知覚能力によるもの D.まさしく生まれ変わり どれでしょうか? 他に何かありますか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

はい いくらでもそういう話はあります。 虚偽記憶症候群とか言われるもの。 振り込め詐欺の被害も似たようなケースですよね。 相手の思い込む心理を利用した詐欺。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございます。 集団妄想で、皆同じことを信じてしまい、その状態が長い間持続するものでしょうか?

関連するQ&A

  • 「前世を記憶する子供たち」の事例が2500件、スティーヴンソン博士らの

    「前世を記憶する子供たち」の事例が2500件、スティーヴンソン博士らの調査によって挙がっていますが、そこには次のような共通した特徴が見られます。 ・ 前世の死因にまつわる恐怖症を示す。 ・ 前世にまつわる言動は7,8歳位になると、おさまってしまう。 ・ 子供には、前世に該当する人物と一致するようなあざがある。 ・ 前世は大概、非業の死をとげている。 ・ 前世が死んだのは、大方一年か二年の近い過去のこと ・ 前世は家族親族か、比較的近いところの人が多い。 全体にこうした共通した特徴がみられることから察すると、生まれ変わりの話の個々各々は、子供たちとその家族、前世の家族の作り話ではないと考えていいと思いますか?(各々が独自に作話したらこうした共通性は出てこないのではないでしょうか。)

  •  前世を記憶する子供たちの例が2000点程、ヴァージニア大学の40年に

     前世を記憶する子供たちの例が2000点程、ヴァージニア大学の40年にもわたる研究により報告されています。子供が前世人物だと主張する知るはずもない遠方の故人に関する生前の情報を知っていたり、その前世の生活習慣や死因にまつわる恐怖症を示したりします。さらには高頻度で、前世人物の致命傷となった傷跡と同じ部位に同じような傷跡をもって生まれてくるそうです。  生物学的にこのような現象を生まれ変わりだと全く考えられないわけで、他に可能性として挙げると、子供や故人のESPや念力によるもの、または研究と発表における不備や詐欺、のいずれかになると思いますが、どちらが可能性が高いと思われますか?

  • 前世の記憶がある子供たちが、その前世人物の死因に対して恐怖症を示すこと

    前世の記憶がある子供たちが、その前世人物の死因に対して恐怖症を示すことが多いそうですが(アメリカのイアン・スティーヴンソン博士らの厳密な研究によります)、これはどうしてだと考えられますか。生まれ変わりでないとしたら、子供たちの超常能力でしょうか。

  • 故人(主人方の親族)に対する気持ち

    結婚1年目を迎えた30代女性です。 先日、主人方の近しい親族が急逝しました。 (※個人の特定を避けたく、親族の詳細は記載しません) その故人に対する気持ちの整理がつかなく、非常に苦しい思いをしています。 どう整理すれば良いのかアドバイスをいただきたくお願いします。 故人には所有するマンションが2つありました。 私たちの結婚前は、マンションのそれぞれは以下のような状態でした。  ・マンション1:空室(築30年)  ・マンション2:故人が居住(築6年) 結婚後は私たちにマンション1に住んで欲しいと言われました。 故人の干渉が強いので、主人としては心機一転、自分たちで探した賃貸に住みたいと願っていましたが、 故人の精神的な状態も悪かったため(ヒステリーを起こして、何度も呼び出されました)、 マンション1に住むことにしました。 賃料は払いたかったのですが、故人が頑として受け取らないと言い張りました。 ところが、引越しの1週間前になって、故人がマンション1に住まわせたくないと言い出したのです。 私は一人暮らしをしていたので、アパートの解約が迫り、非常に困りました。 慌ててウィークリーマンション等を探したのですが、急すぎて入居できるところが見つからず、まさかの事態に本当に困りました。 上記のような事情もあったため、主人が故人の真意を急ぎ確認したところ、 以下のようにしたいと言い出したのです。  ・マンション1に故人が引っ越す  ・マンション2に私たちが引っ越す 1週間しかなかったため、知人宅の駐車場に荷物を置かせてもらい、私はしばらくビジネスホテル暮らしをしつつ、 故人の引越しを手伝い、なんとかマンション2を空けてもらい、無事に主人と同居を開始することができました。 しかし、今度は主人がマンション2を乗っ取ろうとしているという妄想に駆られるようになったようで、 夜中に電話をかけてきたり、マンション2に合鍵で入り暴れて台所の物を散らかしてみたり、 主人の兄弟に泣き付いてみたり、等々、モメるようになってしまいました。 (暴れ疲れて、寝室の主人の布団で寝ていたこともあります。一番イヤでした。) それもこれも、故人所有のマンション2に住んでいることが原因だと思い、 主人と相談の上、故人が住んでいるマンション1の近くに自分たちで賃貸を借りることにしました。 マンション2には、1か月しか住んでいません。 出ていく時は、色々とののしられたのですが、マンション2を乗っ取られるという妄想はなくなったようで、関係はマシになってきました。 ところが、今度は故人の攻撃の対象が別の家族に移ってしまい、物を投げたり、叩き合ったりのケンカを繰り返すようになりました。 そのたびに呼び出され、仲裁をしたり、近所に謝って回ったり、とても大変でした。 そして先日、故人は処方された薬を大量に飲み急逝しました。 病死ではなかったため、警察に事情を聞かれたり、現場検証につきあったりすることになりました。 主人や他の家族は、故人の精神状態が悪くなる前の状態を知っているため、「かわいそうな人だった」と言って、非常に悲しんでいます。 ですが、私は知り合った当初から精神状態が悪く、困った行動や発言ばかりが思いだされ、亡くなっているのに、いまだに「迷惑をかけられた」という思いが消えず、素直に弔う気持ちに欠けています。 そんな自分の考え方がイヤになるのです。 主人をかわいがってくれた方、主人が大切に思っている方、と「主人」というフィルターを掛けて、なんとか気持ちを抑えようと思うのですが、うまくいきません。 精神的な病だったかもしれず、治療できず、故人本来の性格ではなかったのだと、考えても、なお憤りがあるのです。 最悪な人間ですが、主人や主人の家族が言うように「どんなに迷惑をかけられてもいいから、生きていて欲しかった」と思えないのです。 自分という人間の最低さに嫌気がさします。 どうにか、この気持ちを鎮めて素直に弔いたいと思うのですが、どう考え方を変えて行けば良いかアドバイスいただけないでしょうか。  ※墓守は、故あって主人がやることになります。  ※故人の財産は、逝去後のもろもろお金が必要なため、ほとんど譲り受けることはありません。

  • 生まれ変わり?、以下の事例は、作り話か。

    生まれ変わり?、以下の事例は、作り話か。 イアン・スティーヴンソン博士の研究を継いでいるタッカー氏の共同研究者、ハーラルドソンが調査し発表したものがあります。 スリランカのプルニマという少女は2、3才の時、前世について20件程の発言をした。それによると、男性の線香職人で、アンビガとゲタ・ピチチャという二種類の線香を作り、自転車で線香を売り歩いていた。230キロ程離れたケラニア寺の川向こうに住んでいた。大きな車にはねられ死亡した。などがあった。 ケラニマにゆかりのある教師がこの発言と一致する故人を、ケラニマで探し出した。三軒の線香業者のうち一軒で、アンビカとゲタ・ピチチャを作っていて、店主の義弟であったジナダサが、線香を市場に運ぶ途中バスにはねられ死亡していると判明した。 ハーラルドソンはプルニマが9才の時に調査を始めた。プルニマが語ったと両親が証言した20項目のうち、14項目はジナサダの生涯と符合することを確認した。また彼はジナサダの検死報告も入手した。そこには、左の肋骨が折れ,脾臓が破裂し、右肩から左下腹部まで袈裟懸けに擦過傷があったと記されていた。これは、プルニマの胸と肋骨の上の母斑と一致した。 この事例では、230キロも隔てて暮らすこの二家族は全くの他人同士ですし、ジナサダの仕事や死についてプルニマが知る方法はなかったでしょう。また両親さえ聞いたことのないという、二種類の線香の商標名を2、3才のプルニマが知っていたのは奇妙な話です。ハーラルドソンの調査の範囲ではプルニマの住む町にそのような商標の線香はなかった、とあります。 発言がどれだけ事実か、の検証なのですが、プルニマが語った20項目のうち3つは不正解、残る3つは不明とあります。

  • 家族が霊能者の方と出会い、不審に思っています

    第三者の方からの意見を伺いたいので投稿しました。 家族が最近某ブログサイトで有名な霊媒師の方に相談をしました。 「自分は恵まれているが、なかなかいい男性と巡り会えず、会っても離れて行ってしまう。」 こういった内容で、ほかにもいろいろと家庭の相談などをしたと話していました。 相談した家族は私とは別々に暮らしています。 某ブログサイトの方は「あなたは悪霊にとりつかれており、前世の行いで守護霊が守ろうと しているけど守りきれていないので御祓いをしなくてはいけない」という返答だったそうです。 (もっと仏教などの専門的な話を詳しく説明されたみたいなのですが、省きます) それが2ヶ月程前のことでした。 私としてはあまり過剰に心配してもかえって意固地になってしまいそうだし、 御祓いしたいと言い張るなら、してもらえば気が済むだろうと思っていました。 しかし、今になってもまだその方との繋がりがあって、何かに付けて 「○○さんはこう言ってたからあんたもこうしたほうがいい」と干渉するようになってきました。 しばらく聞き流していたのですが、先日「私は○○さんに十界(私も詳しいことはきちんと分からないので説明は省きます。)の中の仏の心を自分の意識でコントロールできていると言われた。 すごいでしょ!?」と言ってきました。 要は悟りをひらいているのでこれからもその精神でがんばりましょうということでした。 その方のブログを読んでいてもたしかにとても素晴らしい考えを持った人なのだな、 と思えるのですが、不審な点も多いのです。 仕事の依頼をした家族の話によれば、 ・相談は全てメールのやりとりのみ(ブログでは相談者と会うような話もありますが)で 直接会ったり、電話で話すこともない ・御祓いの過程で、自分の携帯の待ち受け画面に持っていたほうがいいという画像が 一つにつき数万円する ・メールの送受信のみで料金が発生し、家族はすでに10数万円(もしかしたらそれ以上) 支払っている。 ということなのです。 会話をしてても最近その霊媒師の方の話ばかりで、今日はこう言われたとか、 自分は優秀なので言われたことをすぐこなせるなど言うようになりました。 不信感が募り家族を説得しても「あんたは私の肉親だから大丈夫。 そんじょそこらの人間じゃ私の肉親にはなれない。」と言われ、 (これも意味不明ですが)全く聞く耳持たずです。 いろんな仕事を持たれてる方は多いと思うのですが、私は怪しくて仕方がないです。 本当にそんな仕事があるものなのでしょうか 。 又、私は家族とは考え方が全く異なるため、物事を因縁や前世だけのせいにして 自らの内面を変えようという意識を持たないことがすごく引っかかります。 巡り会った男性に関しても、「私はS級ランクの男としか結婚したくない」 (家族が言うには社長クラスの年収と懐の大きい人間でなければ嫌とのことでした) と私には言うのですが、霊媒師の方には「私は人間性を重視するので外見や 収入などでは恋愛はできません。もし本当に愛する人ならば事故や病気で変わり果てても 一生愛し続ける自信があります。」と言うのです。 霊媒師の方に伝えていることが真実なのか、私に話していることが真実なのか 分からないような発言も多く、家族と会話をすることにも疲労を感じます。 元々その霊媒師の方と会うまでは、東京で有名な占い師の方のところに 毎月行っては話を聞いていて、以前も「私は金星の女神だった。」とか 「私の子供は天使の子で将来この国にとってとても有力な存在になる。」とか 言っていました。 最初は話半分で「ああそう。」と言っていましたが、今回の大地震についても 「うちの子は地震が来ても爆睡していた。将来大物になるに違いない。」 などと言っていました。 否定すればするほど意固地になるし、肯定すれば私のことも干渉してくるようになるので 相手にするのをやめようかとも思っていたのですが、 そういう時ほど向こう側から連絡をしてくることも多く・・・。 私はこの家族とどう接していいのか分からなくなってきました。 第三者の方から見て、何かご意見をくだされば幸いです。 又、家族もこのサイトを見ているので質問を削除させていただく場合があります。 ご了承いただける方のみご回答くださいますよう、何卒宜しくお願いいたします。

  • 霊媒や前世の記憶をもつ子供たちが、1)故人になりきり、2)その故人に関

    霊媒や前世の記憶をもつ子供たちが、1)故人になりきり、2)その故人に関する知りえないはずの事実を語り明かしますが、これは、トランス意識状態により1)、2)が同時に脳の機能として発動したと考えていいのでしょうか?

  • マンガのタイトル(手塚治虫、ダイエットホラー?)

    マンガのタイトルを教えてください。 1冊目: 今から20年ぐらい前に図書館で読んだマンガ。 手塚治虫さん作だと思うのですが、 戦争中に家族と共に皆殺しにあったという前世の記憶を持った少年が、 現世で同様に前世の記憶を持った家族(生まれ変わり)と再会するストーリー。 生まれ変わった家族は少年と同じ国籍ではなく、 いろいろな国に居たというような感じだったと思います。 その後、何度か自分でも探してみましたが見つかりませんでした。 火の鳥は出てきていなかったと思います。 2冊目: 雑誌に載っていたものだと思いますが、 あまりゴテゴテしていない絵で、淡々とストーリーは進んでいったと思います。 内容は、女性がある日自宅の冷蔵庫でお肉を見つけるんです。 自分で買った覚えは無いが調理して食べてみると美味しい、 そして翌日には体重が減っていた。 そしてまた翌日?に冷蔵庫で同じようにお肉を見つける。 食べ続けるうちに女性は痩せ(ダイエットに成功して?)、 最後には死んでしまうという話でした。 両方とも、かなり古いマンガだと思います。 2冊目は文庫本ではなく雑誌だったと思います。 子供のころはなんとなく読んでいたのですが、 大人になった今、記憶に深く残っているので再度読みたいと思い投稿しました。 よろしくお願いいたします。

  • ちゃんと謝らない子供達って言うけれど

     中学3年生の女子です。  「ちゃんと謝らない子供が増えた。」って、言うけれど 叱り方が下手な大人や、叱り慣れていない大人も多いと思うんです。  たとえば、少し騒ぎすぎた。よそ見をしていてぶつかった。 この程度なら、「すみませんでした。」って一言謝れば済む問題だと思っています。  でも、中には、叱るにしても、必要以上に長時間叱り続けられたり。 「警察に行こうか。」とか、「親を呼べ。」とか、大げさに言われたり。  酷い人になると、「親を呼ばれたくなかったら、ちょっと来い。」とか言って 腕をつかんで人気の無い所に連れて行こうとする大人も居ます。    特に男性にすごまれたり、腕を掴まれたら凄く恐いです。  全ての大人がそういう人では無い事は解りますが、そういう大人が少なからず居る事も事実です。  ですから、謝る時でも。少し距離を空けて、いつでも逃げれる体制。もしくは謝ると同時に走り去る。  などの行動をとる事は仕方ないのではないでしょうか?  礼儀として、駄目な事なのは解るのですが、ソバに近づけない理由がある時だってあるのです。 「ちゃんと謝らない子供が増えた。」と言いますが 叱り方が下手な人や、叱り慣れていない大人も多いと思うのです。

  • 最近の子供達

    最近の子供達は、自己主張ばかり一人前で、人の批判ばかり します、言葉遣いも相当悪いです、グサッと来る事も言います 要求ばかりで、家の用事は一切やりません、勉強もしないし これが今時の子供なのでしょうか、それとも子育て失敗でしょうか 悩んでいます