• ベストアンサー
  • 困ってます

 前世を記憶する子供たちの例が2000点程、ヴァージニア大学の40年に

 前世を記憶する子供たちの例が2000点程、ヴァージニア大学の40年にもわたる研究により報告されています。子供が前世人物だと主張する知るはずもない遠方の故人に関する生前の情報を知っていたり、その前世の生活習慣や死因にまつわる恐怖症を示したりします。さらには高頻度で、前世人物の致命傷となった傷跡と同じ部位に同じような傷跡をもって生まれてくるそうです。  生物学的にこのような現象を生まれ変わりだと全く考えられないわけで、他に可能性として挙げると、子供や故人のESPや念力によるもの、または研究と発表における不備や詐欺、のいずれかになると思いますが、どちらが可能性が高いと思われますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数273
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

http://en.wikipedia.org/wiki/Jim_B._Tucker 英文のWIKIでは「実験は正しくないし、疑似科学だ」としてますね。 based on incorrect or pseudoscientific interpretations. < 引用終り ちなみに、出ている学会誌も http://www.healthsystem.virginia.edu/internet/personalitystudies/JimBio.cfm Society for Scientific Exploration http://www.02.246.ne.jp/~kasahara/parapsy/periodicals_printerversion.html によれば 「サイ現象や超心理学の論文ばかりでなく、UFOや未知の動物など、特異的現象全般を対象とした雑誌。」なんか 日本で言うと ムー? で、ハーバード大学の医学部の場合、本当に医学部の中で研究している先生以外に、Assistant Professor としてアシスタントに入れているそうです。その人数をカウントすると、非常に多数の研究者がいるという感じになる。ヴァージニアもそれっぽいな。 だいたい、略歴を見ると 1999年からAssistant Professorになっている。 その人が ヴァージニア大学で40年にわたって・・・というのも、なんだかな。 医学博士号をもつ タッカーさんが40年にわたって個人的に研究している成果を、1999年からヴァージニア大学でAssistant Professorになったので、ヴァージニア大学で40年にわたって研究していると、称して発表している。 といのが、真相のようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございます。 参考に致したいと思います。

関連するQ&A

  • 前世を記憶する子供たちは、知りえないはずの前世の実際の事実を語るのみな

    前世を記憶する子供たちは、知りえないはずの前世の実際の事実を語るのみならず、その前世の習癖ももっていたり、前世の死因にまつわる恐怖症を示したり、まるで前世という人物の生まれ変わりのようにふるまうという研究報告が、イアン・スティーヴンソン博士によって発表されていますが、これは精神医学的に解釈できるのでしょうか?

  • 前世を語る子供たちは、高頻度で先天的な母斑や欠損をもっていて、前世と語

    前世を語る子供たちは、高頻度で先天的な母斑や欠損をもっていて、前世と語る故人の持っていた傷跡や致命傷と一致するというイアン・スティーヴンソン博士の研究がおります。(『生まれ変わりの刻印』) インドの前世を語る子供では、三分の一にこうした身体的な現象がみられるとあります。身体現象だけではなく、子供は遥か遠方に住んでいた、誰も知りえない故人の死の状況や生涯を語り、大方当ててしまいます。さらに高頻度で前世の死にまつわる恐怖症を示したりもします。 博士の見解の通り、生まれ変わり、が一番適切なのですが、科学は許さないでしょう。 常識では考えられない事例が幾つもあるので、偶然説は成り立たないでしょう。 そうすると、30年にもわたる厳密で真摯な研究で定評があるスティーヴンソン博士らスタッフは、実は周到な詐欺師の集団だったのでしょうか? あるいは、前世を語る子供の出現に、その家族と故人の家族が集団妄想を起こし、生まれ変わりのストーリーを作ってしまい、スティーヴンソン博士がそのフィクションを見抜けなかったのでしょうか?

  • 前世の記憶がある子供たちが、その前世人物の死因に対して恐怖症を示すこと

    前世の記憶がある子供たちが、その前世人物の死因に対して恐怖症を示すことが多いそうですが(アメリカのイアン・スティーヴンソン博士らの厳密な研究によります)、これはどうしてだと考えられますか。生まれ変わりでないとしたら、子供たちの超常能力でしょうか。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

研究と発表における不備や詐欺に近いのではないかと思います。 その理由は、もしこの報告に科学的な真実が隠されているとすると、キリスト教以外の国々でも同じような研究が実施されるとと思うからです。 キリスト教は、イエス・キリストが神の生まれ変わりであったとか、また悪魔がいるとかいうフィクションを信者に信じてもらう必要があので、生まれ変わりや、憑依というフィクションが現実にあるという報告があると都合がよいのでしょう。 ヴァージニア大学に熱心なキリスト教信者がおって、その人が始めた研究に、キリスト教が研究費をつけ、一旦貰い始めた寄付金を断るわけにもゆかないので、40年も”研究”をつづけてしまったということが想像されます。 この大学の研究チームの見解・発表は、他大学の研究陣からは全く相手にされていないといことかもしれません。 キリスト教汚染を阻止した日本にいると、キリスト教による科学への介入や真実改竄は理解に苦しみます。 しかし、実際にアメリカの一部の州では、生徒に進化論を教えるときに同時に「天地創造で人類が作られたという説」も教育しなければならないところもあるそうです。公立高校の教育内容にまでキリスト教が介入しています。 世界は色々ですね。 宗教の自由は認めなければなりませんが、信者以外にも誤解をもたらす可能性のあることは差し控えてほしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度御回答ありがとうございます。 ご意見参考にさせて頂きます。

  • 回答No.1

大変に興味のあるお話をご披露いただきありがとうございます。 私は、収集の内容が北米のアメリカ人だけなどという偏った研究でなければ、なぜ、子供たちは知るはずもない遠方の故人の言葉がしゃべれないのかが疑問です。 まあ、我々がどう思うかよりも、バージニア大学がその事例収集プロジェクトからどのような仮説をしているのか調べるのが先でしょう。学者先生たちは、どのような可能性を上げているのですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございます。 学者たちは、生まれ変わり説、子供のESP説、憑依説を挙げています。 研究については著書を読む限り厳密です。よって不思議なのです。 ご意見ありがとうございました。

関連するQ&A

  • イアン・スティーヴンソンの「前世を記憶する子供たち」についてです。本に

    イアン・スティーヴンソンの「前世を記憶する子供たち」についてです。本に発表されている十数例では、常識では考えられないものがあります。 前世を記憶する子供たちは、遥か遠方の誰も知るはずもない故人の死の状況、生前の職業や家族などについて語り、それがほとんど当たっているのです。(さらに高頻度で、死にまつわる恐怖症や同じ傷跡をもって生まれたりします) 誰も知るはずもない遠方の故人について、生涯を詳しく言い当てるということだけとっても、偶然では考えられません。すると、あと考えられるのは、 A.厳密な調査を掲げているスティーヴンソンら研究スタッフだが、実は周到な詐欺を30年にもわたり行っていた。 B.前世を語る子供の出現に、その家族と故人の家族が集団妄想を起こし、生まれ変わりのストーリーを作ってしまった。そしてそのフィクションをスティーヴンソンが見抜けなかった。 C.子供の超感覚的知覚能力によるもの D.まさしく生まれ変わり どれでしょうか? 他に何かありますか?

  • 前世記憶のある子供たちは、その前世人物の生活事実の記憶だけでなく、感情

    前世記憶のある子供たちは、その前世人物の生活事実の記憶だけでなく、感情や習慣、身体の傷跡までも受け継いでいることが多いです。これは本当の生まれ変わりでないとすると、故人の残留思念が新生児に取り付いたと考えていいでしょうか。または、新生児が超能力を発動して故人の情報を読み取り心身に刻み込み、生まれ変わりを演じているのでしょうか。

  • 「前世を記憶する子供たち」の事例が2500件、スティーヴンソン博士らの

    「前世を記憶する子供たち」の事例が2500件、スティーヴンソン博士らの調査によって挙がっていますが、そこには次のような共通した特徴が見られます。 ・ 前世の死因にまつわる恐怖症を示す。 ・ 前世にまつわる言動は7,8歳位になると、おさまってしまう。 ・ 子供には、前世に該当する人物と一致するようなあざがある。 ・ 前世は大概、非業の死をとげている。 ・ 前世が死んだのは、大方一年か二年の近い過去のこと ・ 前世は家族親族か、比較的近いところの人が多い。 全体にこうした共通した特徴がみられることから察すると、生まれ変わりの話の個々各々は、子供たちとその家族、前世の家族の作り話ではないと考えていいと思いますか?(各々が独自に作話したらこうした共通性は出てこないのではないでしょうか。)

  • 子供たちが自分の前世を語り、家族が子供がその前世だと語る故人の家族を尋

    子供たちが自分の前世を語り、家族が子供がその前世だと語る故人の家族を尋ねると、前世の人物の生涯と子供が語ることが大方一致したという研究報告が、イアン・スティーヴンソン博士らによって幾例も報告されています。 この生まれ変わりのような現象を、前世を語る子供の家族とその前世だと語られた故人のいる家族の、集団ヒステリーで作られたフィクションだと仮定します。 スティーヴンソン博士は、双方の家族証言の真実さを厳密に検証しているわけですが、集団妄想や集団ヒステリーにかかっている人たちは、そうした博士の厳密な調査に耐えられるものでしょうか? フィクションだと見破られてしまうものでしょうか?

  • 前世療法で被験者が催眠により前世人物になりきりますが、同じように霊媒は

    前世療法で被験者が催眠により前世人物になりきりますが、同じように霊媒は自己催眠によって目当ての故人になりきるのでしょうか? (両者ともなりきった人物の知りえない事実も語ることがありますがそれは催眠によって発動したESPにより知り得たと考えられます。)

  • 死後の世界や霊魂を否定される方にご質問致します。名門ヴァージニア大学の

    死後の世界や霊魂を否定される方にご質問致します。名門ヴァージニア大学の定評ある研究発表があります。それは前世の記憶がある子供たちの三分の一という高頻度で、前世の人物と同じ身体部位に同じような傷跡や母斑をもって生まれてくるということです。また、前世の人物に関する知らないはずの情報を知っていたり、前世が使用していた外国語を話すといったことも発表されています。この研究から、生まれ変わりがあると考えられますが、生まれ変わりを否定できるでしょうか。

  • アメリカ名門大学の生まれ変わり研究の真偽

    アメリカ独立宣言で有名なジェファーソン大統領が創設した名門ヴァージニア大学で、人間の「生まれ変わり」を想定しないと解釈に困難な、前世を記憶する子供たちの事例が多々集められていますが、これはスタッフ一同勘違いをしているのか、詐欺をしているのか、本当に生まれ変わりがあるのか、どう思いますか? 40年も続く研究で、 今も多くのスタッフを要していますhttp://www.medicine.virginia.edu/clinical/departments/psychiatry/sections/cspp/dops/staff

  • 前世記憶の子供たちの研究からも分かるとおり、生まれ変わると別人になる訳

    前世記憶の子供たちの研究からも分かるとおり、生まれ変わると別人になる訳ですが、それだと、結局私たちは死んでも永続できないということでしょうか。(あくまで、前世記憶が生まれ変わりの真実を証明したとの仮説の上での話です。)

  • 前世の記憶を教えてほしいです

    あなたの前世の記憶を教えて下さい。出来たら時代、場所、行為など。

  • 前世の記憶

    最近テレビで『子供が前世の記憶をしゃべる』と女性タレントさんが言っていたのですが、どなただったでしょうか? ちょっと気になることがあるので知っている方ぜひ教えてください。 しょうもない質問ですが、よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう