• ベストアンサー
  • 困ってます

「前世を記憶する子供たち」の事例が2500件、スティーヴンソン博士らの

「前世を記憶する子供たち」の事例が2500件、スティーヴンソン博士らの調査によって挙がっていますが、そこには次のような共通した特徴が見られます。 ・ 前世の死因にまつわる恐怖症を示す。 ・ 前世にまつわる言動は7,8歳位になると、おさまってしまう。 ・ 子供には、前世に該当する人物と一致するようなあざがある。 ・ 前世は大概、非業の死をとげている。 ・ 前世が死んだのは、大方一年か二年の近い過去のこと ・ 前世は家族親族か、比較的近いところの人が多い。 全体にこうした共通した特徴がみられることから察すると、生まれ変わりの話の個々各々は、子供たちとその家族、前世の家族の作り話ではないと考えていいと思いますか?(各々が独自に作話したらこうした共通性は出てこないのではないでしょうか。)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数204
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

遠藤周作著『深い河』の中にこのことが出てきます。 参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

教えていただきありがとうございます。

関連するQ&A

  • 前世を記憶する子供たちは、知りえないはずの前世の実際の事実を語るのみな

    前世を記憶する子供たちは、知りえないはずの前世の実際の事実を語るのみならず、その前世の習癖ももっていたり、前世の死因にまつわる恐怖症を示したり、まるで前世という人物の生まれ変わりのようにふるまうという研究報告が、イアン・スティーヴンソン博士によって発表されていますが、これは精神医学的に解釈できるのでしょうか?

  • イアン・スティーヴンソンの「前世を記憶する子供たち」についてです。本に

    イアン・スティーヴンソンの「前世を記憶する子供たち」についてです。本に発表されている十数例では、常識では考えられないものがあります。 前世を記憶する子供たちは、遥か遠方の誰も知るはずもない故人の死の状況、生前の職業や家族などについて語り、それがほとんど当たっているのです。(さらに高頻度で、死にまつわる恐怖症や同じ傷跡をもって生まれたりします) 誰も知るはずもない遠方の故人について、生涯を詳しく言い当てるということだけとっても、偶然では考えられません。すると、あと考えられるのは、 A.厳密な調査を掲げているスティーヴンソンら研究スタッフだが、実は周到な詐欺を30年にもわたり行っていた。 B.前世を語る子供の出現に、その家族と故人の家族が集団妄想を起こし、生まれ変わりのストーリーを作ってしまった。そしてそのフィクションをスティーヴンソンが見抜けなかった。 C.子供の超感覚的知覚能力によるもの D.まさしく生まれ変わり どれでしょうか? 他に何かありますか?

  • 前世の記憶がある子供たちが、その前世人物の死因に対して恐怖症を示すこと

    前世の記憶がある子供たちが、その前世人物の死因に対して恐怖症を示すことが多いそうですが(アメリカのイアン・スティーヴンソン博士らの厳密な研究によります)、これはどうしてだと考えられますか。生まれ変わりでないとしたら、子供たちの超常能力でしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

どうして、あなたが、そんなことにこだわるのかわかりません、作り話でないとあなたに何か不都合でもあるんですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 子供たちが自分の前世を語り、家族が子供がその前世だと語る故人の家族を尋

    子供たちが自分の前世を語り、家族が子供がその前世だと語る故人の家族を尋ねると、前世の人物の生涯と子供が語ることが大方一致したという研究報告が、イアン・スティーヴンソン博士らによって幾例も報告されています。 この生まれ変わりのような現象を、前世を語る子供の家族とその前世だと語られた故人のいる家族の、集団ヒステリーで作られたフィクションだと仮定します。 スティーヴンソン博士は、双方の家族証言の真実さを厳密に検証しているわけですが、集団妄想や集団ヒステリーにかかっている人たちは、そうした博士の厳密な調査に耐えられるものでしょうか? フィクションだと見破られてしまうものでしょうか?

  •  前世を記憶する子供たちの例が2000点程、ヴァージニア大学の40年に

     前世を記憶する子供たちの例が2000点程、ヴァージニア大学の40年にもわたる研究により報告されています。子供が前世人物だと主張する知るはずもない遠方の故人に関する生前の情報を知っていたり、その前世の生活習慣や死因にまつわる恐怖症を示したりします。さらには高頻度で、前世人物の致命傷となった傷跡と同じ部位に同じような傷跡をもって生まれてくるそうです。  生物学的にこのような現象を生まれ変わりだと全く考えられないわけで、他に可能性として挙げると、子供や故人のESPや念力によるもの、または研究と発表における不備や詐欺、のいずれかになると思いますが、どちらが可能性が高いと思われますか?

  • 前世を語る子供たちは、高頻度で先天的な母斑や欠損をもっていて、前世と語

    前世を語る子供たちは、高頻度で先天的な母斑や欠損をもっていて、前世と語る故人の持っていた傷跡や致命傷と一致するというイアン・スティーヴンソン博士の研究がおります。(『生まれ変わりの刻印』) インドの前世を語る子供では、三分の一にこうした身体的な現象がみられるとあります。身体現象だけではなく、子供は遥か遠方に住んでいた、誰も知りえない故人の死の状況や生涯を語り、大方当ててしまいます。さらに高頻度で前世の死にまつわる恐怖症を示したりもします。 博士の見解の通り、生まれ変わり、が一番適切なのですが、科学は許さないでしょう。 常識では考えられない事例が幾つもあるので、偶然説は成り立たないでしょう。 そうすると、30年にもわたる厳密で真摯な研究で定評があるスティーヴンソン博士らスタッフは、実は周到な詐欺師の集団だったのでしょうか? あるいは、前世を語る子供の出現に、その家族と故人の家族が集団妄想を起こし、生まれ変わりのストーリーを作ってしまい、スティーヴンソン博士がそのフィクションを見抜けなかったのでしょうか?

  • 家族や親類でない第三者が、知人の死亡を公的に確認する手段がありますか?

    家族や親類でない第三者が、知人の死亡を公的に確認する手段がありますか? いさかいのあった知人が、何年も前に亡くなったとその家族に相談にいって聞いたんですが、死因を訊いたら言いにくそうだったので。 詳しくなくても、亡くなったという事実だけでも構いません。 近所や共通の知り合いに訊く方法もあると思いますが、訊きにくくて。

  • 霊界通信と、死後についての学術研究の一致について。

     19世紀後半からイギリスを中心に高級霊や故人からの霊界通信があったとされ、シルバーバーチの霊訓など数々書物として残されています。この数々の霊界通信の内容は概ねどれも一致しています。さらに、20世紀後半から行われた、前世を記憶する子どもたち、臨死体験、退行催眠などの死後についての学術的研究の内容においても、霊界通信の内容と一致する点が多く見られます。また、臨死体験と退行催眠、退行催眠と前世を記憶する子どもたちの研究においても一致する点がみられます。  こうした、様々な方向から得られる死後の世界に関する内容の共通性は、死後の世界が存在することを示唆していると考えられますか?

  • 前世記憶の子供たちの研究からも分かるとおり、生まれ変わると別人になる訳

    前世記憶の子供たちの研究からも分かるとおり、生まれ変わると別人になる訳ですが、それだと、結局私たちは死んでも永続できないということでしょうか。(あくまで、前世記憶が生まれ変わりの真実を証明したとの仮説の上での話です。)

  • 生まれ変わり?、以下の事例は、作り話か。

    生まれ変わり?、以下の事例は、作り話か。 イアン・スティーヴンソン博士の研究を継いでいるタッカー氏の共同研究者、ハーラルドソンが調査し発表したものがあります。 スリランカのプルニマという少女は2、3才の時、前世について20件程の発言をした。それによると、男性の線香職人で、アンビガとゲタ・ピチチャという二種類の線香を作り、自転車で線香を売り歩いていた。230キロ程離れたケラニア寺の川向こうに住んでいた。大きな車にはねられ死亡した。などがあった。 ケラニマにゆかりのある教師がこの発言と一致する故人を、ケラニマで探し出した。三軒の線香業者のうち一軒で、アンビカとゲタ・ピチチャを作っていて、店主の義弟であったジナダサが、線香を市場に運ぶ途中バスにはねられ死亡していると判明した。 ハーラルドソンはプルニマが9才の時に調査を始めた。プルニマが語ったと両親が証言した20項目のうち、14項目はジナサダの生涯と符合することを確認した。また彼はジナサダの検死報告も入手した。そこには、左の肋骨が折れ,脾臓が破裂し、右肩から左下腹部まで袈裟懸けに擦過傷があったと記されていた。これは、プルニマの胸と肋骨の上の母斑と一致した。 この事例では、230キロも隔てて暮らすこの二家族は全くの他人同士ですし、ジナサダの仕事や死についてプルニマが知る方法はなかったでしょう。また両親さえ聞いたことのないという、二種類の線香の商標名を2、3才のプルニマが知っていたのは奇妙な話です。ハーラルドソンの調査の範囲ではプルニマの住む町にそのような商標の線香はなかった、とあります。 発言がどれだけ事実か、の検証なのですが、プルニマが語った20項目のうち3つは不正解、残る3つは不明とあります。

  • 前世の記憶を教えてほしいです

    あなたの前世の記憶を教えて下さい。出来たら時代、場所、行為など。

  • 前世の記憶

    最近テレビで『子供が前世の記憶をしゃべる』と女性タレントさんが言っていたのですが、どなただったでしょうか? ちょっと気になることがあるので知っている方ぜひ教えてください。 しょうもない質問ですが、よろしくお願いします。

  • 前世の記憶

    信じない方もおられるかもしれませんが、私はもしかしたら前世があるのではないかと思います。根拠は何もありませんが、そう考えた方が自然なような気がしています。しかーし、もしそうであるならば、なぜその記憶が無いんでしょうか?いろいろ覚えていたほうが何かと都合がいいと思うんですが。失われた記憶を取り戻す方法をご存知の方はゼヒゼヒ、頭のヨワイ私に教えてやってくださいませ。

専門家に質問してみよう