• ベストアンサー
  • 困ってます

前世記憶の子供たちの研究からも分かるとおり、生まれ変わると別人になる訳

前世記憶の子供たちの研究からも分かるとおり、生まれ変わると別人になる訳ですが、それだと、結局私たちは死んでも永続できないということでしょうか。(あくまで、前世記憶が生まれ変わりの真実を証明したとの仮説の上での話です。)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数6407
  • ありがとう数24

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9
  • mtnlnd
  • ベストアンサー率36% (89/242)

生まれ変わると別人になります 男が女に 女が男に生まれ変わることもあります 犬猫になる場合もあります 生まれ変わるまでの期間が多くの場合は長く 記憶が無くなってから生まれ変わるのです と言うより記憶がある間は生まれ変われないのです 言い換えますと 忘れる 為の期間でもあるのです 理由は他にもありますが略します 前世の記憶は消去されるのではなく 忘れるだけのようです 思い出せないだけで何処かに残っているのでしょう だから催眠術で蘇らせたり出きるのでしょう 別人になっても記憶は残っているのですが思い出せないだけであり獲得した能力も継続します 本人には その事すら思い出せないのです つまり 無駄な人生を送らない限り 生まれ変わる度に利口になっていくのです その為の仕組みです 参考 生まれ変わるまでの期間は近年は2,3百年が多いです 生まれ変わる家は何らかの縁のあるところとなりますが殆どの場合同じ一族です 稀に前世日本人であった者がアフリカに生まれ変わった例はあります 前世 夫婦であった者が今世も同じ夫婦という実例もあります 男女が逆の場合もあります つまり前世は御主人であった者が今世では奥様に というのもあります どうやって確かめたか? これも略します ヒントは私の過去ログ回答にありますけれど.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。 生まれ変わるまでの期間が2、3百年とは長いですね。 それから、前世の人物の意識はそのまま宿っているのでしょうかね?

関連するQ&A

  • 前世を記憶する子供たちは、知りえないはずの前世の実際の事実を語るのみな

    前世を記憶する子供たちは、知りえないはずの前世の実際の事実を語るのみならず、その前世の習癖ももっていたり、前世の死因にまつわる恐怖症を示したり、まるで前世という人物の生まれ変わりのようにふるまうという研究報告が、イアン・スティーヴンソン博士によって発表されていますが、これは精神医学的に解釈できるのでしょうか?

  • 前世の記憶がある子供たちが、その前世人物の死因に対して恐怖症を示すこと

    前世の記憶がある子供たちが、その前世人物の死因に対して恐怖症を示すことが多いそうですが(アメリカのイアン・スティーヴンソン博士らの厳密な研究によります)、これはどうしてだと考えられますか。生まれ変わりでないとしたら、子供たちの超常能力でしょうか。

  • イアン・スティーヴンソンの「前世を記憶する子供たち」についてです。本に

    イアン・スティーヴンソンの「前世を記憶する子供たち」についてです。本に発表されている十数例では、常識では考えられないものがあります。 前世を記憶する子供たちは、遥か遠方の誰も知るはずもない故人の死の状況、生前の職業や家族などについて語り、それがほとんど当たっているのです。(さらに高頻度で、死にまつわる恐怖症や同じ傷跡をもって生まれたりします) 誰も知るはずもない遠方の故人について、生涯を詳しく言い当てるということだけとっても、偶然では考えられません。すると、あと考えられるのは、 A.厳密な調査を掲げているスティーヴンソンら研究スタッフだが、実は周到な詐欺を30年にもわたり行っていた。 B.前世を語る子供の出現に、その家族と故人の家族が集団妄想を起こし、生まれ変わりのストーリーを作ってしまった。そしてそのフィクションをスティーヴンソンが見抜けなかった。 C.子供の超感覚的知覚能力によるもの D.まさしく生まれ変わり どれでしょうか? 他に何かありますか?

その他の回答 (10)

  • 回答No.11
  • mtnlnd
  • ベストアンサー率36% (89/242)

前世の意識について 忘れ去った上でないと生まれ変われません 潜在意識として残るのでしょう 前世に獲得した能力をベースに 生まれ変わる事で別人としてリスタートする訳ですが 同じ道を選べば更に磨きが掛るでしょう そして最終的には天才になる訳です 決して遺伝ではありません 遺伝は物理的形状性質 つまり姿や体質等に限られるでしょう 遺伝学で証明されているのはこれだけと思います 頭脳の良し悪しまでは証明されていないはずです だから遺伝とは言えない例外も多いのでしょう 良くも悪くも親に似ない子の存在 突然変異説も考えられますが起こる確率ははなはだ低くあり得ないでしょう 但し先祖の業を子孫が受け継ぐ事はあるようです 潜在意識について 前世 何か事件に出会い恐ろしい想いをしますと潜在意識として残る為 同じ場面に出会うと何か恐ろしい気持ちになるのはこの為と思います 例えば高所恐怖症とか これらの実例の報告はありませんが その為にある訳ではありませんので一々報告はされません 多分あるのでしょう 推測ですが一人一人の人生は全て記録されていると思います それを示す本が出てました 以前読んだ本に 死後の世界を垣間見る でしたかにありました 今は絶版でしょうけれど翻訳が出てました(米国版 著者は哲学博士らしい) 一時死んだ方の体験百数十件を調査し纏めたものです 但し先の事(人生の記録)には言及してません 私が読んでいて気付いたのです これには私自身驚きました 人生が全て記録されているかも知れないのです しかも映像で 最近検索しましたら一時死んだ方の体験は出ました 臨死体験とも言ってます 犬猫に生まれ変わった場合の例について 世の中には利口な犬猫はいるものでTVで紹介されたりします 実例の報告はありませんが 多分これらがそうではないかと思われます 蛇(青大将)だった というのはありました 詳しいことは省きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度、ご回答ありがとうございます。 詳しいご解説ありがとうございました。 ただ、今の自分が潜在意識に残るだけだとしたら、今の自分は生きているのですか?

  • 回答No.10

>前世の記憶は消去されますが、今の自分の意識が別の人格、個性をまとって再生されるということでしょうかね? このように回答している通りです。 縁があるところに再誕するから持っていけない記憶を頼らなくて良いのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ご回答ありがとうございます。 今一歩分からないのですが、Yesと受け取っていいのだと思います。 ご意見ありがとうございました。

  • 回答No.8

肉体は100年ほどで古くなり使用に耐えられなくなりますので取り替えて新しいものに変えるだけです。これが輪廻ですが、あなたの言う永続性がないというのは前世の記憶がないということで捉えるとそういうことです。 しかし、一人一人顔かたちが違うように双子であっても別々の人生を歩みます。それはなぜか、過去世の続きだからです。ボクサーを目指していた人はまた今生にボクサーを目指すでしょうし、会社員をしていた人はまた会社員をするのでしょう。 縁があるところに再誕するから持っていけない記憶を頼らなくて良いのです。 もっとも物理的に肉体が生じますので持って行きようが無いですけれども。 仏教の経は釈尊の過去世の話です。読んでみると面白いですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 前世の記憶は消去されますが、今の自分の意識が別の人格、個性をまとって再生されるということでしょうかね?

  • 回答No.7

前回書いたもの。 ちょっと私の勘違いがありました。 「わらこそはオムセティなりぃぃぃ」と言った人は、自分の前世はセティ1世だったと主張したのだと思ってましたが、違いました。 セティ1世の妾だったと主張していたんでした。 当時の母権社会における神殿娼婦(巫女・永遠の処女の地上の体現者)の役割を知らなかったので、そういう事実とは異なる妄想話をドロシーさんは生み出し、自ら作り出した架空の世界・妄想に沿った人生を歩んだわけですね。 小さい頃事故で脳のダメージを受けたのが原因だと思う。 事故で一度死んだというのはあくまで本人に主張で、本当に事故にあったのかどうか 誰も知らない。事故が原因じゃなく強いストレスが原因で脳の回路が切り替わったのかもしれない。 あるいは人格障害者だったのかもしれない。 >あくまで、前世記憶が生まれ変わりの真実を証明したとの仮説の上での話です。) 架空の話の上で「結果」を導き出そうとしても、意味が無いと思うんですね。 前、あなたに言ったか誰に言ったか忘れましたが、「人間が鳥のように自由に飛べるとしたら」ということを前提に話を薦めても、意味が無いと思うんですね。 それは「もし宝くじの一等が当選したらどうるるか」という話は誰もがするでしょう。 だけど、「一等当たったら返すから100万貸して。」「一等当たったら200万にして返すから10万貸して」と言われて、あなた貸します????? あなたが今やっているのは まさにそれです。 「いやいや 例えば宇宙人がいたとしたらとかそういうレベルですよ。いるわけないがいたらいいなぁ とちょっと期待するじゃないですか。サンタクロースとか宇宙人とか異世界人とか超能力者とかいない。 が ちょっとはいてくれたらいいなぁ ってみんな思って、そう思うとわくわくするじゃないですか」 というレベルですよね。 いやいや そのレベルを超えている、あなたの主張は。 キョン・・・・ 哲学ってのはね、現実に沿ったことをテーマにするんです。 ありえないこと、事実と矛盾することはテーマにしないという鉄則があるんだよ。 仏陀は現実ありえないことを持って説いていないでしょ? 人間が持っている能力だけで十分悟りを得られるって説いているでしょ? 彼は転生とか否定したでしょ? 仏陀の場合はオッケー。 哲学として彼の思想を吟味してもいい。 だけど。。。キョンはまずいですよ 哲学カテでは。心理学ならオッケー。 ああ、失礼、キョンって誰?って思ったかもしれませんが、ハルヒの憂鬱に出ている妄想の源を起こしている人物。 宇宙人・異世界人・超能力者・神がいる世界を創造した主がキョン。 ハルヒの憂鬱って、YOUTUBEにアップされています。 観ればまさに自分のことだと思うんじゃないかと。 で、私のような人は、前世とか超能力とかじゃなくて、何故そのようなことがあると妄言を言う人達が出現するのか、そのきっかけは何か、その人達に共通する特徴は? という方面からアプローチすることに興味を持つ。 だからハルヒの憂鬱はすごく面白かった。 ハルヒの憂鬱はお勧めです。 これで現実世界に戻ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々、ありがとうございます。 確かに、哲学の対象ではないと思います。 オカルトや超常現象のカテゴリがないので困っています。占いでもないし・・・

  • 回答No.6
noname#112847
noname#112847

死後も生前と変わらぬ意識を持ちつづけたい、と願うのは誰しも思うところですね。 ですが、これはあり得ない事のように思えます。 生きているうちにさえ、意識は肉体と共に常に変わりつづけます。 ましてや、肉体は滅んでも、意識は変わりなく続くというのは幻想でしかないと思います。 仮に、死後において意識が残ったとしても、それが変わりなく続くという事は全く考えられないと思います。 仏教では業により転生すると説かれていますが、この真実は業というものを見る事のできた聖者でしか分からないものです。 生まれ変わりの真実は私達一般人には全く分からないものだと考えた方がよいのではないでしょうか。 私達の存在に、永続性がないと知れば虚しさもありますが、だからと言って価値がないとは思えません。 虚しさから、逆に現実を見つめてゆくところに価値が見いだせるのではないでしょうか。 その価値がたとえ小さくても、大切にしてゆくべきもののように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 納得させられるご意見でした。 ありがとうございます。

  • 回答No.5

 ANo.2  人の意識という限られた範囲の前方にしか照射しない、サーチライトが差し向けられていない、ということです。そのサーチライト(私たちの年代は探照燈)をさしむけられれば、意識の認識結果として浮かんで来ます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々ありがとうございます。 丁寧なご解説ありがとうございます。

  • 回答No.4

 ANo.近代に遡れる欧州哲学や心理学は意識を充分には理解したり、対象化することができていません。  欧州的文明の見た目の目ざましさに惑わされていますが、それはいろんなことの理解に障害ともなります。  意識はトートロジイてきになりますが、意識できない。つまり対象化できない。対象化する主格ですから。  対象化して思考や検討、検証の対象として扱っているのは意識の働きの結果にすぎない。  潜在意識とか無意識とはことば表現の魔術であり、もともと矛盾を含んだ誤謬表現でしかない。  現在という状況があればそれは意識であり、我々がなんのかんのといっているのは意識の働きの結果内容という過去でしかない。  というのがヒンドゥ哲学的観方でありますがまぁ、そこまでにしておきましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

深い内容のご意見ありがとうございました。 少々難しいのですが、頑張って理解してみようと思います。

  • 回答No.3

「世が世なら俺はきっと王様なはずだぁぁ ひかえおろ  すっげだろー」ってヨッパーは何言ってもいいわけで。 どうせ世間から「はいはい の み す ぎ 」 といわれて相手にされないってわかっているか。 普段小さくなっている人ほど、酔っ払っているときハジケちゃうわけで。 しかし 中にはヨッパーじゃなくても言う人がいる。 前みた番組で、よく昔に死んだ人の霊に憑依されたと主張する人がいました。 「我こそは桃山時代の菊姫じゃぁぁぁ がおぉぉ」とほざき、いろんな自称超能力者とか超常現象だとか言う人の主張を暴いてきた芸能人に、「あのぉ 桃山時代ってのは後世の人がつけた時代名で、その当時生きた人は自分がいる時代を桃山時代とは呼んでいなかったんですけど・・・」と指摘され、「あああああ く く くるじーーー」と話を濁すお茶目さ。 大笑いです。 他人にジョークを飛ばして笑わせるつもりが無くても、笑われてしまう天然さんは結構いるもんです。 「我こそはナポレオンの生まれ変わりだぁ」とか言う人は結構いるらしい。 英雄? いやいや ナポレオンってのは大虐殺をした殺人鬼の面も持ってまして、決してヒーローという面ばかりじゃあないんですね。 どうしたものか、古代の有名人の生まれ変わりであるということを言う人がいる。 それは現実自分が名も無いものだということが認められず、虎の威をかるって心理だと思います。 なかには 現実まだ生きている人の名前まで出す人がいて「おい! その人まだ死んでない 勝手に殺すな」とつっこみを入れられる人もいる。 「え? とっくに死んでいるんじゃなかったんだー」というあたりが お ちゃ め。 さて、そのようなバラエティー番組とは一線をきした本がある。 <古代の謎はどこまで解けたのか>という本。 考古学者とジャーナリストのコンビが調査した結果が書かれている。 http://www.amazon.co.jp/gp/product/487233888X/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_1?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=4872336682&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0HDZSETJDMAB5BX9MT0B その中に オム・セティーの生まれ変わりだという人の話があった。 調査した結果、これは嘘だとか本当はこうだったとかの次元を超えたものであるという結論に至っていた。 エジプトラブな人はとうとう夫を捨て、子供を捨て、エジプトに移り住んで、現地の人以上にエジプトに詳しくなっちゃったんですね。 小泉八雲並みの文化を異国で作り上げた。 これはゴシックが日本のメイドファッションになったようなもの。 外国の人も日本のメイドカルチャーにほれぼれするほど。 さて、この自称「我こそはオム・セティの生まれ変わりじゃ」と名乗るドロシー・イーディーさんが言った内容。 http://plaza.rakuten.co.jp/cyousenrekishi/diary/?ctgy=7 古代エジプトでファラオであった自分は、神殿娼婦に恋をしてはらませてしまった。 神殿娼婦は神官に「お前をはらませたのは誰だ」と聞かれても口が裂けても「王様でございます」と言えず自害した。 その後自分を守るために口封じで自害されたことで怨念が残って、何千年後かにイギリス人として生まれかわった、今までオシリスの死の国にいたというのだ。 ありえねーーー。 だって、古代エジプトでは、神殿娼婦は自分がこれが国のリーダだと選んで王様にして、その王様に子供をみごもってさずけるのが役割だったから。 自称オム・セッティーさん 残念 古代のこと もうちょっと知っとこうね。って思った。 「われこそは きくみめじゃー」って方が天然ぽくって憎めない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 いろいろな事例のご提示ありがとうございます。 参考に致します。

  • 回答No.2

 どの人も前世の記憶を持っているのですが、その記憶を意識できるか出来ないかの違いがあるようです。人の意識とは根底になっているものや根幹や基底を意識できない、自分という主格も意識の結果としてしかいしきできない。目玉を目玉が見ることができないようなものです。そう永続していても意識の継続、つまり経験の継続ができないメカニズムとなっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 概ね理解できましたが、 前世の人格が永続しているとしたら、潜在意識に押し込まれているということなのですかね。

  • 回答No.1
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

仮説は人の数ほどあります どの人も前世の記憶を持っているのなら生まれ変わりもあり得るでしょうがごく一部の人の記憶だったら刷り込みとか妄想でしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ご意見ありがとうございます。

関連するQ&A

  •  前世を記憶する子供たちの例が2000点程、ヴァージニア大学の40年に

     前世を記憶する子供たちの例が2000点程、ヴァージニア大学の40年にもわたる研究により報告されています。子供が前世人物だと主張する知るはずもない遠方の故人に関する生前の情報を知っていたり、その前世の生活習慣や死因にまつわる恐怖症を示したりします。さらには高頻度で、前世人物の致命傷となった傷跡と同じ部位に同じような傷跡をもって生まれてくるそうです。  生物学的にこのような現象を生まれ変わりだと全く考えられないわけで、他に可能性として挙げると、子供や故人のESPや念力によるもの、または研究と発表における不備や詐欺、のいずれかになると思いますが、どちらが可能性が高いと思われますか?

  • 「前世を記憶する子供たち」の事例が2500件、スティーヴンソン博士らの

    「前世を記憶する子供たち」の事例が2500件、スティーヴンソン博士らの調査によって挙がっていますが、そこには次のような共通した特徴が見られます。 ・ 前世の死因にまつわる恐怖症を示す。 ・ 前世にまつわる言動は7,8歳位になると、おさまってしまう。 ・ 子供には、前世に該当する人物と一致するようなあざがある。 ・ 前世は大概、非業の死をとげている。 ・ 前世が死んだのは、大方一年か二年の近い過去のこと ・ 前世は家族親族か、比較的近いところの人が多い。 全体にこうした共通した特徴がみられることから察すると、生まれ変わりの話の個々各々は、子供たちとその家族、前世の家族の作り話ではないと考えていいと思いますか?(各々が独自に作話したらこうした共通性は出てこないのではないでしょうか。)

  • 子供たちが自分の前世を語り、家族が子供がその前世だと語る故人の家族を尋

    子供たちが自分の前世を語り、家族が子供がその前世だと語る故人の家族を尋ねると、前世の人物の生涯と子供が語ることが大方一致したという研究報告が、イアン・スティーヴンソン博士らによって幾例も報告されています。 この生まれ変わりのような現象を、前世を語る子供の家族とその前世だと語られた故人のいる家族の、集団ヒステリーで作られたフィクションだと仮定します。 スティーヴンソン博士は、双方の家族証言の真実さを厳密に検証しているわけですが、集団妄想や集団ヒステリーにかかっている人たちは、そうした博士の厳密な調査に耐えられるものでしょうか? フィクションだと見破られてしまうものでしょうか?

  • 前世を語る子供たちは、高頻度で先天的な母斑や欠損をもっていて、前世と語

    前世を語る子供たちは、高頻度で先天的な母斑や欠損をもっていて、前世と語る故人の持っていた傷跡や致命傷と一致するというイアン・スティーヴンソン博士の研究がおります。(『生まれ変わりの刻印』) インドの前世を語る子供では、三分の一にこうした身体的な現象がみられるとあります。身体現象だけではなく、子供は遥か遠方に住んでいた、誰も知りえない故人の死の状況や生涯を語り、大方当ててしまいます。さらに高頻度で前世の死にまつわる恐怖症を示したりもします。 博士の見解の通り、生まれ変わり、が一番適切なのですが、科学は許さないでしょう。 常識では考えられない事例が幾つもあるので、偶然説は成り立たないでしょう。 そうすると、30年にもわたる厳密で真摯な研究で定評があるスティーヴンソン博士らスタッフは、実は周到な詐欺師の集団だったのでしょうか? あるいは、前世を語る子供の出現に、その家族と故人の家族が集団妄想を起こし、生まれ変わりのストーリーを作ってしまい、スティーヴンソン博士がそのフィクションを見抜けなかったのでしょうか?

  • 前世記憶のある子供たちは、その前世人物の生活事実の記憶だけでなく、感情

    前世記憶のある子供たちは、その前世人物の生活事実の記憶だけでなく、感情や習慣、身体の傷跡までも受け継いでいることが多いです。これは本当の生まれ変わりでないとすると、故人の残留思念が新生児に取り付いたと考えていいでしょうか。または、新生児が超能力を発動して故人の情報を読み取り心身に刻み込み、生まれ変わりを演じているのでしょうか。

  • 退行催眠で前世やあの世を思い出したり、また子供たちがあの世や前世の記憶

    退行催眠で前世やあの世を思い出したり、また子供たちがあの世や前世の記憶を語ったり、前世になりきったりする報告もあります。こうした輪廻転生(願望?)はユングのいう集合的無意識のようなものだと思いますか?

  • 「前世」は医学的にあり得るのでしょうか。

    こんにちは。 「前世」の存在や「生まれ変わり」の存在の可能性は医学的にあり得るのでしょうか。 またあり得るとしたら、仮説ではあると思いますがどのような理論になるのでしょうか。 前世や輪廻転生は宗教的な概念であり、信じない方なのですが、どうも気になってしまったので よろしくお願いいたします。

  • 死後の世界?前世だって??

    死後の世界やなんやらで騒がせてる46hideです。いつもスミマセン。 今回は科学ではなく、死後の世界などがあると仮定した時の質問です。 よく、死後の世界がある!という方は前世の記憶とかを証明(説明)に使い出します。前世(生まれ変わり)と死後の世界。別物なのではないでしょうか?回答、お待ちしています。

  • 生まれ変わりを信じますか?トラウマと前世

    私は何かの宗教に入っているわけではありませんが、 直感的な、感覚的なもので生まれ変わりを信じています。 誰しもトラウマ的なものがあると思うのですが、 そのトラウマが実際に体験したことではないものの場合 現世ではなく前世に体験したものなのではないかと思うのです。 私はとある事柄に物凄く恐怖を覚えます。 それに関する言葉や、文章を見るだけでも眩暈・吐き気を催し 本当に深い絶望の中に放り出されたような、そんな感覚があり、 そのことが頭から離れなくなります。 最近、生まれ変わりや前世の記憶や生前記憶にすごく興味を持っているのですが、 こういったトラウマは実は前世からのものなのではないかと思うのです。 例えば高所恐怖症の人は高い所が関係する状況で死んだ・殺されたとか、 閉所恐怖症の人は狭い場所で死んだ・殺されたとか、そういったことです。 前世の生まれ変わりに確信を持つ方や また真逆で絶対に無いと確信を持っている方など、 どんな方でも構わないのでよかったら意見を下さい。

  • 前世と来世

    前世や来世というものがあるんだと信じたいんです。 それって逃げですか? 生まれ変わりがあると思うと、現世が気楽に思えてきます。 この人生を手抜きするというわけではありません。 次に繋がると思うと、死んで終わりと思うより、自分には意欲が湧きます。 それでも宗教に依存した人間には好感を持てません。 スピリチュアル・魂は信じたい。でも、宗教観はありません。 おかしいですか? 自分が聞きたい事は、魂・輪廻転生があるかどうかです。 前世・来世・輪廻転生があると信じている方、お願いします。 説得力のある仮説をお聞かせ下さい。

専門家に質問してみよう