• 締切済み
  • すぐに回答を!

ディーゼルエンジン(平成8年のトヨタダイナ(トラック))です。キャンピ

ディーゼルエンジン(平成8年のトヨタダイナ(トラック))です。キャンピングカーです。 キーをONでの、メーターのチャージランプなどいくつかのランプが、エンジンをかけても消えず、エンジンの回転数とともに、バッテリーの電圧も上がったり下がったりしないので(バッテリーに直結の電圧計で計測)、オルタネーターが逝ったと判断して、電装屋さんに頼んでオルタネーターのオーバーホールをしました。 そして今日出来上がってきたオルタをつけたのですが、オルタネーターは間違いなく発電はしているのですが、チャージランプが消えません。 オルタネーターにICレギュレーターがついてないタイプ・・なんだそうで、どこかに別付けのICレギュレーターがあるはずだ・・と(それはまだどこにあるのか?確認していないのですが・・・) そのレギュレーターが逝っているのだろう・・・ということなのですが、間違いないでしょうか? (私は客?の立場で、友達の車屋さんに修理を依頼していて、こんな状態で電装屋さんに連絡をしたら、電装屋さんもチェックに来てくれて・・・それを私は横で眺めていました(笑)・・・車屋さんの友人もけっこう困っていましたので、どんなものなのか、なにか良い情報はないかな~・・・と思いまして・・・) お詳しい方、アドバイス等いただければ幸いでございます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 国産車
  • 回答数1
  • 閲覧数2922
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
  • furo522
  • ベストアンサー率32% (129/400)

貴方の車の場合はICレギュレーターではなくて接点式のボルテージレギュレーターを使用していると思います アクセルペダルの上あたりに付いていると思うのですが、まずはそれを交換するのが最善策でしょうが、ディーゼルの場合一番電気を喰うのがグローですグロー系が故障しているとレギュレーター、オルタネーターともすぐにパンクしてしまします、交換後よく点検してもらった方が良いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ディーゼルエンジン(平成8年のトヨタダイナ(トラック))で、オルタネー

    ディーゼルエンジン(平成8年のトヨタダイナ(トラック))で、オルタネーターが逝っているか否かを判断するのに、アイドリング中に、バッテリーから、ターミナルを外しても、エンジンは止まらないので、その判断方法は、意味ないですか? ディーゼルはプラグは無い等の構造は分っていますが、インジェクター?等のエンジンを始動しておくための電力が必要かと思いますので、オルタネーターが逝っていれば、バッテリーを外せばやっぱり止まる・・・と思うんですけど、違っていますでしょうか? ・・・だとすると(オルタが逝っているとして、さらにバッテリーを外しても)、なんで、エンジンがかかり続けることが出来るのか??お詳しい方、教えてください!

  • 30年数前のアメ車に乗っています。

    30年数前のアメ車に乗っています。 以前車屋に言われたのですが、この当時の車は発電量が少ないため、あまり電装系を増やすとオルタネーターに負担がかかり、寿命が短くなると言われました。 オルタとレギュレーターは別についています。 自分的にはベルト駆動でオルタが常に一定の電気を発電し、レギュレーターでバッテリーへの充電量を調整している仕組みだと思うのですが.. オルタに負担がかかるとはどういうことでしょうか?

  • バッテリーが充電せず途方にくれています。

    チャージランプが点灯したのでオルタのブラシ交換を行いました。症状改善されずバッテリー交換しました。その後数Km走行後再びチャージランプ点灯しました。バッテリーが上がったのでジャンプしてエンジン始動しました。チャージランプが消えていました。その後IGオン時でチャージランプが点かなくなりました。次にオルタのICレギュレータを交換しましたが変化ありません。 ちなみにディーゼル車でグローのリレーの漏電なども疑いましたが違いました。1982年式のベンツです。どなたかお知恵をお貸しください。 よろしくお願いいたします。

  • スズキ キャリィ 突然の充電不良?

    創業時から仕事で使っております。スズキ キャリィDA52T エンジンF6A(距離101,019km) ですが今般排ガスに引っかかり車検通過できませんと修理屋さんに言われ、自身でエンジン分解オーバーホールし車検もユーザー車検で無事通過しました。 1.その後300km位走ってから夜間突然バッテリーが上がり怖い思いをして無灯火状態で何とか自宅に戻れました。(この時点ではスモールランプと方向指示器だけは点いていましたが、今思えばチャージランプは全く点灯してない) 原因判らない為ネットで色々調べてみると (1)オルタネーター不良 (2)レギュレーター不良 とありリビルト品のオルタネーターをネットで購入して 2.早速装着気分良く試運転に夜走ると再度バッテリーが上がり再び怖い思いをして帰宅今回はエンジンも停止し全て消えました。 念のため新品のバッテリーを購入し積載してあった為何とか帰れました。 翌朝エンジンスタート時にチャージランプがついてい無い事に気づきオルタネーター測定すると (1)エンジン停止時にバッテリーに直接テスター(念のため2台使用)当てたところ12V (2)エンジンONでアイドリング時にオルタB端子とアースで測定12.5V (3)無負荷状態でアイドリング13V 回転上げると 14V チャージランプ無点灯の理由からリビルト品を交換していただき再度装着 バッテリーも再度新品購入し夜走るとまたまたCDが消えメーターランプが薄くなりメーターが落ち パワステが効かずエンジン停止に・・・・なんでやねん? この車商売苦しい時に、共に苦労し活躍していた為とても愛着あり何とか助けてあげたい。 判らない原因 (1)オルタネーターが原因では無いのではないか? (2)再びリビルト品が悪かったのか? (3)バッテリー上がる前に何故毎回チャージランプが点灯しないのか?(エンジンスタート時には点灯します。) 昼間も同じでバッテリーあがります。乗ってる感じでは充電不良と言うより充電していない感じです。 念のためB端子とバッテリーを直接繋いだことありますがやはり走行不能に! 以上どなたか教えてください。 この車がかわいそうで助けてあげたいこのまま処分じゃ浮かばれないです。

  • オルタネーターの配線について(ラインドロップ?)

    オルタネーターの配線について(ラインドロップ?) 先日、愚車(ボルボ240、93年式、b230FTターボ載替え)のオルタネーターが 発電不良になり、オーバーホールを行いました。 オルタネーターは三菱製の国産を流用しており、症状は発電はしているが、 11.5~12.5V位しかないので、レクチファイアかレギュレーターだなと多寡を くくり、走行は出来るので2週間位余裕かまして、昨日オーバーホールしました。 オーバーホールは内部各導通、抵抗を測定し、ショート、断線等すべて確認し、 レクチファイア、とレギュレーター(ブラシASSY)は新品に交換しました。 オルタネーター取り付けて、ベルト張って、さぁエンジンスタートで12.8V・・・Orz なにぃ~と思い、オルタをみると、B端子からチリチリ火花が散ってます。 やばいと思い、すぐに取り外してみてみると、プラシングしていた4ゲージの配線が 溶けていました。これは、ラインドロップだなと思い、純正配線のみにして、再取付して エンジンスタートでも12.8v付近。 火花は飛んでません・・・。が配線はかなり熱を持っています。 今度は、オルタB端子をテスター測定で14.0v、バッテリー+端子で12.8v。 純正配線はオルタ~スターター経由~バッテリー端子となっています。 やっぱり純正配線のラインドロップですかね? オルタネーターB端子とバッテリー+端子の直結で判断できますかね? (昨日は、もうやる気がなくなってしませんでした。) アース不良の可能性もあり?アース線もラインドロップするのでしょうか? (アースは純正含めて、2本とってます。1本は純正でEGブロックへ、1本は追加でバッテリ-へ直結) 質問ばかりですいませんが、アドバイスよろしくお願いいたします。 (今日やる気が出ます。)

  • キーOFFでチャージランプが点灯??

    キーがOFF位置でヘッドライトをONにするとチャージランプが点灯します。 キーをING位置(ENG停止)にすると消えます。 ENG始動時も消えたままです。 始動時の電圧は12V以下ですので、オルタが逝ってしまっているのでしょうか? キーOFF位置でチャージランプが点くのが、分からなくて質問させていただきました。 ちなみに車はS53年式のS31Zです。 オルタはICレギュレータ内臓タイプです。 よろしくお願いします。

  • ボルテージ・レギュレーターについて

    ボルテージ・レギュレーターについて 平成8年のトヨタのダイナ(ディーゼル、オートマ)みたいなトラックです。オルタネーターが逝ってしまって、ほぼ同時(そのまま走行で2分後くらい?)に、メーターの警告灯類がいくつかつきっぱなしになりまして、エンジンをかけていると、ピ~!というウルサイ警告音が鳴りっぱなしになります。 電装屋さんにオルタネーターは直してもらい発電は良好なのですが、警告灯(4つくらい?)類の点灯と、警告音が鳴り止みません。 警告音は、負圧?系の問題・・・というご意見の元に、ポンプ、ホース等もちょっと調べましたが、とりあえずこっち関係は問題ないようです(ブレーキのフィーリングは変わっていませんし・・・) ・・・そこで、ボルテージレギュレーターだろう?ということで(古い車なのでオルタについているICレギュレータではありません)ボルテージレギュレータを外して、開けて、中身を見てみると! あ~ら見事に、コイルの一番下から出ている銅線が、断線していました。・・・何が原因なのか?と、もう10日以上困っていましたので、これが原因か!と小躍りしまして(笑)、銅線の巻きを一周だけほどきまして、元あった場所に半田付けしました。 さぁこれで直るものかと思って、つけて、エンジンをかけてみると、、、症状は変わりません(愕然(泣)) もう一度、ボルテージレギュレーターを外してみてみると、同じ場所で銅線が切れています。 そこでもう一度半田付けしまして、今度はカバーを外したままでつけて、エンジンをかけてみたのですが、すると、2~3巻きほぐれたところのコイルが、赤~くなって、煙が出てきました(泣)。あぁ、これじゃあ切れるはずだ・・・と。 そもそも、コイルの銅線の”巻き”が、熱で溶けた?ようなアワアワの跡になっていて、既に見た目でカナリ微妙な状態ではありました(汗) そして、ボルテージレギュレータを外した状態ですと、上記のメーターパネルの警告灯は消えて、警告音もしません。 (そもそも、そのままちょっと走行してみると、すぐに電圧が、15~16Vくらいになってしまって、過充電はなはだしいので、間違いなくレギュレーターではあるのかと思います。。。) ・・・そんなところですので、レギュレータはもちろん交換なのかな?とは思うのですが、聞きたいのは、他が原因だったりして、新しいレギュレータをせっかく買っても、一発でレギュレータが壊れちゃう・・・なんてことはありませんでしょうか?・・・それだとしたら、カナリへこむな~・・・と(笑)。・・・そんなことはなく、やっぱりレギュレーター自身が問題で、レギュレータを換えれば直りますでしょうか? お詳しい方、ご意見で構いませんので、お聞かせいただければと思います。。。

  • オルタネーター

    先日よりフォードf100のオルタネーターについて質問してますがチャージランプがうっすら点くのでチャージ不足だと予測してあたらしい100Aのオルタネーターに交換しましたが少しマシにはなった気がしますがあまり改善されません。テスターにて測ったところ伝送使わないときオルタネーターB端子14.5vバッテリー端子間は14.3vでした。電装を使うと前者変わらずバッテリー端子間13vを下回る事はありませんでした。でめチャージランプはうっすら点きます。原因として何が考えられますか?よろしくお願いいたします。

  • チャージランプ点灯

    先日チャージランプが点灯しましたので新品のオルタネーター(純正品)に交換しました。 それから数日走っていたのですが、ある日また高速走行中に点灯しました。 ただ、時速80Km程度で3速に落とすか、4速で120kmまでエンジンを回すとチャージランプが消えます。(4速オートマで、タコメーターは付いてません) バッテリーが不良でもチャージランプは点灯するのでしょうか? それともオルタの不良でしょうか? 交換は自分でやりましたが、端子のゆるみなどは確認しています。 車種は’94シボレーアストロです

  • オルタネータの故障?

    先日、愛車が走行中にバッテリーがあがってしましました。 走行中にバッテリーがあがったので、私はオルタネータが 故障したと思い、中古で購入したオルタネータと交換しました。 しかし、交換してしばらくは良かったのですが、 10分くらいで止まってしまいました。 1週間後再びエンジンをかけると止まらなくなりました。 今現在も止まることはありません。 電圧も14V出ていますし、少し低いですが バッテリーの比重も1.23~1.25くらいあります。 オルタネータ、バッテリー以外で走行中にバッテリーが あがる原因はありますか? また、オルタネータが故障した場合には、チャージランプ(警告)は 点灯しますか?