• ベストアンサー
  • 困ってます

チャージランプの点灯

チャージランプの点灯 チャージランプが点灯するのですが原因の検討がつくようであればお教えいただけますでしょうか。(更なる切り分け方法や追加で確認すべき事項があれば、アドバイスいただけますでしょうか) ★ チャージランプの状況 ・イグニッションONでエンジン始動前はチャージランプ点灯(明るい) ・エンジン始動時はチャージランプ消灯 ・エンジン始動後、数分でチャージランプ点灯(やや暗め) ・エンジン回転数を上げてもチャージランプ消えない(明るさも変化なし) ・エンジン停止後数分おいて再始動するとチャージランプ消えている(数分後に点灯) ★ 発電の確認 チャージランプ点灯している際にヘッドライトON、電動ファンONの状態でバッテリーのプラス端子を外してみました。エンストすることなくエンジン回転数も落ちませんでした。 ★ 電圧計 エンジン始動直後(チャージランプ消灯時)、チャージランプ点灯時ともに電圧計は13V少し超えで安定していました。 ★ バッテリー 問題となるような劣化はないと思います。(約15,000円のBosh製、1年半前に購入) ★ オルタネータ 2年前に発電不良でリビルト品に交換しました。 ★ 推測 ・発電はしているようだ ・オーバーチャージもなさそう ・オルタネータが原因ならば、費用を考えるとOH(ブラシやダイオード交換)  ではなく新品(orリビルト品)に交換した方が良いと思っている ・オルタネータが原因か判断がつかない(オルタネータを交換しても直らない  とショック) 車は80年式のGMコルベットです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数13164
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

#2です。 チャージランプが薄灯する場合の根拠を書いておきます。 下記サイトには、チャージランプの点灯・消灯について「1973 Buick service manual」の充電回路図とその説明があります。 関連部分「Dashboard Indicator Light」の説明の一部を要約します。 The light is connected on one side to the field current system inside the alternator and to a switched ignition power source on the other side. ランプの一端はL端子(the field current system inside the alternator) 他端はキースイッチ(a switched ignition power source)に接続されています。 Once you start the car, the voltage at the field is powered internally by the output of the alternator. If this value is exactly the same as the battery voltage, then you have the exact same voltage on each side of the indicator light and they balance each other out - kind of like a tug of war in reverse. この部分が重要です。 オルタネータ発電電圧とバッテリ電圧が同じ値であれば、ランプ両端の電圧が等しくなり「消灯」します。 つまり、接点やトランジスタで完全にランプ回路を遮断しているわけではありません。 このトリオダイオードでフイールド電流を供給し、そしてランプを消すしくみはGMの特許で、すべての国産車も採用したと言っても過言ではありません。 「cause the light to glow very dimly」という表現も出てきます。 このように、「薄灯」する可能性がある回路です。 >エンジン始動直後(チャージランプ消灯時)、チャージランプ点灯時ともに電圧計は13V少し超えで安定していました。 13Vを超えておれば正常な値と判断して差し支えありません。(チャージランプが消える正常な車の場合) 始動直後は、充電電流が多く、しかしこのときの発電電圧は公表されているレギュレータの制御電圧(例えば14V)より「低く」なります。 時間(分単位)とともに充電電流は減少し、バッテリ電圧は「上がり」ます。 >ボンヤリ点灯と言うよりも普通に点灯しているレベルです。その意味では何かが不良な気がしております。 これは、オルタネータのダイオード不良の可能性が高いです。 ダイオードは9個使用しているので、1個のオープン故障では、70%くらいの出力は出ますから、この車の症状に合致します。 しかし、私としては、プロに診断してもらってくださいとしか言えませんね。 http://www.rowand.net/shop/tech/alternatorgeneratortheory.htm 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。 オルタネータの可能性が高いが、旧い車でもありオルタ以外の不良の可能性もある、とのこと。 ご紹介いただきました電整連のWebから近所の電装屋(ホームページも持っているような大きな店)へ電話してみました。「個人持込の輸入車は受け付けない」で終わりでした。 比較的近い2軒目へも電話しましたが「アメ車の修理は受けていない」とのこと。優しい人で「オルタネータの型番が分かれば取り寄せて交換はしてあげても良いのですが、基本的にはやりたくない。輸入車は予測できないトラブルで困ることがあるので、できれば関わりたくない」と正直に話してくれました。 国産or輸入車に関わらない汎用的な故障だと思っていたのですが、平行輸入車ならではの冷たさを味わうこととなってしまいました。もう少し何軒か回って、駄目であれば、まずはオルタネータを個人輸入して交換してみようかと思います。(ダイオード不良かもしれませんが、どうせ取り寄せ&交換ならいっそオルタ丸ごと交換かと・・・)

質問者からの補足

愛知県一宮市のアメ車のオルタネータ専門と言う業者(パーツコネクションさん)にて、専用テスターで診て頂きました。 結果ですが、オルタネータのチャージランプ出力の不良だそうです。 充電自体も少し弱かったのですが、一応充電はしてたので、バッテリー端子を外してもエンストしなかったようです。 オルタネータ内部のレギュレータ部分だけを交換すればOKで他はまだまだいけるとの診断でした。 (測った結果、低回転から充電電流が上がるトルクのあるオルタネータだからこのまま使うと良いよ、だそうです) この度は有益なアドバイスをありがとうございました。 よく分からず修理屋へ持ち込み、よく分からずお金を払うのが嫌だったので、本当に良い勉強になりました。

関連するQ&A

  • チャージランプ(充電警告灯)が点灯

    平成13年式クラウンマジェスタ(前期)3000cc(JZS177・2JZ)に乗っています。 先日、自分でタイミングベルト・ウォーターポンプ等を交換しました。 作業完了後にエンジンを始動したら、チャージランプが点灯したまま消えません。 一定の明るさで、20分程走行してみても消えませんでした。何度かテスト済です。 走行も20万キロなので、オルタネーターだと思い保証付リビルト品と交換しました。 ついでに、バッテリーも古かったのでついでに新品に交換しました。 それでも、チャージランプが点灯したまま消えません。何が原因なのでしょうか? タイミングベルト交換が何か関係したのでしょうか?交換前は一度も点灯無でした。 自分で確認したこと。 (1)タイミングベルト交換の時外した配線等の再確認 (2)プーリー・ベルトの張り及び回転状況 (3)バッテリー端子での電圧・キーOFF13.0V・エンジン始動14.5V 以上です。 その他考えられる原因・診断方法がお分かりでしたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • チャージランプ点灯

    10/1:バッテリーの昼間にバッテリーのチャージランプが   点灯しました。アイドリング時は常時点灯してい    て,アクセルを吹かすとランプが消えるといった状態でした。ショップで点検して頂いた処,マイナス端子が緩んでいた為だといわれ,増し締めしてもらったのですが,以前アイドリング時のランプ点灯は直りませんでした(実際にP/W・ランプの明るさ等で電力が弱くなっていることを実感しました)。 しかし,10/2朝E/Gを始動させるとかかりは非常に悪かったのですが,チェックランプは消えており,夜に帰宅する際には朝の走行で十分な充電ができた為か,E/Gの始動性は非常によかったです。 この原因わかる方おられますか? (10/1:アイドリング時のE/G回転数は800rpm程で,1000rpm程まで回すとランプは消灯しました。)

  • チャージランプうっすら点灯

    1956年式フォードのf100のチャージランプ薄灯について以前よりみなさんのアドバイス頂いてかなり改善いたしましたがまだ点きます。今までおこなった作業はオルタネーターを100Aのものに交換したけど症状変わらず、バッテリー→スターターリレー→ヒューズボックス→IGスイッチの配線を新しくしました。こちらは効果があり薄く点灯がより薄くなりました。ですがアクセルを吹かすとチャージランプが少し明るくなります。以前はエンジンの回転数をあげてもチャージランプの薄灯が消えないし明るくもなりませんでした。配線を新しくした事と関係があるのですか?またオルタネーターが熱いです。オルタネーターB端子→バッテリーの配線に60Aのヒューズが入っています。その配線も熱いです。このような症状ですがアドバイス頂ける方よろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

No1です。「お礼」拝見しました。 ちょっと引っかかっているのが、「数分後の暗く点灯」と「13V」です。 一般論からすると、始動直後はスターターで消費した分の回復のためにオルタの発電が多めであり、充電電流・電圧ともに高めのはずですが、最初から13V安定ではちょっと低すぎるような気はしております。 また、始動後、充電電流が下がっていくのもやはり数分後ですから、その後に「暗めに点灯」ではもともとの充電電圧が標準値より低めではないかとも考えてしまいます。 ただ、チャージランプの点灯ロジック(回路)はトランジスタやダイオードですので基本的にはONかOFFのはずでして、「暗く点灯」というのがちょっと腑に落ちません。 ショップマニュアルをお持ちとのことですから、一度再読をお勧めします。 ただ最大出力電流測定時にはエンジン回転を高めに保って一瞬の数値を読み取る方法だったはずです。長く短絡させるのは厳禁だったはずですので、気をつけてください。 当時(80年くらい)に第一線だったメカニックはもう大半が55歳以上でしょうから、あまり残っていないかもしれませんね、ただヤナセはずっとキャデラックを扱って来ていますので、まだ熟練者は残っていると思います。もしいいお店が見つからないようなら最後の手段で相談してみてください。 当時、ヤナセと私の居たディーラーはATからエアコンコンプレッサー・オルタ・パワステポンプなどなどOH出来るものはすべて自社で実施していましたよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございました。 ヤナセのような大手でも、裏方エンジニアはyotani0425様のような職人さんがいらっしゃるんですよね。 自社扱い車種ではないとか平行輸入車とかでフロント係に門前払いをされてしまうので、腕のある職人へたどりつけません・・・。 なんとか親身に相談に乗っていただけるような職人を探したいと思います。

質問者からの補足

愛知県一宮市のアメ車のオルタネータ専門と言う業者(パーツコネクションさん)にて、専用テスターで診て頂きました。 結果ですが、オルタネータのチャージランプ出力の不良だそうです。 充電自体も少し弱かったのですが、一応充電はしてたので、バッテリー端子を外してもエンストしなかったようです。 オルタネータ内部のレギュレータ部分だけを交換すればOKで他はまだまだいけるとの診断でした。 (測った結果、低回転から充電電流が上がるトルクのあるオルタネータだからこのまま使うと良いよ、だそうです) この度は有益なアドバイスをありがとうございました。 よく分からず修理屋へ持ち込み、よく分からずお金を払うのが嫌だったので、本当に良い勉強になりました。

  • 回答No.2

要するに「チャージランプが薄く点灯したまま」という不具合ですね。 いつ頃からか知りませんが、バッテリの充電状態は良好で、エンジン始動も順調なようですね。 つまり、今のところ実害はない様子ですね。 当時の車では、国産車もそうですが、オルタネータが正常であっても、チャージランプが薄く点灯することがあります。 チャージランプを消灯するしくみは、接点が開くとか、トランジスタがオフするとかのように、完全に回路が切れた結果、消灯するのではなく、ランプ両端の電圧が等しくなれば、(電流が流れなくなるので)消灯します。 つまり、ちょっと電圧に差があれば薄く点く場合もあるのです。 具体的には、オルタネータのL端子の電圧と、バッテリプラス端子(厳密に言えばキースイッチ接点やその部分の配線抵抗による電圧降下やさらに充電電流の影響を含む)の電圧との差が大きいと、目視できる明るさになります。 ランプの明るさの程度によって、異常か正常(とは言えないが実害はない)を判断できますが、これはプロに任さなければなりませんね。 プロは、さらにオシロスコープでオルタネータ出力波形を見て診断してくれます。 この種の不具合は、電圧だけでは判断できません。 あなたの車は多分、充電母線やその他の配線・コネクタ類の電圧降下が大きくなっているから薄灯していると思いますが、オルタネータの不良(L端子の電圧低下)によるのかも知れません。 それを判断するのはプロでなければ容易ではありません。 電気屋さんのサイトです。点検だけを依頼されてはどうですか。 OHするか、リビルト品かも相談できると思います。 電整連のサイト http://www.jidosha-densou.or.jp/ 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 チャージランプは、イグニッションONのエンジン停止時の明るさと比較すれば暗いものの、ボンヤリ点灯と言うよりも普通に点灯しているレベルです。その意味では何かが不良な気がしております。 やみくもにオルタネータ交換をせずに、goo-par1732様のおっしゃるような検査をしてもらえるような電装屋さんを探してみようと思います。 多分、ほとんどの電装専門店は技術はあるのでしょうが「飛び込み客・旧い車・面倒な検査」だと手間はかかるわ高額手数料は取りにくいわで避けたいところではないでしょうか。お願いベースで何件か回ってみようと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

80年のコルベットというと、350のV8・4バレルのスティングレイでしょうか? 確かオルタネーターはACデルコレイミー100アンペアクラス、純正バッテリーはデルコのフリーダムでターミナルは横付け3/8頭ではなかったでしょうか?もし違っていたらごめんなさい。 ほぼ30年ほど前にシボレー・オールズ・ビュイックなどを整備していたことがあります。 後ろはB端子とアース端子、周囲に一箇所2極コネクターが付いているタイプのオルタでしたら、当時、最大出力の点検には後部のある特定の穴から針金状のものを挿入してオルタのボディーに短絡させると最大電流が測れたはずですし、2極のターミナルを短絡させる方法でも電圧測定をしていたはずです。 普段のメンテナンスを依頼しているお店では点検は出来ないのでしょうか?当時は年度ごとに一冊の共通整備解説書が発行されていて(勿論全部英語ですが)配線図も一枚で意外と便利に出来ていたはずですが、持っているお店や古いメカニックがいるお店は近くにはないのでしょうかね。 ご承知のとおり、コルベットはファイバーグラスですし、バッテリーはシート後ろでして配線の取り回しやアースの取り回しが独特だったはずです。出来れば経験のあるお店で見てもらうことをお奨めはしておきます。 また当時のオルタはレクチュファイヤーブリッジやICレギュレーターなどがボルト止めで装着されていて交換も簡単にできたと思いましたよ、確か部品さえあれば小一時間ではOHできたはずですが・・。 もう引退の身ですので、うる覚えで申し訳ありませんが、ちょっとなつかしかったもので・・、少しでもご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

yotani0425様、早速のご解答ありがとうございます! 80年式のコルベット、V8・4バレル350エンジン(5.7l)です。一般的にスティングレイと呼ばれている形です。(厳密にはスティングレイと呼ぶ年式ではないそうですが) オルタネータは交換しているので純正ではないかもしれませんが、デルコレイミーの70Aです。 実はShop Service Manualは所有しており、穴から針金を差し込んで何かを調べると言う記述も記憶にありますが、意味がよく分かっていませんでした。最大電流の測定だったのでしょうか。エンジンかかってる最中は機械的にも電気的にも怖くて・・・。 普段、信頼して車を見てもらっているレースと旧車修理をやってる店があります。メカは強いのですが電気は専門外のようで、最終的には電装屋に外部委託となっております。電装屋に持ち込んで少し話をしたのですが、よく調べもせずにオルタネータ交換と言われました。過去の豊富な経験から「チャージランプ点灯の原因はオルタネータ不良しかない」と的確な判断をしたのかもしれませんが、こちらとしては少し不安を感じました。 yotani0425様のように前向きに調査していただける電装屋さんであれば良いのですが、よほどのなじみ客じゃないと、なかなかジックリ見てもらえる店は難しいですね。時代として、どんどん部品交換するだけの修理屋じゃないと採算が取れないのだとは思いますが・・・。

関連するQ&A

  • チャージランプ点灯

    先日チャージランプが点灯しましたので新品のオルタネーター(純正品)に交換しました。 それから数日走っていたのですが、ある日また高速走行中に点灯しました。 ただ、時速80Km程度で3速に落とすか、4速で120kmまでエンジンを回すとチャージランプが消えます。(4速オートマで、タコメーターは付いてません) バッテリーが不良でもチャージランプは点灯するのでしょうか? それともオルタの不良でしょうか? 交換は自分でやりましたが、端子のゆるみなどは確認しています。 車種は’94シボレーアストロです

  • 車の充電(オルタネーター)について

    車の充電について教えて下さい。 エンジン始動後、一度3000回転くらい迄、 回転を上げないと、充電してくれません。 昨年、オルタネーターが完全に故障し、リビルト品に 交換して、この現象に気付きました。 再度交換しても同じでした。 現状 キーON時 バッテリーランプ点灯 電圧約12V エンジン始動時 バッテリーランプ点灯 電圧約12V (回転約1000rpm) 一度回転を3000回転くらい迄上げる バッテリーランプ消灯 電圧約13.5V(充電開始) その後、アイドリング状態(1000rpm)でも 電圧13.5Vを維持 どなたか、解決策を教えて下さい。

  • チャージランプが時々点灯します。

     日産・サニー(B14、95年2月式)に乗っています。  1ヶ月前からチャージランプが時々点灯するようになりました。数十分点灯しているときもあれば、数分で消灯し、また点灯するときもあります。全く点灯しない日もあります。  ・総走行距離は 118,000km  ・1日の平均使用時間は1時間(昼間30分、夜間30分)  ・昼夜の走行を問わず警告灯が点灯  ・オーディオや必要に応じてエアコンを使用、後付けの電装品はなし(たまに携帯電話の充電で電源を取り込む程度)  ・4年前にダイナモ故障でリンク品に交換  ・今年の5月にライトの消灯忘れでバッテリー上がりあり  ・バッテリーは3年前にカー用品店にて交換  警告灯が点かないときのほうが多く、再現性も低いため、また、一部の電気が使えなくなったり、エンジンが止まるなどの目立ったトラブルにも見舞われていないので、だましだまし乗り続けています。  一度あがったバッテリーは劣化が早い、と言われていますが、バッテリーの寿命も警告灯の点灯に関係あるのでしょうか?  それとも、どこか充電系統を疑うべきなのでしょうか。  いずれはディーラーで見てもらいたいと思うのですが…。

  • チャージランプ

    エンジンを切りキーを抜いたら、チャージランプがぼんやり光り始め、数分で完全に点灯してしまいました。 エンジンを掛けなおすとチャージランプは消えます。 エンジンをもう一回掛けると、セルの回る音からしてバッテリーは急激に弱まっており、もう一回エンジンを止めて掛け直そうとすると、もう空になってしまいました。 エンジンが掛かっているならともかく、エンジン停止中(キーを抜いても)にチャージランプが点くというのは、何が原因か良く分かりません。 車は1992年式 キャデラック ブロアムです。 何方か可能性のある原因をご教授下さい。 宜しくお願い致します。

  • ライト交換後のチャージランプの点灯

    機械系の貧乏学生です。1982のOpel Kadetに乗っています。先日、右ヘッドライトと左ウィンカーが破損したので、中古品のものと交換しました。 2,3日は何の問題もなかったのですが、その後、チャージランプが点滅するようになりました。特に、雨の日に多く点滅するような傾向がありました。点滅の状態が2週間程度続いた後、チャージランプは点滅から点灯に変わり、常時付くようになりました。 エンジン停止時のバッテリーの電圧を計測したところ、11.4~11.7Vで、若干不足気味ですが、動いています。 発電機のベルトは切れていません。何となくショートがおきているようにも思いますが、原因が特定できていません。 発電機の故障でなければ、できるだけ、自分で修理したいと思っています。少なくとも、故障原因箇所を特定してから、修理店に持ち込みたいと思っています。アドバイス・コメントなどよろしくお願いします。

  • バッテリーが充電されません

    走行18万キロのいすずビークロス3.2リットルV6です。チャージランプはキーをONにすると点灯しエンジンを始動すると消えます。しかし、バッテリーを充電したり、新品に交換しましたがやはり30キロくらいの距離を走行するとバッテリーがあがってしまいエンジンが停止します。オルタネーターのブラシの磨耗だとは思うのですが、チャージランプが点灯しませんのでもしかしたら、オルタネーターからバッテリーへの配線が断線しているのか・・とも思います。今、車検切れのためディーラーにも持ち込めず困っています。実は、陸運局まで20キロくらいを仮ナンバーにてユーザー車検に持ち込み、車検場でエンジンが止まりました。始動不良で不合格となり、新品のバッテリーに積み替えて自宅まで持ち帰りました。しかし、バッテリーが上がってしまいました。どなたか、原因を推測してご教授お願い致します。

  • スズキ キャリィ 突然の充電不良?

    創業時から仕事で使っております。スズキ キャリィDA52T エンジンF6A(距離101,019km) ですが今般排ガスに引っかかり車検通過できませんと修理屋さんに言われ、自身でエンジン分解オーバーホールし車検もユーザー車検で無事通過しました。 1.その後300km位走ってから夜間突然バッテリーが上がり怖い思いをして無灯火状態で何とか自宅に戻れました。(この時点ではスモールランプと方向指示器だけは点いていましたが、今思えばチャージランプは全く点灯してない) 原因判らない為ネットで色々調べてみると (1)オルタネーター不良 (2)レギュレーター不良 とありリビルト品のオルタネーターをネットで購入して 2.早速装着気分良く試運転に夜走ると再度バッテリーが上がり再び怖い思いをして帰宅今回はエンジンも停止し全て消えました。 念のため新品のバッテリーを購入し積載してあった為何とか帰れました。 翌朝エンジンスタート時にチャージランプがついてい無い事に気づきオルタネーター測定すると (1)エンジン停止時にバッテリーに直接テスター(念のため2台使用)当てたところ12V (2)エンジンONでアイドリング時にオルタB端子とアースで測定12.5V (3)無負荷状態でアイドリング13V 回転上げると 14V チャージランプ無点灯の理由からリビルト品を交換していただき再度装着 バッテリーも再度新品購入し夜走るとまたまたCDが消えメーターランプが薄くなりメーターが落ち パワステが効かずエンジン停止に・・・・なんでやねん? この車商売苦しい時に、共に苦労し活躍していた為とても愛着あり何とか助けてあげたい。 判らない原因 (1)オルタネーターが原因では無いのではないか? (2)再びリビルト品が悪かったのか? (3)バッテリー上がる前に何故毎回チャージランプが点灯しないのか?(エンジンスタート時には点灯します。) 昼間も同じでバッテリーあがります。乗ってる感じでは充電不良と言うより充電していない感じです。 念のためB端子とバッテリーを直接繋いだことありますがやはり走行不能に! 以上どなたか教えてください。 この車がかわいそうで助けてあげたいこのまま処分じゃ浮かばれないです。

  • バッテリーの充電ランプが点灯した理由、、オルタネータの故障?

    質問させていただきます。 長距離走行中に、ライトを点けた時に、突然メーターパネルにある バッテリー充電警告ランプが点きました。 ライトを消して、ヒーター等やオーディオも消したらランプは消えます。 またライトを点けたら警告灯が点きます。しかし、走行10分後には何もなかったように警告等が消えました。 また数日後に走行後にヒーターをつけたのですが、今度は1分くらい、 ヒーターを点けている間だけ点灯しました。 その後は何もなかったようにランプは点きません。 エンジンがかかりづらいといったことはありません。 バッテリーは数週間前に新品に換えたばかりです。 そこで心配になって、イエローハットで調べてみてもらったところ、バッテリーは正常で、 オルタネータが故障しているとの報告を受けました。 一年以内にバッテリーも死ぬとのことです。 修理の見積もりも出してもらったのですが、 オルタネータの新品が10万円、工賃が13000程度、Vベルトが2500円程度で見積もりを頂きました。 リビルト品だと3万から5万の部品代だそうです。 それでは修理代がかかりすぎるので、オークションでリビルト品を購入しようとしたのですが、、、 本当にオルタネータが故障しているのか確かめるために自分でも電圧を測ってみました。 その結果、 ・エンジン停止時のバッテリーの電圧→13V ・アイドリング状態でライト、熱線、オーディオ、ワイパー、ルームランプ全てONにしてのバッテリー及びオルタネータの電圧(この時にバッテリー端子で計測してもオルタネーターのカプラー部分で計測しても同じですよね??)→15V ・ダメ押しでアイドリング中にバッテリーマイナス端子を外す→エンジンはかかったまま マイナス端子も外してエンジンは止まらなかったので、 オルタネータの故障ではない??のでしょうか? 電圧も正常のように思えますが、果たしてイエローハットが言うようにオルタネータの故障なのでしょうか? 少し疑問に思ってしまいます。 詳しい方、どこが怪しいのかご教授いただけますと幸いです。 よろしくお願いします。

  • バッテリーランプの点灯

    10日位前から、毎朝、エンジンを掛けた時から2~3分間位、バッテリーランプとブレーキランプがどちらも点いたままになります。2~3分するとどちらも消えます。その後は問題なく走れ、会社からの帰りはどちらのランプも点きません。 しかし、翌朝になるとまた同じように両方のランプがついて2~3分後に消えます。いつも朝だけランプが点き、帰りの時は点きません。 実は先月もここで同じような内容の質問をし(いつもではないが、時々両方のランプが点く)、オルタネータの不具合だろうとの回答を頂き、すぐに修理工場に持っていきました。しかしその時は問題なし(チャージボルテージ 13.5V)とのことでした。先月修理工場に持って行ってしばらくしてから、今回のように毎朝ランプがつくようになってしましました。 今朝エンジンをかけた時は5分くらいランプが点いたままでした。エンジン掛けた後の、両方のランプが点いている時間が日に日に長くなっているような気がします・・・。 とりあえず、明日もう一度修理工場に持って行くつもりですが、やはりオルタネータがどこかおかしいのでしょうか? オルタネータが不具合の場合は交換するしかないでしょうか?交換の費用は大体どのくらい掛かりますか? 現在アメリカ在住で、7月に車検を受けています。とはいってもアメリカの車検は非常に簡単に済まされてしまうので何だかあまりアテにはなりません。 ちなみに日産セントラ(中古車で購入)で12万マイル位走っています。

  • キーOFFでチャージランプが点灯??

    キーがOFF位置でヘッドライトをONにするとチャージランプが点灯します。 キーをING位置(ENG停止)にすると消えます。 ENG始動時も消えたままです。 始動時の電圧は12V以下ですので、オルタが逝ってしまっているのでしょうか? キーOFF位置でチャージランプが点くのが、分からなくて質問させていただきました。 ちなみに車はS53年式のS31Zです。 オルタはICレギュレータ内臓タイプです。 よろしくお願いします。