• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

商業手形と小切手

商業手形と小切手 無知な上、よろしくお願いします。 某会社が振り出した2か月先の手形と同じ日付の先付小切手を持っているのですが 振り出した会社の資金繰りが悪化している情報を得ました。 もし某会社が不渡りを出した場合、手形も小切手も現金化できないのでしょうか? 小切手の額面は75万円で手形は150万円です。 たとえば某会社の当座預金に100万円あれば、小切手の75万円だけでも資金化できるのでしょうか? また先付小切手と手形の優先順位や力関係はあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1034
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • gutoku2
  • ベストアンサー率66% (894/1349)

>某会社が振り出した2か月先の手形と同じ日付の先付小切手を持っているのですが 商業手形=約束手形だと思われます。(為替手形の可能性もあります) 約束手形と、小切手の基礎  ◯約束手形 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/manyual_sogyo/19fy/sougyou27.htm    支払期日に、御社(手形受取人)の通帳に入金されます。    支払期日に、振出人の当座預金口座から引落(出金)されます。     ※実際には手形交換所を経由しますので、御社が現金化(実際に使用      可能)できるのは、支払期日の数日後です。  ◯小切手 http://ykoizumi5.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/1221.GIF    小切手の所持人が銀行に持ち込めば、持ち込んだ日に所持人の通帳に入    金されます。    小切手の振出人の当座預金の口座からは、所持人が銀行に持ち込んだ日    に引落(出金)されます。     ※先付小切手は、振出日が今日(質問者さん受取日)以降の日付が記      載されています。小切手においては今日以降の振出日の場合、振出      日に意味がありません。(先付小切手の法的根拠はありません) >たとえば某会社の当座預金に100万円あれば、小切手の75万円だけでも資金化できるのでしょうか? 例えば、手形の支払期日 6月30日、 小切手の振出日 6月30日   手形 :6月30日以前に取立を銀行に依頼   小切手:は6月30日に銀行に呈示。   某会社6月30日の預金残高、100万円 このような場合、6月30日の御社の通帳(当座勘定照合表)には手形100万円、 小切手75万円の入金が記帳されます。しかしこの時点では表面残高で現金化さ れていません。 相手先の銀行(手形交換所)から資金不足の情報が入り次第、手形分、小切手 分ともに、資金不足として出金記帳されます。 (結果として全額が通帳(当座勘定照合表)から抹消) 優先順位は無く、資金不足で両者共に資金化できません。  ※上記は手形交換所経由の場合です。小切手を振出銀行へ直接持ち込むと   当日に現金化できる可能性があります。しかし先付小切手であれば   そんな事をするよりも、下記を参照。 但し、6月29日(またはそれ以前)に小切手を銀行に呈示すれば、小切手は現金 化できます。(この時点では残高不足で無い場合) 先付小切手の場合、振出日以前に銀行に呈示しても問題ありません。  ※先付小切手は、振出人と受取者の暗黙の了解によって成立します。   つまり、振出日以前は資金を用意できないから先日付を記載しているのです。   振出日に呈示すれば不渡にならないのに、それ以前に呈示したから不渡に   なった。なんて事もありますのでよく考えて行動して下さい。 また、手形の場合、裏書(表面の手形受取人名が別の会社、その会社が裏書き をして御社に)したのであれば、御社は裏書きした別の会社に、当該手形金額 を請求する事ができます。裏書きがなければ諦めるしか・・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 不渡手形の仕訳が分かりません。

    約束手形¥300,000が不渡りになり、満期日以降の利息¥12,000とともに、当座預金から引き落とされた。 不渡りとなった手形は、ただちに得意先秋田商事へ償還の請求をした。 不渡手形312,000/当座預金312,000 (この仕訳は理解できました) 不渡手形で処理されていた受取手形¥300,000が償還され、満期日以降の法定利息¥15,000とともに、本日当座預金口座に振り込まれた。 当座預金315,000/不渡手形312,000               受取利息3,000 2つともつながりがあります。どうしてこうなるのかさっぱり分かりません。 教えてください。

  • 約束手形不渡について

    支払手形決済日(支払期日)の2本の手形1000万円と2000万円の手形があり当座預金が2000万円しかない時はもちろん不渡りになりますがどちらが不渡りになるのですか? どの様な判断をくだせば良いですか?

  • 不渡手形の決済の仕訳がわかりません

    受取手形が不渡りとなった場合、次のような書き方をするとします。 不渡手形 32000 受取手形 30000          現金   2000 ※現金2000は支払拒絶証書の作成費用 ここまでは理解できるのですが、決済の仕訳が次のようになるのが分かりません。 当座預金 32000 不渡手形 32000 この仕訳は何を意味しているのでしょうか? 不渡りなのに当座預金が増える? 不渡手形を決済する、とはどういうことでしょうか?

  • 簿記 仕訳手形の割引高

    手形の割引高(純額のみの記録)¥183,000 (額面¥200,000の手形を割り引いた手取額) の仕訳は <当座預金 183,000 受取手形 200,000 当座預金 17,000                 > となっているのですが、 割引高の意味、仕訳の意味を教えてください。 

  • 小切手って何?

    小切手がどういうものか分かりません。 一応、本は読みましたが難しすぎて……。 簡単に教えていただけると嬉しいです。 (1)小切手は、当座預金を開設してないと作れないのですか?    例えば、私が現金100万円持って、銀行に行き、「100万円の小切手作ってください」と言っても、当座預金がなかったら、小切手は作れないのでしょうか? (2)受け取った小切手は、どこで換金できるのですか?    振出人 ○○さん    支払人 A銀行a支店      このような小切手を私が受け取った場合、私が利用しているB銀行で換金することができるのでしょうか?(私はA銀行と取引していない)    A銀行でないと換金できないものなのでしょうか? (3)自己宛小切手、保証小切手って何?    振出人も支払人も銀行なのが、自己宛小切手なんですよね?    普通の小切手と自己宛小切手の違いは何なのでしょうか?    自己宛小切手にすると何かメリットがあるのでしょうか?    また、保証小切手は自己宛小切手のことなのでしょうか? お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

  • 手形、不渡手形について教えてください

    手形の期日がきたときなど、銀行は、会社の貯金から払うということですか? また、不渡りってどうゆうことですか?会社の貯金がないから、手形と現金を交換できないということですか? 不渡りが6ヶ月以内に2度あると倒産なんですか? それと、小切手と手形はどっちが便利ですか?

  • 手形が不渡りになったときの仕訳は「不渡手形/受取手形」ではないのでしょうか?

    京浜商店より売掛金の決済のために受け取り、 過日、港北銀行で割引に付していた、 同店振り出し、当店宛の約束手形\600.000が満期日に支払拒絶されたため、 同銀行より償還請求を受け、小切手を振り出して決済した。 また、期日後利息\2,000は現金で支払い、手形金額とともに京浜商店に対して請求した。 答え (借)不渡手形 602,000(貸)当座預金 600,000                現金  2,000 ですが 私は不渡手形が発生した場合は 「不渡手形/受取手形」と暗記していたため (借)不渡手形 602,000(貸)受取手形 600,000                現金  2,000 と回答してしまいました。 でもこの場合 「小切手を振り出して決済した。」はどうなるんだろう?とは思いましたが。 質問は なぜ「受取手形」ではなく「当座預金」なのでしょうか? 問題文に「小切手を振り出して」と書いてあるからですか? 教えてください。

  • 当座口座停止と、受領済み先日付小切手

    資金繰りの為、友人の会社に先日付小切手で500万円融通しています。 先日、一部を取り立てに出しました。 友人から連絡があり、先月末で、当座取引停止になった。 今日の分は、落としたが、手続が面倒なので、今後は先日付小切手を取り立てに 出さないでほしい、ということです。 不渡りになったわけでもないので、受領済みの先日付小切手の扱いに困っています。 当座取引停止ですが、それ以前の日付の小切手は、取立てに出せないものでしょうか?

  • 簿記3級の問題集から質問です(小切手に関して)

    問題集で以下の問題を解きましたが、わからない点があります。 [1] 名古屋商店へ商品を売り上げ、この代金100,000円のうち60,000円は 同店振出の小切手で受け取り、残額は当店あての約束手形で受け取った。 [2] 山梨商店から売掛代金として同店振出の約束手形70,000円とかつて 当店が振り出した小切手20,000円を受け取った。 という問題です。正解は、 [1]が借方に現金60,000円と受取手形40,000円;貸方に売上100,000円 [2]が借方に受取手形70,000円と当座預金20,000円;貸方に売掛金90,000円 ここで、小切手の扱いがわかりません。[1]では小切手が現金の勘定 科目で仕訳されていて、[2]では当座預金で仕訳されていますが、なぜ 同じ小切手が、違う勘定科目になるのかがわかりません。 初歩的な質問で申し訳ありませんが、回答よろしくお願いします。

  • 手形の印鑑を間違えました

    友人からの相談ですが 手形を発行してしまって、満期日が7日後に来るのですが 手形と控えの割り印を見て、間違った印を押した事に気が付いたとの事です。 当座預金の残高は有るのですが、この場合不渡り処分に成るのでしょうか? 振り出し先に手形の回収をお願いすれば良いのですが、 変に誤解されるのが恐いので教えて欲しいと言う事です。 このままでは、不渡り処分に成って、調査機関に登録されてしまうのでしょうか? 取引先に満期日前に連絡しないといけないのでしょうか? 宜しくお願い致します。