• ベストアンサー
  • 困ってます

調和振動子の素朴な疑問

あたりまえ過ぎてか、本で調べても載ってないのですが、 1次元調和振動子シュレディンガー方程式の 波動関数はなぜガウス関数みたいな形なのですか? これは推測と実験による仮定なのですか? あとこの振動子の生成消滅演算子の関数は どうやって求めたものなのでしょうか? どなたか答えて頂ければありがたいです。 どうかよろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数815
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

> 波動関数はなぜガウス関数みたいな形なのですか? > これは推測と実験による仮定なのですか? ibm_111 さんの言われることと同じですが, 「シュレーディンガー程式を解くとそうなる」からです。 調和振動子のハミルトニアンは,適当に変数変換して (1)  H = (1/2)p^2 + (1/2)x^2 の形に書けます. すなわち,実空間座標 x とそれに共役な運動量座標 p とが 対等な形で入っています. x 空間と p 空間とはフーリエ変換の関係にあります. したがって, x を元に考えても (量子力学の言葉で言えば,x を対角化する表示をとる) p を元に考えても(p を対角化する表示をとる) 同形にならないといけません. ガウス関数 exp(-x^2/2) はフーリエ変換しても形が変わらない関数です. というわけで,ガウス関数が調和振動子の波動関数(基底状態)になっているのは 納得できます. さて,励起状態の波動関数は x 表示で (2)  (ガウス関数)×(エルミート多項式) という形になっています. これはフーリエ変換すると同形になりません. なぜか? 理由は境界条件の設定にあります. 普通は,x→±∞ で波動関数が消えるように設定するのですが (この条件からエネルギー量子化が出てきます), この境界条件は p→±∞ で波動関数が消えるという設定とは違います. これが原因となって,励起状態の波動関数は x 表示と p 表示とでは 少し違うのです. 生成消滅演算子は,ああいうふうに定義(テキストに書いているように)すると, ハミルトニアンが独立したボソンの集合というように書き直せるのです. これは調和振動子だからそうなるのであって, 他のハミルトニアンですとボソン間の相互作用がいっぱい出てきて 簡単な形になりません. なお,直交多項式(エルミート多項式もその一種)の立場からするなら, 生成消滅演算子は直交多項式に対する昇降演算子になっています. 昇降演算子とは,エルミート多項式で言えば, H_n(ξ)の n を上げ下げする演算子です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます!! とてもよくわかりました!!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

生成消滅演算子の関数というのは、   a = √(mω/2h) (x + i(2/mω)p)   a* = √(mω/2h) (x - i(2/mω)p) (ただしhはエイチ・スラッシュを表わす) という座標・運動量から生成消滅演算子への変換のことでしょうか。  (1) どうやってこれを思い付くことができるのか  (2) 調和振動子以外に演算子の代数で解くことができる系はあるのか というのは多くの人が感じる疑問であると思います。しかし、これに応えてくれる本は多くありません。  閉じた系は非相対論的にはガリレイ変換に対する不変性を持ちますが、相互作用の形によっては付加的な対称性を持つこともあります(Dynamical Symmetry)。運動方程式を不変にするリー代数がある場合、交換関係を使って解くとこができます。例えば水素原子はO(3,1)という対称性を持ち、Runge-Lenzベクトルという保存量があります。この保存量があるためにエネルギー順位は縮退し、ハミルトニアンの固有値はRunge-Lenzベクトルの交換関係から求めることができます。一般論の詳しい説明は次の文献を見て下さい。  K. Mariwalla ; Dynamical Symmetries in mechanics, Physics Reports 20, (1975), 287  MA. Olshanetsky and AM Perelomov ; Quantum integrable systems related to Lie algebras, Physics Reports 94, (1983), 313

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

難しいですね!!時間が余った時にでも調べてみます!! どうもありがとうございました!!

  • 回答No.3
noname#108554
noname#108554

線形常微分方程式なので、一般論としては級数展開で解けます。 で、解いてみるとたまたま(?)多項式×ガウシアンの形をしていて、 最も簡単な場合には多項式部分が1になっているわけですが、 本当に「たまたま(?)」なのかどうかが質問の要点ですか? ソリトンの支配方程式のようにたまたま解けるというわけではない、 つまりその裏に理論があるかもしれませんが 私にはわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど!!解けました!!どうもありがとうございます!!

  • 回答No.2
noname#108554
noname#108554

>波動関数はなぜガウス関数みたいな形なのですか? 質問の背景がわからないのですが、もっとも直接的な答えは 「微分方程式を解くとそうなるから」です。 しかし、たぶんもとめている答えは違うんですよね? 物理的な意味を求めているのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答を頂きありがとうございます。 ポテンシャルがX**2の拡散方程式って解けましたっけ? もし解けるようなら解き方のエッセンスだけでも 教えて頂けませんでしょうか?

  • 回答No.1
  • KENZOU
  • ベストアンサー率54% (241/444)

とりあえずご質問の後半半分だけ。 >あとこの振動子の生成消滅演算子の関数は >どうやって求めたものなのでしょうか? 生成消滅演算子はどのテキストを見ても天下り的にしかあたえられていませんね。小生もどうしてこんな演算子が考えつくのか嘗て考えたことがあります。結構ややこしいし、ここで書くにはあまりにも煩雑で、すぐいやになりますので、一度下記HPのCoffee Breakの項を覗いてみられてはいかがでしょうか。 http://hb3.seikyou.ne.jp/home/E-Yama/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になりました! どうもありがとうございます!

関連するQ&A

  • 片調和振動子の問題

    ポテンシャルがV(x)=∞(x<0), v(x)=(1/2)Cx^2(x>0)で与えられるとき、 (a)この系の定常状態のときに許される波動関数と、同じ質量m,定数Cを持った普通の調和振動子と比較するとどうなるか。 (b)片調和振動子の許される量子化されたエネルギーはいくらか。 (c)この量子化された系のマクロな古典的モデルは何か。 どなたか考え方を教えてください。お願いします。

  • 三次元の調和振動子と軌道角運動量

    三次元の調和振動子の波動関数はエルミート多項式を使った一次元のと同じようなものになると思います。(違ったらいってください。) この基底状態と第一励起状態と第二励起状態の波動関数を組み合わせて、軌道角運動量の固有関数を作ることはできますか? できるならどのようにすればいいですか? お願いします。

  • 3次元の調和振動子について、

    3次元の調和振動子について、 アインシュタイン模型では、3次元の調和振動子がN個ある系は、独立な3N個の1次元調和振動子を考えればよいと書いてあったのですが、それはなぜですか?

  • 調和振動子の波動関数

    調和振動子のポテンシャル中にある相互作用していない2つの電子において量子数nのエネルギー固有状態を記述する波動関数ψn(x),スピン波動関数をφ^{±}とする。 I基底状態Etot=2*E1を記述する2電子波動関数を全てもとめよ II第一励起状態Etot=E1+E2を記述する2電子波動関数を全てもとめよ 上記の問題を考えているのですが,スレーター行列式に代入するとどちらも波動関数が0になって解が求まりません。 どのようにとけば2電子波動関数を求められますか?

  • 調和振動子の分極

    等方的な3次元の調和振動子に一様電界をz方向にかけたときの、振動子の分極率の求め方を教えてください。 よろしくおねがいします><

  • 一次元調和振動子の波動関数

     <一次元調和振動子の基底状態、第一励起状態、第二励起状態の波動関数を求めよ。> という問題で、最終的にどのような形で表せばよいのでしょうか。 まだ勉強したてでよくわかりません。 最終的な形だけで良いので、教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 調和振動子の波動関数。

    調和振動子の波動関数のグラフを教科書(ベムラパリの物理化学)に載っていた次式と値で書こうと思ったのですが、きれいに書けません。値が変なのですか?(mが大きいような…。) Ψv(ξ)=(β/π)^(1/4)*Hv(ξ)*EXP(-ξ^2/2)*(2^v*v!)^(-1) ξ=q*√β β=(2π/h)*√β*k (k:力の定数)    H0(ξ)=1 H1(ξ)=2ξ H2(ξ)=4ξ^2-2 m=10^(-20) k=5*10^5 dyn cm-1 が式です。

  • 調和振動子の離散的なエネルギー固有値の出所

    量子力学では、調和振動子の問題の解法には2通りの方法がありますよね。 (1)シュレーディンガー方程式を解析的に解く方法 この方法では、エネルギー固有値がとびとびの値を持つのは、無限遠方で波動関数が0になることを要請した(束縛状態)結果だと理解しています。 (2)生成消滅演算子を用いて解く方法 位置演算子(x)や運動量演算子(p)の線形結合を取って生成消滅演算子(a)や(a*)を定義すると、エネルギー固有値は個数演算子(a*a)だけで書くことができて、その結果エネルギー固有値がとびとびの値を取ります。 (1)の方法では、境界条件が重要だったのに、(2)ではそのような境界条件を課すことなく、エネルギー固有値がとびとびの値を取るのは何故ですか?

  • 一次元調和振動子について

    一次元調和振動子の問題を演習して分からない問題がでてきたので質問させていただきます。 ハミルトニアンH=(-h^2/2m)d^2/dx^2+mw^2x^2/2・・・(1) Hψ=Eψのシュレディンガー方程式において (1)のハミルトニアンにポテンシャルV=αx,V=βx^2が加わったときの固有エネルギーをそれぞれ求め、このポテンシャルが加わったことで運動がどのように変化するか簡単に説明しなさい。ただしα、β>0とする。 演算子を使っていろいろ試行錯誤してみましたが、なかなか解答にたどり着けません、よろしくお願いいたします。

  • 量子力学の問題で困っています

    量子力学の問題なのですが手元に資料が少なく、またネットで調べてもよくわからないので誰か教えて下さい。 1次元の調和振動子の規定状態の波動関数は一座表表示で次のように書ける Ψ(x,t) = Aexp(-2mωx^2/2h)exp(-iωt/2) これが調和振動子のシュレディンガー方程式の解であることを確かめなさい という問題なのですが調和振動子のシュレディンガー方程式というのは (-h^2/2m)d^2Ψ/dx^2 + mω^2x^2Ψ/2 = EΨ でいいのでしょうか? この方程式では時間の項を考慮していないように見えるのですが また、運動量の固有関数が f(x) = (1/√2πh)exp(ipx/h) であることを用いて、この波動関数Ψ(x,t)の運動量表示Φ(p,t)を求めなさい という問題も計算がうまくいかなくて困っています。教えていただけませんか? 式中のhは全てエイチバーです。よろしくお願いします