• 締切済み
  • 困ってます

一次元調和振動子について

一次元調和振動子の問題を演習して分からない問題がでてきたので質問させていただきます。 ハミルトニアンH=(-h^2/2m)d^2/dx^2+mw^2x^2/2・・・(1) Hψ=Eψのシュレディンガー方程式において (1)のハミルトニアンにポテンシャルV=αx,V=βx^2が加わったときの固有エネルギーをそれぞれ求め、このポテンシャルが加わったことで運動がどのように変化するか簡単に説明しなさい。ただしα、β>0とする。 演算子を使っていろいろ試行錯誤してみましたが、なかなか解答にたどり着けません、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数679
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3

初学者向けの本はあまり知らないのですが、書店でぱらぱら眺めた感じでは 原島 鮮「初等量子力学」(裳華房) 都筑 卓司「なっとくする量子力学」(講談社) の辺りには計算がわりと詳しく書いてあるようです。私は読んだ事はないですが、ネットで調べる限り、評判もそこそこのようです。 しっかりと量子力学を理解したい(物理学科に在籍しているなど)のであれば、 JJサクライ「現代の量子力学上・下」(吉岡書店) 猪木・川合「量子力学I・II」(講談社) の辺りを読んだ方がいいですね。特に、生成消滅演算子を使ったやり方を理解しておきましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。チェックしてみたいと思います。

関連するQ&A

  • 調和振動子の問題

    電場(E)の中に置かれた調和振動子のハミルトニアンが H=(p^2)/2m + (mw^2x^2)/2 + qxE で与えられているとき、これが単調和振動子(simple harmonic oscillator) の問題として表すことができることを証明したいのですが、やり方がわかりません。 x coordinate を変えればいいのかな、と思うのですが、どうすればいいのかわかりません。 アドバイスお願いします。

  • 調和振動子の素朴な疑問

    あたりまえ過ぎてか、本で調べても載ってないのですが、 1次元調和振動子シュレディンガー方程式の 波動関数はなぜガウス関数みたいな形なのですか? これは推測と実験による仮定なのですか? あとこの振動子の生成消滅演算子の関数は どうやって求めたものなのでしょうか? どなたか答えて頂ければありがたいです。 どうかよろしくおねがいします。

  • 量子力学の質問です。

    【1】 MKS単位系での以下の単位を教えてください。 1. 三次元デルタ関数系ポテンシャル -Vδ(x) δ(y) δ(z) 2. 基底状態における交換子の期待値 <0|[a†, a]|0> 【2】 一次元調和振動子でハミルトニアンH=p^2/2m + mω^2x^2/2 で与えられてる時、固有状態を|n>として、期待値 <n|x|n>を求める方法はシュレディンガー方程式を解いて、エルミートを含む一般解を導出して、∫dxΦxΦ ってやる他に簡単なやり方はないのでしょうか? <x>ならば0であると計算しなくても分かるのですが、より一般的に例えば<x^4>とかを求めるとなるとどうすればいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.2

>(1)の固有エネルギーは(n+1/2)hwでよろしいでしょうか? ここに書く都合でhbar=h/2πをhと書いただけなら、OKです。 あと、普通はwじゃなくて、ω(オメガ)を用います。これも、ここに書く都合でwとしただけかもしれませんが。 >固有関数が与えられれば固有エネルギーの求め方は分かるのですが、関数が与えられないと求め方はいまいち分からないです・・。 じゃぁ、量子力学の教科書を読みましょう。 ま、この問題に限っては、結果だけを天下り的に使ってもいいかもしれませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。ここに書く都合でそうさせていただきました。量子力学の参考書を2冊持っているのですが読んでもいまいちです。できればおすすめの量子力学の書を教えていただきたいのですが・・。

  • 回答No.1

(1)の固有エネルギーの求め方は分かるんですか? 摂動論の話でないのならば、それと同じ事をやるだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

(1)の固有エネルギーは(n+1/2)hwでよろしいでしょうか?固有関数が与えられれば固有エネルギーの求め方は分かるのですが、関数が与えられないと求め方はいまいち分からないです・・。

関連するQ&A

  • 一次元調和ポテンシャル中の荷電粒子の運動

    一次元調和ポテンシャル中の荷電粒子の運動を考える。 摂動のないハミルトニアンH'_0のもとで、ハイゼンベルグ表示での一演算子Xの時間発展X(t)をX(0), P(0)の線形結合の形で書き、固有状態|n>での位置の期待値<n|X(t)|n>を求め、位置の期待値が有限の振幅で振動する(角振動数ω0)ような状態の例を示すと、どのようになるでしょうか。どなたか教えてください。

  • 調和振動子

       D:エイチバー    α:√(mω/D)    q:αx 1次元調和振動子のn=0の場合の固有関数  φ0(x)=(mω/πD)^1/4×exp(-q^2/2)      =(mω/πD)^1/4×exp(-mωx^2/2D) を使って  位置の期待値 <x>=∫x│φ0*│^2 dx  運動量の期待値 <Px>=∫φ0*(-iDd/dx)φ0 dx  位置の二乗の期待値 <x^2>=∫x^2│φ0│^2 dx  運動量の二乗の期待値 <Px^2>=∫φ0*(-iDd/dx)^2φ0 dx の4つを計算したいのですが、ややこしくて出来ません。 どなたか、計算してみてください。 因みに、答えは『0、0、D/2mω、mωD/2』になる筈です。

  • mathematicaでの計算

    mathematicaで微分演算子を含むハミルトニアンを独立に扱いたのですが,できるのでしょうか? 例えば,一次元調和振動子のハミルトニアンでしたら H=-d^2/dx^2+x^2 ですが,これを独立に扱って (H-E)^2*ψ などの計算をmathematicaで簡便に行いたいのですが(ここでψは簡単な指数関数,ψ=exp(-a*x^2) など),このような計算のプログラミングはどのようにすればできるのでしょうか?

  • 三次元の調和振動子と軌道角運動量

    三次元の調和振動子の波動関数はエルミート多項式を使った一次元のと同じようなものになると思います。(違ったらいってください。) この基底状態と第一励起状態と第二励起状態の波動関数を組み合わせて、軌道角運動量の固有関数を作ることはできますか? できるならどのようにすればいいですか? お願いします。

  • 一次元の井戸型ポテンシャル中の自由粒子についてハミルトニアンを導くとこ

    一次元の井戸型ポテンシャル中の自由粒子についてハミルトニアンを導くところなんですが 全エネルギー E = p^2 / 2m + U(x) --(A) p <- -ih d/dx (hは棒付き) --(B) ∴ H^ = (-h^2 / 2m) d^2/dx^2 + U(x) --(C) において、 (1) (B)運動量演算子 -ih d/dx がいきなりでてくるのがわかりません。教科書など見てもこの導き方が載っていません この運動量演算子というのは波動関数に作用させると運動量になるというものなのでしょうか (2) (C)ハミルトニアンは演算子なのに、U(x)の部分はただのスカラーになっていますがいいのでしょうか (3) (1)で運動量演算子を波動関数に作用させたものが運動量ならば、波動関数に(C)を作用させたものは、(運動エネルギー)+(ポテンシャルエネルギー×波動関数)になってしまいませんか? そうするとシュレーディンガー方程式は (運動エネルギー)+(ポテンシャルエネルギー×波動関数)=(全エネルギー×波動関数) となって、次元が合わないような状況になってしまいませんか? 質問の意味がわからなかったらすぐ補足するので、1つでもいいので教えてください。よろしくお願いします。

  • 調和振動子の離散的なエネルギー固有値の出所

    量子力学では、調和振動子の問題の解法には2通りの方法がありますよね。 (1)シュレーディンガー方程式を解析的に解く方法 この方法では、エネルギー固有値がとびとびの値を持つのは、無限遠方で波動関数が0になることを要請した(束縛状態)結果だと理解しています。 (2)生成消滅演算子を用いて解く方法 位置演算子(x)や運動量演算子(p)の線形結合を取って生成消滅演算子(a)や(a*)を定義すると、エネルギー固有値は個数演算子(a*a)だけで書くことができて、その結果エネルギー固有値がとびとびの値を取ります。 (1)の方法では、境界条件が重要だったのに、(2)ではそのような境界条件を課すことなく、エネルギー固有値がとびとびの値を取るのは何故ですか?

  • 調和振動子の固有値

    壁|---○---○---|壁 上の図のように、ばね定数Kの3つのバネ3本で連結された二つの粒子(質量はともにm)の運動のうちで、バネに平行な方向の成分だけに着目して、そのハミルトニアンを     重心座標 X=(x1+x2)/2 相対座標 x=x1-x2 を用いて書き直すと H=[{-(hbar)^2/4m}(∂/∂X)^2 +KX^2]-[{(hbar)^2/m}(∂/∂X)^2 + 3Kx^2/4}] となる。 ここから固有値を求めるわけですが、解説には 重心運動は 質量 2m ばね定数 2K 相対運動は 質量 m/2 ばね定数 3K/2 となってωo=√(K/m) ω=√(3K/m) 固有関数は、それぞれの固有関数の積、固有値は和であらわされるから、 εNn=(N+1/2)(hbar)ωo + (n+1/2)(hbar)ω と書いてあります。 ここで二つ質問があって、 (1)重心運動のばね定数が 2K 相対運動の 質量 m/2 ばね定数 3K/2   という風にどうして表されるのか、 (2)なぜ調和振動子の固有値はそれぞれの和で表されるのか というのが分かりませんでした。 どなたかご教授ください。お願いします。

  • 調和振動子の波動関数

    調和振動子のポテンシャル中にある相互作用していない2つの電子において量子数nのエネルギー固有状態を記述する波動関数ψn(x),スピン波動関数をφ^{±}とする。 I基底状態Etot=2*E1を記述する2電子波動関数を全てもとめよ II第一励起状態Etot=E1+E2を記述する2電子波動関数を全てもとめよ 上記の問題を考えているのですが,スレーター行列式に代入するとどちらも波動関数が0になって解が求まりません。 どのようにとけば2電子波動関数を求められますか?

  • 非対称なポテンシャル中での固有状態

    量子力学の話です。 3次元の球対称なポテンシャルlの場合にはシュレディンガー方程式を極座標表示して、 球面調和関数Yが角運動量の2乗L^2と角運動量のz成分Lzの固有関数であることが求められます。 では、ポテンシャルが球対称じゃない場合、例えばV(x,y,z)=m/2[ω1x^2+ω2y^2+ω3z^2)]のようなポテンシャルを持ったの調和振動子などの場合に、上の場合と同じように調和振動子の定常状態はL^2とLzの固有状態になれるのでしょうか? なれないのならばその理由を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 以下の問題が与えられたのですが、

    以下の問題が与えられたのですが、 (4)という定義なしに答える方法はあるのでしょうか? 本問では(4)という定義はありません。 どなたか教えていただけると助かります。 質量m、角振動数ωの1次元調和振動子の ハミルトニアンは(1)式で与えられる。 ここでp(^は省略します)は運動量演算子、 xは位置演算子であり、交換関係[x,p]=xp-px=ih/2πを満たす。 また、(2)、(3)で定義される2つの演算子を考える。 演算子N=a†aの固有値をnとし、 その規格化された固有状態を|n>とする。 すなわちN|n>=n|n>,<n|n>=1である。 次の2つの関係式が成り立つことを示し、 係数A,Bを求めよ。 a†|n>=A|n+1>, a|n>=B|n-1> ただしA,Bは正の実数とする。