• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

調和振動子

   D:エイチバー    α:√(mω/D)    q:αx 1次元調和振動子のn=0の場合の固有関数  φ0(x)=(mω/πD)^1/4×exp(-q^2/2)      =(mω/πD)^1/4×exp(-mωx^2/2D) を使って  位置の期待値 <x>=∫x│φ0*│^2 dx  運動量の期待値 <Px>=∫φ0*(-iDd/dx)φ0 dx  位置の二乗の期待値 <x^2>=∫x^2│φ0│^2 dx  運動量の二乗の期待値 <Px^2>=∫φ0*(-iDd/dx)^2φ0 dx の4つを計算したいのですが、ややこしくて出来ません。 どなたか、計算してみてください。 因みに、答えは『0、0、D/2mω、mωD/2』になる筈です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1854
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

vortexcore さんの書かれているように > ややこしくて出来ません の具体的内容を書かれた方が回答も書きやすいでしょう. 期待値を求める方法はご存知のようですから,あとは積分だけですね. <x> と <Px> は本質的に (1)  ∫{-∞~+∞} t exp(-t^2) dt の計算ですね(t = q/√2). これは t^2 = z とおけばすぐに計算ができます. でも,Umada さんご指摘のように,奇関数の{-∞~+∞}積分ですから, 計算するまでもなく答はゼロです. 調和振動子は右に行ったり左に行ったりの繰り返しで, 対称性を考えれば位置も運動量も正の場合と負の場合が同じ確率で現れますから, 期待値はゼロ,というのが物理的意味です. <x^2> と <Px^2> の期待値の計算では (2)  ∫{-∞~+∞} exp(-t^2) dt (3)  ∫{-∞~+∞} t^2 exp(-t^2) dt の計算が必要です. (2)は有名な積分(ガウス積分)で √π であることが知られています. (2')  ∫{-∞~+∞} exp(-t^2) dt = √π (2')で,t^2 = az^2 とおきますと (2'')  ∫{-∞~+∞} exp(-az^2) dz = √(π/a) となり,(2'')の両辺を a で微分してから a=1 とおけば (3')  ∫{-∞~+∞} z^2 exp(-z^2) dz = (1/2) √π が得られます.これで(3)の積分は解決. あとは係数の調整だけですので, 自分で手を動かしてみてください(これが大事です). Umada さんの言われるように,x と Px の線形結合を使った演算子を用いると 簡単ですが,たしかに概念的にとっつきにくい気はします. 調和振動子では運動エネルギーの期待値とポテンシャルエネルギーの期待値が 等しいこと,および基底状態のエネルギーが (1/2)Dω であること, を使ってよいなら, (4)  <Px^2>/2m = (1/4)Dω  (運動エネルギー期待値) (5)  (k/2) <x^2> = (1/4)Dω    (ポテンシャルエネルギー期待値) です.k はばね定数で,ω^2 = k/m. (4)=(5) で,(4)+(5) が(1/2)Dωになっています. これから簡単に <Px^2> と <x^2> が出ますね. でも,これは反則かな? おまけに(2')の導出(よく本に載っています): (6)  I = ∫{-∞~+∞} exp(-t^2) dt として (7)  I^2 = ∫{-∞~+∞} exp(-t^2) dt ×∫{-∞~+∞} exp(-y^2) dy       = ∫{-∞~+∞} dx∫{-∞~+∞} dy exp{-(x^2+y^2)}       = ∫{r=0~+∞} ∫{θ=0~2π} exp(-r^2) r dθ dr       = 2π ∫{r=0~+∞} exp(-r^2) r dr       = π から(2')が直ちにわかります. (7)で2行目から3行目に移るところは, (x,y) 座標から (r,θ) の極座標に変換しました.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • Umada
  • ベストアンサー率83% (1169/1405)

vortexcoreさんのおっしゃるように、1次元調和振動子の問題の解き方は量子力学の教科書・演習書ならまず大抵載っています。ですからそれを見るのが早いです。 exp(-x^2)が入っているのが厄介のタネですよね。この形が出てきたら数学公式集の力を遠慮なく借りるべきです。 なお位置と運動量については既に答えの見当も付いていますし、関数の対称性(積分の中身が奇関数)を使えば実際の積分はしなくても答えは0と求められますよね。 もう一つは演算子を用いる方法です。演算子の考え方は最初はとっつきにくいですが、波動関数φn(x)の直交性をうまく使うことで積分は全く行わず、驚くほど簡単に解を求めることができます。教科書の2ページ分くらいの量ですがここではちょっと書き切れませんのでご自身で教科書・演習書を読んでみて下さい。 私がいま手許で調べたのは 小出昭一郎, 基礎物理学選書5A「量子力学(I)」, 裳華房(1969) です。一次元調和振動子で<x^2>を求める例題が載っていました(p. 44)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

サイエンス社の藤原、岡崎著「演習量子力学」(黄色い本)の37ページに(一般的な場合の)答えがありますので、レポートの答えならここを写せば良いのではないでしょうか。ただ、教官というのはたいていの参考書はパラパラと読んでるので、丸写しではばれると思いますが。 積分のどの部分が解らないのか書いていただければ、具体的なアドバイスが出てくると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 量子力学の問題で困っています

    量子力学の問題なのですが手元に資料が少なく、またネットで調べてもよくわからないので誰か教えて下さい。 1次元の調和振動子の規定状態の波動関数は一座表表示で次のように書ける Ψ(x,t) = Aexp(-2mωx^2/2h)exp(-iωt/2) これが調和振動子のシュレディンガー方程式の解であることを確かめなさい という問題なのですが調和振動子のシュレディンガー方程式というのは (-h^2/2m)d^2Ψ/dx^2 + mω^2x^2Ψ/2 = EΨ でいいのでしょうか? この方程式では時間の項を考慮していないように見えるのですが また、運動量の固有関数が f(x) = (1/√2πh)exp(ipx/h) であることを用いて、この波動関数Ψ(x,t)の運動量表示Φ(p,t)を求めなさい という問題も計算がうまくいかなくて困っています。教えていただけませんか? 式中のhは全てエイチバーです。よろしくお願いします

  • 調和振動子の状態数

    自由粒子の状態数の求め方は分かるのですが、調和振動子の場合が解けません。 問1、1個の1次元調和振動子のエネルギーEが0<E<E0である微視的状態数を求めよ。 問2、N個の3次元調和振動子が体積Vの断熱的な箱に閉じ込められている。エネルギーがEが0<E<E0である微視的状態数を求めよ。 問2であれば系のエネルギーEをpで表し、運動量空間におけるそのエネルギーE以下の領域の体積を求める。これに座標空間での体積Vを掛けてh^3Nで割った値が微視的状態数として求まると思います。自由粒子であれば分散関係E=Σ(p)^2/(2m)と表せますが、調和振動子の場合はE=Σ(n+1/2)h'ωと表されるので、これをどうやって運動量空間で考えればいいのでしょうか。 また問1に至っては体積など領域が指定されていないので、状態数が求まらないように思えます。 上の問題は本の章末問題なのに略解すら載っていないのでかなり困っています。解答ではなく問題の具体的な解き方・考え方でもいいのでどなたか解説を頂けると有り難いです。

  • 1次元調和振動子の正準運動方程式について

    (1)ハミルトニアンHが、H=(p^2)/(2m)+mω(q^2)/2の時、正準運動方程式の一般解が以下のように書けることの示し方を具体的に教えて下さい。 q(t)=Asin(ωt+δ)、p(t)=Aωcos(ωt+δ) (2)1次元調和振動子に対してビリアルの定理が成立することを、(1)の古典解も基にして確かめる方法を教えて下さい。

  • 【解析力学】1次元調和振動子のエネルギー

    以下の問題「解析力学」の試験で出ました。解き直しをしているのですが、導出過程と解答が分かりません。 お手数をおかけしますが、教えていただけないでしょうか。お願いします。 ********************************** 母関数 W(q,Q) = aq^2cot(bQ) によって正準変数q,pから新しい正準変数Q,Pに正準変換したとき、新しい正準運動量Pが1次元調和振動子のエネルギー(Hamiltonian) H = p^2/2m + mω^2q^2/2 となるように、パラメーターa,bの値を定めよ。また、正準変数Qの物理的意味を述べよ。

  • 一次元調和振動子の平均のエネルギー<E>

    温度Tで、質量mのバネがボルツマン分布する時の平均のエネルギー<E>を知りたいのですが、 <E>=∬Eexp(―E/kT)dxdp/∬exp(―E/kT)dxdp          (kはボルツマン定数、pはX方向の運動量、E=1/2・a2乗・ω2乗) の解き方がよくわかりません。どうしたら、いいんでしょうか?

  • 量子力学の期待値の問題です

    波動関数φ(x)=C*exp(-x^2/2a^2)から不確定性関係を導く問題です。 運動量のp^2の期待値<p^2>の計算がわかりません <p^2>=∫φ(x)'*p^2*φ(x)    *φ'(x)は共役複素数 =|c|^2*(-ih) ∫(d^2/dx^2) exp(-x^2/a^2) dx =|c|^2*(-ih)*(4/a^4) ∫x^2* exp(-x^2/a^2) dx ここで |C|^2=1/a√π (規格化より求めた) ∫x^2* exp(-x^l2/a^2) dx=(a^3*√π)/2 を代入して <p^2>= -2ih    以上のようになったのですが、間違っている気がしてなりません。 間違いがあったらご指摘お願いします。

  • 量子力学の問題(期待値を求める)

    量子力学の問題について、自分で解いたのですが正しいか自信がありません。各問いで解答が正しいか、また考え方が正しいかご教授をお願いします。 問題 ポテンシャルV(x)=-gxの中を運動する質量mの粒子について。ある時刻t=t0において粒子の波動関数が次のように与えられたとする。 Ψ(x,to)=Cexp(-ax^2+ibx) (a,b,Cは正の実数) このとき、 (1)t=toにおける位置の期待値 (2)t=toにおける運動量の期待値 (3)時刻tにおける位置の期待値 (4)波動関数Ψ(x,t)が従う、時間に依存するシュレディンガー方程式 を求めよ。 解答 (1)<Ψ(x,to)*| x |Ψ(x,to)> =∫[-∞,∞]Cexp(-ax^2-ibx)・x・Cexp(-ax^2+ibx)dx =C^2∫[-∞,∞] xexp(-2ax^2)dx を計算して答えが0になりました。(この積分を直接計算できませんでしたが、被積分関数のグラフを考えると原点対象だったので、-∞から∞に積分して0になるだろうと考えました。) (2)<Ψ(x,to)*| -ihd/dx |Ψ(x,to)> =… =hbC^2∫[-∞,∞] exp(-2ax^2)dx =hbC^2×√π/√(2a) (最後の積分でガウス積分の公式を使いました。) (3)ハミルトニアンが時間に依存しないので、時刻tにおいて波動関数ψは ψ(x,t)=Ψ(x,to)exp(-iEt/h)=Cexp(-ax^2+ibx)・exp(-iEt/h) とおける。従って求める期待値は、 <ψ(x,t)*| x |ψ(x,t)> =∫[-∞,∞]Cexp(-ax^2-ibx)・exp(iEt/h)・x・Cexp(-ax^2+ibx)・exp(-iEt/h)dx =C^2∫[-∞,∞] xexp(-2ax^2)dx =0 (結局(1)と同じ) (4)(-h^2/2m(d^2/dx^2)-gx)ψ(x,t)=ihd/dtψ(x,t)

  • 調和振動子の離散的なエネルギー固有値の出所

    量子力学では、調和振動子の問題の解法には2通りの方法がありますよね。 (1)シュレーディンガー方程式を解析的に解く方法 この方法では、エネルギー固有値がとびとびの値を持つのは、無限遠方で波動関数が0になることを要請した(束縛状態)結果だと理解しています。 (2)生成消滅演算子を用いて解く方法 位置演算子(x)や運動量演算子(p)の線形結合を取って生成消滅演算子(a)や(a*)を定義すると、エネルギー固有値は個数演算子(a*a)だけで書くことができて、その結果エネルギー固有値がとびとびの値を取ります。 (1)の方法では、境界条件が重要だったのに、(2)ではそのような境界条件を課すことなく、エネルギー固有値がとびとびの値を取るのは何故ですか?

  • 水素原子の期待値の計算

    水素原子1S軌道に関して運動量pの期待値〈p^2〉を求め、最終的には運動エネルギーの期待値を得たいのですが、 水素原子の1S軌道の波動関数をΨ、その複素共役をΨ*とします。 Ψ=(1/π)^(1/2)・(1/a)^(3/2)・exp(‐r/a)です。aはボーア半径です。 このとき 〈p^2〉=∫Ψ*p^2Ψdτ     =∫(0~2π)dφ∫(0~π)sinθdθ∫r^2drΨ* p^2Ψ ここでp^2=(-(h/2π)^2)d^2/dx^2なので上の式に代入して     =∫(0~2π)dφ∫(0~π)sinθdθ∫r^2drΨ*(-(h/2π)^2)d^2/dx^2Ψ さらに Ψ=(1/π)^(1/2)・(1/a)^(3/2)・exp(‐r/a)であるので(aはボーア半径)、上の式に代入して整理すると     =(2π)×(2)×(1/π) ・(1/a^3)・(-(h/2π)^2)∫r^2・exp(‐2r/a)・(d^2/dx^2)dr xの2階微分の処理方法を含め、ここからどのように計算したらよいか分からずにいます。 最終的には水素原子1S軌道に関しての運動エネルギーの期待値を得たいのです。 しかもポテンシャルエネルギーの期待値との関係から〈K〉=-(1/2) 〈U〉= e^2/(8πεa)になるはずなのですが真空の誘電率εや電荷eが出てくる気配もなく困っています。 どうかご教示いただけないでしょうか。 そもそも計算方法が間違っているのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 量子力学の問題について質問です。

    量子力学の問題です。 一次元だけで考える。粒子の波動関数がAe^{(k/2)(x-c)^2} (A・k>0.cは実数の定数)であたえられている時、 (a)規格化条件からAを求めよ (b)xの期待値を求めよ (c)(x-c)^2の期待値を求めよ (d)運動量p=-ihd/dx の期待値を求めよ (e)上で求めた運動量の期待値をp₀とするとき、(p-p₀)^2の期待値を求めよ どなたかわかる方説明していただけるとありがたいです。