• 締切済み
  • 暇なときにでも

薬事法での化粧品の広告の基準

薬事法での、化粧品の広告の基準について教えて下さい。 例えば、皮膚科・美容外科などの医師が開発に携わったり、研究データをもとに作られたドクターズコスメと言われるジャンルの化粧品ですが、メーカーHPや製品のパンフレットに開発者として医師が白衣姿で登場している場合、薬事法では問題ないでしょうか? 白衣の医者が出ていると、イメージ的に安全性と有効性を感じますが、化粧品以上の効能がありそうにも見えます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1412
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

大学教授、医師等の談話により効果を暗示する表現はNGです。 ※専門家などが、その商品や物質の効能、効果を語る文章はNG対象になります。 http://rakucheck.jp/yakuji/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございました。 やはりそうですよね。 お書きいただいたサイトは知りませんでした。 こちらも役に立ちそうです。 続けて質問で申し訳ありませんが、 メーカーHPに医師のHPがリンクされていて、開発した化粧品名や含有物や効果(肌を活性化する、・・・を予防・改善する等)が書かれているケースは、メーカーのHPからリンクで誘導しているということでNGになるでしょうね?

関連するQ&A

  • 薬事法の広告規制について

    よく分かっていないのですが、雑貨などを 販売する時、薬事法は関係あるのでしょうか? 薬事法の目的は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び 医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために 必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する 措置を講ずるとあります。 現状の分類が雑貨であれば、効果効能を謳うことは 問題ないのでしょうか。

  • 薬事法(化粧品)について

    先日、化粧品の製造年月日が知りたくてメーカーに問い合わせをしたところ、 製造日は教えられないとの返事がきました。 使用可能か否かは匂いや色で自分で判断してほしいとの回答でした。 化粧品の様に使用期限が表示されていない物に対して、ユーザーが製造年月日 を問い合わせた場合、それに回答しないで、ユーザーに色や匂いで使用可能か否かを 判断させるのは薬事法に違反もしくは抵触はしないのでしょうか? 匂いや色が異常がなくても古いものは使用したくなくて問い合わせたのですが。 詳しい方、アドバイスよろしくお願いします。

  • 化粧品の販売と薬事法について

    ある植物成分を使ったオイル、クリーム(体に塗るもの)、入浴剤の販売を考えています(国内で生産されたものです)。これは、化粧品の分野と捉えてよいのでしょうか?またその場合、薬事法の範疇としてどのような手続きが必要なのでしょうか?

  • 薬事法

    主に化粧品について、薬事法で認められている成分の一覧のようなものは、どうやって探したらいいのでしょうか? 海外では使われていても、日本ではだめな成分などを調べたいのです。

  • インクジェットのインクで、化粧品(薬事法)に許可

    インクジェットのインクで、化粧品(薬事法)に許可されている成分だけで作られているものはあるのでしょうか。その様なものがあれば、とても安全だと思い質問致します。宜しくお願い致します。

  • 手作り化粧品と薬事法について

     アロマテラピーが好きで、石けんや化粧品を手作りしている者です。  手作り化粧品の本に載っている、たとえばハンドクリームなどのレシピには、「これはプレゼントに喜ばれます」と書いてあったりします。一方、アロマテラピーの学習書には、「(自分で作成したスキンケア品を)むやみに販売またはプレゼントをした場合、薬事法などに違反する恐れがある」とあります。  そこで質問なのですが、手作りのスキンケアグッズを人に「プレゼント」して薬事法に違反する場合とは、具体的にどんな場合でしょうか。自分の肌に一番合うものを目指して作っているので、人に販売するつもりは毛頭ないし、プレゼントもする予定はないのですが、一応知っておきたいです。  インターネットで薬事法を読んだのですが、今ひとつよくわかりません。おわかりになる方、教えていただけたらうれしいです。

  • 海外からの化粧品販売は薬事法違反?

    薬事法に詳しい方、教えて下さい。 私は海外在住で、日本向けに現地の化粧品を売るネットショップをしています。 その化粧品は、日本でも売られています。 私のネットショップは、日本に拠点はありません。 前に、薬事法上問題が無いかを厚生労働省に確認したら、日本で化粧品を受け取るのが個人輸入者なら、個人輸入者向けに海外から化粧品を販売・輸出するのは問題ないとのことでした。 ところが先日、住んだことも無いある県の薬務課から、「海外からの販売でも薬事法違反。改善せよ。」との連絡が来ました。 厚生労働省とその県の言ってる事が違うので、困ってます。 以下について教えて下さい。 1.海外から日本に化粧品を販売・輸出するのは薬事法違反ですか? 2.「改善せよ。」というのは、具体的に何をすれば良いんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 洗顔パウダーの広告表記(薬事法)について

    会社で洗顔パウダーを販売することになりました。 化粧品とは全く関係のない業種だったので、新分野への進出に戸惑っています。 化粧品の広告での表記制限が多いことは、こちらのサイトの他の質問でも理解できたのですが、では、どういった表現ならOKなのか、そのボーダーラインがわからず困っております。 知人から紹介されたバイヤーさんからは、配合成分の効能説明について、以下の表現にダメ出しをされました。 1)酸化予防 2)ニキビ予防 3)シミ・ソバカスを防ぐ 4)皮脂分泌を抑える 5)血行促進 6)鎮静効果 これらは、どういった表現なら薬事法にクリアされるのでしょうか? 薬事法に関するサイトhttp://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/yakuji/kansi/cm/k-k-3123.htmlでは「ニキビ・アセモを防ぐ」が効能の範囲内とされているのに、「予防」という言葉はダメなのでしょうか? それと、製品を開発した大学教授の名前を出す事もダメだと言われましたが、説明文中にも入れてはいけないのでしょうか? (なお、製品はドクターズコスメや医薬部外品の扱いではありません) お手数をお掛けしますが、教えて頂けると有り難いです。 ド素人の初心者ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

  • 手作り化粧水用具と薬事法

    ●完成品の化粧水ではなく、ユーザーが自分で手作りするための化粧水用の材料、用具をキットで販売する場合、薬事法は適用されるのでしょうか。表示関連は薬事法を遵守しなければいけないと思いますが、化粧品製造販売の免許が必要になるのかが解りません。よろしくご教授お願いします。

  • 薬事法をクリアする広告表現ガイドラインを作りたい

    こんにちは。 ある広告会社に入社し、広告表記のガイドライン作りを命じられました。 クライアントには、エステや美容院も多く、 薬事法に触れない健全な広告を作りたいと思っています。 そこで、素人にもわかりやすく、 ガイドラインが作れるポイントを教えていただけないでしょうか? (できれば注意すべき基本的な項目などがあれば・・・) また、化粧品で認められている効果・効能について、 そのエステ店で使用している化粧品であれば、 事実に基づく範囲で、エステの広告で効果効能を訴求することは 可能なのでしょうか? 例えば、肌のきめを整える、肌にはりを与える 肌を引き締める、肌を滑らかに保つ、などの表記は 化粧品でよく見かけます。 これらの表記であればOKでしょうか? くわしい方、ぜひ教えて下さい。 よろしくお願いします。