• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

壁が石膏ボード+断熱材のRC造マンション。防音は??

構造はRCでも、隣室との境の壁は『石膏ボード+断熱材』というRC(鉄筋コンクリート)造のマンションについてご質問です。 壁が石膏ボード+断熱材の場合、隣室からの防音性は、軽量鉄骨や木造と変わらないのでしょうか? 現在、木造アパートに住んでいるのですが、隣のクシャミや携帯の着信音や話し声まで聞こえ、ストレスを感じるため引っ越しを考えました。 音の基準は人により異なるとは思いますが、マンションの中で最高級の防音性を!と考えRC造で探していますした。 気に入った物件が見つかり、壁をたたいてみたところ、片側の壁は鉄筋コンクリートの音(たたいても音が響かない)ですが、もう片側の壁は現在の木造の住まいと同じ音(音が響き壁がうすい感じ)が・・。 業者に聞いたところ、『構造はRCなんですが、こちら側の壁は石膏ボード+断熱材です』とのことでした。 RCでも肝心の壁が石膏ボードでは、軽量鉄骨や木造と防音性ではあまり変わりがないのでは?と思いますが、どうなのでしょうか? 当方、外からの防音よりも、隣室との防音を気にします。 専門家の方、建築にお詳しい方お教えください。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数11707
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#110201
noname#110201

No1です。 隣家との間の壁も鉄筋コンクリートなら、防音性能はよくなるはずです。 実は、RC造といってもいろいろなのです。 極端に言えば、梁と柱だけが鉄筋コンクリートでもRC造というのです。 下のサイト↓に分かりやすいイラストが載っています。 http://www.jj-navi.com/edit/jj-guide/qa/contents/123302.html ここで「ラーメン構造」と書いてある躯体の場合、壁は大概石膏ボードになります。 このサイト↓でも、この違いに触れています。 http://www.heyasagase.com/guide/trouble/oto/t_oto02.html ここのサイトでは、壁も鉄筋コンクリートの物件が少ないかのように書いてあります。私自身は、壁も鉄筋コンクリートの物件が多いのか少ないのか知りません。申し訳ないのですが。 また、このサイトにはPC造という言葉が出てきます。多分プレキャストの事だと思いますが、本来の意味で言えばプレキャストだからといって、壁もプレキャストコンクリートとは限りません。 ご質問の趣旨とは違いますが、間取り次第では騒音も軽減できるということもありますので、蛇足ながら、リンクを張っておきます。 http://www.chintai-hakase.com/study/case/1/200904.html http://www.heyasagase.com/guide/trouble/oto/t_oto03.html http://www.o-yasan.jp/2007/05/post-584.html さらに、蛇足ながら、この中に「構造壁」という言葉を使っているサイトがあります。厳密に言えば、構造壁は鉄筋コンクリートの壁を意味しません。 不動産屋さんに聞くときは「この壁は鉄筋コンクリートの壁ですか?」と聞くのが一番確実です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! RCといってもいろいろあるのですね・・ 不動産屋に聞いたら、片方の壁はコンクリート、もう片方の壁は石膏ボード+断熱材といわれました。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

#7,8です。 言葉足らずで、分かりづらかったかも知れませんので、追記します。 断熱材は#5の方が回答しているように、結露防止とそのままの意味外からの断熱です。 外部に面する壁は必ず断熱材を吹きます。 界壁(部屋と部屋の間の壁)に断熱材を吹いても意味がありません。 だから、断熱材がある壁は外部に面する壁でRC造なので 〈外部仕上げ材〉(タイル、塗装等) 〈鉄筋コンクリート〉 〈断熱材〉 〈GL若しくは木下地若しくは軽鉄下地〉 〈石膏ボード〉 〈仕上げ材〉(クロス、塗装、パネル等) 以上の順に壁は構成されています。 >>不動産屋に聞いたら、片方の壁はコンクリート、もう片方の壁は石膏ボード+断熱材といわれました。 (他の方のお礼文読んでませんでした。) 不動産屋の言うことはあてになりません。 建築関係で働いたコトがある方しかわかりません。 設計図見せて説明させると見当違いのことを10人中8人は言います。 偶々建築関係で働いた方か、不動産屋が建設業者から聞いた話ならば、信用性がありますので説明します。 片方の壁がコンクリートと言うことは界壁が鉄筋コンクリートで出来ていると言うことでしょう。 だから、界壁面(部屋と部屋の間の壁) 〈仕上げ材〉(クロス等) 〈鉄筋コンクリート〉 〈仕上げ材〉(クロス等) 以上より隣室との遮音性能は高いです。 出来れば界壁の鉄筋コンクリートの厚みが分かると直良いです。 遮音性だけのためでしたら12~18cm、耐力壁でしたら20cm以上です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

#7です。 >> 石膏ボード+断熱材という壁構造、軽量鉄骨や木造の壁構造と比べて防音の面でどう違うのでしょうか? 断熱材が在るのは、基本的に外部に面したトコロです。 外部に面した壁はRC造でしたらRCで出来ています。 だから、断熱材がある場合は外回りなので〈軽量鉄骨や木造の壁構造と比べて〉防音性は優れています。 #7のURL先で述べていますが、 外回りはコンクリートだが内部の界壁(部屋と部屋の間の壁)がコンクリートでは無い場合があります。 >>石膏ボード+断熱材 表面が石膏ボードかどうかは関係ありません。 界壁の構造を調べてください。 木造間仕切り、軽鉄間仕切り、ALCに下地間仕切り、ALCにGLボード、ALCに直クロス、RCに下地ボード、RCにGLボード、RCに直クロス RC>ALC>軽鉄≧木です。 仕上げ下地はほとんど関係ありません。 何度も言うようですが構造を調べてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

こんばんは。 以前、何度も答えたので…。 http://oshiete.homes.jp/qa4967834.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! 申し訳ありません、見落としてました。 石膏ボード+断熱材という壁構造は、軽量鉄骨や木造の壁構造と比べて防音の面でどう違うのでしょうか?

  • 回答No.6
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

1.高層マンションの場合は全体の重量を軽くするために隣室との戸境壁  はボードの場合が多いです。 2.高層でないマンションの場合はファミリータイプであれば隣室との戸  境壁はRC造で耐力壁の場合が多いです。 3.シングルタイプの場合は柱と柱の間に二部屋はいるので片方の壁はRC  造反対側の壁はボードになります。 よって、隣室との音が気になるならファミリータイプのマンションを借りられたら良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! まさにおっしゃっている 3. にあたります! シングルタイプで両側の壁ともRC というマンションを探すのは難しいんですね。 それならこのマンションが、シングルタイプにしてはいちばん防音性の優れたマンションということでしょうか。

  • 回答No.5

マンションはほとんどが隣の部屋(違う号室)との間はRC構造だと思いますが、結露防止等の為にコンクリートに直接断熱材を吹付けて、その上にGLボンドという粘土質のボンドを使って石膏ボードを圧着貼りしています。壁を全体的に手を移動させながら叩いてみてください。ところどころ詰まった音がしたならば上記の施工方法なので、RC構造の壁なので隣室に音はほとんどもれないと思います。同じ号室内の隣室同士は木下地に石膏ボードというパターンが多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

建築会社に確認したところ、片側の壁は全面にわたり石膏ボード+断熱材といわれました。 鉄骨造などの壁に使われている石膏ボードと同じ(=同じ防音性)と見ていいんでしょうか?

  • 回答No.3

専門家ではありませんが何度かの引っ越し経験から参考迄に…。 あまり変わらない様な気がしますね。築何年位の物件なのでしょうか? 築年数によって多少の違いはでてくると思いますが…。 それでも木造のアパートより多少ましなのかもしれませんね。建物全体の間取りの向きによっても、かなり違うみたいですよ。 反響する、しないがあるみたいです。 こんな程度の意見でスミマセン!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! 新築のマンションです。

  • 回答No.2

遮音性能を有する共同住宅の界壁については、建設省告示第1827号に規定があります。10cmのの木材に2.5cm以上の厚さのグラスウールかロックウールを入れ、両面石膏ボード(厚さ1.2cm以上)の2重張りであればOKです。これでは、十分の遮音性は得られないとして、設計者や事業主は工夫を凝らしています。上記以外にも個別の認定を受けたものはあります。この点について、どの位配慮されているかによって、性能は変わってきます。一般論としては、低い周波数の音は質量で遮断するとしています。(重い壁ほど有利)。ただ固体振動と言う問題もあり、RCだから断然良いともいえない。壁をはさんで音を出す、壁をたたくなどして、事前確認するのが良いのでは無いでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考にさせていただきました。ありがとうございました!

  • 回答No.1
noname#110201
noname#110201

基本的な構造は、軽量鉄骨造や木造と同じです。 多分、石膏ボードの壁の内側にある間柱は、軽量鉄骨か、その類のものだろうと思います。 もちろん、断熱材の遮音性能(なんか変な言い方かもしれませんが)にはいろいろ違いがあります(実験したことはありませんが)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます! 基本的な構造が木造や軽量鉄骨造と同じということは、 RCだからといって防音の面で優れているわけではないということでしょうか?

関連するQ&A

  • 壁の防音処置

    隣室の音を遮音したいのですが、家の構造は軽量鉄骨造のプレハブで、壁厚は判りませんが、壁の広さは6m2で壁財は石膏ボードで9mm程度です。片面あるいは両面に簡易的に防音材を貼って効果が得られるのか、騒音の種類は片側ではゲーム(ラリーとかレスリング等)音でもう一方の側は乳幼児の泣声等です。

  • 壁の腰板部分だけ断熱材を入れても効果はありますか?

    こんにちは。 今、築23年の木造2階建てに住んでいます。 大分傷んできたので、壁や床を自分で張りかえようと思い、先日壁の 一部をはがしてみました。 すると外に面している部分は断熱材が入っているのですが、家の中に 面している壁には断熱材がありませんでした。 (床下にもありませんでした。天井はありましたが。) 昔の工法ですのでいたしかたないのですが、壁も石膏ボードにクロス 張りといった簡単な構造だったので、壁の上半分は珪藻土塗り、下半分 はSPF材で腰板を張ることにしました。 そこで質問なんですが、腰板を張る(高さ90cm、板厚19ミリ)部分だけにスタイロ材を入れても断熱効果は期待できるでしょうか? 壁一面に断熱材を入れるのは予算・時間的に厳しいので・・・。 床にも断熱材を敷きつめる予定ですが、壁の方の効果が期待できなけ れば、そのまま腰板を直接張るだけにしようかと思います。 よきアドバイスをお願い致します。

  • 断熱材について教えてください。

    現在新築を検討し進めています。 断熱材について、標準ではロックウール壁55mm・天井75mm となっています。 ちなみに在来木造で地域は東海、サッシはアルミで窓は ペアガラス(LOW-E)です。 比較的温暖な地域なので上記の断熱材も悪くはないのかも しれませんが、吹き抜けがあり蓄熱暖房を取り入れるので できるだけ断熱性を高めた方がいいのかなとも思います。 (そもそも高断熱、高気密の家にすればよかったのですが・・・) 業者にはロックウールを壁、天井ともに100mmにする、 パーフェクトバリアやセルロースファイバーにするなど 提案いただいています。 ロックウールの厚みを増やすくらいなら予算内だと思いますが ほかはちょっと高くなるので考えてしまいます。 でも一生住む家なので・・・迷います。 断熱性を高めると結露しやすくなるんですよね?? 第3種換気なので無理に断熱性を高めると結露しやすく なってしまうのではと懸念しています。 ぜひ断熱材についてアドバイスいただけますでしょうか?

  • 賃貸マンションの壁の種類と遮音性について

    今度初めて一人暮らしをすることが決まりました。 今鉄筋コンクリートの物件を探し回っているのですが、賃貸マンションには住んだことがないので周囲の部屋の音に悩まされないか心配です。 そこで自分なりに色々と調べました。 鉄筋コンクリートマンションの部屋と部屋の境界の壁には ・壁を軽量鉄骨で枠を組んでボードを貼ったもの ・GL工法のもの ・コンクリートブロックのもの ・間柱を立てて石膏ボードとの間に断熱材を入れたもの ・壁も鉄筋コンクリートのもの 等がある。 下に行くほど遮音性が高く、実際に壁を叩いてみたとき軽い音がすれば、遮音性は低い。 これは合っていますか? 他にも壁の種類はあるでしょうか? 後、エリッツの方は「賃貸マンションで壁にコンクリートを使っているところなんてない。だから鉄骨マンションも鉄筋コンクリートマンションも遮音性はあまり変わらない」と言っていたのですが、これは正しいのでしょうか? 補足として、場所は京都の同志社辺りの田舎です。

  • 断熱材の施工が手抜き?石膏ボードが浮いてクロスが波打つそうです、解決法を教えて下さい

    どなたか教えて下さい ただいま建築中の施主なのですが、壁の断熱材、石膏ボード、壁紙クロス の施工で工務店さんとトラブルになりそうな気配なのです この工務店さんはクロスの仕上がりを重視する為に、断熱材(袋入りのロックウール)を間柱の「●「側面」●」にタッカーで打ち付けて施工しています。 「それだと石膏ボードとの間に空気が出来ますので結露しやすいと思います、間柱の表面に断熱材の袋の耳を揃えてタッカーで止めてください」とお願いしたところ 「タッカーの針と断熱材の耳のせいで、石膏ボードが浮きます、クロスが波打って仕上がってもクレームにしないでください」 と言われてしまいました。 石膏ボードを、間柱にじか張りというのは、そんなに難しく、面倒な作業なのでしょうか? 一般的にはどのような施工方法で、石膏ボードをじか張りしているのでしょうか? タッカーが柱と平らになるまで、かなづちで打ちつけるのでしょうか? どなたか回答お願いいたします。

  • マンション 隣室との境の壁について

    マンションの騒音の件でネットで検索したところ、マンションの隣りのユニットの堺の壁は 大きく言って、「コンクリート」と「石膏ボード」に分かれているようで、石膏ボードの壁はほとんど 防音効果がないとの情報をいくつか目にしました。 友人でインテリアデザイナーをしている人に聞いたところ、「石膏ボード=スラブ(コンクリートの板)= 石膏ボード」とスラブをサンドイッチしている構造はわかるが、石膏ボードだけが壁になっていることは あり得ないとの回答でした。 石膏ボードだけのケースは本当にないのでしょうか? 問題のマンションは築21年の25階建てマンションの18階のユニットです。 壁はコンクリートのような硬い感じはなく、非常に隣りの音が気になり、まるで木造アパートのような 感じです。

  • 断熱材

    新築注文住宅建設を予定してます。 契約はこの1ヶ月でする(したい)予定。 現在1社、木造従来工法で無垢材使用の工務店を話し合いをしております。 たまたま契約前に他社も見てみようと今日完成見学会のようなところに行ったのですが、そこで高気密、高断熱、24時間暖房、換気のファース工法というものに出会いました。実際、家の中は暖かく快適でした。 質問ですが、現在話し合いをしている工務店は断熱材としてグラスウールを使用、今日見てきたファース工法のHMの断熱材は樹脂を内側から外に向ってスプレーするタイプでした。 グラスウール断熱材だと壁内で湿気によってたわみを起こしカビの原因にもなると聞きました。実際、グラスウールだと見えない壁内は湿気が起こりすぎるとこういった問題がおこるものなのですか?それとグラスウールは旧世代断熱材になってきているのでしょうか?

  • このマンションの防音実力はどうでしょうか?

    こんにちは! 今度、賃貸で以下のマンションへの入居を考えています。 ・鉄筋コンクリート造りの10階建て ・入居は5階の角部屋 ・1LDK ・築年数は約12年 この部屋の、隣の部屋との境界の壁構造を入手したのですが、 ・LGS W=65 強化石膏ボード 21×2 と書いていました。 65mmのLGSを中心に、その周りに21mmの強化石膏ボードを付けているのかな、と素人的には考えたのですが、この構造の防音性能が想像つきません。 つきましては、この構造と言うのは、一般的に考えて、賃貸のマンションの壁構造として、どの程度の実力があるか、詳しい方教えて頂けないでしょうか? もちろん、防音はいろいろな外的要因も絡んでくると思いますので、この構造が平均してどうか、と言うことで結構です。 よろしくお願いいたします。

  • 木造(枠組壁構造)の断熱材の厚さについて

    今気になっている新築一戸建分譲があります。工法は木造(枠組壁構造)です。 その建物の断熱材の厚さなのですが・・・。 ・屋根        住宅用ロックウール75mm ・壁         住宅用ロックウール55mm ・外壁に接する床   住宅用ロックウール55mm ・その他の床     押出法ポリスチレンフォーム1種30mm となっています。断熱材の厚さが薄い気がして心配なのですが・・・。どうなのでしょうか? 窓も部屋のに複層ガラスで廊下などは普通のガラスらしいのです。このような家だど、断熱効果はどうなのでしょうか?

  • 断熱材がない(と思われる)、RC造最上階の室温

    建築に詳しい方か、経験者の方にお聞きしたいのですが、 ワンルームの部屋を借りようと思っています。 4階建てのRC壁式(鉄筋コンクリート)の最上階なのですが、、こんな配置の4つの部屋(→❖)があるうちの下側の南向きの部屋で、朝から晩まで外壁の2面と屋根が太陽からの直射日光を受けます。しかも外壁も内壁も天井も打ち放しコンクリート(中は一面が打ち放しだが、ほかも直接クロスを張っている感じ)で、天井の上は陸屋根で外から見るに天井のスラブ厚さ200mmくらいしかなさそうです。 この条件からすると夏の暑さを覚悟しないといけないと思うのですが、そもそもこのような設計(断熱材がない)はありえるのでしょうか?(築20年ほどです。) 無い様に見えて、実はある可能性はありますか? 他の条件は気に入っているので、ベランダに打ち水(ミスト)、よしず、冷房を使う時はサーキュレーターなど、対策しようと思っていますが、他の物件ではありえないほどの暑さだったらどうしようかと心配しています。例えば陸屋根鉄板のアパート最上階などよく暑いと聞きますが、普通、天井裏があって、断熱材がありますよね。それと同じくらいだったらなんとかなるのですが・・・ ご意見お聞かせ願えたら嬉しいです。