• 締切
  • すぐに回答を!

政策金融公庫で融資。親からの借金を自己資金とするには?

  • 質問No.5089453
  • 閲覧数3030
  • ありがとう数8
  • 回答数5

お礼率 39% (102/256)

日本政策金融公庫で融資を受けて起業しようとしている者です。

自己資金  400万円
親から融資 100万円
====================
  計   500万円  → これが自己資金だと思っていたのですが


親からの融資は、自己資金に入りません。

『もらうのなら別ですが・・・』と言われました。


質問ですが

1.親から(借りたのではなく)もらったという証明をどうすればいいのでしょうか?

2.その際、やはり通帳記入しないといけないと思うのですが、誰名義で入金すればいいのでしょうか?

3.100万円も 親からもらったら贈与税などが発生しますか?

4.親から手渡しで 100万円受け取って 自分名義で自分の口座に振り込んでも大丈夫でしょうか?



手持ちの400万円+親の100万円 合わせて500万円 を自己資金として
1500万円の融資を申し込みたいのですが どうすればいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 41% (43/104)

確認ですが 起業ですよね  まだ 立ち上がっていないですね
それと 500万 の 金がある
・・・・・・・・・・
そして 国金に 1500万 借りたい  ですね
・・・・・・・・・・
無理でしょうね!!  金額が 大きすぎます。
新規開業融資で 500? ぐらいなら 可能でしょうが。
それも 上限ですから。 お父さんが 公務員で 保証人になるなど
特別な事情のとき 上限近くの 融資に なるでしょう
・・・・・・・・・・・
まず 起業し 半年以上程度の 実績を 残し 運転資金として
融資を 1500申し込む
または 新規開業で 500  起業後 1000万を 運転資金で申し込む
または 担保提供して 1500融資を受ける
の いずれかだと 思いますが。 
  • 回答No.4

ベストアンサー率 60% (29/48)

個人で起業しその後、法人になり事業を営んでおります。
日本政策金融公庫のご担当者へ、わざわざ資金内容の詳細を
話されたということでしょうからとてもまじめな方ですね。
一般には「500万の自己資金があります。」でことが済むので
おそらく担当者も面食らったのではないでしょうか?
お話の内容から、そのまま、500万を自己資金とされ融資審査を
受けられてかまわないと思います。

贈与税の基礎控除は110万円ですのでご質問者様の場合、
もらったとしても無税です。申告も不要です。
(相法21の5、措法70の2)
借りたとものとして借用書を作るかどうかも自由ですので
ご両親が納得する形にされるとよいでしょう。

1000万とかいった単位のお金ももらう場合でも
「相続時精算課税」や「住宅取得等資金の贈与を受けた場合の
特例(相続時精算課税)」利用すると、本来2500万円までの
贈与でさえ無税です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4409.htm
以上、参考にしてください。
起業後は事業に集中しがんばってください。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (2251/6909)

#1です...ついでに

>自己資金  400万円
>親から融資 100万円
>====================
>  計   500万円  → これが自己資金だと思っていたのですが

現預金 500万円
          元入金 400万円...自己資金
          借入金 100万円

になってしまいます

貴方が個人的に(事業と関係なく)親御さんから借りると

現預金 500万円
          元入金 500万円...自己資金

で、その後金融機関から融資を受けると

現預金2000万円
          元入金 500万円...自己資金
          借入金1500万円
お礼コメント
take-3

お礼率 39% (102/256)

最初から借入金100万円できてしまうわけですね
参考になりました。
ありがとうございます
投稿日時:2009/07/01 21:33
  • 回答No.2

ベストアンサー率 100% (1/1)

経営者兼中小企業診断士です。
おそらく財務諸表上で親からのお金が短期借入金の項目か何かになっているのでしょう。
借入金ではなく資本金にするには、一度返済して新たに出資してもらう伝票処理をします。
当然自己資金が増える=増資になりますので増資の手続きも必要です。

しかし、増資の目的が借り入れのために自己資金比率を満たすためということでしたら以下も含めてそれでいいかどうか日本政策金融公庫で確認してみてください。

1.もらった=出資になりますので増資手続きが必要。
2.一度親に返済し、再度入金する記帳が必要。誰から入金があったのかは親でもいいし誰でもいい。
3.贈与税は発生しません。
4.増資ということならそれでいいです。
お礼コメント
take-3

お礼率 39% (102/256)

参考になりました。
ありがとうございます。
投稿日時:2009/07/01 21:30
  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (2251/6909)

貰ったことにするだけ...

贈与税も関係ないし、なんら問題は有りません

返済は貴方のポケットマネーでそのうちに...
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ