• ベストアンサー
  • 困ってます

選挙と総選挙のしくみは違うのでしょうか?投票権は誰にあるのでしょうか?

選挙と総選挙の違いがわかりません。 たとえば、小泉が郵政民営化法案において参議院で否決され、すぐに衆議院を解散させ、郵政民営化の是非を問う総選挙が行われました。 この選挙と一般にいわれる選挙は誰に投票権があるのでしょうか? この場合は総選挙ということですが、選挙と総選挙の違いは人数などにより呼び方が違うのでしょうか? また、このように法案に対する選挙と国会議員を決める選挙はもともと違うしくみで成り立っているのでしょうか? 国会議員になろうと思うなら、まず入党し、そこから国民により選挙して、当選すれば国会議員になれますよね?(間違っていればご指摘下さい。)法案の場合は国民に問う選挙はないと思うのですが、この場合は司法権を持っている国会の中での選挙なのでしょうか? お分かりの方、是非教えてくださいませ。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数136
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#157743
noname#157743

No.4のお礼に書いていただいた内容について。 >今回の郵政民営化法案についてはなぜ総選挙が行われたのでしょうか? >法案に対して総選挙をする場合、その法案の重要度などによって総選挙をするか決めるのでしょうか? 「法案に対して総選挙を行う」という考え方自体が間違っています。総選挙が行われるのは、衆議院の任期である4年が経過するか、内閣総理大臣が衆議院を解散することによって、全衆議院議員が議員の地位を失った場合です。そして、総選挙によって全衆議院議員が選びなおされます。選挙はあくまで人を選ぶことです。 郵政民営化選挙の場合、小泉元首相が自分の権限で解散を決めたのです。その決めた理由がたまたま「郵政民営化の是非を国民に問う」という理由だったというだけの話です。総理大臣が変われば当然解散に対する考え方も変わってきます。 また、解散して総選挙を行うということは、それによって選ばれる議員が変わり衆議院の中での政党の人数バランスが変わることになるので、総理大臣は当然、今選挙を行った場合に自分の政党が勝てるのかを考えます。どんなに重要な法案を審議しているとしても選挙で負ける可能性が高いと思うタイミングでわざわざ解散する総理大臣はいません。郵政民営化選挙の時は、「郵政民営化の是非を国民に問う」というスローガンで選挙を行えば自民党が勝てると小泉元首相が考えたから解散したのです。 また、解散前には自民党内部にも郵政民営化に反対する議員が多くいたのですが、そのような議員を自民党公認候補から外して郵政民営化に賛成することを約束した新人を多く候補に立てて選挙をしたのです(この時に選ばれた新人議員たちのことを「小泉チルドレン」などと呼んだりします)。つまり、小泉元首相が自分のやりたいことをより実現し易くするために行った選挙だということができると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変わかりやすく説明していただいてありがとうございます。 よく理解できました。 またさらに知識を深めるために色々勉強してみます。 本当に貴重なお時間をいただきありがとうございました。

関連するQ&A

  • 解散、総選挙について

    現在、郵政民営化でいろいろとありますが、否決された場合「解散、総選挙」もある様なことを言っていますが、なぜ解散、総選挙をするのでしょうか又、そうすることによって、どんなことがおこるのでしょうか。政治のことは全く無知なので解りやすくおねがいします。

  • 衆議院総選挙の投票日

    今回の衆議院総選挙の投票日は、以下の2パターンで、いつになりますか? 1.仮に、今日衆議院を解散した場合等で、最も早い投票日は   いつになるでしょうか? 2.逆に、衆議院議員の任期満了まで続く等で、最も遅い投票日は   いつになるでしょうか? 出来れば解説付きで、よろしくお願いします。

  • 民営化法案否決→解散・・・憲法上適切?

    お目に留めていただき有難うございます。 *一昨年夏、小泉首相が参議院で郵政民営化法案が否決された後、 国民に郵政民営化の是非を問うと言って衆議院を解散し、 総選挙を断行したが、このような行為は憲法上適切と言えるのか 意見の交換の場がなく、皆様のご意見をどうしても伺いたいもので・・・ どうかお答え願えませんでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#157743
noname#157743

No.3のお礼に書いていただいた内容について。 >法案にたいして肯定的な議院を選びその法案を実現させようという意味があるわけですか? >直接その法案にたいしての投票ではなく、その法案に肯定的な議員への投票。。。。ということですよね? まぁ、そういうことなんですが、注意しなければならないのは、投票して選んだ議員はその法案だけを審議しているわけではありませんし、法案ごとにいちいち総選挙をしているわけでもないということです。 つまり、質問の例で言うと、郵政民営化には賛成だけれども他の自民党の政策には反対であるとか、逆に、郵政民営化には反対だけれども他の自民党の政策には賛成であるとか、そういう場合に誰に投票するかは総合的に判断しなければいけないということです。郵政民営化選挙の時は、多くの有権者がそのことを忘れて、小泉元首相の号令に乗っかってあまり深く考えずに投票しまったのではないかという気がしないでもありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご意見をありがとうございました。 それでは、今回の郵政民営化法案についてはなぜ総選挙が行われたのでしょうか? 法案に対して総選挙をする場合、その法案の重要度などによって総選挙をするか決めるのでしょうか?

  • 回答No.3
noname#157743
noname#157743

選挙というのは、投票で人を選ぶことを言います。この中には、国会議員を選ぶ選挙、地方自治体の首長(知事・市町村長)や地方議会議員を選ぶ選挙以外に、色んな団体で代表者を投票で選ぶことも選挙といいます。例えば、生徒会長選挙など。 このうち、総選挙と呼ばれるのは、一般的には、国会の衆議院の解散または任期満了に伴って全衆議院議員を一斉に選挙することを言います。衆議院議員選挙であっても、議員辞職などに伴い一部の欠員だけを選挙する場合は総選挙とは言いません。 小泉郵政改革の例を示されていますが、「郵政民営化の是非を問う」というのは、小泉元首相が衆議院を解散し総選挙を実施する理由として挙げたもので、実際の選挙は法案に対する賛成・反対を投票したわけではなく、どの議員を選ぶかを投票したのです。つまり、郵政民営化に賛成するならば賛成する議員=自民党の公認候補を当選させてくれとお願いしていたわけです。なので、国会議員以外の一般の国民には、法案に対して直接賛否を投票する権利はありません。 国会の中では、ひとつひとつの法案を最終的には議員の多数決で決定します。多数決の方法に議員の投票という方法を用いることもありますが、それを選挙とは言いません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 知識を深めることができました。 なるほど。。。ということは、法案にたいして肯定的な議院を選びその法案を実現させようという意味があるわけですか? 直接その法案にたいしての投票ではなく、その法案に肯定的な議員への投票。。。。ということですよね?

  • 回答No.2

総選挙とは、その意味からすると日本では衆議院議員の選挙になりますが、参議院議員選挙も総選挙と呼ぶのが通説になっています。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%99 その他の選挙(市長や市議会議員)の選挙は一般的に「選挙」と呼ばれます。 一般的な選挙も総選挙も選挙ができる資格(「投票権」ではなく「選挙権」)は公職選挙法で満20歳以上とされています。 「法案に対する選挙」という意味がわからないのですが、法案を決めることと理解します。 法案を決定するためには、立法権(司法権ではない)を持っている国会の決議により行ないます。(全開一致,賛成多数などで投票せずに決定することがありますが、賛否両論がある場合は投票になりますので、「国会の中の選挙」という言い方は外れてはいないでしょう。) 国会議員になるためには入党する必要はありません。(どこかの政党の属することで有利にはなりますが・・・。) 「無所属」で立候補している候補者もいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 知識を深めることができました。 そうなんですね。ただ入党したほうが有利という解釈でいいんですね。

  • 回答No.1
  • kusirosi
  • ベストアンサー率32% (2838/8861)

選挙と一般にいわれる選挙は誰に投票権があるのでしょうか? 国政選挙(国会議員の選挙)は、20歳以上の国民 ・総選挙というのは、選挙の内、特に衆議院議員の任期満了・解散による全員選挙のこと ・法案に対する選挙と国会議員を決める選挙はもともと違うしくみで成り立っているのでしょうか? 法案は選挙でなく、投票(^^) 法律や予算を、投票して国会で決めるのが国会議員 その国会議員を国民が選ぶのが、国政選挙 ・国会議員になろうと思うなら、まず入党し、そこから国民により選挙して、当選すれば国会議員になれますよね? そう、なお党員に比べると不利だが無所属でも立候補し。議員になれる ・法案の場合は国民に問う選挙はないと思うのですが、この場合は司法権を持っている国会の中での選挙なのでしょうか? 法案は、選挙でなく投票。国会で両院が可決すると成立(ただし、参議院否決した時、衆議院で三分の二以上で可決すると、衆議院の結果で成立する) 憲法改正は、両院の三分の二以上で可決した上、国民投票の過半数で成立。  特定の地方自治体のみ適用の法律は、国会で可決後、その自治体の住民投票で、確認をとる。 ※国会は立法権は持っているが司法権は、持っていない。 (せん‐きょ【選挙】 「せんきょ」を大辞林でも検索する [名](スル) 1 組織や集団において、その代表者や役員を投票などによって選出すること。「議長を―する」 2 選挙権を有する者が、全国または一定区域において、一定数の議員・都道府県知事・市町村長など公職に就く者を投票によって選出すること。「衆議院議員を―する」) 国会議員になろうと思うなら、まず入党し、そこから国民により選挙して、当選すれば国会議員になれますよね?(間違っていればご指摘下さい。)法案の場合は国民に問う選挙はないと思うのですが、この場合は司法権を持っている国会の中での選挙なのでしょうか? お分かりの方、是非教えてくださいませ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 知識を深めることができました。 国民による国会議員の国政選挙と、国会議員いによる法案などの投票の意味も理解できました。

関連するQ&A

  • 日本に国民投票が無い理由。

    郵政民営化の時は参議院で否決されたからと言って衆議院を解散しました。内閣不信任を可決されて解散するのならわかりますが、そうでもないのに解散ができるようになっている理由はなんでしょうか? どうも国民投票の換わりに使われたような気がします。 それなら国民投票ができるようになっていればいいと思います。憲法を作った人は(GHQのだれか?)どのような考えでいまのシステムを作ったのでしょうか? このようなシステムに関する憲法論議はいままでなかったのでしょうか? ぼくの思うにいままでも、これからも国民投票で決定すべき問題はでると思います。 ・女性天皇の問題 ・北方領土2島で手を打つべきかどうか これらをその時の国会議員だけで決めていいのかという気がしますが、そのたびに衆議院を解散するのは無駄と思います。

  • 総選挙の投開票日はだれが、どのようにして決めるのですか?

    総選挙の投開票日はだれが、どのようにして決めるのですか? 09.6月中に法案審議は終了してしまうようです。09.7の国会はやることもなく、解散総選挙しかなさそうです。現在、選挙は日曜に行われています。しかし、自民党が投開票日を決定できるなら、わざわざ投票率があがる日曜をはずすことも考えられると思います。 そこで、上記質問です。どなたか国会に詳しい方回答お願いします。

  • 民主党はどうして郵政民営化に反対なのでしょうか?

    参議院で郵政民営化法案が否決され、衆議院の総選挙という事態になりました。 ところで、郵政民営化というのは、行政改革の柱で民主党などは自らの法案を提出してもよいくらいのものだと思っていたのですが。 どうして民主党は郵政民営化に反対するのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 首相の辞任と総選挙

    友達と現職の議員さんについての話しをしている時に 小泉さんが辞めたら、総選挙でしょう?彼は再選しないと思う って言われたんです。 小泉さん(というか首相)が辞職したら衆議院総選挙なんですか? それとも首相だけを選び直すんですか? 内閣総辞職とかそういう時には総選挙なんですよね? 首相だけがやめた場合に現職の国会議員さんどうなるんでしょうか?

  • 今年は総選挙ですが

    今年は総選挙の年です。投票の基準にしたいのでお聞かせ下さい。 国会議員は国家、国益の為に働くべきなのに、選挙になれば地元の為に頑張ります、の一点張りである。 地元の事は地元の者に任せるべきなのに、と常々考えてます。 私が聞きたいのは、消費税や憲法、経済をどうしたいのか又、北朝鮮を始め国際問題の事を聞きたいのに、選挙になれば伝わってきません。だから投票の度、迷ってしまいます。有効投票率が半数以下の場合は無効選挙にすべきである。 共○党は理想は立派ですが政権を狙ってないし、それに党名に拒絶反応おこしてしまうから論外です。 こんな事を考えてるのは変でしょうか?皆さんの投票の基準は何ですか? 参考までにお聞かせ下さい。

  • 内閣不信任決議案の意味についてです。

    こんばんわ。 初めての質問です。 内閣の総辞職について勉強しているのですが、意味がよくわかりません。 一つ目の内閣総理大臣が欠けたときというのは分かります。 でもあとの二つの衆議院で内閣不信任案が可決され、または信任案が否決されてから10日以内に衆議院を解散しないときと 衆議院議員総選挙の後初めて国会の召集があったときの意味が分かりません。 信任案が否決されたら衆議院を解散するんですよね? と言う事は衆議院が解散になったら40日以内に衆議院議員総選挙 があり選挙の日から30日以内に特別国会が召集されることは その時点で内閣は総辞職をすることですよね? ということは信任案が可決されても否決されても 最終的には内閣は総辞職をするということですか? あともう一つの  衆議院議員総選挙の後初めて国会の召集があったときの意味が分かりません。 衆議院は四年が任期で四年きたらまた選挙をして衆議院を選ぶんですよね? つまり四年ごとに衆議院議員の総選挙があるということになり、 任期満了による総選挙のたびに内閣はいちいち総辞職をするのですか? そもそも衆議院議員総選挙の後の始めての国会の召集とはどういう意味ですか?! もし分かるいましたら、よろしくおねがいします。 今試験勉強で困ってまったく分からなくなってしまいました。 よろしくお願いします。

  • 郵政民営化が通らなかったら解散した理由

    郵政民営化の法案がこの前 衆議院で認められましたが、参議院で否決されましたよね。 その後、小泉総理が解散し、 もう一度 総選挙を行いましたが・・・・ 解散できる権利は確かに総理にもありますが、 なぜ解散という方法をとったのでしょうか? また再選挙で自民党が圧勝したからといって また参議院で否決されたら繰り返しなんじゃないでしょうか?

  • 21日解散したら、8月30日総選挙まで、衆議院議員はどうなるのですか。

    もし7月21日に衆議院解散、8月30日に総選挙だとしたら、その間衆議院議員はいなくなるのですか。国会閉会の7月28日までの一週間国会はどうなるのですか。そのあとは国会がないから関係ないのですか。 また、首相は独断で、衆議院を解散する権利があるのですか。 初歩的なことで済みませんがよろしくお願いします。

  • 首相の選挙

    もうじき新しい首相が選ばれるみたいですが、どうして日本は国民が首相を選べないんですか。 国会議員だけが選んでもしがらみや圧力である程度決まってしまうんじゃないかと思います。こういう本当に大切な選挙こそ国民自身が考えるべきじゃないでしょうか。 間接投票と言っても自分達が選んだ国会議員が必ずしも選挙中の時に掲げる政策を実際に実行しているかわかりにくいし、国会議員しか首相を選べないなんておかしいと思います。 アメリカの大統領選まではいきすぎかもしれませんが日本も直接投票を採用するべきです。今の日本は国民より、議員第一の政策だと感じます。

  • 新法律の決定にインターネット投票

    新しく法律が出来るとき、衆議院投票→参議院投票で賛成票が多いと決まるじゃん。参議院でボツなら衆議院で再投票して、衆議院の優越なるシステムで決まるじゃん。 参議院がボツにしたとき、衆議院は2回投票するじゃん。んで、1回目で通った法案を同じメンバーで再投票して2回目にボツになることってあるんですか?70回に1回くらい? 参議院って必要?憲法でそうなってるから、参議院を設けてるの?だとしたら、薄っぺらい。。。 投票権は国会議員だけですけど、国民主権だから、18歳以上の全国民に投票権を譲渡してくれても良いのでは?国民投票の機会が多いと、面白いとおもったのですが、ドーかしら?どんな法案でも、国民投票でやろうぜ。インターネット使えば、安く済むでしょ。 発案権と投票開催権は議員さんに制限すべきかと思うのですが、投票権は国民で良い気がする。直接民主制でも良いのでは? 大阪都構想は住民投票だったじゃん。選挙で当選した政治家が発案と投票開催を起こして、住民で決めましたよね。あんな感じです。 インターネット環境が公平で、集計も公正であることを前提に、何か問題ある? こういうアイデアは色々なところで出ていると記憶していて、問題あるから、投票は衆→参→衆なのかしら?インターネット投票の問題点を誰かが指摘してたと思うけど、忘れちゃった。