• 締切済み
  • 暇なときにでも

床鳴りについて

新築の建売を購入して一年です。工法は「根太レス」とか言う床になっています。 あちらこちらでフローリングの床鳴りがしてきました。工務店が言うには、床の構造合板とフローリングの隙間です。って言うのですが、和室は、構造合板の上にうすだたみが乗っているだけで、ここも床鳴りがします。「根太レス」工法って構造合板まで床鳴りがするのか良くわかりません。誰か、わかる方、教えてください。 フローリングの隙間は接着剤を入れればなおりますって言うのですが、本当ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
  • densha
  • ベストアンサー率29% (333/1123)

#2です。 >ごめんなさい。 >あるくと、「きぃ」って小さな音がするんです。  謝らなくても良いですよ(笑) 意味は通じています。 伝えたかったのは、工務店が都合の良い造語で ごまかしているのでは?・・・と危惧している事です。  材木屋さんが、同様な方に賠償していた事例も ありました。 接着剤の件もやはり「臨時の対処」で 根本的な解決には、ならないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • densha
  • ベストアンサー率29% (333/1123)

 私は、木造建築の経験が少ししかないのですが・・・  家鳴り等は、人が歩いた時などに起こるのではなく、 湿度・気温等によってキシミが生じて音が出ることです。 築年数が相当経過した木造住宅に起こるモノで、 ある意味長持ちした出来の良い家屋ともいえるかも しれないですね。(それ位もって当然ですが・・・)  床鳴りというのは、普通は辞書にも載っていない言葉です。 都合良く作られた言葉かもしれないですね・・・ (不確かですが・・・) 家鳴りの様なモノだとしたら、接着剤では一時しのぎです。(多分コーキング剤の事だと思います) 接着剤の件を言ったのが、施工業者なら無責任な言い方ですね。 知人の方でしたら、親切?ということになるかな・・・  説明から言うと、「音がして当然」ということですね。 ミスだと思います。 そうでなければ、確信犯で手抜き・・・ これも誤魔化しですが、断熱も兼ねた発泡系の素材を下に轢くと良いのですが・・・ 木造でもそうでしょうかね?  どんな工法でも、わざわざ居心地が悪くなる作りはしないですよ。 せめて、誤魔化しというか、何らかの素材でフォローしますよ。  建築士さんに診てもらった上で、違法性が高い様でしたら、弁護士等に相談なさるのが良いと思います。 一生の買い物ですから・・・・ ------------------------------------------------ (シャーシ=骨組み=柱だとするとという意味ですが)木造住宅でしたら、自動車のモノコックボディの 様な感じだと思います。 柱だけでなく、壁・床で強度を保つ工法(2×4等)ですと強度(厚みとか太さ)が不足するとヨーイングを起こすと思われます。  本来は、床組工法よりも水平耐力が強いはずですので、 人が2・3人歩いた位で、ギシギシ言うとは 思えないです。 規格に沿った工法・材料でない可能性があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ごめんなさい。あるくと、「きぃ」って小さな音がするんです。

  • 回答No.1

材木屋です。 一時、昔ながらの根太工法が床鳴りの原因とされ、根太レス工法がもてはやされました。確かに数年前です。 土台に直接ブ厚い24ミリや28ミリの構造用合板で覆っていくタイプじゃありませんか? 合板同士は最初はピンで繋ぐものでしたが、施工速度簡略化を狙ってサネでつなぐものが普及しました。 材木屋の立場から結論から申しますと。 「どうしても床鳴ります!」 あまりにクレームが多く製造メーカー、当社、工務店、ハウスメーカーそろって調べたおした結果です。 原因は本当にいろいろあり、 1.スパンの長い場所はいくらブ厚い構造用合板でもたわみ、床材との間にズレができる 2.105ミリまたは120ミリの土台に構造用合板を打っているので2枚の接合個所では52ミリ、60ミリでそれぞれ支えている形となる。そのため合板の真中がたわんだ場合に端は浮き上がる。結果2枚の合板がすれて音がする。 3.構造用合板そのものは湿気に弱く反り易い、いくらブ厚くしてもシロアリ剤やら湿気などで反る。 4.そもそも荷重の係り具合の違う場所に均一な合板で固めるのが無理がある。根太工法ならキッチン・廊下・ピアノ部分などに根太の本数を多く入れ、荷重負担に備えれる。 これらが主です。 確かに床材に穴開け接着剤注入し、合板とのすきま(もしくは合板と土台の隙間)を埋めれば一時的には治まります。 問題は「施工当初は全面接着していた」ことです。 なぜ剥がれたのか、どのような力が働いたのか調べてください。床材を剥がし、合板の上を歩いてみればたわみがわかると思います。 当社の場合は各社折半で根太工法にやりかえました。 原因がわかっているのに対処療法では悪徳業者でしかないからです。確かに大赤字でしたが高い授業料だと思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 戸建て新築の床構造について

    よろしくお願いいたします。 在来で新築予定なのですが、設計途中で元々根太工法だったものを根太レスに換えさせて欲しいと設計士から言われました。 「コスト的には根太レスの方が高いし、個人的にも根太工法の方が好きなんですけど、営業からの要望がありまして・・・」と言っています。 どうしてもというなら今のまま(根太工法)でいいと言っているのですがどっちがいいのでしょうか? 今の仕様は 【2階床(2階面から)】 フローリング合板貼り:(ア)12 構造用合板:(ア)12 根太:105x40@303 PB下地:(ア)9.5 ビニールクロス 【1階床(1階面から)】 フローリング合板貼り:(ア)12 構造用合板:(ア)12 根太:60x45@303 断熱材:押出法ポリスチレンフォーム保温板3種(ア)30 となっていますがこれを1階2階とも28ミリ合板を使った根太レスにするとのことです。 どっちがいいでしょうか???

  • 1階の床組みについて

    根太床工法、根太レス工法、根太レス工法(剛床)、 の3つの床工法についてご教授願います。 建物は木造2階建て、軸組工法〔基礎断熱〕 一般的には 剛床の事を根太レス工法と言っているのでしょうが、剛床でない根太レス工法はあまり意味がないものでしょうか? そもそも、時々目にする1階の根太レス工法とは剛床の事をさしているのでしょうか? 建築関係の書籍をみていますと、1階の床組みの事例として、剛床にしている場合も見かけます。 1階床は根太床にすべき、といった表記もありました。 剛床にする、しないの判断として、構造の他に考慮すべき部分があるのでしょうか? 2階からの水平力、垂直荷重は土台⇒基礎⇒地盤へと伝わるため、床は根太床とするのが一般的解釈かと思いますが、あえて剛床にする場合、どのような理由が考えられるのでしょうか? 根太レス工法のメリット・デメリットとしてよく目にしますのは、施工性がUPするとか、床下懐が高くなる事、逆に床鳴りの問題が生じるとか、配線、配管の立ち上げの問題など、いろいろあるようですが・・・? 仮に構造的な理由ではなく、上記のような理由であれば、剛床ではない根太レス工法でも良い気がします。どちらにしても、24mm以上の厚物構造用合板を使う事になるでしょうから、あまり違いはないのかもしれませんが・・・・。 せいぜい、釘ピッチ、受け材のありなしくらいでしょうか? ただ、剛床として、それなりの水平構面としての耐力(床倍率)を確保にするには、制約が多いですが、単なる根太レスでよければ、穴あけ等、自由にできますし・・・そんなレベルの発想ですが・・・・。 剛床にする構造的な理由は無いとした場合、コスト、作業性(コストにも関係) その他理由を総合的に判断した場合、必然的に、一般的な根太床工法にするのが常識的な判断となるのでしょうか? 以上よろしくお願いします。

  • 床鳴りの修理方法を教えてください。

    コンクリートの床に根太を転ばして固定しその上にコンパネ12ミリ を張って仕上げにフローリング張りです。 床鳴りがすごいんです。フローリングを張り替えずに直す方法ありますか? 以前小さな穴をあけて発砲断熱材を注入すれば直ると聞きました。 ご経験者様教えてください。

  • 和室のフローリングへの変更

    築30年の団地住まいです。和室をフローリングに変更のため、畳下を確認したところ、コンクリートスラブではなく、木毛セメント板が敷いてありました。 これを取り除くことは難しいため、コンクリートスラブでの場合と同様に、木毛セメント板の上にスタイロフォーム単体を敷き詰め、その上に構造用合板、 そしてフローリングという工法を考えてはいます。スタイロフォームを使用する工法を調べておりますが、合板をどう固定するのか、誰も触れていません。 例えば、"根太なしで、まず3ミリベニア(正確には2.8ミリです)その上にスタイロフォーム40ミリ そして12ミリのフローリングを貼ります。"等。 そこで質問ですが、 (1)私の考える方法としては、床鳴り防止と根太固定のため、部屋を1周する様に根太を貼り、それから303mm間隔で根太を置いてゆき、根太の間に スタイロフォームをはめ込み、合板打ちつけという作業になるかと思います。910mm間隔等、 根太本数は減らしても、合板固定のため根太なしは無理かと思います。このやり方で問題ないかアドバイスいただければ助かります。 (2)スタイロフォーム下地は一般的な遮音フローリングのひとつです。上記(1)の場合でも、マンションでの必要遮音等級L45を満足できるレベル になるのでしょうか? ご意見いただければ有難く。 。

  • 床鳴りですが、床暖房(ガス温水)を施行しました。直りますか?

    今年、大きなリフォームを行いましたが、自慢のリビングで床なりがしてしまいます。大引き、根太、12ミリのコンパネ、その上に床暖房用の小根太付き床暖房温水パネル(12ミリ)をいれて、ダイケンのエクオスWという、硬い最上級のフローリング(12ミリ)で仕上げたつもりでしたが、入居後1ケ月で床鳴りに気づきました。その場所のフローリングに乗ると少したわむので、仕上げのフロア自体(12ミリ)に問題があるように思います。(というか、その下の場合は手の施しようがありません。)キズの付きにくい、硬いフローリングで、大工さんが「フロア釘が入りませんわ。」と言っていたぐらいでした。ボンドも残り少なかったので、あまり付けていなかったみたいですが、今さらめくることもできません。厚さ12ミリのフロアで、そのすぐ下には広く、温水パイプが張り巡らされているので、メーカーのリンナイさんは、「もし直すなら、くれぐれも穴を開けないように修繕してくれ。」と言われました。そのリビングには4枚の床暖房パネルを接合して敷きました(30畳)ので、やり直すのはまたかなり資金もかかるそうです。床鳴り部分は、温水パネルのど真ん中のフローリングです。大工さんは先輩で知り合いでもあり、まだ伝えていません。入居後、5ヶ月が経ちました。根太と温水パイプの付いた小根太は同じ方向ですが、フロアはクロスに張りましたので、フロアのジョイント部分に床暖房パネルの小根太がある保証もなく、どこにあるかわかりません。頭の中は迷走しております。この床鳴り、直せますでしょうか?どうかよろしくお願い致します。施工してもらった先輩大工さんに、相談しようと思ってはいます。

  • 床がふわふわする

    一戸建て住宅の1Fフローリング&和室の床に付いて教えてください。 建売住宅を購入して3年が経ちますが、入居当初からフローリング& 和室の床がふわふわする感じがして、歩いた時の感覚が非常に悪いです。 2年目点検までの点検時にはこのことには触れず、床鳴り(ミシッミシッ) に付いてのみ報告していました。その時の工務店の話に床束の話は出 てこずフローリングに桐で穴を空けて液体ゴムを注入する対処方法があると いうことで、それで対処してもらいました。ただ、その時は良くなった様 に感じましたが、暫くすると対処した場所のみならず、他の場所もなって います。今ではこれに対処することは、やや諦めた感じです。 今一番気になるのは床のふわふわ感です。ネットで色々調べて、恐らく 床束の感覚が大きいのではないかと思っています。ネットでは90cm間隔が 一般的の様に見受けられましたが、多分私の家は180cmとかかもしれません。 建築基準法を調べてみようとしたのですが、見つけることは出来ませんで した。どの位ふわふわするかというと、私が座っている時に4kgの犬が1m 離れた場所を歩くと振動(揺れる感じ)が伝わってくるくらいです。和室は ふわふわ感というより、空洞感と床鳴りです。空洞感を上手く伝えられない のですが、入居当初は畳が表しかないタイプで薄かった為、下の合板の感覚 が足に伝わってきているのかとも思っていましたが、実際のところは分かり ません。 以下は、私の家のスペックです。   (1)根太レス床(想像です)   (2)床の合板24mm、フローリング12mm   (3)プラスチック床束   (4)木造2階建て 工務店に相談する前に質問させてください。   (1)床束90cmピッチ以下での施工は法律ではないのですか?   (2)床束180cmピッチで建てられる家もあるのでしょうか?   (3)床束のピッチ以外にふわふわする理由が考えられますか?   (4)もし床束180cmピッチが原因だとしたら90cmピッチに補強した場合    ふわふわ感はなくなりますか?   (5)3年を過ぎていますが、補強をするとどちらの負担になるので    しょうか?因みに、細かな保証は2年で切れています。ただ、構造    に関わる様な保証は10年となっています。   (6)入居する時にフローリングにコーティングをしてもらいましたが、    フローリングの継ぎ目のところで切れてしまっています。私の感じ    では、これも床がふわふわすることが原因の様に感じますが、普通の    ことなのでしょうか?   (7)取引のある工務店に相談する前に、一度他の建築士(診断士?)に    家全体をチェックしてもらおうかとも考えています。その場合、    信頼出来る建築士の探し方と費用を教えてください。 長くなってしまいましたが、宜しくお願いします。

  • 床鳴り

    木造二階建て住宅建築中なのですが、2階の床が結構床鳴りする個所があるのですが(2階床の構造は合板15ミリ、遮音シート、杉板30ミリ)、釘のようなものが入る直径5ミリほどの丸い穴をあけてその部分をビスで止めてボンドを流し込み、へこんだ穴をそれと同じくらい直径5ミリほどの丸い木で埋めて補修しています。これは普通のやりかたなのでしょうか?あとこの補修をした個所が結構多くてぱっと見ただけでも丸い直径5ミリほどの補修した丸い個所が30箇所くらいあります。杉板なので節がたくさんあるのできにならないといえばきにならないのですが、この個所はだんだんとめだたなくなるのでしょうか?せっかくの無垢のフローリングなので少しがっかりしているのですがしょうがないのならあきらめようと思っています。

  • 戸建て住宅の床構造

    単に”根太レス工法”と”剛床構造の根太レス工法”とはどのような違いがあるのか教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 床の傾き修理方法が分からず困ってます

    日曜大工で現在畳敷きの6畳間をフローリングに変更し、同時に部屋 の傾きを補正したいと考えてます。(2.7メートルで約4センチ傾いてます) 床構造は、「根太-合板-畳」です。 できれば合板は剥がさずに傾きを補正したいのですが、隙間が畳分 しかないこともあり良い方法が思いつきません。やはり剥がさざるを 得ないのでしょうか。 フローリングにすると寒いので断熱材も入れたいと思ってます。 道具は丸のこ、インパクトレンチ、カンナ他、一通りは揃っております。 良いお知恵をお貸しください。

  • 在来木造建ての1-2階間の遮音について

    在来木造2階建ての建築を計画中です。1-2階間の遮音についてお伺いします。 2階床は根太レス工法ですので、音が伝わる経路としては2階床-1階天井までで  2階床フローリング  構造用合板  空間  1階天井石膏ボード+クロス となります。大幅な遮音が無理なのは承知しておりますが、予算の許す中で出来得る限り遮音性能を高めたく以下の案を検討中です。下記の中ではどのような順番で効果が高いでしょうか? また、他に効果的な方法はありますでしょうか? お薦めなどあればお聞かせ願いたく存じます。 (1)2階床フローリング-構造用合板の間に遮音シート張り    工務店見積もり 材料・工賃:\104,000 (2)2階床フローリング-構造用合板の間に石膏ボード(9.5mm厚)張り    工務店見積もり 材料・工賃:\85,000 (3)1階天井裏にグラスウール(10K/50mm厚)敷き    工務店見積もり 材料・工賃:\67,000 宜しくお願いします。