• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

和室のフローリングへの変更

築30年の団地住まいです。和室をフローリングに変更のため、畳下を確認したところ、コンクリートスラブではなく、木毛セメント板が敷いてありました。 これを取り除くことは難しいため、コンクリートスラブでの場合と同様に、木毛セメント板の上にスタイロフォーム単体を敷き詰め、その上に構造用合板、 そしてフローリングという工法を考えてはいます。スタイロフォームを使用する工法を調べておりますが、合板をどう固定するのか、誰も触れていません。 例えば、"根太なしで、まず3ミリベニア(正確には2.8ミリです)その上にスタイロフォーム40ミリ そして12ミリのフローリングを貼ります。"等。 そこで質問ですが、 (1)私の考える方法としては、床鳴り防止と根太固定のため、部屋を1周する様に根太を貼り、それから303mm間隔で根太を置いてゆき、根太の間に スタイロフォームをはめ込み、合板打ちつけという作業になるかと思います。910mm間隔等、 根太本数は減らしても、合板固定のため根太なしは無理かと思います。このやり方で問題ないかアドバイスいただければ助かります。 (2)スタイロフォーム下地は一般的な遮音フローリングのひとつです。上記(1)の場合でも、マンションでの必要遮音等級L45を満足できるレベル になるのでしょうか? ご意見いただければ有難く。 。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1823
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

(5)補足 際ネダ部分での床鳴りは考えにくいかと。 壁隅は家具とか、移動荷重は(入り口以外は)考えにくいのでは、と。 http://www.kumagaigumi.co.jp/press/2007/pr_070704_1.html 同様 木毛セメント板自体が壁とは縁が切れていますから、低周波振動遮音には少しでも有利なのではないかと。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • マンションの和室(下地はコンクリート)をフローリングに変えたいのですが、下地はどのように?

    マンションの和室(8帖)をフローリングに替えようと思っています。 畳を剥がしたら、コンクリート下地の上にセキスイのネダマット(スタイロフォーム)が敷いてあり、その上に畳が乗っています。結局コンクリートから畳上面まで13cmあります。 根太で高さ調整をする必要があるのですが、その際根太はどのようにコンクリートに固定したらよいのでしょうか。水平をとり易いためとクギ音を出さないために床束を検討したのですが、5~6cmの床束は見つかりません。

  • 無垢のフローリング材でL45の遮音性を得るためには

    築27年のマンションに住んでいます。リフォームしたのですが、階下の方から子供の足音でクレームがあり、フローリングの工事に問題があるのではと言われています。 工事では、CP床工法でパーティクルボードとスラブの間に遮音マットを引き、さらにパーティクルボードの上に捨て合板12mmを引いてから、無垢のパイン材のフローリングを重ねています。合板フローリングの場合は捨て合板が不要で、LL45をメーカがカタログに書いていますが、施工要領書では「無垢の場合は捨て合板12mmを入れる」との指示にしたがって入れてあります。ただし、LL45となるとは書いてありません。この工法でLL45の遮音性が得られるのでしょうか? あるサイトを見ると、無垢材を止めるか、無垢材とボードの間に、防振ゴムを入れる必要があると書いてありました。こちらが正しいのでしょうか? お詳しい方がおられましたら、是非、教えていただければ幸いです。

  • マンションのフローリング工事の工法について

    マンションのフローリング工事を検討しています。こういう工法でいけるのかな?と、素人ながら考えてみました。なにか考え方に間違いがあればご指摘いただきたく、質問させていただきました。 前提としては… ・いわゆるリゾートマンション。 ・6畳のDK(躯体のうえにモルタル+薄いパンチカーペット)と、8畳のリビング(躯体のうえに直接畳)を一体のフローリングにしたい。 ・6畳の方は、モルタルが盛ってある分、8畳とのあいだに段差(3、4cmくらい?)がある。 ・もともと天井が高くないので、フローリング工事も床の高さを低く抑えたい。 ・足に触れる部分は、無垢材を使いたい。15mm厚、坪1万円程度のヒノキ材が、ネットで注文できて、サンプルもよかったので、それを施主支給することを第一に考えています。 ・予算は、30万で収まるとよいなと考えていますが、まだ相場をよく把握していません。限度は50万円。 工法としては… ・30mmくらいの材で根太組をする(格子状に組む)。この段階で、6畳と8畳の高さを合わせる。(床の高さを低く抑えたいので、置き床工法は好ましくない。) ・根太組の格子のあいだに、断熱と遮音のため、スタイロフォームを入れる。 ・12mm合板で捨て貼りをする。 ・15mmの無垢材で仕上げする。 心配な点は… ・この工法で、それなりの遮音性能が得られるでしょうか。それとも、これは遮音性が期待できない工法なのでしょうか(捨て貼りと仕上げ材のあいだ?に、遮音素材を追加するなどしたほうがよいでしょうか。) ・管理組合からは、上記の工法でもOKとの回答は得ています。しかし、私の部屋も、上階の椅子を引くギギギという音がわりとよく聞こえてきます(それ以外の音はあまり聞こえてきません)。階下に対して、スリッパの音がひびくなど、あまりにも遮音性能が低くなる工法は避けねばなりません。 ・ただ、私の希望としては、無垢材を使いたいので、いわゆる遮音フローリングは、使いたくないということ、そして、床の高さを低く抑えたいということがあります。 あくまで検討段階、そして、素人考えですので、みなさまのご批判をいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

(2)ですが、補足をリクエストされましたので、自分の勉強としても情報交換価値があるので、すこし個人見解整理しておきます。 ◆公団標準仕様・木毛セメント板床団子貼は、まず素材そのものの遮音性と弱防振性は定評が確立されていると思います。スラブとの間は中空ですから、一般的乾式二重床支持脚のゴムの防振性の差、 浮き上がりの問題もあるし・・ ◆加えて、「各種メーカーのカタログ値は信用できない」一般常識(^^/ ・・で、畳床リノベは、下地木毛セメント板であればよほどのヘタ工事でなければいじらないでその上の仕様勝負。 ◆参考写真例、ネダ厚は、下地構造用合板厚と仕上げ材厚により調整材。レベル調整スキマは薄ベニヤ・樹脂ボンド、木毛セメント側にコンクリートボンド。タッピングと記したのはコーチスクリュー(合計板厚以上の長さは当然意味がない)、引き締め力は期待しない仮締め程度。下の団子部位置とは違うのでここで少しは緩衝性はあるものと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いろいろ教えていただき有難うございます。大変勉強になります。申し訳ついでにもうひとつ質問させていただきます。 根太を置く時、部屋の周囲に置き、既存の寝巻きに固定することは床鳴りの点から避けたほうがいいでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 回答No.4

No.1です。 質問されている施工方法は木造住宅で使う剛床工法に似たもので、古くなっても歩いた時の床鳴きがありません。今では木造住宅では汎用的な方法ですが、古い団地のフローリングは根太方式で張られていると思います。他の部屋のフローリングと同じ方法を採用されるのが無難と思います。 木造住宅での剛床工法の欠点は床の音が大きく響くのです。大きな合板を張るので床に太鼓の皮を張ったように大きく響くようになるのです。根太のフローリングは一枚一枚を張ってゆくので、その隙間が緩衝部分になり衝撃吸収されるので音が響かないのです。しかし、それが床鳴きの原因にもなるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

こんにちは 根太と合板もしくはフローリング材の間に吸音材が必要になります。お考えの施工方ですとフローリング・合板・根太がつながってしまいますのでNGかと思います。スタイロフォームを根太間に敷くのは一階の方なら意味がある(断熱)のですがその他の方には無駄、もったいないと思います。 一般的な集合住宅用の遮音フローリングにはウレタンマットのようなものが付いています。このフワフワ感は仕方ないですね、、合板フローリングの質感が嫌だとおっしゃるのであれば無垢の遮音フローリングもあります。もしくは下地合板と遮音材が一体になっているものもありますのでこれですと一般的な無垢材も施工できるかと思います。 ご参考までに http://www.muku-flooring.com/1l45matshousai/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご説明ありがとうございます。スタイロフォームは止めにします。遮音マットは拝見しましたが、かなりいいお値段がしますね。合板の上に貼るフローリングを遮音フローリングとするのがコスト的には一番良いようですね。取り急ぎ

  • 回答No.2

ほい実施例参考写真 木毛セメント板とネダ(レベル調整)ポイントはコンクリートボンド+タッピング ちなみに仕上げ材はパイン(ア)20 遮音等級は、あえて仕様書記載してないけど資料コジツケはできるので(^^ こういう質問を見かけたのを機に整えとこ(^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

写真まで載せていただき有難うございます。ポイントのコンクリートボンド+タッピングについてもう少し詳しく教えていただければ嬉しいです。根太を木毛セメント板コンクリートボンド+タッピングで固定するということでしょうか? あまり詳しくないのですが、木毛セメント板はビスが効くのでしょうか? 

  • 回答No.1

古い戸建て住宅の和室をフローリングするのを自分でしても構わないが、団地ですと階下への騒音が心配なところです。もし施工後に苦情があって、基準以下の施工を勝手にしたならば、やり直しを求められます。 私が区分所有するマンションのリフォームをする際に管理規定により工事内容の事前申請を求められました。その申請を管理会社が審査をして了解されなければ違反工事になるのです。 団地には詳しくないのですが、URならば管理規定がきっとあると思います。このサイトで工法を聞く以前の関門があるのではないでしょうか。 専門家ならば団地リフォームの施工経験もあるでしょうから遮音等級L45への対応もできると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返信有難うございます。 URの分譲になります。既に管理規定により工事内容の事前申請をして承認をいただいておりますので、このような質問をした次第です。 フローリングに関する規定はL40あるいはL45の床材を使用することのみで、今回も構造用合板の上にL45の床材を使用する予定ですが、(1)その床材の貼りかた (2)遮音床材の感触が好きではないので、スタイロフォ-ムを使用すれば、それで遮音特性が満足でき、無垢の床材という方法もあるのかなと 思って質問した次第です。 施工面でのアドバイスが可能であれば宜しくお願いいたします。取り急ぎ

関連するQ&A

  • フローリングの施工法を教えてください

    無垢材を使ってフローリングをDIYで施工しようと思っています。 次のような状況での無垢材での施工についてご指導ください。 長方形の約7畳の部屋に施工する予定です。(現在の状態は根太の上に合板のフローリング材を直張りしています。経年劣化でぶよぶよの状態です。) 現在のぶよぶよのフローリングは撤去し、根太の上に合板を捨て貼りした上で無垢のフローリング材を取り付けるつもりです。 フローリングは、長方形の長い辺の向きに並べたいのです。 昨日、床下から調べたところ、根太は長方形の長い辺の向きに並んでいました。 この根太の上に合板を捨て貼りして、フローリング材を長方形の長い辺の向きに並べようとすると、 根太とフローリング材が平行になっているので、釘を捨て貼りの合板にしか打つことが出来ません。(フローリング材の位置がたまたま根太の上にくる場合を除いて) 以前大工さんにフローリングを施工してもらった部屋があるのですが、 やはりのこ部屋も同じ条件たっだので、床下から調べると、根太とフローリング材の向きが平行で 釘を捨て貼りの合板にしか打っていませんでした。 ただし、このフローリング材は無垢ではなく合板でした。 無垢のフローリング材を利用して上記のような施工で大丈夫でしょうか? 例えば、 フローリングを固定するのにミニビスを利用して、固定するピッチを細かくするとか、根太を増やして捨て貼りの合板をしっかり固定するとかすれば大丈夫でしょうか? どのような施工法であれば、長方形の長い辺の向きにフローリング材を並べても大丈夫でしょうか。 無垢の寄木のフローリングなら大丈夫でしょうか? あきらめて、フローリング材の向きを変更するか、合板のフローリング材を使用するしかないのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 遮音フローリングと無垢フローリングを重ね張りした方いらっしゃいますか?

    築20年のマンションのリフォームを、休みを利用してできるだけ自分たちでやってみようかと検討しています。 現在はカーペット・クッションフロア・畳となっているLDKと和室を連結させて、すべてフローリングの床にしようとしています。 先日、裏にクッション材が貼られた遮音フローリングを敷いた部屋を見せていただく機会があったのですが、歩くとフワフワする感触があり、すこし違和感がありました。 そこで、マンションで規定されている遮音等級L45を満たしつつ、幅広の無垢材のフローリングにしたいと思い、いろいろ調べています。 クッション付き遮音フローリングを直接コンクリートスラブに敷いて、その上から厚さ20mmくらいの無垢フローリング材を敷けば、フワフワ感がなくなるのではないかと思うのですが、こうした工法でリフォームされた方はいらっしゃいますでしょうか? また、無垢床材はずいぶん伸縮するということですので、遮音フローリングの上に合板を敷いてから、仕上げの無垢フローリングを張るほうがよいか?など、いろいろ考えているのですが、ご経験のある皆さんのご意見を是非お聞かせください。

  • マンションの和室をフロアタイル張りにしたいのですが制限が・・・

    マンションでL45以上の制限があります。畳の下地は根太マット(80ミリ位の発泡)でモルタル団子でコンクリートに固定されています。畳厚は60ミリです。隣接するLDKのフロアタイルと同じ物にしたいので方法を迷っていて、出来れば根太マットをそのままで根太と合板と遮音シートで仕上げたいと考えているのですが・・・遮音と剛性を考えると根太マットの上からで大丈夫かと心配です。経験のある方々が多いようですので宜しくお願いします。

  • フローリングの貼り方

    築25年のコンクリート住宅です。リビングはフローリングになっています。このリビングのフローリング、よく歩く部分だけが、ギシギシと音がして沈み込みます。全体でなく根太の間の部分で起きているようで、過去の質問/回答を拝見すると、フローリング合板の接着剤切れかなと思っています。工務店の営業の方に見てもらったところ「根太までは駄目になっていない様だが、後々考えてきちっとやるなら、全部剥がして、根太も変えて貼換」とのことでした。工務店の方は合板を進める(無垢は大反対)のですが、どうせ貼り変えるなら無垢の床材が良いと思い、無垢材を扱っている店にお聞きしたところ、根太の上に12mmの捨て貼り、その上に無垢材(15mm)を貼るのがお勧めだとのことでした。今のフローリング、おそらく12mm厚、無垢でも木によって12mm厚に対応可能とのこと、無垢で押そうと思っています。でも素人考えで、捨て貼り12mm、いまのフローリング12mmとすると同じ厚み、そのまま今のフローリングの上から、無垢材を貼ってしまっても良いのではと思いつきました。問題は厚み、今の床から15mm高くなります。もらったサンプル(15mm厚)を今の床において、ドアや敷居など引っ掛かることがなく、今より床が15mm高くなっても大丈夫なのは確認しました。気になるのは沈み込むところです。気になる所だけ今の床を剥がして、必要なら根太を補修。剥がしたフローリングを戻して、新しい無垢フローリングを上から張ってしまっても、問題ないんじゃないかと思えます。また工務店の言うように、根太まで替えて貼替えするより安く、工事も短い気がします。工務店の言われるように、全部剥がして根太を換えてから貼り換えたほうがいいのでしょうか?

  • 床の段差を埋めたいのですが、、、

    キッチン(板間)→居間(カーペット)→和室 3部屋繋がっています。居間だけ床段差30ミリ強あり、高齢の親が時々つまづきます。これを無くしたいです。カーペットを剥ぐと合板?でその下は地面です。(根太に合板張り)築30年以上古い家です。寒いです。 DIY都合上、費用、作業、断熱も考えフローリングではなく、同じカーペットで仕上げようと考えています。 一応、素人なりに下記工程で考えているのですが、、、アドバイスを願います ■下板を剥がすのは面倒なので、元根太に対し垂線で300ミリ間隔で20ミリの根太、間に20ミリのスタイロフォームを敷き詰める。上に10ミリの合板を敷き詰め、最後はカーペット・・・ ◆問題 300ミリ間隔、20ミリの根太とスタイロフォームで、合板に架かる加重を分散できるか(スタイロフォームは耐えられるか?) 20ミリでは根太の役割はなさないと思いますが、実質スタイロフォームの押さえと考えています。 他に考えられるやり方は?。。。お願いします

  • マンション和室フローリング化の下地

    DIYでマンション和室の畳を取り除きフローリングする予定です。 現状、畳の厚さは30mmでコンクリートスラブに直置きになっています。 リビングと同じフローリングに揃えようと思っているのですがフローリングの厚みが13mmなので 2mm床面を下げるとすると、残り約15mmとなり根太を置くにも微妙な高さになります。 養生シートで湿気を遮断し15mmのパーティクルボードを下地に敷こうかとも考えましたが音鳴り が心配です。 このような場合、どのように下地を作るのが良いのでしょうか。

  • マンションの畳をフローリングにしたい

    自分でマンションの畳をフローリングにしたいのですが 現在畳をはがすと置き床工法の下地がありました。 置き床工法部分の下地はそのままにして 畳の厚み55mm分を根太(30mm)に捨て張り(合板 12mm)、フローリング(12mm) で対応することは可能でしょうか。 可能な場合は根太の間は空洞のままでいいのでしょうか。 素人ですので見当違いなことを言っていたらすみません。

  • 【木造家屋】フローリング下地が薄い場合の根太固定

    お世話になります。 2階の畳部屋をフローリング張りにしようと日曜大工に励んでいる初心者です。 フローリングの下地合板の下に入れる根太ですが、ネジで固定せず、ボンド接着としても音鳴りを防げますでしょうか? ■根太固定にネジを嫌う理由 畳をめくったところ、1階の天井板(厚さ18ミリ)が、2階部屋の下地として出てきました。 根太や合板はしっかり留めておかないと音の原因になるからと、ネジ留めすることを勧められました。 下地に掛かるネジが短くてはしっかりとまらないからと、厚み18ミリの天板を貫通する長さのネジで留めるようアドバイスをもらいました。 しかし、1階の天井からネジが出てくるのは嫌です。 ■木工用ボンドで根太を固定 別の友人からは、18ミリの天板に10ミリ入るくらいのネジで留めたとしても仕上がったフローリングの上を歩いているうちに天板が痛むから、木工用ボンドで貼り付けるだけにしておいた方が良いとアドバイスをくれました。 ■自分なりの結論 (1)下地(1階の天板厚さ18ミリ)と根太は、木工用ボンドで接着する。 (1)-2. 下地(天板)の下に大引が通っているところだけ長いネジで根太を固定する。 (2)根太と合板は木工用ボンドとネジで固定する。 (3)合板とフローリングは木工用ボンドと釘で固定する。 これで、音鳴りは防げるものでしょうか? 木がそったときに大丈夫かな?と思うのでちゅうちょしています。 よろしくお願いいたします。

  • フローリングの直張りについて

    築20年ほどの木造在来工法の住宅です、 居間と廊下のフローリングの上に新しくフローリングを張ろうと思いますが、 巾木が思いのほか頑丈なので、巾木はとらずに張ろうと思ってます、 新しく張るフローリング材はムクではなく合板を使用します、 古いフローリングも合板です、 インターネットのフローリングの張り方などを見ていますと、 フローリングが伸縮するため巾木とフローリングの間を3ミリほど空けると書いてあるのですが、 合板など伸縮の少ない材質の場合もあけたほうがよいのでしょうか、 また空けないで施工した場合どのような不具合があるのでしょうか、どなたか教えてください

  • スタイロフォームによる畳からフローリングへの変更

    スタイロフォームによる畳からフローリングへの変更を検討していますが、 スタイロフォーム単体を敷き詰め、その上にコンパネ、そしてフローリングという工法を考えてはいますが、 ちょっと疑問があり質問させていただいております。 1、スタイロフォームで作って重量物が乗った時に大丈夫なのか? 2、コンパネを仕入れる時にコンパネが沿っているものがあったりするが、反ってない物を寄り集めて買うのか、   それとも反らない木の種類でもあるのか? 以前床張りをした時はクッションフロア施工でしたが、 コンパネの反りが合ったため、ネジ止めで強引に抑え込みました。 その後、床鳴りが少々あった時期もありました。 お手数ですが、よろしくお願いいたします。