• 締切済み
  • 困ってます

無垢のフローリング材でL45の遮音性を得るためには

築27年のマンションに住んでいます。リフォームしたのですが、階下の方から子供の足音でクレームがあり、フローリングの工事に問題があるのではと言われています。 工事では、CP床工法でパーティクルボードとスラブの間に遮音マットを引き、さらにパーティクルボードの上に捨て合板12mmを引いてから、無垢のパイン材のフローリングを重ねています。合板フローリングの場合は捨て合板が不要で、LL45をメーカがカタログに書いていますが、施工要領書では「無垢の場合は捨て合板12mmを入れる」との指示にしたがって入れてあります。ただし、LL45となるとは書いてありません。この工法でLL45の遮音性が得られるのでしょうか? あるサイトを見ると、無垢材を止めるか、無垢材とボードの間に、防振ゴムを入れる必要があると書いてありました。こちらが正しいのでしょうか? お詳しい方がおられましたら、是非、教えていただければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数11549
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.4

無垢フローリングをマンションに施工する時に必ずLL:45は気になります。 置き床式の防音材を発見しました。ボンドを使用しないので簡単で非常に短時間で施工が終わりそうです。 管理組合に提出できる公のデータも揃っているようです。 いくつか無垢フローリングをマンションに利用できる下地材はあるようですが、どれも下地を施工する際に大量のボンドを使用するようです。これでは健康的に過ごすはずの無垢フローリングでの生活が台無しです。 更に公の機関でデータ測定をしていない商品がたくさんあるようです。 実物件データを公表されているところがありますが、音源等を明確に示していないものも有りますので気をつけたいところです。 また、地下貼りでLL:45に対応した無垢フローリングがあるようですが、あまりフローリングの種類が無いようです。 いずれにせよ、無垢フローリングを使うのだからボンドは使用したくないものですね。

参考URL:
http://www.muku-flooring.jp/sound/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 遮音フローリングと無垢フローリングを重ね張りした方いらっしゃいますか?

    築20年のマンションのリフォームを、休みを利用してできるだけ自分たちでやってみようかと検討しています。 現在はカーペット・クッションフロア・畳となっているLDKと和室を連結させて、すべてフローリングの床にしようとしています。 先日、裏にクッション材が貼られた遮音フローリングを敷いた部屋を見せていただく機会があったのですが、歩くとフワフワする感触があり、すこし違和感がありました。 そこで、マンションで規定されている遮音等級L45を満たしつつ、幅広の無垢材のフローリングにしたいと思い、いろいろ調べています。 クッション付き遮音フローリングを直接コンクリートスラブに敷いて、その上から厚さ20mmくらいの無垢フローリング材を敷けば、フワフワ感がなくなるのではないかと思うのですが、こうした工法でリフォームされた方はいらっしゃいますでしょうか? また、無垢床材はずいぶん伸縮するということですので、遮音フローリングの上に合板を敷いてから、仕上げの無垢フローリングを張るほうがよいか?など、いろいろ考えているのですが、ご経験のある皆さんのご意見を是非お聞かせください。

  • フローリングの貼り方

    築25年のコンクリート住宅です。リビングはフローリングになっています。このリビングのフローリング、よく歩く部分だけが、ギシギシと音がして沈み込みます。全体でなく根太の間の部分で起きているようで、過去の質問/回答を拝見すると、フローリング合板の接着剤切れかなと思っています。工務店の営業の方に見てもらったところ「根太までは駄目になっていない様だが、後々考えてきちっとやるなら、全部剥がして、根太も変えて貼換」とのことでした。工務店の方は合板を進める(無垢は大反対)のですが、どうせ貼り変えるなら無垢の床材が良いと思い、無垢材を扱っている店にお聞きしたところ、根太の上に12mmの捨て貼り、その上に無垢材(15mm)を貼るのがお勧めだとのことでした。今のフローリング、おそらく12mm厚、無垢でも木によって12mm厚に対応可能とのこと、無垢で押そうと思っています。でも素人考えで、捨て貼り12mm、いまのフローリング12mmとすると同じ厚み、そのまま今のフローリングの上から、無垢材を貼ってしまっても良いのではと思いつきました。問題は厚み、今の床から15mm高くなります。もらったサンプル(15mm厚)を今の床において、ドアや敷居など引っ掛かることがなく、今より床が15mm高くなっても大丈夫なのは確認しました。気になるのは沈み込むところです。気になる所だけ今の床を剥がして、必要なら根太を補修。剥がしたフローリングを戻して、新しい無垢フローリングを上から張ってしまっても、問題ないんじゃないかと思えます。また工務店の言うように、根太まで替えて貼替えするより安く、工事も短い気がします。工務店の言われるように、全部剥がして根太を換えてから貼り換えたほうがいいのでしょうか?

  • マンションのフローリング工事の工法について

    マンションのフローリング工事を検討しています。こういう工法でいけるのかな?と、素人ながら考えてみました。なにか考え方に間違いがあればご指摘いただきたく、質問させていただきました。 前提としては… ・いわゆるリゾートマンション。 ・6畳のDK(躯体のうえにモルタル+薄いパンチカーペット)と、8畳のリビング(躯体のうえに直接畳)を一体のフローリングにしたい。 ・6畳の方は、モルタルが盛ってある分、8畳とのあいだに段差(3、4cmくらい?)がある。 ・もともと天井が高くないので、フローリング工事も床の高さを低く抑えたい。 ・足に触れる部分は、無垢材を使いたい。15mm厚、坪1万円程度のヒノキ材が、ネットで注文できて、サンプルもよかったので、それを施主支給することを第一に考えています。 ・予算は、30万で収まるとよいなと考えていますが、まだ相場をよく把握していません。限度は50万円。 工法としては… ・30mmくらいの材で根太組をする(格子状に組む)。この段階で、6畳と8畳の高さを合わせる。(床の高さを低く抑えたいので、置き床工法は好ましくない。) ・根太組の格子のあいだに、断熱と遮音のため、スタイロフォームを入れる。 ・12mm合板で捨て貼りをする。 ・15mmの無垢材で仕上げする。 心配な点は… ・この工法で、それなりの遮音性能が得られるでしょうか。それとも、これは遮音性が期待できない工法なのでしょうか(捨て貼りと仕上げ材のあいだ?に、遮音素材を追加するなどしたほうがよいでしょうか。) ・管理組合からは、上記の工法でもOKとの回答は得ています。しかし、私の部屋も、上階の椅子を引くギギギという音がわりとよく聞こえてきます(それ以外の音はあまり聞こえてきません)。階下に対して、スリッパの音がひびくなど、あまりにも遮音性能が低くなる工法は避けねばなりません。 ・ただ、私の希望としては、無垢材を使いたいので、いわゆる遮音フローリングは、使いたくないということ、そして、床の高さを低く抑えたいということがあります。 あくまで検討段階、そして、素人考えですので、みなさまのご批判をいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 回答No.3

同じく築27年の中古マンションに無垢フローリングのリフォームをして今春入居した者です。 我が家の場合、5階建ての最上階で床スラブのコンクリート厚は140mmです。私が無垢の床にこだわりたかったので、リフォームをする際には防音性には特に配慮しました。管理組合でもLL45等級の防音性能が規定されていたので、防音マットは遮音等級LL-45の防音性能を保証する商品を探しました。結果、「STマット(サイレント・トライマット)」という商品にたどり着きました。 http://www.maedamokuzai.com/shopping/mat/index.html このSTマットですが13mmの厚さがありとても重いためエレベーターなし5階の我が家までの運搬は業者泣かせの商品でした。 無垢のフローリングを施工するにあたっては、大引>根太>下地合板>遮音ゴムマット(13mm)>コンパネ>無垢仕上げ材(15mm)、の順で張り合わせました。捨て板の厚みについてはっきりとした記憶はありませんが10mm程度だったように思います。 実際に入居してからの印象についてですが、しっかりと音を吸収してくれているような感じです。もちろん音の発生に注意はしていますが、とくに神経質に生活をしているわけでもありません。階下の方に会った際に生活音について聞いたところ「気になったことはない。本当に入居されて生活を始められたのかしら?と家族で話してたんですよ」とのこと。お言葉どおりに鵜呑みにはできないと思っていますし、多分に心遣いがあるとは思いますが我慢を強いているような印象は受けませんでした。 他メーカーでも5mm、8mm...といった遮音シートが販売されていますが、しっかりしたゴムマットを選択して良かったと思っています。私たちの工法でLL45の遮音性がきちんと得られているかどうかの確証はありませんが、これまでのところ生活上トラブルになったことはありません。 下の回答者の方にもあるとおり重量衝撃音(LH)については居住者自身の工夫と配慮である程度は回避できると思いますが、階下の方の生活リズム(定年者で在宅率が高いなど...)も関係してくるかと思いますので、この方法なら万全だとも言い難いテーマではあります。

参考URL:
http://www.maedamokuzai.com/shopping/mat/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#65504

足音が問題になる場合、大抵重量衝撃音(LH)の問題です。 例え、軽量衝撃音の性能LL45の遮音性能が確保されていても、重量衝撃音の性能により騒音問題に発展することが多々あります。 重量衝撃音はフローリングなどの問題よりも、床スラブ自体の問題のことが多いのですが、リフォーム後問題となったということは、リフォームにより、本来床スラブが持っている重量衝撃音の遮音性能を低下させたものだと思います。 基本的にゴムなどの緩衝材を用いても重量衝撃音は改善されません。それは重量衝撃音はそれら緩衝材による変形能力を超えたところで発生している騒音ですから。 なお、リフォームにより、スラブとフローリングの間に空間ができて、その空間がちょうど太鼓のような働きをして、重量衝撃音が増幅して問題になるということはよく報告されています。 何らかの原因で重量衝撃音の遮音性能を低下させたものだと思います。 でも質問文からいうとそのような空間ができるような構法でないような気がしますが、「CP 床工法」で検索したところフクビ化学工業のホームページが出てきたのですが、これなのでしょうか? この構法だと床とスラブの間に空間ができるタイプのようです。 いずれにしろ、重量衝撃音を以前より悪化した原因があると思いますので、その原因を取り除くのが、解決への一歩だと思います。 空間がある場合、その間に吸音材(グラスウールなど)を詰め込んでやると、床とスラブの間で起こる反射増幅を低減できますので、ある程度の効果が出ます。 問題はLLの性能が出ていないことよりも、元々あったLHの性能を悪化させたことだと思います。 その原因の追及をしてから対策を考えるべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

質問者の方が”CP床工法”と呼ばれている(おそらく施工されたリフォーム業者さん固有の工法名だと思いますが。。) それが支持脚を使う浮き床工法のことなら、パーティクルボード(PB)と床スラブの間には遮音マットの厚み+空気層を設けるための支持脚が入らなければなりません。文面では支持脚の高さについて記載がありませんでしたが、お住まいのマンションの床スラブ厚に応じた遮音マットとPBの厚みが適正ならば、この工法自体の遮音性能は極めて高い物です。 階下からのクレームが”子供の足音”に限った事で、それ以外(例えば話し声やテレビの音、大人がスリッパを履いて歩いた時のパタパタという足音)は気にならないのであれば、子供がドタドタと走り回った時の重量衝撃音(LH)が問題の様です。 軽量衝撃音(LL)は先に書かれた工法などで相当抑えられますが、LHについては築年数の古いマンションで床スラブ圧が薄い場合、根本的な解決は難しい物です。 方法としてはPBとフローリングの間に緩衝材(アスファルト系の制振マットなど)の層を設けるなどの方法もありますが、これから直すとなれば相当な費用がかかるでしょう。 LLと違いLHの方は居住者自身の工夫で発生が抑えられる物です。 例えばお子様が”ドタドタ”と走り回ったり、ソファーから床に飛び降りたりするのを注意する事の方が、効果が上がると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • フローリングの厚み変更

    いつも参考にさせていただいています。 建築条件付の物件を契約し、建物の設備について検討中なのですが、フローリングの厚み変更に掛かるおおよその料金についてご教示下さい。 標準が12mm厚の合板フローリングだったのですが、無垢材を希望しているので、色々と無垢材を調査したところ、19mm厚の無垢材で希望のものがありました。 単純に材料費だけでも相当な差額があると思うのですが、この厚みの違い(7mmの)による工事の手間代はどのくらいのものなのでしょうか? もし手間代も高いようでしたら、15mm厚の無垢材で妥協することになるかと思います。 なお、1階だけを無垢材にしようと思っていて、床面積は30平米程度です。他に6畳の和室、2畳の洗面、1畳のトイレがあります。バリアフリーにしたいと思っています。 「業者に問合せろ」と言われてしまいそうですが、その見積もりが妥当かどうかを判断する為にも他者の方のお話を聞けたらと思います。 よろしくお願いします。

  • フローリングは無垢か合板か?

    はじめまして。 家を新築するにあたり、フローリングを無垢材にするか 合板にするかで悩んでいます。 無垢の質感が好きで、憧れていたのですが、 無垢材の場合、年数が経って木がやせてくると隙間ができ、 そこにほこりが溜まって掃除がしにくく、不衛生ではないかと心配です。 フローリングで無垢材を選ばれた方はこの点はどうされていますか? また工務店さんがサンプルで持ってきてくださった合板は見た感じ無垢によく似せてあり、 爪で強く押してもまったく傷が付かず、コストも無垢材の半分以下ですむのですが、10年以上経ってもこの状態を維持できているか心配です。 私の実家は合板のフローリングを使っているのですが、築15年で表面の塗装がはげて黒ずみ、硬いものを落として傷がついたところは下のベニヤ板が見えてとてもみすぼらしいのです。 最近の合板のフローリングは昔に比べて塗装ははげにくく傷にも強いのでしょうか? すでに家を建てられた方、現在検討中の方、どちらのフローリングを選択したのか、またその理由を教えていただけるととても嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • フローリング工事の見積もりについて

    お世話になります。 お聞きしたいことがあります。  我が家のフローリングの張り替えを検討中です。  8畳のキッチンと廊下です。 合計8坪分だそうです。  ウチを建てていただいた大工さんに工事の見積もりをお願いしたところ、「約50万円」だそうです。 フローリングの種類は無垢で見積もりをお願いしました。  だいたいの内訳ですが、「エンコ無垢板(上小節)@36,500 ×8坪 292,000円」 「床貼り工賃 @18,000 × 8坪 144,000円」 その他に床下収納庫の加工費など色々合わせて約50万円だそうです。 そこで皆さんにお聞きしたいのですが、 ●8坪分のフローリング工事として約50万円の金額は妥当でしょうか? ●エンコ無垢材(上小節)16×120×4000の無垢材で単価 36,500円は妥当な金額でしょうか? ●36,500円の床材って良い物でしょうか? それとも普通程度ですか? ●無垢材は時間が経つと反ってきたりするそうですが、これは安物より良い材質を使えば多少は違うのでしょうか? ●合板より無垢材のほうが長持ちすると思うのですが、無垢材の場合20年位でも使えますか? ●無垢材は合板と違って年数が経つと良い感じな色になるらしいですね。  木が生きているとでも言うのでしょうか? 無垢のほうが温かみがあって良いと思っています。 素人なので、この金額が妥当な金額なのかがわかりません。 こっちが素人なのをいいことに通常の2倍くらいの金額で見積っているのかもしれませんしね。 お手数ですがよろしくお願いします。

  • マンション遮音フローリングについて

    マンションのリフォームを考えています。リビング横の和室をつぶして、リビングを広げようと思っています。工事業者から施工方法を聞きましたが、そこの業者にしか相談していないため、この施工方法が適切なのか分かりません。施工方法は、スラブの上に断熱材を約50mm、その上にモルタルを約50mm、その上にLL-45の遮音フローリングです。現在はスラブの上に発泡スチロールのようなものがあり、その上に畳となっています。畳の方が遮音性が良いと効きましたが、上記のような施工方法でのフローリングと比較するとどうなのでしょうか? 2重床についても考えましたが、遮音については良いと言う意見とそうでない意見と両方聞かれます。それについても教えて頂ければ幸いです。

  • 新築の無垢材フローリング、初めての手入れ

    無垢材のフローリングについて過去の質問を検索しましたが、初めての手入れについてわからなかったので質問させていただきます。 新築で、フローリング(パイン材・無垢材)ですが、表面には何も塗っていない状態で、引き渡しになりました。 折角なので天然系のものを使用してお手入れしたいと考えています。 AURO社の床用ワックスか、未晒し蜜ロウワックスを考えていますが、何も塗っていない状態で、いきなりこれらのワックスを塗ってよいでしょうか? いけないようでしたら、まずは何を使用してどうお手入れすべきか教えてください。 キッチンもフローリングなので、できれば水に強いお手入れだとうれしいです。 よろしくお願いいたします。

  • パイン無垢材の内側は何があるのでしょう?

    天井がパイン無垢材です。 その内側は何がありますか? 屋根材とパイン無垢材の間と言ったらいいでしょうか? もしかするとその間の何か?に虫がいるみたいで、木粉な落ちてくるんです。 見た感じパイン材には穴は無く、虫はいないのですが、木と木の隙間に木粉があります。 建築に詳しい方教えて下さい。

  • 分譲マンションに住んでいます。フローリングの遮音について教えてください

    分譲マンションに住んでいます。フローリングの遮音について教えてください。 先日、上階の方が床のリフォームを行いました。リフォームの内容は既存の遮音フローリング(LL40等級)の上に、東リの「テラウッド」という、ビニル床タイルを直に糊付けして重ね張りするというものでした。 リフォーム前には上階の生活音は全くといっていいほど聞こえなかったのですが、リフォーム後には椅子を引く音や「ドスドス」と歩く音が聞こえるようになりました。 東リに商品について問い合わせをしたところ、(1)この商品はフローリングへの重ね張りは一般的に工法が難しくおこなっていない、(2)遮音性能は「LL75等級相当」との回答がありました。 このような状況の中、一般的に遮音フローリングへ今回のビニル床タイル等を重ね張りした場合、遮音性能は維持できるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 和室のフローリングへの変更

    築30年の団地住まいです。和室をフローリングに変更のため、畳下を確認したところ、コンクリートスラブではなく、木毛セメント板が敷いてありました。 これを取り除くことは難しいため、コンクリートスラブでの場合と同様に、木毛セメント板の上にスタイロフォーム単体を敷き詰め、その上に構造用合板、 そしてフローリングという工法を考えてはいます。スタイロフォームを使用する工法を調べておりますが、合板をどう固定するのか、誰も触れていません。 例えば、"根太なしで、まず3ミリベニア(正確には2.8ミリです)その上にスタイロフォーム40ミリ そして12ミリのフローリングを貼ります。"等。 そこで質問ですが、 (1)私の考える方法としては、床鳴り防止と根太固定のため、部屋を1周する様に根太を貼り、それから303mm間隔で根太を置いてゆき、根太の間に スタイロフォームをはめ込み、合板打ちつけという作業になるかと思います。910mm間隔等、 根太本数は減らしても、合板固定のため根太なしは無理かと思います。このやり方で問題ないかアドバイスいただければ助かります。 (2)スタイロフォーム下地は一般的な遮音フローリングのひとつです。上記(1)の場合でも、マンションでの必要遮音等級L45を満足できるレベル になるのでしょうか? ご意見いただければ有難く。 。

  • 分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について

    分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について LDの二重床がヘタって沈み込むようになったため、やむなく今回リフォームで下地から作り直すことになりました。 ダイニング側の床下の一部に給水管が通っています。以前「水道管周りは管経由で、音が響きやすい」と聞いたことがあるのですが、具体的に同じ団地内でもリフォームで二重床を触ったあとに、階下住民から音の件で苦情を言われるケースを時々耳にしております。 (ここ最近では、管理組合の工事の申請書類に、床の遮音性能書や、収まり図面など書類が年々追加される傾向がある為、苦情件数はそれなりに増えてるようです。) 工事の基本情報は以下のとおりです。 ご経験者の方、ご専門の方、情報をお持ちの方、音が響かないようにする為に工事で気を付けるべき点ご指南の程よろしくお願い致します。 <基本情報> スラブ厚・・・150mm。公団住宅で築29年、8階/11階建 天場までの高さ・・・100mm~120mm 元の床・・・大引き+根太+構造合板(12mm)+遮音シート付きの合板フローリング(9mm)。 ※床下はロックウールで遮音。確認で一部解体したところ、隙間なくギュウギュウに詰まっていました。 工事後・・・・万協フロア(遮音用YPE-90)+パーティクル(20mm)+構造合板(12mm)+無垢フローリング(12mm) ※同じく、ロックウール(55mm)で遮音予定。 工事業者の考えでは、万協の脚自体に遮音性があるので、ロックウールは、1枚を引けばよく、ギュウギュウに詰める必要はないとのこと。 スラブに不陸があるため、スラブが下がっている所は、一部、支持脚とパーティクルの間に構造用合板を入れて、調整するような説明がありました。 ロックウールを目いっぱい詰めなくてよいものか(床下に空間ができてよいか)、構造用合板を挟んで床下地の強度が落ちないか、素人でよく解らないので、その点もアドバイスをお願い致します。乱筆で申し訳ありません。        

  • 自前で防音仕様の無垢材フローリングへの張り替え

    8畳ぐらいの洋室で、現状はフロアカーペット仕様なのですが、剥がして防音施工をした上で、無垢板のフローリングを貼りたいと考えています。条件として床面の高さを取りにくいため、直貼りになります。LL45の防音を確保できればよいですが、板材になるので、念のため、防音シートを敷いた上で板材施工をしてLL35の基準をクリアできるようにしたいと考えています。 2つほど質問がありまして、 (1)どうやってフロアカーペットを剥がすか 実際にやるとなると、フロアカーペットを剥がすところが一番難題だと考えていますが、みなさん自前でされる場合には、どのような方法で剥がしてますか?あるいは業者の方にお願いした場合でも、どのように剥がすのでしょうか?(専用器具がやっぱりいるのでしょうか?) (2)防音施工 フロアの高さが取りにくい状態で、無垢板フローリング材で、防音施工をする場合、いくつか方法あると思うのですが、(1)防音シートを敷く(2)緩衝材を敷く(3)床材を敷く、という3層にしようと考えていますが、この(2)と(3)の間に遮音性能のある合板をさらに加えようか考えています。実際この構造で問題なくいけるでしょうか? よく見る施工例の説明だと(1)と(3)しかないのですが、これで本当にLL45をクリアできるのか不安があります。