• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

マンション和室フローリング化の下地

DIYでマンション和室の畳を取り除きフローリングする予定です。 現状、畳の厚さは30mmでコンクリートスラブに直置きになっています。 リビングと同じフローリングに揃えようと思っているのですがフローリングの厚みが13mmなので 2mm床面を下げるとすると、残り約15mmとなり根太を置くにも微妙な高さになります。 養生シートで湿気を遮断し15mmのパーティクルボードを下地に敷こうかとも考えましたが音鳴り が心配です。 このような場合、どのように下地を作るのが良いのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3094
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

考え直されることをお勧めします。 管理組合に工事の申請も出されて許可後でなければ作業も出来ませんし お隣、上下、斜め上下 へのご挨拶も忘れてはいけません。 畳をフローリングに変えることで起こる障害の第一は「音」です。 居住区が1階で有ればまだしも、階下への音の伝わり方が以前と変わりますから 何らかのクレームが出ます。 勿論クレームに関しての対処は当事者間で行うことになり 許可を出した管理組合には何ら責任は有りません。 下手をすれば 原状復帰をせざるを得なくなります。 他の方法として 私が息子のマンションで行ったことは 今ある スタイロ畳の上にそのままフローリングを貼ることです。 勿論高低差は もっと大きくなりますが、壁際の隙間の確保さえしっかりできていれば、 フローリングが壁に当たって擦れる音(振動)は 発生しませんし何処にも伝わりません。 それでも作業をされるのでしたら 十分 フローリングの規格を調べて それ以上の防音効果の有るフローリングで処理されますように・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 ご指摘の管理組合のへの申請は進めております。 また、一階ではないのですが幸いにも階下は居住スペースでは ないので心配なのは隣の家への音です。 フローリングもL45タイプを購入する予定です。 壁に当たって擦れる音に対しては考えが及びませんでした。 参考にさせて頂きます。 貴重なご意見をありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

通常はマンションの場合直貼フローリングを使うと思いますが下手に下地を組んで床鳴りが起きたら危険ですね。 私なら  A案  15ミリ分モルタルで下地を作る。       B案  11ミリのスレートをウレタン系の接着剤で貼り付け下地とする。      C案  下地なしで直接 直貼フローリングを貼り段差部分にスロープ状の見切りをつける          (ラワンなどで加工する)       どちらの場合も直貼フローリングとします  普通のフロアーも可能ですが下地の厚さが少なく釘うちしたところが光の加減で気になる場合があるし 直貼が楽なのでお勧めです。

参考URL:
http://www.youtube.com/watch?v=6nMmyIxXYis&NR=1&feature=endscreen

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 防音の観点から考えると3案とも理にかなっている気がします。 たくさんやり方があるのですね。 参考にさせて頂きます。 アドバイスありがとうございました。

  • 回答No.1

御指摘の件は床全体のふかつきとフローリングボードの固定の際、釘止めが効かない可能性があります。 また、湿気(結露水)には弱いですから、階や地域の状況によっては心配されます。 少し高価になりますが、厚手のコンパネあたりが無難ではないでしょうか。(要所は接着固定する) また部屋は、完全無欠な平坦・四角形ではないので、板の切断・その他には注意して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 やはり、要所の接着は必要なのですね。接着するとなると 養生シートをスラブとコンパネ間に入れるのは無理ですね。 防水の合板などで検討してみたいと思います。

関連するQ&A

  • マンションの和室(下地はコンクリート)をフローリングに変えたいのですが、下地はどのように?

    マンションの和室(8帖)をフローリングに替えようと思っています。 畳を剥がしたら、コンクリート下地の上にセキスイのネダマット(スタイロフォーム)が敷いてあり、その上に畳が乗っています。結局コンクリートから畳上面まで13cmあります。 根太で高さ調整をする必要があるのですが、その際根太はどのようにコンクリートに固定したらよいのでしょうか。水平をとり易いためとクギ音を出さないために床束を検討したのですが、5~6cmの床束は見つかりません。

  • マンションの畳をフローリングにしたい

    自分でマンションの畳をフローリングにしたいのですが 現在畳をはがすと置き床工法の下地がありました。 置き床工法部分の下地はそのままにして 畳の厚み55mm分を根太(30mm)に捨て張り(合板 12mm)、フローリング(12mm) で対応することは可能でしょうか。 可能な場合は根太の間は空洞のままでいいのでしょうか。 素人ですので見当違いなことを言っていたらすみません。

  • 和室のフローリングへの変更

    築30年の団地住まいです。和室をフローリングに変更のため、畳下を確認したところ、コンクリートスラブではなく、木毛セメント板が敷いてありました。 これを取り除くことは難しいため、コンクリートスラブでの場合と同様に、木毛セメント板の上にスタイロフォーム単体を敷き詰め、その上に構造用合板、 そしてフローリングという工法を考えてはいます。スタイロフォームを使用する工法を調べておりますが、合板をどう固定するのか、誰も触れていません。 例えば、"根太なしで、まず3ミリベニア(正確には2.8ミリです)その上にスタイロフォーム40ミリ そして12ミリのフローリングを貼ります。"等。 そこで質問ですが、 (1)私の考える方法としては、床鳴り防止と根太固定のため、部屋を1周する様に根太を貼り、それから303mm間隔で根太を置いてゆき、根太の間に スタイロフォームをはめ込み、合板打ちつけという作業になるかと思います。910mm間隔等、 根太本数は減らしても、合板固定のため根太なしは無理かと思います。このやり方で問題ないかアドバイスいただければ助かります。 (2)スタイロフォーム下地は一般的な遮音フローリングのひとつです。上記(1)の場合でも、マンションでの必要遮音等級L45を満足できるレベル になるのでしょうか? ご意見いただければ有難く。 。

  • 【木造家屋】フローリング下地が薄い場合の根太固定

    お世話になります。 2階の畳部屋をフローリング張りにしようと日曜大工に励んでいる初心者です。 フローリングの下地合板の下に入れる根太ですが、ネジで固定せず、ボンド接着としても音鳴りを防げますでしょうか? ■根太固定にネジを嫌う理由 畳をめくったところ、1階の天井板(厚さ18ミリ)が、2階部屋の下地として出てきました。 根太や合板はしっかり留めておかないと音の原因になるからと、ネジ留めすることを勧められました。 下地に掛かるネジが短くてはしっかりとまらないからと、厚み18ミリの天板を貫通する長さのネジで留めるようアドバイスをもらいました。 しかし、1階の天井からネジが出てくるのは嫌です。 ■木工用ボンドで根太を固定 別の友人からは、18ミリの天板に10ミリ入るくらいのネジで留めたとしても仕上がったフローリングの上を歩いているうちに天板が痛むから、木工用ボンドで貼り付けるだけにしておいた方が良いとアドバイスをくれました。 ■自分なりの結論 (1)下地(1階の天板厚さ18ミリ)と根太は、木工用ボンドで接着する。 (1)-2. 下地(天板)の下に大引が通っているところだけ長いネジで根太を固定する。 (2)根太と合板は木工用ボンドとネジで固定する。 (3)合板とフローリングは木工用ボンドと釘で固定する。 これで、音鳴りは防げるものでしょうか? 木がそったときに大丈夫かな?と思うのでちゅうちょしています。 よろしくお願いいたします。

  • 畳からフローリング 厚みについて

    築25年のマンションに住んでおります。 和室の部屋をフローリングにDIYでしようと思うのですが、 畳がユニットの畳の為、厚みが35mmしかありません。 畳を外すと、下地板があります。 本など調べると、根太が最低でも45mmが必要となり、 根太45mm+捨て板12mm+フローリング12mmで敷居より高くなってしまいます。 下地板から35mmでフローリングにする場合、どのような方法がありますか?

  • 畳からフローリングにリフォーム

    畳からフローリングにリフォーム 畳からフローリングに、リフォームしたいと思っています。 敷居との段差、60ミリありました。根太、コンパネ、床材で仕上げたいと考えています。 コンパネ12ミリ、床材12ミリ、根太36ミリ×45ミリでいこうと思いました。 根太の36ミリ×45ミリがやっと見つかったのですが、プレナー加工がしてありませんでした。ほぼ平らなので、コンパネを打てば、その上に床材でOKでしょうか? 畳を外した下地は、45角の根太の上にコンパネ12ミリが張ってあります。 45ミリ角の根太の上に、床材12ミリの方がよいのでしょうか? いろいろ教えてください。 宜しくお願いします。

  • 畳からフローリングでの根太の高さ

    こんにちわ。DIY初心者です。 畳の部屋をDIYでフローリングにしようとしています。 築45年の在来工法住宅なのですが、リフォームのため畳をめくったところ、 厚さ15ミリ程度のベニヤ板(幅30センチ程度)が貼ってありました。 その上にフローリングをしようとしているのですが、そのベニヤ板から敷居の高さまで 43ミリしかないことがわかりました。 つまり、畳の厚さが43ミリしかなかったのです。(45年も前の畳だったからでしょうか) さて、本題に入りますが この43ミリの高さにフローリングを貼る際、 (1)根太(30ミリ) → フローリング材(12ミリ) (2)根太(19ミリ) → 合板(12ミリ) → フローリング材(12ミリ) どちらの方が、いいでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • フローリングの根太について

    DIYで畳の部屋をフローリングに張り替えようと思っています。フローリング材の下に張る根太の長さが1本3.9mになるのですが、2mの物を2本繋いで使ってはいけないものなんでしょうか?4mの物を運ぶのが大変のようです。誰か教えてください。よろしくお願いします。

  • 畳からフローリングへのリフォームについて

    質問を見てくださってありがとうございます。 既存 ・根太45×45 ・下地板12mm ・畳55mm で根太の腐食があるので根太から換えるということで畳厚(55mm)からフローリング厚(12mm)を引いた分を根太に足したおおよその ・根太90×45 でいいのでしょうか? また6畳間なのですが根太の長さは2640mmで本数は(45+303)x+45=(1760×2)から導いたx=9.9≒10本であってますでしょうか? 回答よろしくおねがいします。

  • 畳からフローリングへのリホームについて

    4畳半の畳の部屋をフローリングにしようと思います。畳をはがすと床下地は10cm×12mm厚の杉の板が根太の上に釘で敷き詰められていました。この杉の床下地が 築40年ということから、ペコペコしていましたので、今回のフローリング工事の計画となったわけですが、根太 大引 大引きをささえる束石と束床 束石は大谷石で その下は土という状況です。部屋は北側で 杉の床下地がペコペコになった原因が湿気によるもので、シロアリ等の被害はありませんでした。 (1) 大引の面から畳の上部表面まで12cm(杉根太4cm5mm角 杉の床下地1cm2mm厚 畳5cm7mm) 若干誤差がありますが・・? (2) 大引きの面と4畳半の土台柱4辺の面は高さが同レベルになっています。 土台柱の4辺のうち2辺は基礎の上に乗っていて、(角部屋のため)土台柱2辺は大谷石の束石に乗っています。 大引き2本はそれぞれ中心に束石 束柱で補強されています・ ペコペコになった12mm厚の杉床下地と根太はすべてはがしてしまいました。 長くなりましたが、以下3案あり質問があります。 1案 大引き 土台柱の面からフローリングまで12cmあります。根太を8cm×5,5cmのヒノキ7本を製材所で作ってもらい貼り、24mmのヒノキF★★★★構造用合板を貼り、15mm厚のヒノキのフローリングを貼る。 2案 大引 土台柱の面から12cmあります。 根太8cm×5.5cmのヒノキ7本を貼り、    10cm×12mm厚の杉かヒノキの捨て板(野路板・床下地)を貼り、その上に 12mmのヒノキの構造用合板を貼り、ヒノキの15mm厚のフローリングを貼る。 3案 上記2案とも1mm余裕があるので、    1案の場合 構造用合板の裏に、農業用ビニールシートを張り付ける。    2案の場合は 杉かヒノキの捨て板(野路板・床下地板)と 12mm厚の構造用合板の間に 農業用ビニールシートを入れる。 上記の案があるのですが、どれがベストでしょうか?それとも素人考えなので、何かお かしいところはありますか? あと、床下は土なわけで、その土の上に「湿気防止の床下地専用のシート」や、 「断熱材」?は専用のものはありますでしょうか? ある、フローリング販売会社のかたは、農業用ビニールシートを土の上に貼ったほうが 良いのではないか? 農業用ビニールシートは ホームセンターでメートル280円くらいで販売されていま すが、そのようなものでよいものなのでしょうか? 色々、質問がありますがよろしくお願いします。 大がかりな工事で、なかなか出来ないDIY延長の床工事なので、慎重になっています。 よろしくご指導お願いします。