• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

慰霊ということばの歴史

慰霊ということばは戦後(1945年以後)使われ出したと言われていますが、それは正しいと理解してよいのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数473
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • nidonen
  • ベストアンサー率55% (3658/6607)

 戦前から慰霊という言葉は使われていました。日露戦争の戦没者を 弔う慰霊碑は全国各地に残っていますし、古い例では鎌倉時代に建立 された慰霊碑もあります。  ただ昔は忠魂碑などの表現が一般的で、慰霊の言葉を使うのは 少数派でした。戦後は慰霊という言葉が一般化したので、鎌倉時代 だろうが日露戦争だろうが、全部一緒くたに「 慰霊碑 」と呼びます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

歴史的な観点からのご回答ありがとうございました。 実は、記憶があやふやなのですが、伊豆の下田の唐人お吉の墓の墓地に誰であったか立派な墓に「慰霊碑」と刻されていました。それで慰霊は戦後のことばという主張に、半信半疑でありました。 具体例があれば、それで「慰霊は戦前から」との説は崩れてしまう訳ですね。

関連するQ&A

  • 慰霊について。

    あまり長く慰霊を飾っていたらよくないと噂で聞きましたが どうなんでしょうか?

  • 合同慰霊式とは

    会社で死亡災害などの重大事故が発生すると、その会社では、ご遺族をお招きして 合同慰霊式(もしくは、合同慰霊祭)を執り行います。 1.この合同で慰霊する目的は何でしょうか 2.「慰霊式」と「慰霊祭」は異なるものでしょうか 3.仏式、神式のどちらが一般的でしょうか

  • 歴史の書物における“賊”ということば

    歴史の書物によく“賊”ということばが出てきます。 蜂須賀小六(蜂須賀 正勝),村上水軍等。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10206347495?notice_type=empathy https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%B0%B4%E8%BB%8D これらで見る限り、このによく“賊”ということばが現代の我々の使う意味とは違うように思えてきます。 これらの時代の“賊”ということばの意味をどう理解していたらいいでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • mat983
  • ベストアンサー率39% (10265/25670)

「明治三十八年(1905年) 日露戦争の招魂祭(慰霊祭)が全国で行われる」 という記述がありましたが、恐らく慰霊祭より招魂祭という表現が 一般的だったと思われます。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。ご明察のとおり靖国神社の問題で、 戦前は確か、鎮魂とか顕彰とかのことばで戦死者の魂に対しておりました、その意味では昨今呼ばれる慰霊は戦後からかと言われればそのように思われます。お答えの招魂祭(慰霊祭)との意味は、当時は招魂、現在風のことばでは慰霊という意味合いの()だと取りました。

  • 回答No.1
  • ml_4649
  • ベストアンサー率14% (123/860)

靖国神社は明治時代に出来ていますから、少なくとも戦後と言う事はないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。お答えいただいたかたが皆、靖国神社に関係すると推察していただきました。今問題になっている靖国神社を正面から取り上げると、あまりにも政治がからみ、霊魂に関する問題からそれてしまうのではないか危惧して、曖昧な質問をしてしまいました。1940-1945年位には、忠魂碑、忠霊塔そして英霊顕彰 ということばが氾濫し、「慰」ということばが影を潜めておりました、明治時代まで遡れば戦死者に対して慰霊的な気持ちがあったと理解しました。 ただし、招魂は神としてまつることが含意してますが、慰霊は神にまつる的な意味がなく広く使われております。この辺が今ひとつしっくりしないところでもあります。

関連するQ&A

  • ことばと文字の歴史

    ことばと文字についてそれぞれいつ誕生してどのような発展をしてきたか、またどちらが先に生まれたのかを教えて下さい。

  • 慰霊祭の拍手は

    慰霊祭の拍手は忍び手でしょうか?それとも音を立てても良いのでしょうか?

  • 慎重なことばの選びかた

     ことばの選びかたが未熟なせいか、人に自分の思いが正しく伝わりにくいと感じることが多々あります。  本当は思ってもいないのに、違ったように理解されてしまったり・・・ ことばの選びかたに慎重にならなければいけないのはわかっています。でも人を目の前にして咄嗟に考えをまとめることができないのです。  後になって、慎重にことばを選ばなければ・・・と反省するのですが、これって単に語彙力の問題でしょうか?  自分と他人と、思いを共有するのって難しいな・・・と思ってしまいます。

  • バンクーバースタンレーパーク 慰霊碑について

    こんにちは 現在、バンクーバーにあるスタンレーパークの日本人慰霊碑について調べています。 インターネット上にもなかなか情報がなく困っております。 この慰霊碑ができた経緯、歴史的背景などわかる範囲内でもかまいませんので、教えていただけたら と思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 神のことばと、そうでないことばの違いは何か?

    聖書に詳しい方への質問です。 一般的に聖書に書かれている記述のみが神のことばと認識されていると思いますが、 自分はこれについて疑問に思っています。なぜならば、ヨハネの福音書の最初にもあるように、ことばは万物の始まりであり、これに基づけば私達が普段使っていることばも神に由来すると言え、ことばは全て神のことばになるとも考えられるからです。 また普通のことばが神のことばとなる転機は、ちょうどキリストを信じるように、信仰による神との聖約によって完成するのではないかと推測しています。ですから傍から見て神のことばと思えないものも、信じる者の信仰によって実質的には神のことばとなるのではないかと。すなわち神のことばと、そうでないことばの違いは信仰だと言えるのです。どうでしょうか? ちなみに自分は、聖書に書かれている御言葉は全て真実と信じる、いわゆる福音主義に立つクリスチャンです。また主の導きにより、現代でも特定の人物に対して神のことばを与える、いわゆる預言があるとも信じています。ですからここで書いていることばも、自分ではなく神の導きによる預言だと信じています。こういう訳で、自分の行っていることは、単に主の考えを反映している以上、第二ペテロの手紙1章20節で記されている、人による聖書預言への私的解釈には該当しないとも思っています。

  • 戦没者慰霊祭時の正装は

    戦没者慰霊祭時の正装は

  • 「無宗教」の「慰霊施設」は矛盾していますか?

    靖国問題に絡んで、無宗教の慰霊施設を作る話がありますね。ここでも頻繁に話題にのぼっています。それに反対する理由として、「慰霊というのはそもそも宗教的な行為だから、無宗教の慰霊施設なんておかしい」ということを聞きました。 でも、無宗教の慰霊施設ってありますよね? 広島の平和公園とか、特定の宗教に基づいたものじゃないですよね(違ったらすみません)。靖国問題は置いといて、「無宗教だと慰霊はできないか?」について、どのように考えたら良いか、アドバイスをください。お願いします。

  • 慰霊写真の取り扱いについて

    私の父親が私の幼い頃他界し、それから母親の実家に引越ししました。その時、慰霊写真も実家へ持って行き、新しい仏壇の上にまつりました。時は隔て、私にとっての祖父、祖母も他界し、私も自宅を購入し、母親の実家を出たのですが、誰も祖父、祖母の家を継ぐことが無く、家を潰す事に。その時、私が長男だからと言って父親の慰霊写真を持って帰りました。私の自宅には事情により仏壇を設置する事が出来ないのですが、この場合、慰霊写真は飾るべきか、何かに包んで物置等に保管すべきか、悩んでいます。

  • 「そこそこ」ということば

    「そこそこ」ということばについて。 「期待もそこそこに」という使い方はおかしいでしょうか?  そこそこにということばは、{いい加減に・手を抜いてすますさま} とあるのですが、私はこれからみる映画に対してそれほど期待はしていない という気持ちを表わしたいのですが・・・

  • 「体育」ということば、いつ頃どのようにできたかご存じありませんか

    外国語の表すものを理解して、それを表す日本語がないときに先輩たちは新しい日本語を作ってこられました。今ではすっかりおなじみになっている日本語の中にもそういう「新しいことば」がたくさんあるようです。「体育」もその中の1つではないでしょうか。どなたかご存じありませんか?

専門家に質問してみよう