• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

電気回路 オームの法則 誤差

R=E/Iで計算した値の測定誤差を小さくするにはRに対してRa,Rvを どのような関係にすればよいかという問題で 内部抵抗Raの電流計と内部抵抗Rvの電圧計と抵抗Rの抵抗器で 図1は電流計、抵抗器の直列と電圧計の並列で R=E/I-Raで求められるから誤差を小さくするにはR>>Raにすれば R≒E/IとなるのでR>>Raにする 図2は電流計と電圧計、抵抗の並列の直列で R=E/I-(E/Rv)でもとめられるからR<<Rvとすれば R≒E/IとなるのでR<<Rvにする としましたがあっていますか? あと誤差1%以内にするとき 図1はR>Ra/100 図2は0.99<{E/(I-E/Rv)}/R<1.01としてから 求めようと思ったんですがよくわかりません 教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1625
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「誤差1%以内にするとき 図1はR≧Ra/100」 → R≧ Ra×100 図2ではE/I=(R×Rv)/(R+ Rv)から測定抵抗値の誤差はE/I-R=-R×R/(R+ Rv) 従って誤差1%以内→R/(R+ Rv)≦0.01→99R≦Rv それから「図2は電流計と電圧計、抵抗の並列の直列でR=E/I-(E/Rv)でもとめられるから・・」は記述誤りのような、正しくは、「R=E/(I-E/Rv)」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ある抵抗を電流計、電圧計で測るときの誤差

    回路Aは、電流計Aと抵抗Rの直列に対し、電圧計Vを並列に接続している回路。 回路Bは、電圧計Vと抵抗Rの並列に対し、電流計Aを直列に接続している回路。 どちらが抵抗値を誤差が小さく測定できるのかわかりません 電流計の内部抵抗をRa、電圧計の内部抵抗をRvとすると 回路AはR=E/I-Raで求められることと 回路BはR=E/(I-E/Rv)で求められることと ぐらいしかわかりません この場合は補正してるし内部抵抗でそれぞれの回路の 測定値に差が出ることはないんですか? そもそも差があるのかも含めて あるならなぜ差がでるのか教えてください

  • 抵抗測定

    電圧計や電流計の内部抵抗が不明の場合 R=E/(I-(E/Rv)) …式1 R=E/I-Ra   …式2 (電圧計の内部抵抗Rv,電流計の内部抵抗Ra) 式1と式2は高抵抗と低抵抗のどちらの測定に適するんでしょうか?理由なども含めて教えてください。 宜しくお願いします。

  • 電気回路抵抗

    連投何度も本当に申し訳ありません。 この回路で電流計に流れた電流A,電圧計に流れた電圧Vだけ(どちらも内部抵抗は考えない)を考えて、Rを出すといくらになるでしょうか。教えてください。よろしくお願いします。 連投本当に申し訳ありません。

  • 電気回路 電流計

    直列回路で電流計を挟んで電圧を計測した場合とそうでない場合での電圧を測定したところ、 わずかに電圧に差がでたのですが これは電流計の内部抵抗によるものと考えてもいいのでしょうか?

  • 電圧計電流計法

    こんにちは! 学校で出された課題の答えがわかりません… 直流電源、電流計、抵抗器を直列につないで、 (1)電圧計を電流計と抵抗器をはさんで並列接続する場合 と (2)電圧計は抵抗器のみをはさんで並列接続する場合 の2通りの回路を使って抵抗値の計測をする実験をしました。 そこで抵抗値を求めるとき、(1)だったら電流計の内部抵抗を考慮して 測定値の傾きを補正して抵抗値を求め、 (2)だったら電圧計の内部抵抗を考慮して抵抗値を求めました。 内部抵抗を考慮に入れてどちらも抵抗値の計算をしたのですが (1)(2)で得られた抵抗値は異なる場合があるそうです。 この理由を考えなさい、という課題でした。 すみません、どなたか知恵を貸してくださると幸いです!

  • 電圧計の内部抵抗Rvを∞電圧計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件

    電気系の問題に 「現実に、電圧計の内部抵抗Rvを∞、電流計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件を満たす場合かを述べよ。」 とあるのですがいまいちよくわかりません。 是非とも教えてください。

  • 電流計と電圧計の内部抵抗がある時と無い時の比較

    先ほども投稿させてもらったのですが、電流を書いてないため、書き直しました。 電流計の内部抵抗Ra、電圧計の内部抵抗Rbとし、内部抵抗を無視した場合としない場合を比較し、値がRである抵抗を測定した時の誤差率をRa、Rb、Rを用いて表せ。 この問題です。電流が図の位置なら、どのようになるか教えてください。

  • 抵抗測定

    電圧計、電流計の内部抵抗をそれぞれ、Ra、Rbとする。 この図の抵抗を測定をするには、電流計の値をIa、電圧計の値をVa とすると、 抵抗R = Va/Ia となるのでしょうか?電流計の内部抵抗による電圧降下を考えなくてもよいのでしょうか? 教えてください。

  • 電圧計、電流計

    乾電池の起電力と内部抵抗を測定したいとき、 電池と電流計は直列につなぎ、電圧計を電池と電流計に対して並列につなぎます。また、可変抵抗も電池と電流計に対して並列につなぎます。このとき電流計の測定値をI、電圧計の測定値をV、起電力をE、電池の内部抵抗をr、可変抵抗をRとします。すると、 E=(R+r)I という式が成り立つそうです。 しかし、Rと電圧計に流れる電流は異なるのでこの式は成り立たないように思われます。 どういうことなのでしょうか? 画像を添付することができませんでした。説明がわかりにくかったらすみません。 回答して頂けたらうれしいです。

  • 電位降下法の測定

    今電流計V、電流系Aの内部抵抗を考慮に入れた抵抗Rxの正しい値(校正値)は、図1-(a)の回路では、電圧計の内部抵抗をRvとすると、 Rx=E/(I-(E/Rv))Ω (3.1) Rv>>Rxならば、 Rx≒E/I=Rx´Ω (3.2) が成立する。 図1-(b)の回路では、電流計の内部抵抗をRaとすると、 Rx=(E/I)-Ra Ω (3.3) Ra<<Rxならば、 Rx≒E/I=Rx´ Ω (3.4) が成立する。このことから、Rxが比較的小さい場合には図1-(a)の回路が、Rxが比較的大きい場合には図1-(b)の回路が適している。 1 (3.1)式及び(3.3)式を求めよ 2 Rxの大きさにより、図1の(a)及び(b)の様に電圧計の接続箇所を変えるのはぜか? 3 測定回路に内部抵抗とはどのような影響を与えるのか答えよ(下のリンクの写真を参考に)