• ベストアンサー
  • 困ってます

電気回路:キルヒホッフの法則の使い方で困っています。

(1) 各抵抗に流れる電流I1,I2,I3の大きさを求めよ。ただし矢印の向きを電流の正の向きとする。ここで、電圧源V=1V、抵抗R=1Ωとする。     I1→ ←I2   ―R― ―R― +|    | I3  |  V    R↓  | -|    |    |   ― ― ― ― ここでは閉路にかかる電圧の和について式を考えたのですが、 E-V1-V3=0 E-V1+V2=0 V2+V3=0 しかしこの式だけでは、解を得ることができません。何か見落としているのでしょうか? (2) 各抵抗に流れる電流I1,I2,I3の大きさを求めよ。ただし矢印の向きを電流の正の向きとする。ここで、電流源A=1A、抵抗R=1Ωとする。    I1→ ←I2   ―R― ―R―  |     | I3  |  |     R↓  A↑  |     |    |   ― ― ― ― ここでは閉路にかかる電流の和について式を考えたのですが、 I2=1 I1+I2=I3 これも何か足りないんですよね(汗) (3) 各抵抗に流れる電流I1,I2,I3の大きさを求めよ。ただし矢印の向きを電流の正の向きとする。ここで、電圧源V=3V、電流源A=2A、抵抗R=1Ωとする。    I1→ ←I2   ―R― ―R― +|    | I3  |  V    R↓  A↑ -|    |    |   ― ― ― ― これは(1)と(2)がわかればできるのかもしれませんが、手つかずの状態です。 (4) (3)の回路において、3つの抵抗で消費される電力の合計Pを求めよ。また、電圧源と電流源が供給している電力PvとPcはそれぞれいくらか。 たぶん(3)の電圧×電流で求まるような気はしますが、電圧源と電流源が供給している電力が別々になる意味が良く分からないです。 図がややこしくて大変申し訳ありませんが、考え方を教えて頂けると嬉しいです。 よろしくお願いしますm(_ _)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1194
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

>第一法則も使う必要があったのですね silfujiさんは問題(2)では第一法則を使っていますが、なぜ(1)では使わなかったのでしょうか(?) (1)の答えは、電圧源の電圧が E なので E = V として     I1 = 2*V/( 3*R )、I2 = -V/( 3*R )、I3 = V/( 3*R ) になります。I2 は負になっていますが、これは回路図に示したような電圧 V2 の向きを正と決めたからです。 (2)は第二法則を使うのを忘れていますね。    I2 = I --- (1)    I1 + I2 = I3 --- (2) の他に、V1 + V3 = 0 が3つ目の条件になります。オームの法則から V1 = I1*R、V3 = I3*R なので、    I1 + I3 = 0 --- (3) (1)~(3)より    I1 = -I/2、I2 = I、I3 = I/2 >重ね合わせの原理も使えば、(3)までうまく解くことができました その通り、重ね合わせの原理を使えばいいわけです。問題(1)の電流を I1' ~ I3'、問題(2)の電流を I1'' ~ I3'' とすれば、(3)の電流は    I1 = I1' + I1''、I2 = I2' + I2''、I3 = I3' + I3'' です。 したがって    I1 = 2*V/( 3*R ) - I/2、I2 = -V/( 3*R ) + I、I3 = V/( 3*R ) + I/2 --- (4) となります。 >(4)の電力もP=Pv+Pcの足し算で答えを導けばよいのかどうか迷っています 抵抗の電力の合計 P は分かりますね? 問題(3)の結果からV1~V3 を計算すれば    V1 = I1*R = 2*V/3 - I*R/2 --- (5)    V2 = I2*R = -V/3 + I*R --- (6)    V3 = I3*R = V/3 + I*R/2 --- (7) ですから    P = I1*V1 + I2*V2 + I3*V3 = ( I1^2 + I2^2 + I3^2 )*R です。 一方、電圧源と電流源が供給している電力ですが、これは以下のように、電流源に発生する電圧 Vc を考えればいいと思います。     I1 →    ← I2     + V1 -  - V2 +   ┌─ R ─┬ ― R ─┐  +|      | + I3   | +   V      R V3↓   ↑Vc ← 電流源に発生する電圧  -|      | -     | -   └───┴────┘ まず、キルヒホッフの第一の法則 I1 + I2 = I3 が成り立っているのは式(4)から分かります。第二法則のほうも、左側の回路については、式(5), (7) から、V = V1 + V3 は成り立っています。右側の回路についても第二法則が成り立たなければならないので    Vc = V2 + V3 = -V/3 + I*R + V/3 + I*R/2 = 3*R*I/2 --- (8) ということになります。電圧源と電流源が供給している電力というのは    Pv = (電圧源の電圧 V )×(電圧源から流れ出る電流 I1)    Pc = (電圧源の電圧 Vc )×(電圧源から流れ出る電流 I2 ) になります。式(4)と式(8)を使って計算すると    Pv = V*I1 = V*{ 2*V/( 3*R ) - I/2 }    Pc = Vc*I2 = 3*R*I/2*{ -V/( 3*R ) + I } となります。 ちなみに、電圧源と電流源が供給している電力の合計 Pv + Pc は抵抗が消費する電力の合計 P に等しくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>なぜ(1)では使わなかったのでしょうか(?) (1)では、電圧の値しか与えられていなかったので、第一法則がいらないと思い込んでいました(汗) 最初から最後までご親切にありがとうございます!(TT) 電圧源から電流が流れ出ている、という考え方をすれば良かったのですね。確かに合計に等しくなりました。 今後もブリッジ回路など、頂いたPDFを参考に勉強したいと思います! どうもありがとうございましたm(_ _)m

関連するQ&A

  • 電気回路の問題

    質問させていただきます 図3の回路において節点方程式を用いてV1,V2,V3を求めよ。 ただしV4=0Vとせよ。 私の解答 まず内部コンダクタンスを抵抗に変換する 内部コンダクタンスをgとすると r=1/g という関係があるので変換して、節点方程式をたてる ここで電圧源を直流電源に変換する 電圧源は直列に内部抵抗をもっていて 電圧源を抵抗で割ると電流源に変換できるのですが、 ちょっとどこが直列なのか自信ないので(2Ω?)2Aとしておきます・・・ 節点方程式は -1=(V1-V3)/4+(V2-V1)/2 (v2-V3)/4=(V3-V1)/5+V3 2=(V1-V2)/2+(V1-V3)/5 電圧源の変換がいまいち理解できないので、教えてくださると助かります

  • 電気回路

    画像の一番上の回路の右端の矢印を流れる電流の量を求める問題なんですが i)自分の解法では抵抗cとdが並列なので、合成させてその合成抵抗をc-dとし 電流源と直列接続の抵抗をショートさせ、2番目の回路図になりました ii)そして抵抗aと抵抗bはそれぞれ電圧源と並列なので各々をショートさせ 抵抗無限の電流源と電圧源が直列で接続したので電圧源をショートさせ3番目の回路図になりました 3番目の回路図はショートさせたところも残したのですが この3番目の図をみて思うのですが、矢印部分にを含めて3通りの経路があり こういう時はどういうことを考えれば矢印部分の電流がわかるのでしょうか? 3番目の回路図は普通に描くと、抵抗c-dと並列で下向きに流れるように電流源が配置され 矢印部分がどういう風に考えたらいいかわからなくなってしまいます・・・・ また、最初の回路図で抵抗dを経て、矢印部分に電流を流れ込むことも考慮しないといけないのでしょうか? ほかの場所で別の方がこの問題と全く同じものの質問をされて、 Jという電流が流れるらしいことは知っているのですが 解説の意味が完全にはわからなかったので質問させてください 根本的にアプローチが間違っている場合はどういう方法でといたらいいかを教えてください ちなみにVは電圧源、Aは電流源で電流はJとなっています  よろしくお願いします

  • 電気回路に関わる質問

    添付ファイルに示す通り、抵抗R1、R2、R3、R4及び電圧源、電流源を接続した回路があります。同添付の図のように網目電流(閉路電流)I1、I2、I3をとり、これらに関する方程式を求めると、添付の行列で表される式のようになります(問題(1)~(3))。 この問題をキルヒホッフの法則を用いて解いたのですが、微妙に計算結果が合いませんでした。どなたか、正しい立式から計算結果までを示して頂けないでしょうか? ちなみに、解答は(1)-4、(2)-1、(3)0、I2=5(A)、I3=2(A)となるそうです。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • fjnobu
  • ベストアンサー率20% (478/2292)

電圧の式と、電流の式を立てて解くことです。式の数は未知数の数と同じだけ必要です。それ以上でも以下でも解けません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>式の数は未知数の数と同じだけ必要です。 わかりました!どうもありがとうございます。

  • 回答No.2
noname#101087
noname#101087

>(1) 各抵抗に流れる電流I1,I2,I3の大きさを求めよ。.....、解を得ることができません。何か見落としているのでしょうか? オームの式(V1 = R1*I1 など) を「見落としている」からでしょう。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

第一法則とオームを組み合わせれば、簡単に解ける問題だったんですね。

  • 回答No.1
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

silfuji さんが自分で計算した結果ですが、その式の3つ目は不要です。そして、もう1つ式が足りません。     I1 →    ← I2     + V1 -  - V2 +   ┌─ R ─┬ ― R ─┐  +|      | + I3   |   E      R V3↓   |  -|      | -     |   └───┴────┘   E-V1-V3=0 --- (1)   E-V1+V2=0 --- (2)   V2+V3=0 --- (3) これはキルヒホッフの第2の法則を当てはめたものですが、式(2)-式(1)を計算すると、式(3)になってしまいます。つまり式(3)は式(1)と(2)から導かれるものなので、電流を求めるための3つめの条件にはならないのです。 3つめの条件は、キルヒホッフの第1の法則から出てきます。参考URLの16ページ(PDFファイル5ページ)の一番上に、第1と第2の法則が出ていますが、第1の法則は 「回路の接続点に流入する電流の和はゼロ」ですから   I1 + I2 - I3 = 0 --- (4) です。I1~I3 は抵抗の両端の電圧なので、オームの法則から   I1 = V1/R、I2 = V2/R、I3 = V3/R --- (5) となります(図の V1 と I1 のように、電流と電圧の向きを合わせること)。式(5)を式(4)に代入すれば   V1/R + V2/R - V3/R = 0 ですが、両辺に R をかければ   V1 + V2 - V3 = 0 --- (6) です。これが3つめの条件です。式(1), (2), (6) の3つから、未知数 V1, V2, V3 を求めれば、式(5)を使って I1, I2, I3 を計算できます。他の問題も参考URLを見れば計算できると思います。

参考URL:
http://www.gihyo.co.jp/book/2001/401541/4-7741-1246-1.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

第一法則も使う必要があったのですね! ご丁寧にありがとうございました。 重ね合わせの原理も使えば、(3)までうまく解くことができました。 ただ、(4)の電力もP=Pv+Pcの足し算で答えを導けばよいのかどうか迷っています(^^;)

関連するQ&A

  • 電気回路の問題

    質問させていただきます (1)図5の回路における電流Iを求めよ (2)図8の回路におけるIを求めよ (1)の解答 電流源から見た合成抵抗は R=4//(4+4//4)=2.4 電流源を電圧源に変換する E=2.4×8=19.2 電流Iは I=3.36 (2)がぜんぜん分からなくて困ってます 節点方程式が楽そうですけど・・・・

  • 電気回路の問題を教えてください

    1.交流電圧源Es、交流電流源Is、抵抗R,R/2,r,及びインダクタンスLで構成した回路を図に示す。負荷で消費される電力が最大になるときのrとその電力を求めよ。 ただし、負荷を構成する2つの素子のうち抵抗のみ値を変化させることができるものとする。 電圧、電流はフェーザ表記されいて、Es=Eefe^j0°,Es=RIsの関係が成り立つっているものとする。Eefは起電力の実効値とする。 回路図URL:http://imgur.com/wvMzbDQ 2.直流電圧源E、スイッチS、抵抗R/2,r,及びインダクタンスLで構成した回路を図に示す。時刻t=0でスイッチSを閉じたとき、抵抗rに流れる瞬時電流ir(t)とインダクタンスに流れる瞬時電流iL(t)を求めよ。 回路図URL:http://imgur.com/gAqEwIa

  • 電気回路の問題

    (2)のテブナンの等価回路が分かりません。まずキャパシタCを開放したときの電圧を求め、次に1-1′より左側の電流源をショートしたときの抵抗を求めようとしたのですが、抵抗の方が分かりません。電圧は(1)で求めたv2かなと思うのですが、抵抗の方がさっぱりです。回答よろしくお願い致します。

  • 電気回路の問題です。よろしくお願いします。

    下記の問題の解き方を教えてください。 60[Ω]の抵抗と0.1[H]のインダクタの直列回路に振幅40[V]、周波数300[Hz]の電圧源を接続したとき、抵抗を流れる電流の振幅、電流と電圧源電圧の位相差を求めよ。 各周波数が ω=2πf=600π で、合成インピーダンスが Z=√(R^2+(jωL)^2)=√(60^2+(j60π)^2)=60√(1+π^2)∠tan^(-1)π というところまでは分かったのですが、この後の解き方がわからないです。 単純に I=V/Z=40/(60√(1+π^2)∠tan^(-1)π) で解いてしまっていいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 電気回路の問題を教えてください。

    画像の回路に関する問題の、解法と答えを教えてください。 (1)電気回路(a)において、端子a-b間の開放電圧V0を求める。 (2)電気回路(a)をノートンの等価電流源(b)に変換する時、定電流源J0と内部抵抗R0の値を求めよ。 (3)ノートンの等価電流源(b)の端子a-b間に抵抗R=500Ωをを接続した場合に、この抵抗に流れる電流Irを求めよ。 以上です。

  • 電流源と電圧源が共存する回路

    電子回路において、電流源(電圧E)と電圧源(電流I)が逆向きにつながっていて、両方の+側に抵抗(R)があるような回路では、抵抗に流れる電流はいくらなのでしょうか? 電流源があるので、抵抗に流れる電流はIだと考えたのですが、それだと電圧源が何も仕事をしていないように思います。どういう考え方をすればいいのでしょうか?わかる人がいれば詳しく教えてください。よろしくお願いします。

  • 電気回路の問題が解けません

    電気回路についての質問です。 以下の回路でコイルLに流れる電流はいくらになるのでしょうか。         ----L------ .       |   .      |      ---          |-------     |   | .        |  .     |     | .  ----R------        |     |                    |      ----R----E------------- E:交流電圧源200V R:抵抗100Ω L:誘導リアクタンス5Ωのコイル(j 5Ω) 初歩的なことで申し訳ないのですが どのようにして解いたらいいのかが分かりません。(特にj 5Ωの処理) よろしくお願いします。

  • 電気回路

    簡単だと思うんですけど、どうしても解けないです。 回答よろしくお願いします。             交流電圧源V = 100[V](ω = 100[rad/s])がある。 この交流電圧源にZ = 3-j4[Ω]のインピーダンスを接続するとき、        電流Iを複素数で求めなさい。 答えはI = 12+j16[A] らしいんですけどどうしても分かりません。 解説よろしくお願いします。

  • 電流源と電圧源の変換について(基礎問題)

    電流源と電圧源の変換についての電圧の計算がよく分かりません。 電圧源の場合 電圧=10vとして、直列回路で内部抵抗Rs=9kΩ、負荷R1=1kΩとする。 計算として、流れる電流は、(電圧)/(合成抵抗)より、10V/10kΩ=1mA。 とすると、電流源は1mAですよね? 電流源の場合(こちらが分からない) 電流=1mAとして、並列回路で内部抵抗Rs=9kΩ、負荷R1=1kΩとする。 計算として、合成抵抗を出す。9kΩと1kΩが並列だから、0.9kΩ。 電流1mAをかけて、1mA*0.9KΩは、10Vにならない。 よって、電流源と電圧源の式が合わない。 ということで、困っています。 どこが間違っているのでしょうか? 教えてください。

  • 電気回路についての問題なのですが。

    ○--□Z1--●G--Zf□-P●--┐ ↑         | ↑      |   | ↑ |         | |      ☆rp  | | E1        Zq□ Eq     |  Re☆  E2 |         | |      ★aEq  | | |         | |      |   | | ○------●k----- ●--┘ ●は接続点(右下のには記号がついていませんでした) ☆は抵抗 ★は電圧源 □はインピーダンス この回路に書いてある記号は全てベクトル(記号の上の黒点)は外してあるのでご了承ください。 と言う回路があります。この回路のE2/E1を求めます。 これをミルマンの定理を利用して解きたいのですが、 ミルマンの定理は図を等価電流源回路で表し考えていきます。そこでこの回路を等価電流源回路にしたいのです。 KG間で利用した場合と、KP間で利用した場合で考えてそこから求められた電圧を割れば答えが出ます。 そこでこの回路が上記二通りの場合どのような回路に書き換えれるのでしょうか?お手数だと思いますが図、よろしければ解法のヒントなどいただけたらとおもい質問しました。