• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

電気抵抗について

電源と未知の抵抗を繋いだ回路に 電流計と電圧計を繋げて 電流計の値と電圧計の値から計算した抵抗値と テスターで測定した抵抗値に違いがありましたが、 これは電流計と電圧計に内部抵抗により、誤差が生じたり 電線による電流の損失の為に起こる現象ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数894
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

>積層電池の誤差が原因ですね 「電池の誤差」とはどういう意味でしょうか。 積層乾電池を使われたようですので公称9Vですね。この9Vからのずれを誤差といっておられるのでしょうか。 テスターで電流、電圧を測定して計算した抵抗の値と直接抵抗値を測った値とが違っていたということですので9Vであるということは使われていません。ただ電池の内部抵抗は一緒に測られているはずです。 9Vであるということは使っていませんので積層電池が古いかどうかは関係ないと思います。 抵抗を直接測るときはテスターの内部電池から弱い電流を流していると思います。この場合、内部電池の起電力が落ちていると影響が出そうです。詳しいことを知りませんのでちょっと「?」なんですが抵抗を測るときに電流、電圧の2つを同時に測るという設定ではないと思います。 もしここで内部電池に対しては起電力の実測でない値が変換式の中に組み込まれていればずれが出ます。起電力が下がっていれば抵抗が大きい目に出ます。 注 化学電池の起電力は使うにしたがって値が下がっていきます。「放電特性」で調べられると載っていると思います。使い始めはたいてい公称起電力を超えています。使うにしたがって下がっていきます。これは電池の特性です。誤差という表現にはなじまないものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ある抵抗を電流計、電圧計で測るときの誤差

    回路Aは、電流計Aと抵抗Rの直列に対し、電圧計Vを並列に接続している回路。 回路Bは、電圧計Vと抵抗Rの並列に対し、電流計Aを直列に接続している回路。 どちらが抵抗値を誤差が小さく測定できるのかわかりません 電流計の内部抵抗をRa、電圧計の内部抵抗をRvとすると 回路AはR=E/I-Raで求められることと 回路BはR=E/(I-E/Rv)で求められることと ぐらいしかわかりません この場合は補正してるし内部抵抗でそれぞれの回路の 測定値に差が出ることはないんですか? そもそも差があるのかも含めて あるならなぜ差がでるのか教えてください

  • 抵抗測定

    電圧計、電流計の内部抵抗をそれぞれ、Ra、Rbとする。 この図の抵抗を測定をするには、電流計の値をIa、電圧計の値をVa とすると、 抵抗R = Va/Ia となるのでしょうか?電流計の内部抵抗による電圧降下を考えなくてもよいのでしょうか? 教えてください。

  • 電流計と電圧計の内部抵抗がある時と無い時の比較

    電流計の内部抵抗Ra、電圧計の内部抵抗Rbとする。 図のような回路がある。 内部抵抗が無視できる場合とできない場合を比較して値がRである抵抗を測定した時の誤差率をRa、Rb、Rを用いて求めよ。 自分で解いてみたら、値がRである抵抗を測定と書いてあるので、真値をRとし、内部抵抗を含む回路の合成抵抗Rxは、 Rx = Rb(R+Ra)/(R+Ra+Rb) となるので、誤差率は、  [{Rb(R+Ra)/R(R+Ra+Rb)}-1]*100 (%) となったのですが、あっているでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

>あと計算値が450Ωで測定値が463Ωでした。 誤差率を計算すると、 ε=(463-450)/450×100 =2.89% デジタルテスターも種類にもよりますが、±1%程度の誤差はあると思います。電圧計、電流計もデジタルですか?アナログだとしても、恐らく、CLASS1.0(1.0級)という普通の測定用だと思いますので、許容誤差は±1%あります。 後は、積層電池の誤差ですね。 私は、安定化電源しか使ったことがないので詳しくは分からないのですが、例えば、公称値が9[V]、抵抗が450[Ω]だとすれば、電流は、 20[mA]流れます。(仮にこれが真の値だとします。) しかし、電池の電圧や内部抵抗の影響で1%程度の誤差があったとします。 電圧=8.91[V]、電流=20[mA]とすると、 抵抗=8.91[V]÷20[mA]   =455.5[Ω] 実際は電流の値も変わっているはずですから、ちょっとした変動で、1~2%ぐらいの影響はでてしまいます。 計算自体も、四捨五入など有効数字によっては誤差が生じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません計算までしていただき、ありがとうございます。 後で調べたんですけど、 その実験の電圧計と電流計は使っておらず デジタルテスターを電流計と電圧計の変わりに使っていました。 誤差の原因はデジタルテスターと 積層電池の誤差が原因ですね

  • 回答No.5

#4の回答に誤りが。 テスターの針の触れは、小さい方が目盛りが荒いので、読み取り誤差が大きい、でした。 指針は大きく右に触れたほうがよかったです。 それともデジタルテスターでしたか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

テスターはデジタルテスターです。 あと計算値が450Ωで測定値が463Ωでした。 そうなると、原因は積層電池は新品を使用してなかったので 積層電池のせいでしょうか?

  • 回答No.4

なるほど、電圧と電流を別々に測ったのですね。 そうすると、大きな間違いがない限り、誤差といっても、非常に小さいですよね? 例えば、100Ωと102Ωのように、数%程度の誤差でしょうか? この程度でしたら、やはり電圧計、電流計、テスターの機器自体の影響がほとんどだと思いますよ。 理想的には、測定器は、今回の抵抗のような、被測定回路に影響を与えないことになっていますが、実際は、測定器の内部抵抗は決してゼロではないので、微量ながら影響を与えてしまいます。 他に小さな影響を与えそうな原因は、 特にテスターに注目すると、テスターで抵抗を測るときは、ゼロオーム調整をしっかり行わなければ、そのまま誤差になります。抵抗を測定する場合は、テスターの内部の乾電池の電源が必要となりますので、電池が古いと、正しい値を示さないかもしれません。 指針の触れは、大きく触れすぎると、目盛りが荒くなるので、読み取り誤差を生じます。 多分、こんなところが、原因じゃないでしょうか? 補足の >この意味ってどういう事なんですか?? この部分は、今回の実験では関係がありませんでした。 電圧と電流を同時に測った場合の測定器の内部抵抗の影響について書きました。 先ほど述べたように、電圧計の内部抵抗は非常に大きい抵抗です。ですから、電圧計には、ほとんど電流が流れません。でもちょっと流れる。 電源-電流計-電圧計-抵抗の回路図の場合、 電圧計は、被測定抵抗に並列に入れますから、電圧計の内部抵抗より小さい抵抗を測定する場合は、電流の大部分は、被測定抵抗に流れるので、電流計が示す電流の値と、抵抗に流れる電流の値はほぼ等しいので、誤差がほとんどありません。しかし、被測定抵抗が非常に大きいと、仮に、電圧計の内部抵抗と同じだったとすると、電流計で示した値が、10mAだとすると、電圧計に5mA、抵抗に5mAと分流してしまい、半分の誤差が生じます。 ・・・と、説明が長くなってしまいますので、割愛しますが、今回の場合は、関係ないと思いますので、気にしないでください。 混乱させてすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>電源は積層電池9Vで直流です  乾電池は電池の内部抵抗が大きい(特に006Pは)ため、  流れる電流により電池の端子電圧が変動します。 >分からない事があります (1)は、被測定抵抗値が、電圧計の内部抵抗と比べて大きいと誤差が大きくなります。なぜなら、電圧計の内部抵抗は大きいからです。 (2)は、被測定抵抗値が、電流計の内部抵抗値と比べて小さいと誤差が大きくなります。なぜなら、電流計の内部抵抗は非常に小さいからです。 電圧計は抵抗と並列接続なので、負荷抵抗が小さい場合は無視できますが、負荷が電圧計と同じレベルになってくると無視できません。 一方電流計は、負荷抵抗と直列なので負荷抵抗が大きい場合は無視できますが、負荷抵抗が小さくなると無視できないということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

電圧計は分かるのですが 電流計の内部抵抗が小さいと大きいとでは数字的にはどう違うのでしょうか?

  • 回答No.2

どういう抵抗で、どの程度の誤差が現れたのかにもよりますので、想像で回答します。 まず、テスターは、最近は性能もよくなってきたと思いますが、実験の測定には不向きです。ですので、測定器自体の誤差(器差、器械的誤差)が大きいかもしれません。 >これは電流計と電圧計に内部抵抗により、誤差が生じたり これは充分考えられます。 しかも被測定抵抗の値と指示計器(?)の内部抵抗によっては、半分以上誤差になってしまうことがあります。 想定回路の接続はどのようにしましたか? 文章では分かりにくいかもしれませんが、左から、 (1)電源、電流計、電圧計、抵抗 (2)電電、電圧計、電流系、抵抗 という2種類の接続が考えられます。 (1)は、被測定抵抗値が、電圧計の内部抵抗と比べて大きいと誤差が大きくなります。なぜなら、電圧計の内部抵抗は大きいからです。 (2)は、被測定抵抗値が、電流計の内部抵抗値と比べて小さいと誤差が大きくなります。なぜなら、電流計の内部抵抗は非常に小さいからです。 >電線による電流の損失の為に起こる現象ですか? 多分、こんな小さな影響は、誤差には現れないのではないかと思います、今回の実験では。 分かりにくかったらすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

電流を測定するときは 電源、電流計、抵抗として 電圧を測るときは 電源、、抵抗、電圧計は抵抗に並列接続 として測りました。 分からない事があります (1)は、被測定抵抗値が、電圧計の内部抵抗と比べて大きいと誤差が大きくなります。なぜなら、電圧計の内部抵抗は大きいからです。 (2)は、被測定抵抗値が、電流計の内部抵抗値と比べて小さいと誤差が大きくなります。なぜなら、電流計の内部抵抗は非常に小さいからです。 この意味ってどういう事なんですか?? 電圧計は内部抵抗が大きいから誤差が大きい 電流計は内部抵抗が小さいから誤差が大きい??

  • 回答No.1

電源は直流ですか? 交流ですと負荷の種類により 力率が変化しますので単純にテスターで 測定した抵抗値と計算値は変わると思いますが??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

電源は積層電池9Vで直流です

関連するQ&A

  • 電流計と電圧計の内部抵抗がある時と無い時の比較

    先ほども投稿させてもらったのですが、電流を書いてないため、書き直しました。 電流計の内部抵抗Ra、電圧計の内部抵抗Rbとし、内部抵抗を無視した場合としない場合を比較し、値がRである抵抗を測定した時の誤差率をRa、Rb、Rを用いて表せ。 この問題です。電流が図の位置なら、どのようになるか教えてください。

  • 抵抗測定

    電圧計や電流計の内部抵抗が不明の場合 R=E/(I-(E/Rv)) …式1 R=E/I-Ra   …式2 (電圧計の内部抵抗Rv,電流計の内部抵抗Ra) 式1と式2は高抵抗と低抵抗のどちらの測定に適するんでしょうか?理由なども含めて教えてください。 宜しくお願いします。

  • 電気回路抵抗

    連投何度も本当に申し訳ありません。 この回路で電流計に流れた電流A,電圧計に流れた電圧Vだけ(どちらも内部抵抗は考えない)を考えて、Rを出すといくらになるでしょうか。教えてください。よろしくお願いします。 連投本当に申し訳ありません。

  • 抵抗測定 内部抵抗を含む

    度々、失礼します。 抵抗R1を電流計の内部抵抗Ra、電圧計の内部抵抗Rbの時に、この図のRを測定したときの抵抗値R1をR、Ra、Rbを用いて求めよ。 この問題を教えてください。 先ほど質問をさせてもらったのですが、抵抗R1=抵抗にかかる電圧/電流計に流れる電流 ですか? この電圧計の値がそのまま抵抗にかかる電圧になるのでしょうか? 仮にそうなる場合、その理由も教えてください。

  • 抵抗値はこれであっているでしょうか。。。

    写真よい、電流計(内部抵抗0.01Ω、電圧計の内部抵抗は20kΩ)に1A流れたとき、Rの値は R=(10/1)-((0.01×20000)/(0.01+20000))=9.990000005Ω で合っているでしょうか。電気回路には弱いので、やさしく回答お願いします。

  • 電気回路 オームの法則 誤差

    R=E/Iで計算した値の測定誤差を小さくするにはRに対してRa,Rvを どのような関係にすればよいかという問題で 内部抵抗Raの電流計と内部抵抗Rvの電圧計と抵抗Rの抵抗器で 図1は電流計、抵抗器の直列と電圧計の並列で R=E/I-Raで求められるから誤差を小さくするにはR>>Raにすれば R≒E/IとなるのでR>>Raにする 図2は電流計と電圧計、抵抗の並列の直列で R=E/I-(E/Rv)でもとめられるからR<<Rvとすれば R≒E/IとなるのでR<<Rvにする としましたがあっていますか? あと誤差1%以内にするとき 図1はR>Ra/100 図2は0.99<{E/(I-E/Rv)}/R<1.01としてから 求めようと思ったんですがよくわかりません 教えてください

  • 内部抵抗の問題

    電池とすべり抵抗器からなる回路があります。 そこに電池の両端の電圧を測る電圧計、電流計がついています。 電流計A、電圧計V、すべり抵抗器R、無視できない内部抵抗をもった電池Bがある、Rの抵抗値を変化させながらAの読みIとVの読みVを記録して↓のような測定結果を得た。 電流系の読みI(mA)10.0 18.0 32.0 40.0 55.0 電圧計の読みV(V) 1.56 1.54 1.52 1.50 1.47 測定を行う際は、まずRの抵抗値を最大にしてから、Rを調整して電流Iを10mAとし、そのときの電圧Vを読み取る。 Rを次第に小さくして電流を増し、電圧Vを同様に求める。 問。電池の起電力、内部抵抗はそれぞれいくらか? 起電力;電流Iを横軸、電圧Vを縦軸にとり、↑の表より書いた直線の切片が起電力 内部抵抗r;直線の傾きを求める 起電力の求め方はわかりました。 内部抵抗r=傾きらしいのですが、どうしてこうなるのかよくわかりません。 ここをちょっと教えていただきたいです。 問題文が長くてごめんなさい。 よろしくお願いしますm(__)m

  • 可動コイル形電流計電圧計の内部抵抗の測定について

    内部抵抗の測定を行うときに被測定用の電圧計電流計M2にフルスケールの1/2の電流を流して、その時のM1の電圧を測るですが、なぜ1/2の値まで電流を流すのでしょうか?さっぱりわかりません… ----------------- |     |      | |     |       RL ↑E   M1     | |     |       | |     |      M2 |     |       | ----------------- M1…測定用電圧計 M2…被測定用電圧計or電流計 RL…外部抵抗 E…電源

  • 内部抵抗

    電流計の内部抵抗はできるだけ低いものがよくて、電圧計の内部抵抗はできるだけ高いものがいいのはどうしてですか?

  • 電圧計、電流計のレンジ

    電圧計、電流計の内部抵抗を調べる実験を行いました。 はじめに、電圧計と電流計による抵抗値をだし、その後に電圧計電流計の内部抵抗を出したのですが、電圧計電流計の測定レンジを実験の途中で変更するのはなぜいけないのでしょうか?教えてください。