• ベストアンサー
  • 困ってます

中和滴定、リン酸の第二当量点でのpHの求め方

こんにちは。 リン酸を水酸化ナトリウムで滴定したときの疑問です。 それぞれのpHは、 第1当量点まで、 pH=pKa1 第1当量点、 pH=(pKa1+pKa2)/2 第1~第2まで、 pH=pKa2 第2当量点、 pH=(pKa2+pKa3)/2 第3当量点まで、 pH=pKa3 となっていますが、 このうちの第二当量点の pH=(pKa2+pKa3)/2が導けません。 リン酸の反応は次のようになっています。 H3PO4→H+H2PO4 …Ka1 H2PO4→H+HPO4 …Ka2 HPO4→H+PO4 …Ka3 (電荷は省きました。) 第二当量点で生成されている塩は Na2HPO4→2Na+HPO4とし、 電荷均衡 (Na)+(H)=(H2PO4)+2(HPO4)+3(PO4)+(OH) 質量均衡  C=2Na=HPO4+H2PO4+PO4 この後、どのようにして 第二当量点の式を導くのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数7683
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • nious
  • ベストアンサー率60% (361/597)

#3です。 不均化については検索して調べてください。「重曹のpH」を求める場合と同じ考え方です。 とりあえず高校レベルの解法を記します。 不均化:2HPO4^2- ⇔ H2PO4^- + PO4^3- ;Kd=K3/K2 加水分解:HPO4^2- + H2O ⇔ H2PO4^- + OH^- ;Kh=Kw/K2 不均化で反応する[HPO4^2-]=x、加水分解で反応する[HPO4^2-]=yとすると、 不均化について:(x/2){(x/2)+y}/{C-(x+y)}^2=Kd 加水分解について:y{(x/2)+y}/{C-(x+y)}=Kh Kh<Kd<<1だから、C>>x+yと見做してC-(x+y)≒Cと近似すると、 (x/2){(x/2)+y}/C^2≒Kd、y{(x/2)+y}/C≒Kh 2式からy≒[OH^-]=Kw/√{K2(CK3+Kw)/C}、[H^+]≒√{K2(CK3+Kw)/C}

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 理解できました。 4回に渡って丁寧に説明して頂きありがとうございました!

関連するQ&A

  • リン酸をNaOHで中和滴定したときのpH

    リン酸 H3PO4 Ka=7.5*10^-3 H2PO4- Ka=6.2*10^-8 HPO42- Ka=4.8*10^-13 リン酸0.1M溶液50mLに、1MのNaOHを0.5mLずつ20回滴定したとき、各回数毎にpHを求めてグラフを書きたいのですが、多塩基酸であるリン酸の場合はどのようにして求めることができるんでしょうか。具体的に計算式で示して頂けたら幸いです。

  • 濃度計算!!

    先日緩衛液とpHに関する実験を行いました。 0.1Mの水酸化ナトリウム水溶液を用いて、 リン酸水溶液との滴定曲線を描くというものなのですが、 その滴定曲線から滴定の終点(当量点)を読み取り、 その結果からリン酸水溶液の濃度を計算する、 というものです。 そこで、条件があって、リン酸は H3PO4←→H(+) + H2PO4(-) Ka1=7.1 ×10(-3乗) pKa1=2.1 H2PO4(-)←→H(+) + H2PO4(2-) Ka2=6.2 ×10(-3乗) pKa2=7.2 HPO4(2-)←→H(+) + H2PO4(3-) Ka3=4.8 ×10(-3乗) pKa3=12.3 の3段階で電離することを考えなければいけないのですが、 本で調べても式の立て方が載ってないんです(泣) どなたか式の立て方を教えてください!!

  • pH=7.4の緩衝溶液の作り方。

    pH=7.4の緩衝溶液の作り方について考えてみたので、考え方としてあっているか見てください。 Henderson-Hasselbalchの式が適用できる緩衝溶液において、 緩衝能を示すpHの値の範囲は、pka-1<pH<pka+1であるので、 ここで対応するリン酸のpkaはH2PO4-のpkaであるから、 H2PO4-の解離の基準を考えると、 KH2PO4→K+ + H2PO4- H2PO4-←→H+ + HPO4(2-) Na2HPO4→2Na+ + HPO4(2-) HPO4(2-) + H2O←→H2PO4- + OH- (ここで、HPO4(2-)←→H+ +PO4(3-)も起こっている可能性があるが k3=[H+][PO4(3-)]/[HPO4(2-)] pH=pk3+log([PO4(3-)]/[HPO4(2-)] 10^(pH-pk3)=[PO4(3-)]/[HPO4(3-)] ここで、pH=7,4、pk3=12,32を代入すると、 10^(-4,92)=[PO4(3-)]/[HPO4(3-)] したがって、[PO4(3-)]:[HPO4(2-)]=10^(-4,92):1であり、 [HPO4(2-)]>>[PO4(3-)]であるので、HPO4(2-)←→H+ + PO4(3-)の反応は無視する。) 質量収支により、C(KH2PO4)=[K+] C(KH2PO4)=[H2PO4-]+[H+]-[OH-] C(Na2HPO4)=[Na+] 電荷収支により、[K+]+[Na+]+[H+]=[H2PO4-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] 質量作用の法則より、 k2=[H+][HPO4(2-)]/[H2PO4-] pH=pk2+log([HPO4(2-)]/[H2PO4-]) [H2PO4-]=C(KH2PO4)-[H+]+[OH-] C(KH2PO4)+C(Na2HPO4)+[H+]=[H2PO4-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] C(KH2PO4)+C(Na2HPO4)+[H+]=C(KH2PO4)-[H+]+[OH-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] C(Na2HPO4)+2[H+]-2[OH-]=2[HPO4(2-)] 1/2C(Na2HPO4)+[H+]-[OH-]=[HPO4(2-)] したがって、pH=pk2+log(1/2C(Na2HPO4)+[H+]-[OH-])/(C(KH2PO4)-[H+]+[OH-]) pH≒pk2+log(1/2C(Na2HPO4))/(C(KH2PO4)) pH≒pk2+log(C(Na2HPO4))/(2C(KH2PO4))

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • nious
  • ベストアンサー率60% (361/597)

#2です。 ●水の解離:2H2O ⇔ H3O^+ + OH^- は不均化の一つで珍しい反応ではありません。 特に2分子間でプロトンのやり取りをする場合は自己プロトリシス反応と呼ばれる事もあります。 ●不均化の平衡定数の式は正しいです、もう一度よく確認して下さい。 ●だから「HPO4^-」の酸解離も反応の一つとして考慮しいます。 しかしK3が極めて小さい為に反応を無視しているだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事が遅れました。 niousさん、ご回答ありがとうございます。 不均化の式は正しかったです。 2HPO4→H2PO4+PO4で平衡定数の式を作る際、 「2HPO4」が「HPO4^2」となるとは知りませんでした。 しかしイマイチ腑に落ちません。水の解離ならまだしも、 リン酸塩でなぜこのような反応が起こるのでしょうか? 加水分解でも酸の解離でもないですし。 HPO4+HPO4→H2PO4+PO4 また不均係数K=Ka3/Ka2も不思議です。 右辺の「H2PO4」がka2、「PO4」がka3に対応していることは 何となくわかるのですが、 それならば、分母分子が逆でK=Ka2/Ka3でもいいような気がします。 それとも単に、Ka3の方が後に起こる反応であるので分子に 置いているだけなのでしょうか?(平衡式では分母が前、分子が後の状態)。 あとNo.2で加水分解を考慮した厳密な式を教えて頂きました。 この式の導き方に関してですが、 [HPO4]+[H2O]→[H2PO4]+[OH]より、 Kb=[H2PO4][OH]/[HPO4] [H2PO4]=[OH]であるので、 Kb=[OH]^2/[HPO4]…(1) ここでNaHPO4の全濃度Cを考えて、 C=2[Na]=[HPO4]+[H2PO4] 加水分解で生成した[H2PO4]は微量なので(kb=10^-6.8より)、 C=[HPO4]と近似し、(1)に代入すると Kb=[OH]^2/C となり、これを変形して、 [OH]=√{CKb}…(2) Kw=[H][OH]→[OH]=kw/[H](2)に代入し、変形して [H]=Kw/√{CKb}(kb=kw/ka2) あとは第二当量点の近似式、 [H]=√{ka2+ka3} と足し合わせればよい。 とこのように考えたのですが、 これで合っていますでしょうか?

  • 回答No.2
  • nious
  • ベストアンサー率60% (361/597)

#1です 大雑把な説明ですが「HPO4^2-」に関する反応は以下の3つです。 酸解離:HPO4^2- ⇔ H^+ + PO4^3- ;K3=10^(-12.4) 加水分解:HPO4^2- + H2O ⇔ OH^- + H2PO4^- ;Kh=Kw/K2=10^(-6.8) 不均化:2HPO4^2- ⇔ H2PO4^- + PO4^3- ;Kd=K3/K2=10^(-5.2) 濃度Cが極端に薄くない場合、平衡定数の大きさは反応の進み易さの目安になり、 不均化の平衡定数が最大だから他の反応を無視すると近似的に [H2PO4^-]≒[PO4^3-]と見做せるから、 K2K3=[H^+]^2[PO4^3-]/[H2PO4^-]≒[H^+]^2 → [H^+]≒√(K2K3)、pH≒(pK2+pK3)/2 実際には加水分解と不均化の平衡定数の差がそれ程大きくない為に、あまり良い近似値は与えません。 加水分解も考慮したより正確な式は、[H^+]≒√{K2(Kw+CK3)/C} になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

niousさん、再びご回答ありがとうございます。 書いてあることはおおよそわかるのですが、 不均化というのは初めて聞きました。 なぜ溶液中でこのようなことが起こるのかはわかりませんが、 とりあえず式だけ見ますと、 2HPO4^2- ⇔ H2PO4^- + PO4^3- 不均化定数Kd=(H2PO4)(PO4)/2(HPO4) 一方、 Kd=Ka3/Ka2=(H2PO4)(PO4)/(HPO4)^2 と分母がやや違ってきませんか? もう一つ前々から疑問だったのですが、 加水分解定数を導く際、 Kh*Ka2=Kwより、kh=Kw/Ka2になりますが、 ここでなぜKa2の解離を考慮するのでしょうか? 第二当量点ではHPO4の加水分解は10^(-6.8)と となっており、量的にはHPO4≫H2PO4であるわけですから、 溶液中に多量に存在するHPO4の解離定数Ka3の方が 適当だと思うのですが…。 何度もご質問して申し訳ございません。 よろしくお願い致します。

  • 回答No.1
  • nious
  • ベストアンサー率60% (361/597)

なっているって、それ間違いが含まれてるぜ。誤差でか杉。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >誤差でか杉 これはたぶん近似法使っているからです。 濃度Cに対してHやOHがかなり小さく、 無視してもよいという前提で導いています。 この点のことですよね? 3価の酸は近似法で第2当量点を導けるのでしょうか? ちなみに、第1当量点の式は2価の酸と同じ要領で 求められましたが…

関連するQ&A

  • リン酸を使った緩衝液とpHについて

    (1)リン酸とリン酸一塩(とういのでしょうか?)を使ったリン酸緩衝液の理論上のpH計算は pH = pKa + log {[H2PO4(-)] / [H3PO4]} でよろしいのでしょうか? (2)また[H(+)]を足したときは pH = pKa + log {[H2PO4(-)] - [H(+)] / [H3PO4] + [H(+)]} でよろしいのでしょうか? (3)リン酸のpHの求め方は? リン酸の解離度はα=0.27となっていたのですが、酢酸などの弱酸の解離の計算方法でよろしいのでしょうか?(二段目以降は無視してOK?) [H(+)] = [H2PO4(-)] + [OH(-)] 電気的中立 (酸性なので [H(+)] = [H2PO4(-)] と仮定)・・・A C = [H3PO4] + [H2PO4(-)] 質量収支 (Aを代入するが、弱酸で解離度が小さいのでC = [H3PO4]と仮定)・B Ka = [H(+)][H2PO4(-)] / [H3PO4] にA、Bに代入し計算 Ka = [H(+)]^2 / C よりpHを求める もちろん実験的にはpHメーターを使って調整した方がよいのでしょうが、pH4のリン酸緩衝液を作りたいのですが、理論も不確かで難航しています。 (4)もし、よろしければpH4のリン酸緩衝液の作り方・あるいはpH4くらいの他の緩衝液の作り方も教えていただければ幸いです。

  • 中和滴定の問題教えてください。

    どうしても解けない問題があります。もし解ける方いましたらお願いします。 問題 0.1mol/Lの塩酸10mLに0.1mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液を加え中和滴定を行った。ある時点で溶液はPH=1.7になった。水酸化ナトリウム水溶液を何ml加えたか?ただし、log2=0.3とする。 私の解答です。 加えた水酸化ナトリム水溶液:「α」ml 滴定後の[H+]濃度 「X」mol:X=(0.1*10/1000)-(0.1*α/1000) 滴定後の水溶液の量 「Y」L:Y=(10+α)/1000 よって 滴定後の[H+]モル濃度:X/Y またPH=1.7 より  [H+]の滴定後のモル濃度:10のマイナス1.7乗 これらより X/Y=10のマイナス1.7乗 ここで10のマイナス1.7乗の値が問題にないため、すすみません。どこでどうlog2を使うのかなぞです。 得意な方お願いします。                       

  • 多段階で電離する酸の中和滴定

    H2CO3とNaOHの中和滴定のグラフを近似式で描いた場合、適切なグラフがかけない理由を知りたいです。 実際に近似式で計算すると、第一当量点、第二当量点とそれ以降(NaOH過多)の数値がグラフから外れた数字となりました。 それで、近似式でない式と比べようと思い、インターネットでしらべたのですが、最後まで理解できませんでした。 物質収支を考慮し、炭酸の全濃度を CAとすると CA=[H2CO3]+[HCO3-]+[CO3 2-] また電気的中性の原理より [H+]+[Na+]=[OH-]+[HCO3-]+2[CO3 2-] これらの式および水の自己解離平衡から水素イオン濃度[H+]に関する四次方程式が得られる。 [H + ]4 + [H + ]3(Ka1 + [Na + ]) + [H + ]2(Ka1Ka2-Ka1CA + Ka1[Na + ] - Kw) -[H + ](2Ka1Ka2CA -Ka1Ka2[Na + ] + Ka1Kw) - Ka1Ka2Kw = 0 酸性領域では第二段階の解離Ka2 および Kw の影響は無視し得るため [H+]^2+ [H+](Ka1+[Na+])ーKa1Ca+Ka1[Na+]=0 ここで、Ka2の影響が無視できるのは、わかるのですが、Kwを無視する理由は何か教えてください。 また、第一当量点付近では、[H+]^4 と定数項の寄与が小さいとあるのですが、定数項(Ka1Ka2Kw)を無視する理由がわかりません。 どうか教えてください。 参考にしたHP http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%92%8C%E6%BB%B4%E5%AE%9A%E6%9B%B2%E7%B7%9A

  • リン酸の電離と中和について

    リン酸と水酸化ナトリウムの中和について質問します。 「0.20mol/Lのリン酸水溶液100mLに、 0.20mol/Lの水酸化ナトリウムを300mL加えたときに 得られる水溶液中のHPO4(2-)の濃度(mol/L)を求めよ。 H3PO4⇄H(+)+H2PO4(1-) …(1) H2PO4(1-)⇄H(+)+HPO4(2-) …(2) HPO4(2-)⇄H(+)+PO4(3-) …(3) (1)の電離定数K1=1.0×10^(-2) mol/L (2)の電離定数K2=1.0×10^(-7) mol/L (3)の電離定数K3=1.0×10^(-12) mol/L また、リン酸水溶液中に 水酸化ナトリウムを滴下して行くとき、 中和反応が一段階ずつ順に進行していく。」 この問題の考え方についてです。 中和反応が一段階ずつ進行するので、 水溶液中のリン酸と水酸化ナトリウムがちょうど反応し Na3PO4が400mL中に0.02mol存在している このあとPO4(3-)がH(+)と順々に反応していき、 平衡状態になったときのHPO4(2-)の濃度を 求めるということですよね? このあとの解き方がわからないので、 わかる方教えて頂きたいです! また、わたしの考え方が変だったら指摘してください。 よろしくお願いします。

  • 水酸化ナトリウムによるリン酸の滴定曲線について

    水酸化ナトリウムによるリン酸の滴定曲線について質問します。この滴定の第3当量点でHPO4^2-は第3当量点で生じるはずのPO4^3-が強い陰イオン塩基であるため滴定できないと教科書に書かれているのですが、この第3当量点では水の電離はどう反応にかかわっているのかわかりません。誰か回答おねがいします。

  • リン酸水溶液のpH

    0.010mol/Lリン酸水溶液のpHを求めよ。という問題です 使う式は、添付画像のものです。 その他に pKA=-logKA, KA=10^-pKA 濃度Cmol/Lの弱酸の水溶液では [H+]=√CKA, pH=1/2(pKA-logC) リン酸に関する式が3つもでてきて、それをまとめようとすると3乗のKAが出てきたりしてよくわからなくなってしまいました。 詳しい解説をよろしくお願いします。

  • リン酸のpHを求める問題です。

    弱酸と強塩基の塩のphを求めるもんだいです。 (1) 0.1mol/L NaH2PO4水溶液のpHを求めよ。 (2) 0.01mol/L Na3PO4水溶液のpHを求めよ。 ただしリン酸のpKa1=2 pKa2=8 pKa3=12 とする。 計算の過程と言葉での説明もあれば幸いです。 よろしくお願いします。

  • リン酸緩衝液の理論について

    過去の質問を見ても皆目検討できないので、よろしくお願いします。 H3PO4 pKa 2.12 H2PO4 pKa 7.21 H PO4 pKa 12.32 を参考に計算してます 1.リン酸緩衝液を作る塩について NaH2PO4とKH2PO4を使う文献を見たのですが、 NaH2PO4とNa2HPO4を使ったレシピも見ます。違いはなんでしょうか? (H3PO4の解離がpKa2.12 H2PO4の解離がpKa7.21となっているので、下のほうのレシピはよりアルカリ側で緩衝作用を期待するときの緩衝液なのでしょうか? そもそも上の方のレシピは緩衝液なのでしょうか? 下の方のレシピは一塩基酸とその二塩基として、弱酸とその塩基対という定義を守ってますが、 上の方のレシピは一塩基酸と一塩基酸として、同じ条件の塩基で対になっていない気が・・) 2.リン酸の解離の程度は? NaH2PO4・2H2O (二水和物) FW 156.01 2.8g H3PO4 (1.685g/cm^3) FW 98.00       0.6ml DDW(メスアップ)               1L を混ぜると pH 2.5 25mM になると記述を見つけたのですが? (すみません。リン酸の%を忘れてしまいました・・・・ 関東化学やシグマを見る限り85%のが多そうですが) Henderson-Hasselbalch式に当てはめると pH = pKa + log( [H2PO4] / [H3PO4] )で [H3PO4]が7.48mM くらいになってれば pH と mM は上記 pH 2.5 25mM になりそうなのですが、 H3PO4は強酸ですべて解離して存在していないということには、ならないのでしょうか? 3.このレシピのpHとmMは? NaH2PO4・2H20 (ニ水和物) 1.96g KH2PO4           2.16g DDW          1L のpHとmMがわかりません。 1&2の質問と同様に緩衝液か弱酸かも理解してない状況です。 緩衝液としてHenderson-Hasselbalch式に当てはめ pH = pKa + log( [H2PO4] / [H3PO4] ) として計算するのでしょうか? それとも、弱酸の塩基として [OH]^2 = Kw/Ka*[H2PO4] から導きだすのでしょうか? 長くなりましたが、よろしくお願いします。

  • 分析化学についてですが…

    1Mのリン酸緩衝液(pH7)を調整したいのですが… それで、リン酸Agと水酸化ナトリウムBgに水を加えて1Lにするというものですが、どのようにといたらよいのでしょうか? 今わかっているのは、pH=pKa+logCa/Csを使うことで また、NaOH2PO4…Caとし、Na2HPO4…Csとすること。 及びNaOH=Ca+2Cs H3PO4=Ca+Csを使うことです。 ここからどのように展開していったらよいのでしょうか?

  • 今週の化学実験の時間にリン酸を水酸化ナトリウム滴定し、滴定曲線を書くと

    今週の化学実験の時間にリン酸を水酸化ナトリウム滴定し、滴定曲線を書くという実験を行いました。 その時の考察についてわからない個所があったので質問します。 リン酸…濃度未知 10mlを200mlビーカーにとり、蒸留水を50ml加えた 水酸化ナトリウム…0.1M 全部で40ml 考察 1)滴定曲線から第一、第二当量点をそれぞれ求め、リン酸濃度を計算する   →当量点の方は問題ないのですが、それを濃度計算にどう用いればよいのか? 2)フェノールフタレインの変色点を求める。この値が、リン酸の第二当量点を求めるために適当かどう  かを評価する。   →評価方法? 3)半当量点でのpHがpKaに等しいとしてリン酸のpK1とpK2を、滴定曲線から求める。   半当量点とは? pKaとは? pK1 pK2の求め方? 提出が来週の火曜日なので、できるだけ早めに回答していただけるとありがたいです。

専門家に質問してみよう