• 締切済み
  • すぐに回答を!

確定申告(不動産所得)について

確定申告(不動産所得)の収支内訳(減価償却・借り入れ金利子など)についてお伺いします。 ・平成19年8月に中古マンション(築8年)を購入 (3500万円) ・平成20年10月より他者に貸し出しをしているため、不動産所得が発生(海外転勤のため) 減価償却について (1)「本年中の償却期間」は、貸し出した10-12月の3ヶ月ということになりますか? (2)「前年末未償却残高」はどのように計算したらよろしいのでしょうか? 「借り入れ金利子」について (1)銀行から送られてくるローン残高一覧表にのっているもので、昨年10-12月に該当する部分を 単純に合計すればよろしいのでしょうか? (2)「土地の取得に要した借り入れ金の利子」とありますが、ローンを組む際、土地と建物とを区分して 借り入れをしていませんが、これはどのように計算したらよろしいのでしょうか?必ず記入しなければならないものでしょうか? 検索したところ、「土地等の取得に要した借入金利子の計算明細書」という書式がみつかりましたが、 これを計算して提出する必要がありますか? その他 (1)賃借人からは管理等の区別はつけず、家賃(16万円)として契約を結んでいますが、 実際は、私から管理会社へ管理費と修繕積み立て金を払っています。 修繕積み立て金は費用とならないような感じがしますが、管理費は経費となりますか? 知識が乏しく、お恥ずかしい限りですが、どうぞご教示のほどよろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2661
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

減価償却 (1)その通りです。貸付期間3/12とします。 (2)耐用年数を1.5倍したところで償却率を適用して償却費の累計を控除します。 減価償却については、平成19年4月より新しい減価償却方法に拠ることとなっています。 (参考) http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/070412/index.htm 借入金利息 (1)10から12月分の支払利息分を合計します。 (2)所得が赤字の場合に確認された明細書を作成して下さい。 「土地等の取得に要した借入金利子の計算明細書」(現在様式として配布されていないようです) 必要経費? 管理費、修繕積立金ともに必要経費になります。 その他、固定資産税、火災保険料、支払利息、減価償却費 (トラブル対応の参考) http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_seisaku/tintai/310-3-jyuutaku.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

追加の質問です。 減価償却について リンクをいただいた資料を読みましたが、 「前年末未償却残高」について、具体的にどのように計算を したらよいのかがわかりません。19年は業務供用していないので、購入価格そのものの3500万円が前年(19年)の未償却残高になるのでしょうか?それとも「取得年月」を貸し出し開始の20年10月と記入し、そこから3500万円の償却を始めるということになりますか? すみません、混乱しています。 借入金利息 マンション購入時の契約書を見ましたが、土地がいくら、建物がいくらという区分がなく、一括で3500万円で購入しています。 この場合、「土地等の取得に要した借入金利子」については、 0円でもかまいませんか? (所得は赤字にはならないかと思います。)

関連するQ&A

  • 不動産所得の準確定

    不動産所得がある父が亡くなり準確定をします。亡くなった日は11月16日でした。家賃収入は何ヶ月か遅れて入金になるのですが、前年までは入ってなくても未収入のまま入居していた12ヶ月で計算して申告をしていました。 今回の11月分は日割り計算をして申告すればよいのでしょうか?また、その場合減価償却費は11ヶ月分で計算してよいのでしょうか? 11月分の日割りをした残りと減価償却費の一ヶ月分を相続人が申告すればよいですか?教えてください。

  • 不動産所得&給与所得がある場合の確定申告について

    初めての確定申告で大変頭を悩ませております・・・。 どうぞ、アドバイスお願い致します。 昨年度不動産収入が 588,000円、給与収入が 418,020円 ありました。 いろいろ計算したところ 減価償却費が219,450円、その他の経費(特に修繕費が40万ほどかかりました)527,148円、 いま、「収支内訳書」と一通り記載したとことで 結果昨年度の不動産所得は -158,598円の赤字でした。 それで、次に申告書Bに取り掛かろうと思っているのですが、 マイナスの所得場合 -158,598と記載するのか、それとも ▲158,598と記載するのか、もしくは 0 として記載し計算するのでしょうか? (初歩的な質問でスイマセン) それから、固定資産税について、平成18年1月1日は建物は昨年度は前の所有者が納めているので控除できないと思うのですが、土地については私の祖父名義になっていて祖父が納めたということになるのでしょうか?ちなみに18年3月に祖父が亡くなり私が相続しました。 上手くお聞きできないのですがどうぞよろしくお願い致します。

  • 不動産所得を内縁の妻へ移管する確定申告

     私の名義の不動産を月額7万円で賃貸しています。今まで、私の給与所得と不動産所得として併せて確定申告していたのですが、節税として内縁の妻の銀行口座に振込んでもらうように賃貸者に依頼しました。次回は私の収入から、不動産分は外して、確定申告処理できると思っていますが正しいですか?  内縁の妻は、他には無収入ですので、総額で年額84万円で、私の支払っている固定資産税、減価償却分、管理費などを必要経費を引いた約50万円の収入となる予定で、不動産収入でなく、サービス請負業として扱いたいのですが、いかがでしょうか。その確定申告は別途でするとして、事業所得とするのでしょうか、それとも雑所得でしょうか。たとえ経費がゼロだとしても無税と思いますが・・・。  よろしくご回答をお願いいたします。

  • 中古不動産所得の減価償却について

    中古不動産所得の減価償却について教えてください。 1970年竣工の中古マンション(鉄筋コンクリート造)を 2001年に1200万円で購入しました。 2007年の1月から賃貸に出しています。 今年の所得から確定申告をしようと考えていますが、 この場合の減価償却費の計算と、取得から貸すまでの間の減価償却費の 考え方が解りません。 どなたかご指導よろしくお願いします。

  • 不動産所得がマイナスの場合

     確定申告書の書き方で質問します。サラリーマンですがアパート経営をして10年になります。最近はめっきり入居者が減り、今年は減価償却や借入金利子・管理費等の必要経費を引くと所得金額が始めてマイナスになりました。この場合、確定申告書Bの第1表の所得金額不動産(3)にはゼロと書くのかマイナスいくらと書くのか迷ってます。尚、負債の利子はありません。またマイナスいくらと書いた場合、所得合計(9)から引いていいのでしょうか。  面倒ですがどなたかわかる方、宜しくお願いします。

  • 不動産所得の経費について(確定申告時)

    不動産所得の経費について教えてください 築15年の鉄筋コンクリートのアパートで外装工事(ペンキ塗り替え工事)をしました。数百万かかりました。 この費用は、実施年度において経費として一括して計上できるでしょうか または、減価償却していかなければならないでしょうか よろしく お願いします

  • 不動産所得の確定申告5年分の減価償却費の計算

    いつもお世話になっております。 不動産所得の減価償却費の次年度繰越方法がわからず、困っています。 平成18年6月取得の新築Aマンション (躯体) 取得価格 9,588,947 償却の基礎になる金額 8,630,052 定額法 47年 0.022  7/12  本年分普通償却費 110,752 未償却残高 9,478,195  (設備) 取得価格 5,163,279 償却の基礎になる金額 5,163,279 定率法 15年 0.142 7/12 本年分の普通償却費 427,691 未償却残高 4,735,588 以上は業者が初年度に計算し、確定申告しました。 以後の平成19年からの減価償却の仕方がわかりません。前年度の未償却残高は次年度のどの欄に記入するのでしょうか?そのほか、償却の基礎になる金額や、取得価格、耐用年数は、毎年、減らしていくものなのでしょうか? 平成20年9月取得 新築Bマンション 分譲価格2180万円(内消費税65.7万円) 頭金110万円 諸費用160万円 借入金2070万円 Bマンションは全く手を付けておらず、躯体と設備をどう分けて良いのか?というところからすでに分かりません。 どなたか、お知恵をお貸しください。

  • 不動産所得の減価償却について

    減価償却には「耐用年数」がありますが、耐用年数がたとえば10年の場合、ちょうど10年目で「減価償却費の残高」は0円になるんでしょうか? 10年経っても残高が0円にならず残るということは、計算が間違っていたということでしょうか?

  • 至急:確定申告に詳しい方、お願いします

    私は給与所得(年末調整済み)と不動産所得(賃貸住宅)があります。合算で確定申告をするのですが。この賃貸住宅はH15年12月にリフォームし(¥300万)以後貸しています。このため2年前の減価償却計算ですが(昨年は減価償却を知らず自分で確定申告をしました)2年前まで確定申告の書類は税理士にしてもらっていました。 取得価格¥300万 償却の起訴になる金額¥270万 償却方法:旧定額 耐用年数:22年 償却率:0.046 本年分の普通償却費:124.200 貸付割合:100% 本年分の必要経費算入額:124.200 未償却残高:2、016、750  とありました。 質問は(1)今年も減価償却費は¥124200 でしょうか。(2)未償却残高はいくらになりますか。(3)去年の分は修正申告できるでしょうか。教えてください。

  • 不動産所得の確定申告について

    確定申告にあたり、教えていただきたいと思います。 給与所得者でありますが、年の中途まで居住していた自宅を貸し付けました。 引越しから貸付の賃貸借契約を締結するまで、数ヶ月空き家にしていました。この場合に、不動産所得の計算上、火災保険料・修繕費・固定資産税等のうち必要経費とすべきは、空き家にしていた期間も含めて期間按分でして必要経費に参入することが出来るのでしょうか?それとも、空き家にしていた期間は、居住していた期間と同様家事費にしなければならないのでしょうか? よろしくお願いします

専門家に質問してみよう