• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

法人税申告書

すみません。難しい質問なのですが、どなたかご存知でしたら教えてください。現在、法人税申告書の別表五(一)を作成しています。 会計処理で、その他資本剰余金の残高が負の値となったので、期末決算において、その他資本剰余金をゼロとし、当該負の値をその他利益剰余金(繰越利益剰余金)から減額しました。 借方 その他資本剰余金 100 貸方 繰越利益剰余金 100 この場合、別表五(一)にはどのように記載すれば良いのでしょうか??(これを含まないと繰越損益金が株主資本等変動計算書と一致しないため) 仮に別表五(一)に項目として追加して、残高が残る場合は、翌期でどのように処理すればよいでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数826
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

別表五(一)の中で期首、期中の変動額、期末残高がしっかりと合えば、他の別表との調整や検算項目に問題がなければ、新しく項目を付け加えれば良いのではないでしょうか? 不安があれば、税務署の法人課税部門へ直接に相談へ行けば良いでしょう。税金の計算自体に間違いがなければ、別表の書き直しや差し替えは申告期限後でも大目に見てくれる税務署の担当さんは多いと思いますよ。税務署の職員も鬼ではないですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 【ご質問訂正】減資処理の仕訳に計上可能な繰越利益剰余金の値について(期首値それとも期末値?)

    表題の件についてお聞きします。(3月決算企業、減資のタイミングは期末日) A社の累損(期首繰越利益剰余金-190百万)を資本金で消し込むにあたり、以下の仕訳を予定しています。 (借方)資本金200百万/(貸方)繰越利益剰余金190百万←期首値                /(貸方)資本等減少差益 10百万 そこでこの繰越利益剰余金についてですが、 減資処理の場合、期首の繰越利益剰余金の値を使用しなければならないのか、それとも、 当期末の税引後の当期純損益を取り込んだ期末繰越利益剰余金でも可能なのかが疑問点です。期末の繰越利益剰余金で可能であるならば、 (借方)資本金200百万/(貸方)繰越利益剰余金160百万←期末値(予定)                /(貸方)資本等減少差益 40百万 ぐらいを予定しており、期首繰越利益剰余金を使用した場合と仕訳の値が違ってきます。可能であれば、期末の繰越利益剰余金の値を使用したいと考えております。 少し専門的なご質問ですが、よろしくお願いいたします。

  • 増資、減資の法人税申告書の書き方

    繰越欠損金をなくすため、同一事業年度で増資し、繰越欠損金と同額を減資をしました。減資差益は「その他資本剰余金」としてB/Sに計上しました。 法人税申告書の書き方についておたずねします。 資本金の増減は別表5-1のII資本積立金の欄に「その他資本剰余金」(2)(3)(4)を記入。 繰越損益金26は (1)=(2) (4)=(5) と記入。 別表5-1の I利益積立金と別表4の検算をしたところ一致しません。繰越欠損金填補額(2)と同じ額が違います。 記載例をさがしましたがみつかりません。申告期限が迫っていますので、どなたかご指導お願いします。

  • 繰越利益剰余金の借方残高のてん補

    簿記を勉強し始めた初心者です。 形式的減資の所で、次のような問題があります。 株主総会の決議によって、繰越利益剰余金勘定の借方残高¥8,000,000をてん補するため、資本金を減少した。 Ans.(借)資本金 8,000,000    (貸)その他資本剰余金 8,000,000   (借)その他資本剰余金 8,000,000 (貸)繰越利益剰余金8,000,000 とあるのですが、その他資本剰余金は相殺できないのでしょうか? なぜ、一度、その他資本剰余金へ振り替えた後でないとてん補できないのでしょうか? どなたか詳しい方、わかりやすく教えてください。 よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#78412

>(これを含まないと繰越損益金が株主資本等変動計算書と一致しないため) の記載が何を意味しているのか不明なので、具体的な記載方法についてコメントすることは出来ません。 そもそも、法人税申告書別表五(一)の「利益積立金額」と「資本金等の額」は、会計制度上の表記とは直接の対応はしておらず、法人税法によって独自に定められているものです。会計上の項目・金額がどのようになっていようと、それとは別に税法独自で計算して記載するものですから、この質問内容で判断することはできません。 「利益積立金額」と「資本金等の額」については、法人税法施行令第8条・第9条に詳細に規定されていますが、はっきり言って超難解です。法人税申告書の書き方に関する解説書を参考にして判断すべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました!!!!!!!

  • 回答No.1
noname#94859

別表五は「税務調整」なので、そこで悩まづに、決算調整されたらいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

決算調整済みです。

関連するQ&A

  • 役員賞与、役員報酬の分類項目

    (1) (a)損益計算書 (b)貸借対照表 (c)株主資本等変動計算書 においては、役員報酬、役員賞与は何という項目に含まれるのでしょうか。全くの素人のため、例えば繰越利益剰余金に含まれる場合であれば、「利益剰余金に含まれる」だはなく「利益剰余金の中の繰越利益剰余金に含まれる」のように大区分とできるだけ詳しい小区分をを教えていただけると有り難いのですが。 (2)上記(1)のことは、会社計算規則に書かれているのでしょうか。書かれている場合、第何条に書かれているのでしょうか。

  • 109回 第1問 2

    〔問題〕 決算において、当期純利益80,000円を計上する。 なお、繰越利益上預金勘定に35,000円の借方残高があった。 〔答え〕 損益 80,000/繰越利益剰余金 80,000 〔疑問〕 「繰越利益剰余金勘定に35,000の借方残高があった。」は何を意味しているのでしょうか? 借方の繰越利益剰余金の35,000円と今回の計上額の貸方の80,000円を相殺して貸方45,000円にする訳でもないですよね? この一文が何を意味しているのかわかりません。 ご回答よろしくお願いします。

  • 繰越利益剰余金 について

    「繰越利益剰余金 借方残高 100,000円」は「損失」ですか? 「繰越利益剰余金 借方残高 100,000円」は、勘定科目には「利益」と入っていますが 借方なので「繰越損失剰余金」という意味ですか? というか「繰越損失剰余金」という勘定科目はあり得ますか? そもそも「剰余金」は利益という意味合いなのでおかしいですか? 有価証券利息や減価償却累計額のような 資産のマイナスの勘定科目のように 繰越利益剰余金勘定も、純資産のマイナスの勘定科目でしょうか?

  • 利益準備金(積立前)とは?

    某問題集より xx商事(3月決算、資本金¥20.000.000)は、平成18年6月25日に開催された定時株主総会において 繰越利益剰余金を原資として¥5.000.000の剰余金の配当決議を行った。 なお、資本準備金はの残高は、¥2.000.000、利益準備金残高は¥2.600.000であり、 利益準備金は会社法で規定する額を積み立てるものとする。 答え 借方 繰越利益準備金 54.000.000    貸方 利益準備金 400.000 未払い配当金 5.000.000 質問です。 問題にある、「利益準備金残高は¥2.600.000であり」の部分、と 答えの貸方にある、「利益準備金 400.000」 の違いは何ですか? 両者の関係がわかりません。 よろしくお願いします。

  • 「剰余金の配当、処分」で、問題文で与えられた繰越利益剰余金(貸方残高)の額を上回る場合はありますか?

    例えば 繰越利益剰余金(貸方残高)1,000,000で 未払配当金 700,000 利益準備金 70,000 別途積立金 1,000,000 の場合は、どうなりますか? (770,000円繰越利益剰余金が足りない) 与えられた繰越利益剰余金(貸方残高)の額より低くなる問題は何度か解いたことがありますが、 上回る場合は日商簿記2級の問題としてありえますか?

  • 、繰越利益剰余金

    《問題文》 株主総会を開催し、繰越利益剰余金の借方残高\400,000のうち、\350,000について、 別途積立金を減少させててん補した。 《回答》 (借)別途積立金 350,000 (貸)繰越利益剰余金 350,000  《質問》 【1】 この状態だと、未だに借方に 繰越利益剰余金 \50,000  (400,000ー350,000) が残っていますが、こちらについては仕訳は不要ですか? 【2】 そもそもなぜ繰越利益剰余金が借方にあるのでしょうか? 繰越利益剰余金は純資産の部なので貸方にあるものだと認識していました。 この場合は前期は利益ではなく、損失が出たということでしょうか? だからてん補の処理が必要なのでしょうか?

  • 簿記について

    仕訳について質問です。 問題の解答が、下記(1)になっていて (1)(借方)繰越利益剰余金××(貸方)未払配当金×× なぜ下記ではいけないのでしょうか?  (借方)繰越利益剰余金××(貸方)未払金  ××

  • 増資時の法定準備金の積み立ての件

    今期、増資がありましたので、法定準備金が1/4を割ってしまいますので、 差額を積み立てるのですが、下記のようにしてもよろしいでしょうか? 増資前 【純資産の部】 資本金 50,000 資本準備金 2,500 その他資本剰余金 381 利益準備金 10,000 で、あった場合。 増資額 10,000 資本金計 60,000になった時、 仕訳 (借方)           (貸方) 繰越利益剰余金 2,119    資本準備金  500 その他資本剰余金 381    利益準備金 2,000 【純資産の部】 資本金 60,000 資本準備金 3,000 その他資本剰余金 0 利益準備金 12,000 こうしようと考えったのは、中途半端な金額が、 その他資本剰余金にあるので、 単に、すっきりとしたいと思いました。 このような、処理をしてもいいのか、又は、いけないのか・・・。 もし、他に、このようにした方がいいなど、アドバイスをお願い致します。

  • 無償減資 欠損填補 仕訳

    無償減資 欠損填補 仕訳 無償減資をして欠損填補をする場合、仕訳は以下の通りだと思うのですが、 (借方) 資 本 金 / (貸方) その他資本剰余金 (借方) その他資本剰余金 / (貸方)繰越利益剰余金 この仕訳に出てくる「その他資本剰余金」「繰越利益剰余金」という科目が、 会計ソフトに見当たりません。 「繰越利益剰余金」は集計の科目として表示されています。 実際に仕訳をする場合、どういう科目名で入力すれば良いでしょうか?

  • 日商簿記2級の問題を解いているのですが、わからないところがあって前に進めません

    仕訳の問題なのですが、調べてみても、まったく理解できませんでした。 (1)H17、3月31日○○物産は決算を行った。売上70,000,000円、商品の仕入れ原価(売上原価)35,000,000円、人件費20,000,000円その他諸経費4,800,000円、手数料の受取額100,000円、利息の支払額300,000円であった。なお、繰越利益剰余金の残高は15,000,000円である。 答えは    借方       貸方 損益 10,000,000   繰越利益剰余金 10,000,000 です。 この10,000,000という数字の意味がわからなかったので、は売上から売上原価、人件費、利息の支払額を引いて、手数料の受取額を足したものなのでしょうか。また借方に損益、貸方に繰越利益剰余金勘定があることから、これは当期純利益に当たるものなのでしょうか。 また、その場合問題分の最後の部分「繰越利益剰余金の残高は15,000,000円」というのはどうなっているのでしょうか。 (2)H176月25日に株主総会を開催した。ここで利益(繰越利益剰余金)を次のように処分するように決定した。なお、○○物産の資本金は40,000,000円、資本準備金は3,000,000円、すでに積み立てている利益準備金は3,500,000円である。 配当金   6,000,000円 利益準備金 配当金の10% 新築積立金 1,000,000円(店舗を増改築するための積立金) と、あり 解答は     借方         貸方 繰越利益剰余金 7,600,000    利益準備金 600,000                  未払配当金 6,000,000                  新築配当金 1,000,000 と、なっております。 こちらはどんなに考えてもわかりませんでした。 どなたかわかる方、教えてください。ただいまかなり混乱しています。