• 締切済み
  • すぐに回答を!

建売で建築中ですが、怪しい点があります

建売の住宅を契約して、現在建築中です。何回か現場に行って見せてもらっているのですが、 細かい所で怪しい部分があります。専門家が周りにおらず、また専門家に依頼する費用もないため こちらで質問させていただきます。 建築中の疑問点 (1)ベタ基礎の玄関部分で10cm以上の亀裂が数箇所生じている。またベタ基礎の側面に  3cm×3cmの深さ1cmくらいで欠けたような穴がある。早強コンクリートか強度21~27のコンクリ  を使っているらしいですが、シャブコンなどいい加減なコンクリを使っているため  亀裂や穴があるのでは? (2)8月の早い時期に棟上し、雨に何回も濡れた為、バルコニーの床を支えるボードなどが  黒ずんでいる部分がある(カビ?)。将来、腐って落ちるのでは? (3)筋交いの端の柱や梁と接する部分に5mm~1cm位の隙間があるもの多数。大工に確認したら  「誤差があるのでぴったりは無理」と言われたが、隣の建築中の家は筋交い端はぴったり  と施工している。筋交いに端の柱との設置部分に隙間があっても大丈夫? (4)2階部分に柱が床と数ミリ浮いたまま金具が取り付けられて固定している部分がある。  その柱の下(1階部分)に柱はないのですが耐震性に問題あるのでは? (5)屋根の両端(三角部分)を支える筋交いみたいな板が適当に釘で打ちつけられているだけで、  端っこは全く柱や梁と接していない。大丈夫か? いずれもひどい欠陥ではないと思うのですが、当方素人のため、これで大丈夫なのか判断つきません。 建築に詳しい方、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数376
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.5

(1)夏場のコンクリート工事なのと、強度のあるコンクリートなので、乾燥収縮したものと思われます。鉄筋に空気が接しなければモルタル補修で大丈夫でしょう。 (2)バルコニーですが、防水工事すると思いますが、FRP・シート防水どちらとも乾燥した状態での施工となりますので、あまり気になさらなくてもよいとおもいます。 (3)隙間ができたのは、あまり大丈夫だとは、いえませんが、5mm程度ならまあ、大丈夫でしょう。 (4)2mm程度なら、許容範囲です。穴掘りと、ホゾの長さが、あっていないようですね。耐震性については、木造軸組工法なので、全体で支えあう工法ですので、まあ心配要らないでしょう。お寺などの、建物もこの工法です。 (5)筋違みたいな板とは?今施工段階で、仮筋違を、しているのかな?跳ねだし部分なので、屋根葺が終わるまでの補強では、ないでしょうか 板金・瓦屋が上がるので・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 木造建築の安全性について

    子供の通っている幼稚園の建物についての質問です。 その幼稚園はまだ新しく、木をふんだんにつかって、 やさしい感じの建物でいいのですが、まだ5年くらいしか経ってないのに、 ホールや廊下の天井などの柱や梁の木(丸太?)にはほとんどヒビというか亀裂が縦に入っています。 小さい亀裂ならいいのですが、直径150mmくらいの柱に10mm 弱くらいの幅で長さも柱の長さの3/4くらいは亀裂が入っています。 しかもほとんどの柱や梁に亀裂があります。 まだ新しいのにこんなにヒビというか亀裂は入るものなのですか? また、こんなに亀裂が入っているのに安全性に問題はないのでしょうか? 更に、園庭にある遊具も丸太を使った木製のものが多いのですが この遊具(滑り台等)の丸太のほとんどにも亀裂が入っています。 これも安全性に問題はないのでしょうか? これについて、建築・設計士、大工さん等の専門家の方のみご回答ください。 なお、今回は伝聞や推測、ネットで調べたことなどの一般の方の回答、自信の無い回答はご遠慮ください。

  • 耐火建築物

    耐火建築物を検討しています。壁、柱、屋根、階段、梁、床などには耐火時間の制限がありますけれど、軒裏(軒天)にはどのような制限が掛ってくるでしょうか

  • この建築工法の違いが分かりません。

    住環境コーディネーターという試験のテキストに建築の工法について記載されているのですが、違いがイマイチ分かりません。 ○軸組工法 ○枠組み壁工法 この二つは土台に筋交い、柱、梁が使われることは共通のようだということまでは分かりましたが、壁の設置の仕方がイマイチどう違うのか分からないのです。同じに思えるのですが・・・。 それから、鉄筋コンクリートと、鉄骨コンクリートの違いはどこにあるのでしょうか?ド素人ですのでどうか分かりやすくお願いします。

  • 回答No.4
  • tkofji
  • ベストアンサー率59% (34/57)

No.2、No.3の回答が筋とは思いますが、現場で質問しても問題ないとか、はぐらかされる回答しか得られないので、こういうサイトで専門家なり経験者の知見を得たいと思っているでしょう。その経験者の浅い知見から、 (1)10cm以上の亀裂が数カ所/3cm×3cmの深さ1cmくらいで欠けたような穴→配筋がしっかりなされていれば、単なるヒビや欠けで強度的には問題ないでしょう。夏場のコンクリート打ちの養生が適切でなかったのかもしれません。確認しましたか? 穴部がジャンカ(コンクリートが混ざっていない)であれば、水が浸入してきますので、モルタル補修をした方が良いでしょう。 (2)黒ずみが、雨に濡れる前からあったのであれば、単にボードの変色という可能性もあります。雨にぬれた後に生じたものであればカビの可能性が高いので、完全に乾燥した状態で紙やすりなどで除去してもらいましょう。 (3)筋交いはプレカットではなく現場施工なので、隣の現場でぴったり収まっているのであれば、大工の腕の違いでしょう。筋交いは圧縮に対する部材なので、ぴったり施工するのが筋です。まあ、多少ずれていても金物で固定されているはずなので、問題ないとは思いますが・・・。気になるのであれば、現場監督或いは営業に隣の現場と比較させ、対応させたほうが良いでしょう。ただし、お宅の現場の大工が切れてしまうかもしれませんがネ。 (4)大工の腕が悪いかプレカットの精度が悪いか、どちらかわかりませんが、これは具合悪いですね。しっかり固定してやり直させましょう。大工に言っても言うことを聞かないのであれば、営業か現場監督に言いましょう。建売の現場には現場監督をほとんど顔を出さないと思いますので、営業にクレームした方が早いかもしれません。 (5)これは、小屋束がずれないように固定する雲筋交いというものです。部材も幅30mm×暑さ5mm以上であれば問題なく、構造上の強度を分担しているものではありませんので、心配無用です。 程度のアドバイスしかできませんが、お役に立でば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。 (1)コンクリート打ちは確認しておりません。基礎部分にジャンカはありませんでしたが、コンクリの階段部分にジャンカがありました。早急に補修するよう、頼んでみます。 (2)もうだいぶ日にちが経ってしまったので無理かもしれませんが、聞いてみます。 (3)確かに金物で固定されていますので大丈夫だとは思いますが、地震の時に不安ではあります。 (4)一応、写真には収めたのですが、角度がイマイチだっため今度現場でもう一度確認してみます。 (5)ありがとうございます。初めて知った言葉です。調べてみて納得しました。 まだまだ不安な部分が出てきたので、再度こちらのホームページで質問させていただく予定です。本当にありがとうございました。

  • 回答No.3

工事監理者はどのように答えておられますか? 納得がいくまで確認してください。 隙間もひびも許容限度と許される場所そうでない場所あります。 いろいろ勉強されているのはわかりますが、素直に聞いてみるのが よいと思いますよ。 くれぐれも欠陥を前提に話をすると、業者は嫌な顔すると思いますけど。 ここでの回答はこういう問題にはあまり役に立たないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 大丈夫かどうかあなたが第三者の建築士に費用を払って見てもらうか、工事請負業者に徹底的にたずねてください。  現場も見てないのにここで判断を仰いで酷い目にあっても誰も責任をとってはくれません。  このような質問は特に匿名のOKWAVEのコーナーにはなじまないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • 2008ELF
  • ベストアンサー率32% (64/196)

質問1 ベタ基礎は元々地盤が不安定な土地に安易に出来る基礎補強工事とその対策方法の1つです。万が一沈んだ際も一部ではなく家全体が沈むように・・・。 また、内部の亀裂は仕上げ上の問題であまり良い状態とはいえませんが強度には問題ないと思われます。また穴は基礎工事段階で基礎内部に水が溜まりそれを排出するドレン的役割と考えられます。 問題2 腐って落ちる素材を使用しているとは思えませんが、長年、紫外線、雨、風に当たれば大抵のものは劣化します。家は一生持つものではなく手入れが必要ということを認識してください。 問題3 いいとはいえませんが、もともと建売では冬季間の大工を遊ばせない為や客を利用した完成見学会展示場が途切れ営業展開が出来ず苦し紛れに作ったものなど何か理由があります。管理者が身内で建てられた物件です。注文住宅よりは言い訳がありません。その代わりに安く早く現物を見て購入できるのです。やはり購入時には詳しい人にみてもらうべきでしたね。 問題4 これもいい状態とはいえませんが、建物の構造躯体は10年保障の該当項目です。さしあたり問題ないでしょう。ですが、木組み軸工法の時点で耐震性を心配しても大地震が来れば皆潰れますよ。生き残る可能性あるのはその工法でもパネル工法で大丈夫なのは2×4(6)工法のみ。この工法は倒壊ではなく転ぶ?が正しいかも。(阪神淡路大震災2×4工法で地域の1万数千棟全棟を土地家屋調査士検査、住めない住宅1棟のみ)コンクリートも大地震には・・・。ちなみに2×4は世界で一番建てられている工法で誰が作っても同じように出来る建設方法です。(大工の腕は関係ない、設計図上あなたや私が作っても大工が作っても同じものが出来ます、違うのは完成スピードだけ)札幌の時計台や北海道大学が歴史もありますし100年程度の実績ある建物としては有名です。 問題5 状況がいまいち分かりませんが、木材同士の接触がなく金物で取り付けていないのは少々の不安。1箇所でなく全箇所なら何か理由があるのかも? 個人的見解は問題3に列記した事が本音です。私たちそれに携わる業者でさえ完成された物の内部を全部知ることは出来ません。見える範囲での判断となります。ですが、今の建築には非常にうるさいのが現状です。それほど心配する事はないと思います。心配なら、知り合いの大工や電気工事士、設備屋を招待し床下と天井を確認してもらえばいいと思います。御礼は1食1宿かその後居酒屋→スナックで十分です。私ならすぐ行きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変お詳しいご回答ありがとうございます。ご意見を伺い、多少安心いたしました。 建築状態は現在、断熱材を入れ、外壁をやっている最中で、柱や梁などがまだ結構、見れる状態です。 大工の棟梁さんは頼もしい方で信頼はしているのですが、細かいところは下請けの大工さんがやっているのでちょっと心配しています。

関連するQ&A

  • 木造 準耐火建築物

    地上2階建てなのですが、準防火地域で500m2<S≦1500m2の為「準耐火建築物」にしなければなりません。予算的に木造で建てたいのですが、木造で準耐火建築物は実際問題可能なのでしょうか? 私の解釈では(イ)準耐建築物で、内壁に関してはt=15の石膏ボード。床の裏側もしくは天井にt=15の強化石膏ボードを張り、防火被覆の取り合い部に当て木等の処理を行えば、「壁内の柱」もしくは「天井内の梁」は防火被覆しなくてもよいと思っていたのですが(H12告示1358号参照)。私どもの地域の主事の認識では柱・梁も防火被覆しかつ、壁・天井も準耐火構造にしなければいけないとのことでした・・。 この告示の柱・梁とは「真壁・あらわし梁」のことで、大壁・懐内の梁に関しては壁面等で準耐火構造をとれば(取り合いは当て木を行えば)問題ないのではと思っているのですが、やはり問題があるのでしょうか? 正直、梁・柱を一本一本防火被覆をするのはあまりにも現実的ではないと思うのですが・・。どうか教えてください。よろしくお願い致します。

  • RC梁でなぜ端部のせん断力が大きい?

    ある建築士テキストに 梁のせん断力は端部で大きくなるために あばら筋は梁両端部に密に入れるとあります。 梁(や柱)のせん断力はM/Lで全長にわたり同じではないのでしょうか?

  • 仕上げ方

    こんにちは。住宅の建築にあたり、いろいろな仕上げ方法があると思うのですが、天井を貼らずに梁を現しで仕上げてしまう方法があると思うのですが、天井を貼らない分コストが抑えれそうに思うのですが現し仕上げ用に梁自体に特殊な仕上げを施すのでしょうか。もしくは現し仕上げ用の梁とかがあるのでしょうか。余計に高くついたりしますか?壁も同様に、石膏ボード等費用が抑えれそうに思うのですが、柱や筋交いに特殊な仕上げを施すのでしょうか。教えてください。よろしくお願いします。

  • 木造住宅の柱と梁の接合部の経年劣化

    築30余年の木造2階建て(在来工法)住宅に住んでいます。 先日、LANケーブルの配線で1偕天井裏に入りました。柱と梁の接合部近くでで作業していて気づいたのですが、柱と梁の直交部に斜めの短い筋交い(正確な名称を知りません)を留めている金具のナットが緩んでいました。何箇所か点検しましたら、指で回るほど緩んでいるところもありました。 同様の箇所は2Fも含め、たくさんあると思いますが、経年劣化で緩んでしまったのでしょうか? 専門家に「増し締め」してもらうべきでしょうか?放置しても問題ないのでしょうか? 専門家の方のお知恵をお貸しください。

  • 屋根を支える梁にダクト穴

    2FにLDKでオープンキッチンです。北側斜線で2Fの天井の一番低いところから50cmほど離してキッチンがあります。 レンジフードは斜め天井付けのものです。 レンジフードからダクトがでているのですが、 建築中の現場に行ったところ、天井を支える梁に穴をあけてダクトを通していました。 ちょうど、2Fの屋根の一番低い部分に梁があり、 梁に穴をあけないとダクトを通すスペースがなかったようです。代わりに柱を梁に対して立てて補強されていました。 ダクトも柱もキッチン横の壁に埋め込まれているので見た目には 全くわかりません。 天井を支える梁にダクトの穴をあけても問題ないものなのでしょうか?

  • 素人なりに脱衣所をリフォームして

    素人なりに脱衣所をリフォームして 朝シャンができるようにして嫁に喜ばれました。 そこで今度は2階のリビングの床に穴をあけて 掘りごたつ(電気)風にしてみたいのですが そんなこと可能でしょうか。 十字に梁が入っているだけなら梁を切断しないように 床に穴をあけて箱をつければいいような気がしますが。 稼業が土木鉄工業なのでたいていの道具はあります。 ただ建築は素人です。 専門家の方のご意見をお待ちしています。

  • 化粧柱の取り付け方に不満があります。

    現在新築中です。 我が家はリビングアップで 階段4段分は片方が手すり、反対側はオープンです。 オープンになっている側に 我が家のシンボルになるようにと思いを込めて 丸太の化粧柱をお願いしました。 先日、待ちに待った化粧柱が取り付けられたのですが。。。 取り付けられた化粧柱に納得がいかないのです。 理由は2つ。 詳しい方、3点の質問について意見をお聞かせください。 (1)無垢の丸太なので、いつかは割れが生じるとは覚悟してました。 それも経年の味となり、一緒に過ごした時間だということで愛着が沸くだろうと 思っていたのですが、既に何箇所か亀裂が入っているのです。 ⇒これは無垢だということで、仕方のないことなのでしょうか? 『亀裂が入っている』という文句は通らないものですか? (2)取り付け方に疑問があります。 我が家の天井は、『井』の字(?)升目に梁をだし、 梁の間を珪藻土で仕上げます。 柱の天井部分が珪藻土にあたるところであれば問題ないのですが ちょうど梁の部分になっておりました。 写真のように、丸太は梁の部分で平らにカットされ、 天井の珪藻土部分と空間ができてしまってます。 梁より丸太の方の面積が大きいので目立ちます。 飾り用とはいえ『柱』なのに柱全体が天井にくっついていないのです。 ⇒梁を隠すように、カットして取り付けることはできなかったのでしょうか。 また、建前の段階で、その部分の梁をなくすとかできなかったのでしょうか。 (階段右側の天井の梁は一辺のみありません。) 現場監督に話をしたら『これが限界なんです』と言われましたが 納得できません。 もし、この2点が仕方ないのだとしたら 柱を取り去ってもらえないかとも考えています。 ここで、3つ目の質問ですが (3)フローリングには取り付け用の長方形の穴があけられていました。 丸太の下側はその長方形にはまるように、出っ張らせてカットし、 はめ込んであります。 ⇒空けられた穴はきれいにもとに戻せるのでしょうか? 長文で申し訳ございませんが、 どなたか知識のある方、お知恵を貸してください。

  • サイディングの亀裂について

     こんばんは。長文で申し訳ありませんが、自宅の外壁にできた亀裂についての対処法を教えてください。  我が家は2002年6月から着工し10月に完成しました。外壁はサイディングを釘打ち施工したもので、柱は杉で、グラスウールなどの断熱材は入れませんでした。今年の3月に気づいたのですが、南側の壁面一階部分に窓が3ヶ所あるのですが、窓枠の左上の角からサイディングの端まで約3cm~5cm程度の亀裂が斜めに入っています。他にも、同じく南側にあるベランダのサイディングの接合部分が浮いてしまっているところが1ヶ所あります。  昨日、建築した業者に来てもらい尋ねたところ、ベランダ部分については「中の柱が乾燥してきて曲がってしまったので浮いた。浮いたサイディングの上に当て木をしたうえで金槌でたたいてみればよいのではないか。」と言われました。窓枠部分の亀裂については「サイディングが熱により収縮をしたため亀裂が入った。その部分については貼り替えをします。」と言われました。  サイディングって熱で収縮して簡単に割れてしまうものなのでしょうか?もしそうであれば割れた部分を貼り替えてもまた割れてしまうのではと心配しています。  良い対処法など教えてください。よろしくお願いします。

  • 光回線工事の際、壁に穴を開けられたのですが・・・

    光回線引き込み工事の際、内壁から外壁に直径1cm程度の穴を開けられたのですが、 柱・筋交い等を避けて穴を開けるのが常識ではないのでしょうか? ドリルで穴を開ける時、位置等ろくに確認せずに窓枠から10cm程度のところに穴を開け、 その際、細かい木屑が相当量出てきたので、おそらく柱か筋交いを貫通しているのでは?と思っています。 工事後気になったので、電話で工事業者に確認したところ、柱は避けているとの回答でしたが、 木屑が出たことに疑問を感じ、また地震も多発しており、心配しています・・・。 柱・筋交い等を避けていれば、石膏ボードと外壁(モルタル)の屑が出る程度で、 木屑はそれ程出ないものではないのでしょうか? 2階建ての古い戸建て(在来工法)ですが、建物の強度等に影響はありませんでしょうか? 今後の対応策も併せて、お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けましたら幸いです。 よろしくお願い致します。

  • 柱移動!?筋交い排除!?設計ミス!? こんな事ってよくあることなのでしょうか?

    お世話になります。 いつも拝見させていただき、参考にさせていただいております。ありがとうございます。 当方現在木造新築建築中で、8月引き渡し予定の者です。 タイトルの柱移動・筋交い排除について専門家の方、または経験者の方にお聞きしたいのですが、 上棟以降から現在まで一人の大工さんで黙々と作業していただき着々と家らしくなってきました。 システムキッチンを2700を入れるのでそれに併せて工務店で設計してもらい、 その設計図を元に大工さんが柱・筋交い等入れていました。 しかしここにきてシステムキッチンの幅と柱がが50ミリ合わず、柱の移動・筋交いが取り付け不可能になってしまいました。 見た感じも明らかにずれていて、大工さんは、壁・天井をすれば分からなくなる。 また、強度的には補強をするので大丈夫。と言ってました。 しかし、自分としては納得いかず、何とか文句&値切り・サービスを!と考えています。 大工さんは、設計図を見てそのまま建てましたが、移動しないとキッチンが入らないので。と正直に言ってくれました。 自分のミスをわざわざ施主には言わないと思い、大工さんには非はないと思います。 設計・契約等すべて交わしている工務店に何とかガツン!!と言ってやりたいのです。 柱移動・筋交い排除から約一週間何も言ってこない工務店。 前々から気に入らない事ばかりで・・・。ここぞとばかりに何か言ってやろうと考えています。 このような柱移動・筋交い排除など建築中の施主に伝わらない勝手な変更等、よくあることで問題ないのでしょうか? 長文になりましたが、専門家の方また、このような経験があった方のアドバイスよろしくお願いします。