• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

木造建築物の基礎に使用するコンクリートについて

こんにちは。hinabonといいます。 一戸建て住宅の設計が最終段階を迎えたところです。 ここで、疑問が出てきました。基礎に使用するコンクリートについて、みなさんに教えていただきたいことがあります。専門知識のある方、教えてください。よろしくお願いいたします。 家は、木造2階建てのほぼ在来工法(集成材を使用し、柱と梁の接続に金具を用いるWinwoodという工法です。)で、ベタ基礎を採用しています。現地地盤は土丹に近い地盤です。 4月9日より、着工して根切りが入る予定です。上棟は5月7日です。 現設計では、 ・レディーミクスト 普通ポルトランドセメントを使用する ・圧縮強度 21N ・スランプ 18cm とのことでした。また、養生は必ず中3日は取るように伝えてあります。 できれば、早強を使って欲しいとお願いしたところ、ベタ基礎の立ち上げ部のみ使用しますと回答がありました。 ここで、みなさんに教えていただきたいのですが、 (1)通常、木造建築では、基礎のコンクリートは普通コンクリートを使用するのでしょうか?上棟までに1ヶ月あるので強度は出ると思いますが、その前に土台やら何やらで荷重がかかるのではないか心配です。早強は使わないんでしょうか? (2)木造なので圧縮強度は21Nで十分かとおもいますが、スランプが18cmというのは、いささか、緩いのではと思うのですが、どうでしょうか?通常建築はこの位なのでしょうか? (3)型枠を3日目で外すと建築会社が言ったので、7日は外すなと注文をつけたのですが、外すのが大変だからと、5日になりました。 通常、どの程度で外しますか? 以上3点です。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数912
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

設計者です。 (1)普通ポルトランドセメントを使用します。 (2)スランプを15にするか18にするかは、作業性の観点で決めています。密実なコンクリートに仕上げるということが重要なので、鉄筋の組み方や本数等を考慮して作業のしやすいスランプ18cmを選択することは、よくあることです。 (3)存置期間中の平均気温が15度以上であれば、3日で大丈夫です。 5~15度の場合で5日、0から5度の場合8日です。 いずれの場合も5日間以上気温が2度を下回らないように養生する必用があります。 また5日以上の期間、コンクリートを湿潤状態にする必要がありますので、毎日散水するなどの養生を行ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。 やはり、普通ポルトランドなんですね。 本日、建築会社より実施工程表が提示されました。 立ち上がり部コンクリート打設日より、丁度20日目に上棟を行うとのことです。 着工後、浄化槽設置や根切り等を考えると、もっと短い期間だと思っていましたので、すこしは安心しました。 スランプもやはり18cmなんですね。あまり聞き慣れない数値だったので違和感があったんです。(いつも8cmなもので・・・) 型枠も鋼製型枠を使用すると説明がされました。 違う建築会社の工事で、コンパネの型枠を1日目で、ハンマーやバールを使って、こじり取っている姿を見たことがあります。それが建築業界の常であるのかと思ってしまうと、とても怖くなったのです。 happyhouseさんの回答でも3日で大丈夫とのことですし、鋼製型枠を使うとのことなので、すこし不安が取り除けたと思います。 ありがとうございました。

質問者からの補足

スランプについて、補足質問させてください。 建築会社へ打設時にはきちんとバイブレーターをかけてくださいとお願いしたところ、「かけすぎると分離してしまうので、どうかな? 型枠をハンマーで軽くたたく位で良いんじゃない?」と回答がありました。 スランプ値が18ともなると、バイブレーターをかけずとも、自然と気泡などの除去や締め固めがされるんでしょうか?また、そんなに分離しやすいものでしょうか?

関連するQ&A

  • 木造建築と時代

    今、僕(高一)は「木造建築と時代」という題名でレポートを作成しようとしています。 書こうと思っている内容は、「現在と昔の木造建築の違い」、「法隆寺や東大寺のような昔の木造建築はどのようにして今まで残る強度を保っているのか」、「今と昔の使用されている木,木材の違い」、「未来にむけてどんな木造建築の構想があるのか」というようなものです。 しかし、なかなか情報,資料が集らず困っています。そこで、上記のような内容が掲載されているサイトを教えてほしいのです。よろしくお願いします。

  • 木造住宅の基礎のコンクリート

    ベタ基礎なんですが、このHPやいろいろなサイトを見ると コンクリートの強度は18N/mm2で大丈夫と言うところと 公庫などの基準が変わって24N/mm2となっているところと いろいろあって困ってます。 建築学会の小規模建築部部の基礎設計を見ると、180kgで 標準の配筋とかの表が載ってました。 実際において、小規模の住宅では構造計算屋に出さず、何かしらの 本の基準で基礎を設計する場合もあると思います。 温度補正や品質補正?など関係無く建築基準法上では最低18N/mm2で 基礎のコンクリートを考えておけば、基礎において違法とならないのでしょうか?(配筋や立ち上がりのスパンを表のとおりにやったとして) 設計として設計強度を提示して、冬場などは温度補正を指示。 後の品質補正?については請け負い業者の管轄になってくるのでしょうか?

  • 基礎コンクリート

    木造建築に於いてベタ基礎普通コンクリートで考えていたが 高炉Bコンクリートの提案があり検討中です。 伸縮がおおくひび割れ等が気になるが使用事態は問題ないのでしょうか?メリットデメリットお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

バイブレーターについて 設計を行っている者の立場からするとバイブレーターは、なるべく使わせない方針をとっています。 理由としては、締め固めるためでなく流し込むことに利用される傾向にあり、コンクリートの分離など均質且つ密実に打設することと逆の結果になることが多々あるからです。 型枠を木づちでたたくだけというのは、少し極端かもしれませんね。 竹や木の棒でつつきながら打ち込めば大丈夫です。(この方法が本来のやり方です。) 気泡に関しては、バイブレーターでは消えないので、ハンマーで型枠を叩くのが正解かと思います。(叩きすぎは禁物ですが…) バイブレーターが金属型枠や鉄筋に長時間触れると簡単に分離しますので、使わないですむならそのほうが安心だと思います。 金属型枠ということですので、基礎の精度も高く作れるだろうと思いますし、とくに問題はないでしょう。 あとは、アンカーボルトの設置を田植え式にされないように注意するくらいじゃないですかね。 コンクリート打設前に型枠及び鉄筋に固定されているか確認して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。 色々とわかってきました。 バイブレーターも使い方次第ですね。反対にうまく使えないと直ぐ分離を起こしてしまうのであれば、確かに使わない方が良いのかもしれません。 鉄筋も重要なのでアンカーボルトの設置も注意して、確認していこうと思います。 色々教えていただきましてありがとうございました。

  • 回答No.2

木造軸組構造2階建ての基礎コンクリートで、お悩みのご様子ですが、今、業者とお打ち合わせの条件(1,2,3)で充分と思います。 早強セメントは、一般的に使いません。 私は大手ゼネコン・設計事務所など渡り歩きましたが。 猶、私は最初の住まいを鉄筋コンクリート造打ち放しで、今、住んでいるのは 木造2階建て在来工法(基礎は布基礎)で建てました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 やはり、早強セメントは一般的ではないんですね。 業者の条件で十分とのことでしたので、スランプ値も一般的なんですね。 なるほど。 参考にさせていただきます。

  • 回答No.1

結論から言いますと質問者は素人の言ったことを信用してオーバケアになっています 早強の必要はありません 普通で充分です また型枠外しは打設3日目で可能です 普通のコンクリートならば 24時間で型枠を外せるだけの強度は発現します(指で押してへこまなければ型枠は外せます) 要点は  打設後固まり始める前の凍結を防ぐこと(冬季) と  1週間程度は表面の異常乾燥を防ぐことです これに、特別なことを行う必要はありません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 早強は必要ないんですね。 参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 深基礎

    建築条件付の土地を購入し現在建築中です。 ベタ基礎ですが、一部駐車場スペースに接する部分は深基礎にする必要があり、基礎を通常より1mほど深くしてもらう計画でしたが、設計者と現場監督の連携ミスで深基礎がされずに基礎工事を終了してしまいました。 もちろんクレームを入れ深基礎にしてもらったわけなんですが、一度ベタ基礎で仕上げた基礎の一部(幅3mくらい)に後から深基礎を追加しています。継ぎ目がなんとなく分かるようになってます。 こういう対症療法的な工事はよくあることなんですか?また強度的には問題はないのでしょうか?35年ローンの一世一代の買い物なので心配です。専門知識のある方、是非教えてください。 ちなみに施工業者は小さい会社ではありますが、怪しい業者ではありません。むしろ建物の品質やデザインには評判が良く、設計者や現場監督もとてもいい人です。今回のミスについても非を認めた上で、『問題のない方法で対処します』と言って迅速に動いてくれました。 ちなみに木造在来工法の2階建てで、既に上棟も済んでます。

  • 木造建築物の隅柱は芯材が適当ですか?辺材は不適当な

    木造建築物の隅柱は芯材が適当ですか?辺材は不適当なのでしょうか? 10m2の平屋ガレージを建築中です。コンクリート基礎立上りに105mm角の土台。2×4工法を考えていますが、開口部と勝手口により壁量が少ないため、四隅のみ105mm角の柱をホゾを刻んで建てたいと考えています。そこで、柱の木材なのですが解体で出た松の辺材が多数あるので使用するか迷っています。また後日解体現場があるので杉の芯材を探しに行こうかとも思っています。 松の辺材を柱にするのは適当ではないのでしょうか?よろしくご教授ください。

  • 基礎のコンクリートに関して

    基礎について質問です。  基礎の立ち上がりの   コンクリート幅が12cmということで   ネット上では15cmくらいにしたほうがいいと・・・。  すでに建築確認が通っているので変更できないといわれました。  そこで   質問ですが   基礎の図面には    鉄筋 SD295A D13@200    コンクリート FC21N/mm2           21-15-20    とありました。  これは一般的な仕様でしょうか?  また、この場合のコンクリートの強度は設計強度なので  実際に使用するさいのコンクリートの強度は大きめのものを   使用するのでしょうか?  どのていどのセメント比ですべきなのしょうか? 以上、よろしくお願いします。      

  • 基礎コンクリートの養生期間について

    こんばんは。 この度、建売住宅のフリープランで一戸建てを建てる事になりました。 6月24日(土)晴 に型枠へのコンクリート打込みが完了し 6月25日(日)雨 に担当外営業さんと立ち話した所 水曜日くらいに型枠を外し土曜日に上棟かな?と言う事で 安心していましたら 6月26日(月)雨 午前中には型枠が外されていました。 驚いて担当営業の方に電話連絡したところ 折り返し連絡を下さり 強度検査を通過したので型枠を取り外したとの事 上棟の日までは何もしないのでその間で強度がつきますよ。 何か問題があれば工務店側で全て責任は取ります。 と言う事でした。 担当営業の方も「そうですね、通常は4日ほど置くんですが・・・」 とおっしゃっておられとても不安です。 また、その強度検査の結果を見せてもらう事は出来ますか? お聞きしましたらそれは出来ないと言われました。 7月3日の上棟から遅くとも8月20日には引き渡せると言われ 工期の早い理由はうちの建物に大工さんが5人ほど入るかららしいのですが 何だかとても急いでいるように思えてなりません。 こんな工事で大丈夫でしょうか? 何か何でも構いませんのでアドバイスあればお願いいたします。 工法は木造住宅です。宜しくお願い致します。

  • 住宅のコンクリートの設計基準強度について

    地下1階(RC)地上2階(2×4)長期優良仕様にて新築中、現在掘削が完了したところです。 構造の仕様書を見ると、コンクリートの設計基準強度が24N(呼び強度27N)、スランプ18cmとなっています。 長期優良なので水セメント比は50%なのですが、設計基準強度の24Nは妥当なのでしょうか? ウェブで色々調べてみると長期優良の場合30Nと出てきたりします。 構造設計者に聞いたところ30Nはやったことがない、過剰設計であると思う、とのことでした。 水セメント比の規定はあっても強度の規定は無いようですが(24Nでスランプ18cmならOK?)、 実際、上記の仕様は妥当なものかご意見いただければ幸いです。

  • 木造用発泡コンクリート板(ヘーベル)の強度について

     私の家は、木造軸組み工法平屋建て瓦葺です。通常の軸組み工法(斜め材など基準通り入っている)で、大壁(耐力合板を内外に張り付け、柱、間柱をサンドイッチ状に挟み込んでいる)になっています。外壁はその耐力合板の上に木造用の発泡コンクリート板(ヘーベル)を打ち付けています。  強度的には十分に作ったつもりでしたが、発泡コンクリートは中の金網も細く、それ自体の重量のため、建物の対地震抵抗力に寄与せず、かえって負担になっているのではないかと思っています。  ラスモルタル壁の方がよかったかなとも思いましたが、いかがでしょうか?別途、保温性、ひび割れ、塗装等の問題もありますが、耐震強度の点だけでお答えいただければありがたいです。

  • コンクリート引張強度について

    学生で建築を学んでいるものです。 コンクリートの割裂引張試験で圧縮強度が16.1N/mm2に対して引張強度が7.1N/mm2になりました。一般的にはコンクリートの引張強度は圧縮強度の1/8~1/10になると参考書等には書かれています。 引張強度がこれほどずれて出てしまう原因には何があるのでしょうか? よろしくお願いします。 今回は低強度コンクリートでの実験で、設計基準強度が15N/mm2で、水セメント比が74%と特殊なものでの実験でした。

  • コンクリート

    よく設計書などを見ていると、コンクリートに 18-5-40とか18-5-25とか書いてあります。 強度・スランプ・最大骨材であると思いますが、 これらのコンクリートの使い分けに明確な基準・指針等はあるのでしょうか? 例えば、桝の基礎には18-8-40とか。 側溝の均し基礎には18-5-40とか。 よろしくお願いします。

  • コンクリートが固まるまでの日数

    上棟祭が三週間後に迫っているのですが、 まだ基礎工事がまったく始まる気配がありません 北陸地方なので、雨や気温が低く上棟祭までに基礎のコンクリートが固まり強度が信頼性のあるものになるのか 心配です。基礎の形式はベタ基礎となっています どなたか詳しい方のご意見お待ちしております

  • 木造 べた基礎のコンクリート品質基準強度

    教えてください。 木造の基礎でコンクリート設計基準強度を18にした場合、品質基準強度は21でいいのでしょうか? ジャス5が変わってから明記のしかたが曖昧でよくわかりません・・・・ 以前は18の21+温度補正値を増していましたが、現在はいらなくなったのですか? 宜しくお願いいたします。