解決済み

集中力について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.4171140
  • 閲覧数50
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 34% (21/61)

 中学2年のものです。   
自分の集中力がある原因によって、持続できる時間が短くなってしまいました。どうやったら、戻すことができるのでしょうか。

 ある原因とは
・僕の学校では授業崩壊が起きていて、集中している状態なのにうるさい人がいると先生が授業をストップさせてしまう。それが起きるようになった時期から長い時間考えるのがきつくなった。
・ネットサーフィンをしている(これは自分で改善します。)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

 集中力の持続が短ければ、集中力が続かなくなるたびに一分くらい休憩を入れましょう。元々、一説では人間の集中力の多くは十五分くらいと言われていますから、せっぱ詰まって無理矢理頑張るより、休憩をときどき入れた方が勉強が身につきますよ。
 そうして勉強を続けていけば、「集中すること」に身体も慣れていきますから、元々の集中力も回復していきます。
 それと疲れていたり栄養が足りていないと、思うように集中ができません。朝食をしっかりとって、毎日七時間以上は寝ましょう。よく寝た方が、身長も伸びます。
 また勉強するときはテレビやパソコン、音楽なんかも消した方が良いでしょう。とはいっても勉強詰めはストレスと疲れがたまりますから、やはり勉強とは別に、お遊びの時間もときどき取ることが大事です。子供ならスポーツがよい気分転換になりますが、ネットサーフィンを楽しめるなら、それでも構いません(でもほどほどにしましょう)。
 中学から勉強を頑張れるなんて、ご両親の教育と、アナタの頭が良い証です。すばらしいですよ。無理しないよう、ほどほどに頑張って下さいね。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 20% (234/1134)

こんにちは

学校のことはなかなか個人で状況を打破するのは難しいでしょう。
パソコンに限らず、テレビなど受身的な活動はさけたほうがいいと思います。
集中力ですが、慣れれば慣れるほど多くの時間集中できるようになりますから、毎日必ず集中して勉強する時間を作ることと、少しずつ伸ばしていくイメージでしばらく続けてみてください
  • 回答No.2

ベストアンサー率 48% (5664/11798)

こんにちは。

ご質問の趣旨に沿っているか自信がありませんが、
以下に、今年の3月に私が投稿した文章を引用します。
お役に立てるようであれば幸いです。


--------------------------


昨年8月29日放送のNHK「ためしてガッテン」でやってました。

・ヘッドホンで環境音(川の流れや鳥のさえずりの音など)を聞く。

・手書きで「クリアできたら旅行に行ける!」などの集中ワードを書き、勉強机の前方に貼る。
 (勉強中、ちらちら目が行くので、やる気が湧く)

以上のことは、工場の検査員の女性2人で実験し、見事効果を発揮しました。
(1時間あたりの検査処理個数が、50%アップ!)

また、
・勉強の前に、「集中儀式」(=専門用語)を行う習慣をつける。たとえば、コーヒーを飲めば集中できる、と自分に信じさせる。

等々。

詳しくは、こちらでどうぞ。 必見!
「脳もビックリ!集中力アップ大作戦」
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2007q3/20070829.html


ちなみに、
昨年、同様の質問に同じようなことを回答したのですが、
質問者さんから「すごく集中できました!」というお礼が返ってきました。
これです。↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3382430.html

そして、
「勉強時間を長くする」方法については、こちら。
http://mpk1.com/gakusyuryo.htm

こちらもご参考に。
http://passnavi.evidus.com/goukaku/keisetsu/200707/chiaki/
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ