• ベストアンサー
  • 困ってます

hope

I really hope i get to see you again. ってどのくらいの願いなんでしょうか? 社交辞令的なもの?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1639
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

アメリカに住んで40年目の終わりに近づきました。 このカテで書き始めて8年目に入りました。 私なりに書いてみますね。 英語表現の社交辞令とはあまりにも使われすぎてフィーリングがこもっていると思われない表現方法のことを言います。 良い変えるとありきたりの表現は心がこもっているように感じない、と言うことになってしまうわけです。 日本では「礼儀正しい」と言うレッテルが張られるのでしょうがこちらではそれを感じることは非常に堅苦しい状況での堅苦しい表現で一般人で走らないだろうな、なんていう表現でしょうね。 (私なんかは知らない表現のことを言います。) そして、今回の表現のなかのI hope (i get) to see you again.なんですね。 これが心がこもっていないと思われるほどよく使われる表現で、これを本気に受け取ってしまうと、なんだよ、あの時にはまた会いたいと言ってじゃんか!と感じてしまうわけです。 しかし、この社交辞令的に表現を「拡張して」いかにも社交辞令なんじゃないよ、俺の気持ちがなんだよ、本当に、と言うフィーリングを言おうとするわけです。 この「本当だよ」がreallyなのですね。 そして、I get toと言う、出来たら良い、そういう機会を得る、と言う表現を更に追加する事で今回の表現にフィーリングが出るようになるのですね。 よって、社交辞令では出せないフィーリングをこの文章では出している可能性が大きいと言うことになるのです。 そして、これが会話でのお別れの言葉であれば、必ずreallyとget toと言う部分を強く発音している事でしょう。 参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます reallyとget toなんですねポイントは すごく勉強になります わたしもこれからアメリカに住むのですがこんなでいいのかな~って 悲しくなります

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

Gです。 もう少し書いてみますね。 社交辞令的なものかどうかと言う事ですが、社交辞令とはなんなのか、と言うことを考えても良いのではないでしょうか。 社交辞令とは私にとっては、感情がそれほどこもっていないけど、言わなくてはならないと感じる慣用句的な表現、と私はします。 つまり、決まりきったことを言う事が礼儀正しいと思い込んでいる人にとっては英語と言う表現を使うことに対してのフィーリングと言う物を考えずに「規則に」「作られたマナー」に沿っていっているだけの事が正しい、礼儀に沿った、と言う考えを持ってしまうわけですね。 これは日本の言葉の文化であるわけですから十分使われるわけです。 つまり、決まりきった事を言わなければ礼儀正しいと思われない風習があるからそういうことをする、と言うわけです。 つまり敬意を示すと「される」表現なのですね。 つまり、かっこだけ、と言う事もあるわけです。 敬意を示す理由はあるのだけど本心は違う、でもしなくてはならないと言う状況で、それに一番都合の良いのがこの社交辞令的表現なのですね。 よって、やくざや詐欺師はこれを非常にうまく使うわけですね。 敬語の使い方、社交辞令の知識の奥の深さは彼らが一番といっても良いほど「使われる日本語力」の大家なわけです。 口がうまい、と言う表現でもこれは表せますね。 上下関係を重要視する日本の風習では仕方ない事でしょう。 それがフィーリングなのですから。 そして多くの人は「乗られてしまう」わけです。 しかし英語での社交辞令とは慣用句的になった挨拶表現なのですね。 最少限度のマナーといっても良いかな。 しかし、英語では、言葉の使い田として、ソシテ本心である事をより確かに伝えるために「慣用句的ではない表現を追加する」わけです。 出来合いの繰りますカーでも、バースデイカーでもMarry Christmas, Happy Birthdayと言う表現がすでに書かれているにも関わらず、自分の思いを手書きで書くわけです。 Hope your holiday has been a great one.とかHope you are enjoying you day!!と言う風にするわけですね。 今回の場合も、それなのです。 そして、この人が使った、get toと言う砕けた表現(たぶん学校では教えてくれないのではないかとはっきり分かったような気がします)を持ってきて親近感を感じさせる表現をしているわけです。 I really hope to see you again.ではないわけです。 ここに、自分の持っている表現を社交辞令的表現では出せないと言うことを知っている人が本当に会えると良いね、と言うフィーリングを自分の言葉で出しているわけです。 フィーリング表現を無視しないようにするには今回のように実際に使われる表現を暗記するだけではなくどんなフィーリングを出しているかと言うことを感じ取れるようにすると表現力がネイティブが感じるように身についていくわけです。 ネイティブに首を傾げられるような表現はしないはずなのですね。 ではまた

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます いつもお世話になってます 詳しい回答大変勉強になっています

  • 回答No.5

こんにちは。3/24のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。 ご質問1: <ってどのくらいの願いなんでしょうか?> かなり、「主観的な願望」が入っています。 1.ここで使われているget toは、元々は「~に達する」「~に到達する」「~に至る」という意味から来ています。 2.従って、このget toはここではcan「~できる」のニュアンスが含まれています。従ってここでは (直訳)「再開するに至る」 →(意訳)「再開することができる」 のニュアンスになります。 3.一方reallyは主観的な感情を込めて使われる副詞です。Hopeの前に使われて、hopeの度合いがかなり高いことを明示しているのです。 4.この文を意訳すると 「君に再会できるのを心から願っている」 となり、心底の願望が感じられます。 ご質問2: <社交辞令的なもの?> それも含まれています。それは「体裁を整える」という意味ではなく、相手に敬意を表しているという意味からです。 1.というのは「社交辞令」とは相手に敬意を表する表現で、英語にするとdiplomacyになり、欧米ではこのdiplomacyが重要な働きをします。 2.diplomacy「社交辞令」とは、日本人が誤解しているような、決して「愛想のない」「外面をとりつくろった」「体裁をとりつくろう」といったことではありません。 3.子供や未成熟な大人は、こうした外交辞令や礼儀を知らないこともありますが、相手に敬意を表する人としての外交辞令、正しいdiplomacyを知ることは、成熟した大人になるには不可欠の要素になります。 4.diplomacyは正しい「礼儀」に通じますから、普通の大人であれば、「常識的礼儀正しさ」「通常の社交辞令」は身につけているものです。この話し手は、その常識を持った成熟した大人の方だと思われます。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 立場上礼儀正しく書いてるのだと思います ありがとうございました お世話になります

  • 回答No.3

たぶん社交辞令と思いますが、あまり深く考えずに「額面どおり」に受け取っておきましょう。それが「潤滑油」というものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.2
  • blazin
  • ベストアンサー率50% (18629/37164)

う~ん、社交辞令なら really なんて言葉までは使わないかな? I do really hope ~とかさらに気持ちを込めた表現もまたあるからね。 余り大げさに受け止めず、でもドライな感じにも捉えない位でいいんじゃない?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

微妙~な感じですかね 社交辞令プラス1みたいな。。。 願ってくれてたらいいんだけどね~

  • 回答No.1
noname#61985
noname#61985

すごく会いたそうに聞こえます。 まるで 知り合ったきれいな女の人に ねぇ?また会えるかな?と言っているように。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

えええ~ だったらいいけどね~ でも まあ普通に願うより ちょっとだけ願いが強いのかな? ちょっとうれしいけど

関連するQ&A

  • I hope we canmeetupは社交辞令?

    またお会いしたいです、という英文メールでの表現について解釈を教えてください。 以前こちらで I hope we can meet up sometimes again! I hope we can meet up again soon! という表現は社交辞令か? という質問をした際、 社交辞令としてよく使われる表現で、日本なら箒を逆さにしている時でも使うという回答を得て、 友人に上記表現で誘われても、 軽い社交辞令と受け流しているうちに、誘われなくなり、 かなり疎遠になってきています。 社交辞令じゃなかったのか? このあたりのマナーがよくわかりません。 社交辞令でなく、相手が本当に「会いたいんだけど」と思って書いているのに こちらが社交辞令と流してしまうのは人間関係に支障をきたすので どんな風に解釈したら良いか教えてもらえませんか? たとえば日本人同士なら「今度会わない?」と誘って、相手の返信がそのことに触れなかったら 次のメールで「じゃあ、○月○日に会おうよ」と具体的な段取りには進みませんよね。 大抵「今度会わない?」「うん、会いたいね」「じゃあ何時いつ・・・」と話が進みますよね。 1) 誘っている相手の本気度はどれくらいか? 何か理解のコツ、ヒントみたいなものがあれば教えてください。 たとえば、 I hope we can meet up again!/I look forward to seeing you again! といった表現が続けて二度以上あった場合は社交辞令じゃないとか。 2) 対応の仕方について。もしこちらが円滑な人間関係を望んでいるなら I hope we can meet up again! と、一度でも書いてあったら (それがたとえ社交辞令かなと感じられても) I hope we can meet up again too!とかI will be happy to meet up with you とか 相手の言葉に呼応する一文を入れておいたほうが良いのでしょうか。 結果、それで具体的に誘ってきたら「ああ本当に会いたかったんだな」と解釈すればいいのかな・・・。 もしろん一括りに外国人と言っても、たとえばオーバーアクションなアメリカ人と知的なイギリス人では、言葉のパンチ度は違うと思うし、性格の差もあると思うのですが。 このあたりの皆さんの経験を教えていただけると幸いです。 よろしくお願いします。

  • hope, hopefully

    下の3つのニュアンスの違いがありましたら教えてください。一番よく目にするのは1)ですけど、使われ方に違いはありますでしょうか。 1) I hope to see you again soon. 2) Hopefully I can see you again soon. 3) Hopefully I will see you again soon. よろしくお願いします。

  • hope

    ( )にhopeを補った場合【不適切】なものはどれか 1.I ( ) to see you again. 2.I ( ) you to attend the meeting. 3.I ( ) that my son will become a doctor. 4.I ( ) it will not rain tomorrow. 答えは2 hopeはwant形が取れないとありますがwant形とはなんですか。 〇I hope to V 〇I hope that ×I hope A to do

  • hopeとwantについて

    ネットで色々調べてもわからなかったので教えてください(>_<) 1.We hope to see you soon. 2. We want to see you soon. 1のhopeと2のwantを比べるとhopeの方が客観的で、 それほど「望み」を前面におし出していない。 とありました。なぜ客観的と言えるのでしょうか?? お願いします(>_<)教えてください!!

  • hopeの文型

    次の英文の空所にhopeを補った場合、不適当なものはどれか?で選択肢は I( )to see you again. I( )you to attend themeeting. I()hope that myson will become adoctor. I( )it will not raintomorrow. で、正解はI()you to attend themeetingです。○はIhope toVとIhope thatで×がIhope A to doで、want型は取れないそうなのですが、wantはtoVをとり、×もtoVをとるんですが、Aがなければいいという解釈でいいんでしょうか?教えてください。

  • hope

    たとえまだ週末が来ていなくても、 I hope you will have a nice weekend. とは言わず、 I hope you have a nice weekend. と言うそうですが、 どうしてかがよくわかりません。 I hope it will be fine tomorrow. のときはwillを使うけれど、 I hope you get the job. などのときは就職するのはまだ先のことなのに willを使わないみたいなので混乱しています。 これはそのまま覚えるしかないのでしょうか。

  • I hope 

    I hope that when I go back to USA you stop by and say 'hello'. とメールでもらったのですが HOPEとはどのくらいの願いなんでしょうか? WISH とか WANT TOとかありますが HOPEはどんな時使います? わたしは願う わたしがUSに行ったときあなたが立ち止まってハローって言うことを っていうような意味であってますか?

  • I hope....

    I hope の後におかれるwillの使い方がいまいちつかめません。 検索してもwillはあったり無かったりです。 同じ表現でも、例えば、   I hope you will get well soon. と I hope you get well soon. など、、、、。  このあたりの使いわけというのはあるのでしょうか。どっちでもよかったりするのでしょうか。 教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 英語の質問です。

    質問お願い致します。 気になる外国人の異性の彼と遊んだ後にI had a really good time with you. It was so fun! and I think you're greatと言われました。これって私は彼の事が気になりはじめ てるんですが、社交辞令でだれにでもいう言葉なんですか? また、その時に私がI wanna see you again, but I don't want to be too sad after you are gone!とメールするとI want to see you soon ...I'm trying to read my book, but I'm only thinking about you などと返信がありました。

  • I hope we can meet up

    またお会いしたいです、という英文メールでの表現について解釈を教えてください。 知り合いになった方から、 I hope we can meet up sometimes again! I hope we can meet up again soon! というメールをいただいた場合、 また会いたいね、そのうちお会いしたいです、という挨拶程度のものと解釈して良いでしょうか? I really look forward to seeing you again! これだと、もうちょっと積極的に、また会いたいという気持ちを表現しているように 解釈できるのですが、 ネイティヴさんの書き方の違いがわからず、どの程度、受け流していいものか迷います。 最初は soonと書いてあると、えっ? すぐに会いたいのかなと解釈してしまったのですが むしろsoonと書いてなければ、いつか会おうね~的ご挨拶のようだし......。 また返信の仕方ですが、 具体的に何時いつ会おうと書いていなければ、 こちらも似たように返しておけば良いのでしょうか? I hope we can meet up sometimes again! と書いてあれば、 こちらも同じように書いて返す,、というような。 よろしくお願いします。