• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

溶解度と質量%濃度の使い分けが出来ません

参考書で、質量%濃度の説明が 100g中の溶質の質量を表していて、式は 溶質量/溶液量×100 ・100g中の溶質の質量=溶質量ではないのですか? 溶解度の説明が 溶解度をSとすると 溶質量/溶液量=S/100+Sとありますが ・飽和溶液の溶質量はSという事ですか? 具体的な問題だと、例えば 80℃のCuSo4の飽和水溶液100gを35℃まで冷却すると CuSo4の結晶が何g析出するか  CuSo4の80℃での溶解度56 35℃での溶解度27.8 という問題で、解説に 80℃の飽和水溶液100g中に含まれるCuSo4質量は 56/(100+56)×100=35.9 ・なぜ含まれる質量が56じゃないのですか? ・分母で、100に56を足してますが 飽和水溶液100というのは、溶媒+溶質ではないのですか? 結晶をxgとすると 35.9-x/100=27.8/127.8 というのも分かりません 問題集の説明を何回読んでも 溶解度と質量%濃度の使い方が分かりません、、、 全く要領を得てないので、上手く質問できなくてごめんなさい なにか理解のためのヒントをいただけないでしょうか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1621
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

この問題では硫酸銅の結晶という言葉が使われています。これは少し問題があります。 溶解度と%濃度の関係であれば食塩の方がいいのですが。 でも一応硫酸銅でやります。 100gの水を用意します。 これにCuSO4を少しずつ加えていきます。加えるごとによくかき混ぜて何gまで溶けるかを確めます。 80℃では56gまで溶けるというのが溶解度56という数字の意味です。もうこれ以上溶けません。飽和溶液になっています。 この飽和溶液の濃度は何%でしょう。元々100gあった水に硫酸銅を溶かして行ったのですから全体の質量は100gより多くなっています。飽和溶液では56gの硫酸銅を加えていますから全体は156gです。濃度は(56/156)×100=35.9%です。 溶解度はあらかじめ水を用意しておいて後から溶質を加えていくという発想です。出来上がった溶液について全体に対しての溶質の割合はというのが濃度です。 問題点 結晶硫酸銅という言葉が使われています。 水の中から硫酸銅の結晶が析出する時は CuSO4ではなくてCuSO4・5H2Oという結晶水のついたものになります。 >35.9-x/100=27.8/127.8 の式は結晶水のないものについての式ですから「?」です。 解答だけがおかしいのか、問題までおかしいのかは分かりません。 溶かす場合は 結晶硫酸銅を56g溶かすというのではなくて無水の硫酸銅を溶かすという読み替えが必要です。 100gの水に80℃で結晶硫酸銅は何g溶けるかというのは又別の問題としてあるはずですから探してみてください。結晶水は溶けてしまえば溶媒の水と区別がつかなくなると考えてみると水の量も100gから増える事になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧にありがとうございます! すこし整理が出来ました なぜこの様な問題では、 溶解度の式ではなく、質量%濃度を使うのですか? 濃度を求めよという問題意外に何を求める時に、 濃度を計算しなくてはいけないのですか? 多分馬鹿な質問でしょうけど、良かったら教えてください

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

>なぜこの様な問題では、溶解度の式ではなく、質量%濃度を使うのですか? >濃度を求めよという問題意外に何を求める時に、濃度を計算しなくてはいけないのですか? 溶液を扱う時にはいつも濃度が問題になります。 ~%の食塩水というのは中学校でも出てくるのではないですか。 飽和溶液とは限りません。混合物であればいつも問題になるのです。 濃い、薄いという判断にも必要です。全体の中に今必要とするものがいくら含まれているのかを考えるときにも濃度が必要です。 濃度は問題のためにあるのではありません。 溶液を使う立場で必要だからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

考えてるうちに、段々なんとなくわかってきました ありがとうございました

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

質量パーセント: >溶質量/溶液量×100 合ってます。 >80℃の飽和水溶液100g中に含まれるCuSo4質量は >56/(100+56)×100=35.9 >・なぜ含まれる質量が56じゃないのですか? >・分母で、100に56を足してますが >飽和水溶液100というのは、溶媒+溶質ではないのですか? 「溶解度」は「純水100g」に溶ける「溶質」の質量。ですから、 80℃の飽和水溶液100g中に含まれるCuSo4質量は、「水100g」+「硫酸銅の質量56g」、で「硫酸銅の質量56g」を除さなくてはなりません。 >35.9-x/100=27.8/127.8 も同じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

きっと分かりやすい説明でしょうけど 今混乱しているので、なんとなく、、わかりました ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 溶解度の基本問題です。

    溶解度の基本問題です。 硝酸ナトリウムの水100gに対する溶解度は80℃で148g、40℃で105gである。 80℃の飽和水溶液100gを90gに濃縮し、さらに40℃に冷却したときに析出する結晶は何gか。 という問題を私は以下のように解きました。 148/248=X/100 ∴X=1850/31・・・・80℃の飽和水溶液100g中の溶質 148/248=X/90 ∴X=1665/31・・・・80℃の飽和水溶液90g中の溶質 1850-1665/31=185/31・・・・濃縮時点で溶液中に析出した溶質 105/205=Y/90 ∴Y=1890/41・・・・40℃の飽和水溶液90g中の溶質 1665/31-1890/41・・・・40℃になった時点で新たに析出した溶質 1665/31ー1890/41+185/31≒13.5・・・・析出した結晶の和 正解は 析出した氷をXgとすると(<>は二乗です) 59.7-X/(40.3-10)×10<-2>=105/100 です。 答えの意味は分かりますが、私のやり方のどのあたりがダメなのかが分かりません。 教えてください。

  • 溶解度とは?

    溶解度とは? Wikipediaに溶解度の説明として「飽和溶液の濃度である」という記述がありますが、これは正しいのでしょうか。濃度は「(溶質の質量/溶液の質量)×100」ですから「(固体の場合)溶媒100gに溶ける溶質の質量(g)」という定義と食い違う気がします。 それからもうひとつ質問です。固体の「溶解度」と書けば一般に「溶媒100gに溶ける溶質の質量(g)」と認識されるものでしょうか。正式な文書などで溶解度の但し書きは必要になるでしょうか。

  • 固体の液体に対する溶解度の問題

    大学受験範囲です 「水100gに対する硝酸カリウムの溶解度は25℃で36、60℃で110である。 硝酸カリウム水溶液について以下の問いに答えよ 60℃の硝酸カリウムの飽和水溶液100gを25℃に冷却すると何gの結晶が析出するか」 (1)固体の液体に対する溶解度とは  飽和水溶液において 液体100gに溶けている固体の質量/100g と定義されているのですから 「水100gに対する硝酸カリウムの溶解度」という言い方は不適切だと思うのですが こう書かれているとあたかも溶媒の質量に応じて溶解度が変化するように思えてしまいます (2)以下の手順で問題を解くと答えが合わないのですが どこがまちがっていますか? 60℃の飽和水溶液において 水100gを含むこの飽和水溶液を考えると溶解度より ここに溶解している硝酸カリウムは110gである よって210gの飽和水溶液には硝酸カリウムが110g溶解している。 ここで100gの飽和水溶液に溶解している硝酸カリウムの質量をXgとおくと 210:110=100:Xより X=52.4である よって60℃においては100gの飽和水溶液には52.4gの硝酸カリウムが溶解している・・・1 25℃の飽和水溶液において 水100gを含むこの飽和水溶液を考えると溶解度より ここに溶解している硝酸カリウムは36gである よって136gの飽和水溶液には硝酸カリウムが36g溶解している ここで100gの飽和水溶液に溶解している硝酸カリウムの質量をYgとおくと 136:36=100:Yより Y=26.5 よって25℃においては100gの飽和水溶液には26.5gの硝酸カリウムが溶解している・・・2 よって1,2より 52.4g-26.5g=25.9g析出する

  • 溶解度の問題でわからないところがあるので教えてください。

    硝酸ナトリウムの水への溶解度(注)は80℃で148、20℃で88である。 (注)溶解度とはある温度において、溶媒100gに最大限溶けた溶質の質量を    グラム単位で表した数値である。 以下の問いに答えよ。 (1)80℃における硝酸ナトリウムの飽和水溶液100gに硝酸ナトリウムは何g    溶けているか。   答  248:48 = 100:x x=19.35 よって 19.4g (2)100gの硝酸ナトリウムを80℃で飽和水溶液にするには、水を何g加えたら    よいか。   答 100:x = 248:148 x=59.68 よって59.7g (3)80℃の硝酸ナトリウムの飽和水溶液100gを20℃に冷やすと、何gの    硝酸ナトリウムが個体となって析出するか。   答・・・・どうやって解けばいいか教えてください。 (1)と(2)は合っていますか??それも教えてください。

  • 化学II、溶解度を用いる問いです。

    次の硫酸銅(II)の溶解度の値を用いて、以下の問いに答えよ。 60℃:39.9 80℃:56.0 ただし、式量を CuSO4=160、H2O=18.0 として答えよ。 (1)80℃の飽和水溶液100gつくるのにCuSO4・5H2Oは何g必要か。                    〈A、56.1g〉 【解説】 100gの飽和水溶液中には{100×(56.0g/156.0g)}gの無水の硫酸銅(II)が含まれる。 硫酸銅(II)の結晶はCuSO4・5H2Oなので、含まれる無水の硫酸銅(II)の質量に{160(g/mol)+18.0(g/mol)×5}/160g(g/mol)を乗じる。 (2)(1)の飽和水溶液100gは、60℃に冷却すると何gの結晶が析出するか。                    〈A、20.8g〉 【解説】 39.9g:139.9g=(56.08-x)×{160(g/mol)}/{250(g/mol)}:100g-x 39.9×(100-x)=89.536×(56.08-x) x=20.77g ∴20.8g 析出する結晶の質量をx[g]とし、60℃の飽和水溶液とそこに溶解している無水の硫酸銅(II)の質量比をxで表して求める。 80℃で硫酸銅(II)の結晶が56.08g溶解していることが(1)からわかる。 (3)(1)でつくった80℃の飽和水溶液100gをしばらく放置しておいたところ、水が蒸発して結晶が50.0g析出した。 このとき水は何g蒸発したか。                     〈A、39.1g〉 【解説】 100g:56.0g={x+50.0g×(90g/mol)/(250g/mol)}:50.0×{(160g/mol)/(250g/mol)} x=39.14 ∴39.1 50gの硫酸銅(II)結晶が析出したとき、蒸発した水の質量xと、 そこに溶解していた無水の硫酸銅(II)の質量比が、 80℃の溶解度と溶媒の水100gの比に等しいことから求まる。 ◎以上の問いの【解説】が理解出来ずに困っています。  もう少し簡単に出来ないでしょうか?  または、解説の“解説”でも結構です。お願いします。

  • 溶解度の問題を解いているのですが

    Q 硫酸銅(II)五水和物CuSO4・5H2O 50gを80℃の水82gに溶解した後 20℃に冷やして再結晶した。20℃でのCuSO4の溶解度を20とする。 (1)80℃の硫酸水溶液の質量モル濃度は何mol/kg?(A, 2 mol/kg) (2)20℃で析出したCuSO4・5H2Oの質量は何g? (A, 21g) という問題を解いていました。 (1)は簡単に解けたのですが、2番が回答解説を見てもいまいちしっくりきません・・ 因みに回答では20℃で析出したCuSO4・5H2Oの質量をx(g)と置いて買いてあったので、できれば別の方法で教えていただきたいのですが 同じような問題で違う方法で解説しているサイトなどがもしあれば、教えて頂ければ有り難いです。 宜しくお願い致します

  • 溶解度の問題について

    60℃でミョウバンの溶解度はKAI(SO4)2(焼きミョウバン)として24.8gである。 今、ミョウバン結晶{KAI(SO4)2・12H2O}を用いるときビーカーに入っている60℃の水100gには何gのミョウバン結晶が溶けるか? (このとき結晶ミョウバンを溶かせば溶かすほど溶媒である水が増えることを考えに入れなさい) また、60℃の飽和溶液を15℃まで冷却すると何gの結晶ミョウバンが析出するか?(15℃で焼きミョウバンは100gの水に5.04g溶ける) という問題がわかりません>< なんか先生は連立使うよーって言ってたんですが。。。><

  • 化学の溶解度の計算がうまくいきません

    問 40℃の硝酸カリウムの飽和水溶液120gある。 この溶液を70℃まで加熱すると 硝酸カリウムをさらに何g溶け込ませられるか求めよ。 (40℃での溶解度=60g/水100g、70℃での溶解度=140g/水100g) 私の解法 飽和溶液内の溶質をxgとおく [[40℃のとき]] 溶質/溶液より  xg/120g = 60g/160 よって x=45g [[70℃のとき]] xg/120g = 140g/240g     よって  x=70g これらから 70-45=25 よって さらに 25g 溶けることことができる この問に対する解答は60gで、70℃においての計算に 間違いがありそうなのですが、なぜこれが 間違っているのかわかりません。 おねがいします

  • 溶解度の問題(化学II)

    いつもお世話になっております。 下記の問題の答えが、先生は60gと言っていたのですが、 微妙に違いませんか。教えてください。 60度で120gの溶解度である(水100gに溶ける量)ある物質について、 60度の飽和溶液500gを加熱して水50g蒸発させた後60度に戻した。何gの結晶が析出するか。 x[g]として、 まず500g水溶液での溶質が、120×220÷500=52.8g なので 120:220=52.8-x:500-50-x x=62.16g この式の立て方は合っているでしょうか。 52.8-xは析出した後の溶質、溶液は元の500から蒸発分の水50と析出したxを引いて。 でいいでしょうか。御願い致します。

  • 化学 溶解度

    固体の溶解度は「溶媒100g中に飽和するまで溶ける溶質のグラム数」で表す。 3%の食塩水100gを100℃で過熱して水を蒸発させたとき、何gの水が蒸発したところで食塩の結晶が析出しはじめるか。 ただし、100℃での食塩の溶解度は38.2である。 回答お願いします。