• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

土壌汚染について、教えてください。

マンションを購入しようと思っている者です。現在、契約するかしないかで迷っている状態です。ほとんど自分の理想に合った物件を見つけたのですが、ひとつだけ不安材料があります。 大量の不法投棄があったらしく、土壌が汚染されていると説明されました。水銀が、基準値の7倍検出されたそうです。他にもドラム缶やらゴミやらがでてきたようで、業者は5~6メートルほど掘削して、土を全部綺麗なものに入替えてくれると聞きました。地下水等は汚染されていなかったそうです。 素人なので土壌汚染と聞いてしまうと、怖さがだけが一人歩きしてしまうのですが、それだけの処理がなされたのであればもう危険はないと考えていいのでしょうか。 あと、水銀7倍という数値はそれほど珍しい数値ではないのでしょうか? 水銀は気化して上がってくると聞いたことがあるので人体に影響がでないのか大変不安です。 まとまりがなくて読みにくい文章ですいません。どうか詳しい方や同じような境遇の方、お返事宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数185
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • nobugs
  • ベストアンサー率31% (1061/3349)

土壌の汚染が確認されて処理を行うことは決定しているのですから、調査は終了しています。 心配であれば、調査書を見せてもらい汚染範囲の調べてください。 以降は、汚染範囲どおりの施工が行われているか、新たな汚染が無いかを確認していけば良いでしょう。 土壌汚染の基準は、水質汚染の基になっています。 基準値は、毎日2リッターの水を一生涯物続けて支障が無い数値となっています。 水銀で溶出量基準の7倍であれば、直接呑む事がなければなんら問題の無い数値です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変詳しく教えていただき助かりました。前向きに契約しようと思います。今回は、本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 住宅用地の土壌汚染について

    工場跡地の土壌汚染について、教えて下さい。 神奈川県内にある、主に冷蔵庫やテレビを製造していた大手家電メーカー工場跡地について、 大規模なエコ住宅地の構想があると聞き、非常に興味を持ったのですが工場跡地なだけに 土壌汚染の状況が気になります。 調べられる範囲で調べた所、「土壌汚染対策法」に基づき土壌改良は済んでいると聞きますが… カドミウムや鉛などが基準値を超えていたらしく、土壌の改良が済んだとはいえ地下水などに 影響は無いのか?実際に居住して人体への影響は?(特に小さい子供)気になっております。 かなりの大規模な開発で、ある程度の安全は確保されると思うのですが、知識無い故に このような土地が良いのか悪いのか判断しかねております。 専門家の方や詳しい方がおりましたらよろしくお願いいたします。

  • 土壌汚染について

    土壌汚染について ガソリンスタンドの改装工事にて既設地下タンクと配管類を撤去時にかなりの油臭がありました また現在新設地下タンクの埋設箇所を掘削中ですがかなりきつい油臭があります 当社の代理人が施主に土壌汚染調査を促しましたが 施主はする気は無いと取り合いません 確認申請は3月に下りています 質問 このまま工事を完了させた場合、当社に庇護があるのでしょうか?

  • 土地購入 水銀による土壌汚染

    住宅用分譲地を購入検討中です。 まず元々50坪の半分が工場で 水銀により土壌が汚染されてました。 汚染レベルは土壌対策の基準値のおよそ7倍です。 工場閉鎖時に土壌調査し汚染した箇所を除去し盛り土し建築メーカーに譲渡しました。 除去し今は問題なく市町村への解除申請も受理してます。 ここで質問です。 1.これにより土地価格は下がりますか?およそ何%ですか? 2.いつ頃この情報を購入希望者に伝える義務がありますか? 3.汚染土壌対策の基準以下の土地は 人体に問題ありませんか? 以上、宜しくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

<大量の不法投棄があったらしく、土壌が汚染されていると説明されました。業者は5~6メートルほど掘削して、土を全部綺麗なものに入替えてくれると聞きました。 =本当に全部の量を深さに関係なく入れ替えてくれたのならいいでしょう。実際的な汚染と言うのは桁が違う場合が多いと聞きます。 けれども入れ替えた土や盛った土は地盤的に弱いです。 もっとも基礎は杭を打ってそれに地下埋設のコンクリートの柱や梁を作るはずですから、気にするほどでもないです。 (理論的には弱い地層とそうでないところの差が問題で設計的に、工事的に対応できておれば良いわけです) <地下水等は汚染されていなかったそうです。=地下からの汲み上げでなく水の供給が離れたところからの水道なら関係ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変詳しく教えていただき助かりました。前向きに契約しようと思います。今回は、本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 工場の水質・土壌汚染について

    どなたか教えて下さい。 私の自宅近隣のある工場から、水質・土壌汚染が発覚しました。 水質汚染は、工場敷地内、及び、工場付近の地域(地下水下流地域) から、検出されています。 土壌汚染については、工場敷地内からのみ検出されています。 私の自宅は、幸いなことに工場付近とはいえ、地下水の上流地域に 位置しており、おそらく汚染されていないだろうというもとに、 このような状況報告のみ、案内されてきました。 (工場敷地内の、地下水上流部に汚染物質が検出されなかった為) 私のような近隣住民が、この工場へ説明と今後の対応を求める際、 どのように工場へ確認を取っていくべきか、分かる方教えて下さい。 また、何に注意を払い、工場へ接していくべきか、あわせて教えて下さい。

  • 土壌汚染(砒素)

    土壌汚染対策法で、砒素の含有量が基準値をオーバーしている土の、人体への影響をまとめているサイトをご存知の片がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。

  • 排水や土壌汚染など

    自分の考えが合っているかどうか確かめたいので皆さんの意見を聞かせてください。 (1)湖沼でのアオコ、海洋での赤潮は、工場からの排水が主な原因であり、今後有害物質の排出に対する基準を厳しくするなどの対策が必要である。 (2)土壌汚染の度合いの指標の1つとしてBODがあり、腐敗性有機物質の分解に要する窒素量で定義される。 (3)土壌や水質汚染物質としてカドミニウムがあげられ、これによる公害病としては、水俣病が有名である。微量でも極めて有害であるため、人体への接種並びに蓄積量は、理想的に0にすべきである。 (4)半導体洗浄用の溶媒として使われるPCBは、タンクの漏洩による地下水への混入で問題となり、現在、水質汚濁防止法に基づいて監視対象となっている。この物質の問題点は、発ガン性と催奇形性である。 どうか、よろしくお願いします。

  • 土壌汚染の対策済みのマンション購入、大丈夫?

    東京・品川目黒エリアにこれから売り出される新築マンション(来春完成予定)。 準工業地域に所在し、塗装業の工場跡地(その塗装業者ファミリーが、マンションにも住むようです)。 人気エリアで、設備も充実し、アフターケア体制もしっかりしていそうなので、その分、価格は安くなく。 高額なのに、人気もあり、抽選となります。 ただ、気になることが・・・ マンション建築に際し、土壌汚染調査で、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、フッ素、鉛の4種類が確認された土地でした。 対策として、掘削除去し、良質土による埋め戻しが実施され、行政区へも報告済みだそうです。 販売担当者は「土壌汚染がよく問題になるのは、マンション販売側が、隠したまま販売してしまうケースであり、今回のマンションについては、調査結果に基づき、適切な対策をとっている。悪い土は入れ替えたので、安心してください。」とのこと。 とはいえ、素人の私には、やはり、土壌汚染と聞いただけで、怖いイメージがありますし、トリクロロエチレンなど発ガン物質が存在していたと思うと不安です。 実際、こういうこと(土壌汚染が見つかり、土の入れ替えなどの対策がされる、とか)ってよくあることなのでしょうか。 購入しても大丈夫なのでしょうか。

  • 土壌汚染問題

    給油所跡地、土壌及び地下水対策工事が8月より来年3月まで行われています。 当、物件は平成13年5月廃業、平成15年8月に解体しています。事前にボーリング調査をした資料を見ますと、ベンゼンの数値が基準値(0.01mg/L)の670倍。これは全国でも例を見ない数値と思われます。 しかも、スタンドとしては約180坪と小さい土地で、データーを見れば近隣住民の敷地と、市の側溝にも相当数汚染されているのは明らかです。 解体当時、タンク内部の残油処理をしないままずさんな解体処理をし、相当数の残油が漏れ出し、当時適切な処理をしない、又、一部分に流動しない高濃度ベンゼンが埋設したとも思われる物質が、市の側溝と近隣住民に隣接した箇所にある事も分かりました。 このまま放置しておけば、やがては地下水脈に入り、多くの病人が発生するのは必至、のちに数メートルで到達すると考えられます。 現在の工事中にも、完全な処理を実施する方向を取り付けなければならないと考えます。 危険物を扱う会社として又、環境を保全しなければならない企業として、驚きと怒りを感じている次第です。皆さんのご意見、又、専門的アドバイスがございますたら宜しくお願い致します。

  • 土壌汚染問題

    給油所跡地、土壌及び地下水対策工事が8月より来年3月まで行われています。 当、物件は平成13年5月廃業、平成15年8月に解体しています。事前にボーリング調査をした資料を見ますと、ベンゼンの数値が基準値(0.01mg/L)の670倍。これは全国でも例を見ない数値と思われます。 しかも、スタンドとしては約180坪と小さい土地で、データーを見れば近隣住民の敷地と、市の側溝にも相当数汚染されているのは明らかです。 解体当時、タンク内部の残油処理をしないままずさんな解体処理をし、相当数の残油が漏れ出し、当時適切な処理をしない、又、一部分に流動しない高濃度ベンゼンが埋設したとも思われる物質が、市の側溝と近隣住民に隣接した箇所にある事も分かりました。 このまま放置しておけば、やがては地下水脈に入り、多くの病人が発生するのは必至、のちに数メートルで到達すると考えられます。 現在の工事中にも、完全な処理を実施する方向を取り付けなければならないと考えます。 危険物を扱う会社として又、環境を保全しなければならない企業として、驚きと怒りを感じている次第です。皆さんのご意見、又、専門的アドバイスがございますたら宜しくお願い致します

  • 場所を探してます

    土壌汚染・環境問題・不法投棄などが問題となっている場所を探しています!申しワケありませんが茨城・栃木限定でお願いします。

  • マンション契約後に土壌汚染が発覚

    こんにちは 新築マンションを購入しましたが、建築中に有害物質が見つかったと売主より連絡がありました。 追加重要説明会が開催され、次のような説明がありました。 【売主の今後の方針】 有毒物質は、鉛・砒素などで、基準値の10倍以下。 今回の件は、不可抗力のことで売主には責任はない。 住居人の健康を考え、支障物対策工事を実施する。 対策工事の為に入居日は、当初予定より数ヶ月延期される。 売主に責任はないので、キャンセルには違約金が必要。入居遅延による請求にはこたえない。 【説明会での売主の地歴についての説明】 初めて購入者に次のような説明がされました。 売主は、公募入札で土地を購入したが、地歴について入札要領で「谷地に盛土を行い整地している」「その盛土の中にコンクリ片等の支障物があり除去した」という説明を受けていた。 【契約時の重要事項説明書の地歴の欄】 「土壌汚染調査を実施したが有害物質は基準値未満であった」 【質問】 ここで質問です。 質問1. 契約時の重要事項説明書には、「過去支障物の除去工事があったこと」「マンションは谷地に盛土したうえに建築する」等の説明がありませんでした。法律的には問題ないのでしょうか?道義的な問題だけでしょうか? 質問2. 契約後に土壌汚染が発覚した場合、ペナルティなしでの解約はできないのでしょうか? 質問3. 他の事例では、契約解除や賠償まで行われているケースがあると思います。 今回のケースとは何が違うのでしょうか?有毒物質の量・汚染の程度でしょうか?

  • 土壌汚染対策措置 地下水モニタリングで可能ですか?

    土壌汚染の対策措置についてお尋ねします。 法の適用ではなく、自治体の指針に沿い自主調査で汚染が判明したケースです。 当面は土地に触らないので地下水モニタリングで対応ということで数年を経、 このたび土地開発案が出てきたため対策をとることに。 溶出基準を超える汚染があり、調査当初は地下水基準も超えるところが あったのですが、この1、2年は検出されていません。地下水飲用地域でもありません。 この場合は、「溶出基準に適合していなくても、地下水汚染がない場合」として、 除去や封じ込めをせずに地下水モニタリングを対策措置とすることは可能なの でしょうか? 法適用ではないですが、自治体の担当者も詳しくないようで、できればこちらで 考えを固めて臨みたいと思っていいます。そこらへんのことに詳しい方がいらっしゃたら、 ぜひアドバイスお願いします。 よろしくお願いします。

  • 土壌汚染に係る不動産問題に関して

    閑静な住宅街に私達が生活し5年後、庭先にスクラップ会社の事務所・寮があった場所を、大手石油会社が買い取り、給油所が開業。18年間営業中に大量のガソリンが地下のタンクより漏れていた事が判明し、その後解体。石油会社は直ちに浄化工事をするでもなく、敷地内は5年間更地のまま無責任にも放置。給油所解体から5年後、給油所内の土壌汚染浄化工事が開始。その時、住民側と給油所境にある市の水路のボーリング調査をしたら、水路の地下4m~6mも汚染している事が判明。市と住民達と何度も話し合いをし、その8年後(2年前)住民の敷地内の庭を調査した処、地下3m~6mまで、油分とベンゼンが隣の敷地に相当数広範囲に入っている事が分かりました。その当時、私の庭先からは基準内の油分でした。 国の機関、土壌汚染公害等対策委員会から判決あり、大手石油会社で住民側の敷地内を、土壌汚染の浄化工事をする事になりました。 私達の敷地内を10数年以上も給油所跡地の問題を放り投げ、ようやく昨年に住民敷地内をボーリング調査したら、4件の敷地内から基準値の600倍以上のベンゼンと油分が判明しました。この時私の建物の下にも多量の汚染物質がある事が判明しました。 これに関して、石油会社では現在住んでいる土地と家を解体し、浄化工事をする為に、私達の物件を買取りたいと今年申し入れて来ました。まさか住民の家屋の地下迄とは予想外でした。もしかしたら庭先付近に多少入っているかと思っていたら、私たちの敷地を通り越し、地下タンクから30m以上離れた北側市道迄、汚染されている可能性が濃厚です。 私の家は敷地内ボーリング調査する6年前より、増改築工事出来ない為にその物件を賃貸にしています。生活圏が良い為(スーパー・金融機関・各医院・保育園等500m以内に各3件以上)、リフォーム工事代金は永く賃貸にする為に、新築同様に費用が掛かりました。 Q1.石油会社からの物件の再建・買取りは如何したら良いのか? 現在、人気の場所になり、土地家屋に対しての路線価と、不動産市場流通価格に大きな差があります。不動産会社の査定書では市場流通の1.5倍以上は保証されると言っています。 1.5倍でも現在は土地・物件共高騰し、個人では再建できません。私達の要望は石油会社からの代替え地に再建が希望です。又は、工事完了後の現地再建です。それに似あった額面での補償が最終的になるよう思っています。 Q2.石油会社からの入居者の補償問題はどうなりますか? 転居先の斡旋・引越し費用・転居先の賃料の差額・通勤費の差額・駐車場の問題等。その差額は入居者に石油会社から補填して頂けるのか。頂けるとしたら項目別に何年でしょうか? Q3.私達の慰謝料の請求額は幾らでしょうか? 営業中に永年の騒音・異臭に悩まされてきました。汚染された敷地の上にある住まいに18年生活、その後の工事中に何度も起きた異臭騒ぎ、振動・騒音。住民は何度も現場に抗議しました。それまでの色んなストレス等、生憎住民の発病・怪我人はありません。 Q4.今後の賃貸料の補償はすべて対応なるのか、最高で何年くらいでしょうか?大きな問題です。現在で賃貸8年目ですが、賃貸時は30年計画で屋外配管・外構工事迄全面リフォームしています。 現在の住まいは、家賃収入で一部支払いをし、今後17年位支払いがあります。 又、現地再選の場合は、2年間位一時避難しなければなりません。その場合の家賃の補償は石油会社で補填して頂けるのか? 皆さんのご意見、又、専門的アドバイスがございますたら宜しくお願い致します。