• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

円高で株高を目指す

円安になると株価が上がりやすくなります。 冷静に考えると円安になると株価が上がることに違和感があります。 元の切り上げをしようとしない中国や大戦後、アメリカに円の切り上げを迫られ、してしまいバブルの崩壊を招いた日本を見れば円安は歓迎なのですが、本当にそれでよいのでしょうか? 中国や日本が輸出で大きな利益を得ている裏で相手国は債務超過を招いて苦しんでいます。 円高は相対的に日本の国力が強い証拠。 円高でも株高になるような経済を目指すべきではないでしょうか? 本当の経済発展のために円高で株高になるような経済を考えて みたのですが、やはり円安が強い国ということになるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数256
  • ありがとう数22

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

主観で話しますが 例えば円ドルの為替は必ずしも日本経済が強いから円高というわけでなくアメリカ経済が悪くなってもドル安→円高となります。 株との因果関係もあるようなないような円高が進めば輸出関連企業は利益を減らしますがドル建ての取引の結果であり円建ての取引ができれば問題はないのです。 結局為替と株価の関係はあるようでない、ないようであるとしか言いようがありません。国力も株価ではかれるものではないと思いますし株価が上がれば豊になっているかと言えば一般庶民にはピンとくる物はないと思います。 実際バブルの恩恵を受けた国民がどのくらいいたでしょう。1989年当時私は20代でしたが確かに就職は売り手市場だったと記憶してますが給料は特別多くなかったです。 企業はそれなりに利益を出してたのかも知れませんが今考えると土地を上手に回した人と株を上手に回した人が儲かっただけではないかと思えます。結局儲かった人と同じだけバブルがはじけて損をした人もいるのだと思います。 今後日本は人口の減少と赤字国債でどんどん住みにくくなるでしょう。大企業はマーケットを海外へ移しその国で税金を払い生き残りをかけてます。南米の人たちが日本へ出稼ぎにきたように将来日本人も海外へ出稼ぎに行かないといけなくなるかも知れません。 質問の>円安が強い国ということになるのでしょうか? の答えになってなっていませんが円高であろうが円安であろうが国民が豊に暮らしていけるのが強い国なのではないでしょうか。 年金をはじめとする将来の不安があるようでは強い国とは言えないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 為替、株に関係なく国民が豊かに暮らせる国が強い国であること 再認識しました。おっしゃるとおりです。 為替、株というものに踊らされてはいかませんね。

関連するQ&A

  • どなたか教えてプラザ合意後の円高で何故株高になった?

    お世話になります。 過去、歴史のお話かもしれませんが、歴戦の勇士さんにお聞きしたいと 思います。 また経済に詳しい方にもお願いします。 質問ですが・・・ 現在は、 円安は、株価を上げる方向でベクトルが働いていると思います。 これは、現在内需で潤う金額より輸出で潤う金額の方が多いから 輸出産業銘柄にとって有利に働くものと認識しております。 (原料輸入には困るけど) ところが、ちょっと昔のバブルの頃・・ このスタートはプラザ合意にあると考えていますが このプラザ合意で円高容認が決定されその後円は確か、75円くらい まで円高になったと記憶してます。(数値は記憶の範囲) 前記した理由からは円高は株価にとってマイナスのイメージがある のですが、何故このバブルには円高なのに株高になったのでしょうか? 現在、間違いなく円安に向かっています。 でも限界はくるでしょう。 円高に振れ始めたとき、現状の日本の状況からして株価は下がる方向 と認識していいのでしょうか? それとも、バブルといっしょとはいいませんが、株高にいくと認識 した方がいいのでしょうか? 投機的な質問ではなく、一般論で結構です コメントよろしくお願いします。

  • 円高でなぜ株が下がる理由は何でしょうか?

    為替相場というのは長期的な視点に立てば国力の反映だと思います。基本的には通貨が強くなれば(日本の場合円高になれば)その国も強い、と認識されるはずです。 ですがここ2日の急激な円高で株価が暴落しました。それだけでなく普段から円安は株価に好影響、円高は悪影響して捉えられていると思います。これはなぜでしょうか? 輸出企業にとって円高がマイナス要因だということは分かります。しかし今日の東証では上場企業中9割以上が下げており、ほぼすべてのセクションに渡っています。 日本が貿易立国だったのは昔の話で、モノ+サービス収支のうちサービス収支は大幅な赤字のはずですし、所得収支でなんとか保っていると数年前本で読んだことがあります(現在でもあてはまるのでしょうか?)。又円高とはいっても、過去10年ぐらいの物価変動等を勘案するとまだまだ実態よりも円安水準だと、今日WBSでコメンテーターの方がおっしゃっていました。この話もよく耳にしますが、併せてご説明頂けませんでしょうか?宜しくお願い致します。

  • デフレになると、円安になるの、円高になるの?

     デフレは円安要因でしょうか?円高要因でしょうか? 360円以来円高で推移してきましたが、今後長い目で見ると日本の経済が回復すると思えないので、円安になると思うのですが間違ってるでしょうか?人口が減っていく国が経済成長していくことは困難だと思いますので、日本経済は今後100年というスパンで、下がっていく場合アメリカ経済が安定していたら、相対的に円がやすくなる気がするんですけど。たとえば、1ドル10000円とか。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

>円高でも株高になるような経済を目指すべきではないでしょうか? 同じ考えです。国益を考えれば円高です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#209756
noname#209756

対日投資の時代にはいると思うので、政府が積極的にうちでのこづちをふると思います。政治家のかたもこれに関してはおおむねですが、あまり消極論はないと思います。今まだ全然はいってませんので。景気がよくできますので。輸出には確かに円安がいいのですが、海外のお金が日本に入っていろんなものへ投資してくれることはよくなります。外国法人ができて、雇用ができるなどです。最近また海外からの圧力で動く国になりそうです。それにはもっと外資がいきそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

内需拡大の問題のネックなのが、まず少子化、それと外資受け入れへの拒否反応の高さ規制緩和問題など。日本の内需が低迷しているなかで、外需系の輸出企業に期待が持てなくなると、外需、内需、共に下評価となって日本株安になる って話らしいですが。 (でもこの間、ニュース見てたら日本の株式市場の70%近くが外国人投資家になっているって言っていましたけど、これのどこが外国を受け入れていないということになるのかちょっと分からなくなりました。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

為替相場と株相場は、リンクしてます。円高、株高はないでしょう、日本は、特に輸出に頼っているわけですから。貿易で、経済大国は特に輸入と輸出のバランスが要求されます。輸出で儲けると言うのはいいですが、輸入の国は赤字でいきずまり、その結果、日本製品も輸入出来なくなると、日本も、相手国も、共倒れです。(だから、貿易黒字の日本はOECDやアメリカ国の、国債を買って、いわゆるおかねをかしいるわけです。)商人とかんがえて、双方儲かれば、一番言い訳で、片方だけ儲けすぎると喧嘩になり商売は決裂です。国際的に言えば戦争です。だから、為替相場(円)と株相場が折り合いのつくいい相場であることが最良です。しかし、皆欲の塊ですので、上手く行きません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 戦争と聞くとそのとおりだと思いました。 みんな欲の塊で、それがバランスを悪くしているのですね。 世界中の人々が豊かになれる国がいいですね。

  • 回答No.2
  • ryu1995
  • ベストアンサー率52% (193/369)

>円高でも株高になるような経済を目指すべきではないでしょうか? >本当の経済発展のために円高で株高になるような経済を 私も同意見です。 しかしながら、多くの日本企業は輸出で儲けているのが現状です。 そのために「円高 ⇒ 利益減少 ⇒ 株安」「円安 ⇒ 利益増加 ⇒ 株高」となってしまいます。 日本国内で儲かるように転換できればいいのですが、これから人口が減少していく上に、所得の増加もあまり見込めない現状では、内需拡大は難しいでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 同じ考えの方がいらして光栄です。 人口減少する時代、年金問題もあり、なかなか財布の紐がゆるみませんね。私も貯金ばかりしてしまうので反省するばかりです。

  • 回答No.1
  • Willyt
  • ベストアンサー率25% (2858/11130)

円高で株価が下がるというのは間違いです。現に日本がバブルで躍っていたときには円100円くらいだったのに株がバンバンと上がっていました。景気がよくなれば株が上がるのです。  円が上がって苦しくなるのは輸出産業であり、輸入産業や旅行社は逆に都合がよくなりますから、相殺し合って株価には影響が小さくなります。  では円高で且つ景気がよくなるようにするにはどうするかと言うと、それは内需を上げることです。その内需の中で最も大きな部分を占めるのは消費です。みんなが先行きの不安を吹き払って物をたった10%多く買うだけでこれでGDPは5%以上伸びるのです。みんなが少しだけ財布の紐を弛めればそれで万事解決なのですよ(^_-)  またそれが先行き不安のドル安に対する一番よいヘッジになるのです。 ちなみにドル安と円高は違いますからね(^_-) 今進行しているのはドル安であって、円高ではありません。円の対ユーロ、ポンドのレートは上がっていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素晴らしい回答ありがとうございます。 おっしゃるとおりドル安でした。 Willytさんがおっしゃるような社会が来るといいな、と思いました。 いまは財布の紐が固いですね。 でも、緩めれば中国のように環境破壊につながるような気がします。 日本だから大丈夫でしょうが・・・。 経済はバランスがむずかしいですね。

関連するQ&A

  • なぜ円高に?

    ほとんどが国内で消化しているとはいえ、こんなに赤字国債の残高が増えていて、中国にもいまにも飲み込まれそうな感じで、とても円高になるような国力があるとは思えないのですが、なぜ円安にならずに円高なのでしょうか。 ODAや国際機関など世界に対していろいろ資金を出していても、世界のどこからも「借金だらけのくせになにバカやってるんだ」と非難されているようなニュースも耳にしたことがありません。 日本の借金やら何やら、もしかしたら自分の持っている情報は嘘八百のものばかりで、海外から見ればぜんぜん余裕のメチャメチャ強力な国だったりして・・・、だから円高がずっと続いているのか?と思わないでもありません。 この円高がどうして起きているのか、はっきりとした答えはあるのでしょうか。

  • 最近の円高問題について教えて下さい。

    最近の円高問題について教えて下さい。 8月11日(水)に15年ぶり円高ということで、 一時84円72銭/ドルと日本経済新聞に載っていました。 そのことに対して、日本政府や日銀が懸念のコメントを出しただけで、 為替市場が反応して、一気に1ドル=86円に円安になりました。 以下は私の考えですが、 もし、日本政府や日銀が実際に円安政策を行うのであれば、 今のうちに円を買っておけば、円安後に円を売れば為替差益を得られると思います。 よって為替市場が円を買ってむしろ(一時的にしろ)円高になると思いましたが、 実際は日本政府や日銀の思惑通りに円安になりました。 なぜ、一時的にしろ円高にならずに、すんなり円安になったのでしょうか? どなたか、経済にお詳しい方教えて頂けると助かります。

  • 何故まだ円高なんですか?

    日本の国際引き下げとか、経済破綻が起こりうるとか、海外のメディアでも日本経済に対しては 悲観的なニュースが多いですが、何故今だに円高なんでしょうか。 円安を見込んでの投資とかあるんでしょうか。 嵐の前の円高でしょうか。 経済の難しい用語は分からないと思うので易しく教えていただけるとありがたい(^-^;)ペコリ

  • 為替と株価の関係

    今の日本は、円安=株高、円高=株安 ですが、この相関は昔からそうだったのでしょうか? 普通に考えたら、ある国の通貨が売られたらその国の株価は下がるような気がするのですが。 他の国ではどうなのでしょうか? (日本は通貨安→株高の珍しい国だと聞いたのですが)

  • 日本株が上がると円安になる理由

    円安になるから日本株が上がるとも言えると思いますが、どちらでも構いません。 まず、円安と株高の相関係数は0,88と言われており、非常に関係が高いです。 そして、日本株を買う人の割合は外国人投資家が6割といわれています。 まず、普通に考えます。 日本人が日本株を買えば為替は関係ありません。外国人が買う時に初めて為替はへ変動すると思います。例えばドル→円に替えて(円高)日本株を買う(株高)。 これが普通に浮かぶ流れです。 しかし、実際は円安の時に株高になっています。 これが分かりません。 為替と株高の変動はどちらが先は分かりませんが、とにかく外国人が株を買う(株を売る)には円を買う(円を売る)ので、どう考えても円高株高(円安株安)だろうと思ってしまいます。 よく、外国人投資家はヘッジの為の両建てという話がありますが、それだと為替は相殺されて変化しないはずです。 一体どういう理由で、真逆の現象が起きているのでしょうか? 必ず、為替が変動する現象とセットで株高(株安)の現象をご説明して頂だければと思います。 よろしくお願い致しますm(_ _)m

  • 円高、円安!?

    今後の日本経済は円高、円安どちらが望ましい? ちなみに経済を勉強したてのものですので・・ 私は、円安のほうが望ましいと思います (簡単に変わるものではないのだろうけど) それは、円高の恩恵を受けられているのは 一部の企業のみに限られるからです 円安に切り替われば、国内産業は活発化して 雇用口も増加します 逆に原油価格の更なる高騰などで 困る部分も多々ありますが 全体的に円安のほうが今の日本経済にとっては プラスになるのではないかと考えました まだ勉強したてで自分でも何言ってるか分からないところも ありますが意見を聞かせてください また、回答者様の見解も聞かせていただけたらうれしいです 反論や、意見などはとてもうれしいのですが 暴言やいやみな発言は控えていただきたいと思います

  • 円安で日本の力は回復するでしょうか?

    日本の力は近年落ち続けています。 中国にGDPで抜かれ、あとは離されるばかり。 そこで経済を建て直さンと、円安誘導が行われ、株価は上がりました。 ところで、日本の国力は、軍事力ではなく経済力です。 だから、経済力を回復しようとするのは理解できます。 でも、円安になれば、ドル換算のGDPはほぼ確実に低下するでしょう。 それは、購買力の差になって現れてくると思われます。 円安で力を付けるのは、輸出産業。 逆に力を弱めるのは、輸入産業。 去年の日本と中国を見て分かる通り、輸出国と輸入国が争えば、強いのは輸入国。 となれば、短期的には日本の国力は弱くなると思うのですが… 長期的に見れば、違うのかもしれません。 ただ、長期で考えても、経済力の低下はほぼ確実。 それを円安によって加速させて、何がうれしいのでしょう?

  • 円安、円高について

    初歩的な質問なのですが、日本は不景気なのになぜ円高になるのですか? また、何かの拍子に日本経済が発展すればますます円高になるのですか? 日本の国民、企業にとって円安のほうがいいのでしょうか? 変な質問で申し訳ありません。 よろしくお願いします。

  • 円高懸念でなぜ円売りが進むのでしょうか?

    当方経済に疎くサブプライムショックについて勉強していたところ下記のような説明があり一部合点がいかなかったため質問させていただきます。 緩やかな回復を続けた日本経済にとって、サブプライムショックの影響は株安と円高となって表れた。ドルやユーロに対し、史上最安値を更新していた円相場が欧米市場の混乱で円高に振れ、それまで株高の主役だった海外投資家も円高懸念などで 「日本株売り」に転じた。一時1万8千円を超えていた日経平均株価は7月以降、 下降に転じた 上記の説明で「円高懸念などで日本株売りに転じた」、とあるのですが円高を考慮するとなぜ円を手放したほうが良いのでしょうか? 円高であれば円の価値が高いのですからずっと保持していたほうがベストなのではないでしょうか? ご存知の方宜しくお願いいたします。

  • 何故、円高になるの

     東日本大震災の影響と思いますが、円高が進んでいます。 通常は日本経済の見通しから、日本は売られ、円安になりそうですが何故ですか? 一部報道では、保険会社の保証の事が伝えられていますが、良く意味がわかりません。