• ベストアンサー
  • 困ってます

どなたか教えてプラザ合意後の円高で何故株高になった?

お世話になります。 過去、歴史のお話かもしれませんが、歴戦の勇士さんにお聞きしたいと 思います。 また経済に詳しい方にもお願いします。 質問ですが・・・ 現在は、 円安は、株価を上げる方向でベクトルが働いていると思います。 これは、現在内需で潤う金額より輸出で潤う金額の方が多いから 輸出産業銘柄にとって有利に働くものと認識しております。 (原料輸入には困るけど) ところが、ちょっと昔のバブルの頃・・ このスタートはプラザ合意にあると考えていますが このプラザ合意で円高容認が決定されその後円は確か、75円くらい まで円高になったと記憶してます。(数値は記憶の範囲) 前記した理由からは円高は株価にとってマイナスのイメージがある のですが、何故このバブルには円高なのに株高になったのでしょうか? 現在、間違いなく円安に向かっています。 でも限界はくるでしょう。 円高に振れ始めたとき、現状の日本の状況からして株価は下がる方向 と認識していいのでしょうか? それとも、バブルといっしょとはいいませんが、株高にいくと認識 した方がいいのでしょうか? 投機的な質問ではなく、一般論で結構です コメントよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数473
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#34393
noname#34393

既に良い回答が出ていますので補足を・・・ >円高に振れ始めたとき、 >現状の日本の状況からして株価は下がる方向と認識していいのでしょうか? >それとも、バブルといっしょとはいいませんが、 >株高にいくと認識した方がいいのでしょうか? 基本的には長期的な円高要因であれば株価に影響はありません。 だって、プラザ合意前のトヨタ自動車の株価と、今のトヨタ自動車の株価を比較すれば誰でも分かります。 この手の問題を解く鍵は実質実効為替レートが握っています。 要は昔の京成電鉄の大人初乗り運賃が70円の時代と今のような130円の時代ではどちらが高いの???って聞かれても分からないですよね。 京成電鉄の運賃に限らず、ラーメンの値段も昔と今は大きく違っていますね。 ちなみに、日清めんくらべ(インスタントラーメン)のお値段が45円でしたから(30年近く昔でしたから)、今と比較すると本当に高いのはどちらか?と聞かれても分かりません。 だから、プラザ合意以前の1$=240円と今の1$=120円ではどちらが本当に円安だったのかが分からないのです。 そこで注目は実質実効為替レートです。 これは1973年3月を100として、数字が大きければ円高、数字が小さければ円安と言うひとつの目安です。 この為替レートは普通の為替を物価指数で実質化した上で通関輸出ウェイトで加重平均した物です。 2005年時点でのウェイトが大きいのは米国25.82%、中国15.41%、ユーロエリア12.36%、・・・ちなみに豪州は2.39%と小さいのですね。 で、これを見れば輸出企業にどの程度有利な為替なのかを大雑把に知る最も簡単な方法です。 2007/04/01~09までの平均は98でして、これは1985年9月の94.8以来の実に約20年ぶりの円安水準です。 現時点では輸出企業には非常に有利な円安水準ふだと考えて良いでしょう。 しかし、ウェイトの大きい米国を始めとした国々の物価上昇率は日本に比べて大きいので、為替レートが変わらなくても実質実効為替レートの数値は小さく(円安になる)なります。 だから、仮にも円高になっても日本と外国の物価上昇格差分を打ち消す程度の長期的な円高であれば、長期的にそれほど株価には影響は無いと言えます。 それから、輸出企業って為替管理を自社独自に行う事で日本企業はそれを乗越えてきました。 実際に1995年4月の実質実効為替レートは165.5と言う超円高時代もありました(1$=79.95円の史上最高値の時代です)。 ですが、先ほど挙げたトヨタ自動車の株価はどうなっているでしょうか? 確かに輸出企業にとって、円高はマイナス要因ですが、そんな一時的な要因でくたばるような企業では無いんです。 ですから、仮にも1$=100円突破の円高になっても長期で見ればほとんど影響は無いのでは? 但し、短期的な株価下落の可能性は高いので、こう言う輸出企業の株価は20年以上の単位で見る事をお勧めします。

参考URL:
http://www.boj.or.jp/type/exp/stat/exrate.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

yohoushiさん キターーーー 目からウロコのコメントです。 すばらしいです。 長いコメント書いて頂き本当にありがとうございます。 >プラザ合意以前の1$=240円と今の1$=120円ではどちらが本当に円安だったのかが分からないのです。 確かに、そうですね。 実質実効為替レート・・・リンク先見ました。 見方がわからなかったですが、yohoushiさんのコメント中の数字と 日付を頼りに見方が理解できました。 Real側のセルを見るのですね! 早速Real側のセルだけを、チャートに起こしてみます。 株についてですが、個別に限定するとわかりにくいので 日経平均で比較しようと思います。 (トヨタは比較的同調銘柄ではありますが) いや~凄く為になるコメントでした。 私だけでなく他の方にも為になると思います。

関連するQ&A

  • 円高で株高を目指す

    円安になると株価が上がりやすくなります。 冷静に考えると円安になると株価が上がることに違和感があります。 元の切り上げをしようとしない中国や大戦後、アメリカに円の切り上げを迫られ、してしまいバブルの崩壊を招いた日本を見れば円安は歓迎なのですが、本当にそれでよいのでしょうか? 中国や日本が輸出で大きな利益を得ている裏で相手国は債務超過を招いて苦しんでいます。 円高は相対的に日本の国力が強い証拠。 円高でも株高になるような経済を目指すべきではないでしょうか? 本当の経済発展のために円高で株高になるような経済を考えて みたのですが、やはり円安が強い国ということになるのでしょうか?

  • 昨今円高が騒がれていますが、円高に関して一つ教えてください。

    昨今円高が騒がれていますが、円高に関して一つ教えてください。 円高になると日本の輸出産業などが打撃を受けて深刻な不況になる、その為に日銀などの介入が必要というニュースを良く耳にしますが (1)輸入では優位に立つ為に原料輸入などが安価に行うことが出来、結果輸出面でのマイナスは打ち消されるのではないか? (2)もし輸出が振るわなくなった結果、日本円での決済が減って円の需要が落ち日銀が介入せずとも自動的に円安に触れるのではないか? 円高のニュースを耳にするたびにいつも疑問に思っています。どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらご教示いただければ幸いです。

  • 円高・円安はどっちが有利?頭が混乱します。

    【質問・1】 円高になると、輸出・輸入、どちらが不利・有利になるのでしょう。 そもそも混乱の原因ですが、 例えばトヨタがアメリカにレクサスを輸出するとします。 そのときレクサスは「○○$」で売られるのでしょうか それとも「△△円」で売られるのでしょうか? 買い手側のアメリカが、$を円に両替して、レクサスを買うのですか? 円高・円安の時には、輸出、輸入の時にどちらが有利なのか、 簡単な考え方を示していただけると助かります。 【質問・2】 円高・円安は、株価にどのような影響を与えますか? 円安になったとき、株価はあがるのでしょうか、下がるのでしょうか。 また、その理屈を教えて下さい。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

>>4 マンガ日本経済入門(石ノ森章太郎?)の最初の4巻ほどを見れば 不動産バブル前後の経済情勢は大体判ります あと当時は株式の系列企業間での持ち合い構造があったという点が 今日と決定的に異なります 少ない浮動株を特金などで買い上がったため、株価が高騰したということです 買いあがった土地も担保にして更に融資を引き出せて その余資で更に株を買い上げたという現象もあったようです 株価が高騰すれば、転換社債を発行する企業が増え、その調達した資金を 営業特金に回して財テク・資金運用して、更に株価も上がった そういう時代でした

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

straker505さん コメントありがとうございます。 私も(石ノ森章太郎?)持っています。 でも 続きものではなく、読みきりの本でした。 確か竹中平蔵さんが大臣になる前に監修協力した本でした。 内容は、今から思えば恐ろしいほどの売り煽り本でしたね。(笑) 本当に日本はそのようになるのかと思った。 実際株価は下がり続けていたし・・・ でもそのすぐ後、大底つけたのはいうまでもありません。(笑) 竹中さん おんどりゃゴラぁーーーーです。 更にその後、郵政民営化否決時のザラ場の先物の動き 今思い出しても笑います。 メディアにあふれる情報は、すっかり信じないようになりました。 ましてやTVの投資番組、これは突っ込みどころが多い お笑い番組として見るようになりました。 脱線しました。 マンガ日本経済入門(石ノ森章太郎?)紹介頂いた本はわかりやすく 経済を教えてくれるものだと思いますし、過去の動向も理解しやすい ようにマンガで書いてあると思います。 読んでみます。

  • 回答No.7
noname#34393
noname#34393

#6です、一部誤りを訂正します。 実際に1995年4月の実質実効為替レートは165.5と言う超円高時代もありました(1$=79.95円の史上最高値の時代です)。 ↓ 実際に1995年4月の実質実効為替レートは165.5と言う超円高時代もありました(1$=「79.75円」の史上最高値の時代です)。 1$=79.75円の間違えでした、又、#6は種類:回答になっていますが、アドバイスの間違えでした。 大変失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

大丈夫です。 リンク先のデータ見方わかりましたので。 さて、話少し、脱線しますが・・ 現在、予想通り円安に向かっています。 株価(CME-N225F)も当然上げていますね。 当面の為替目標が121円とするならば今後どう動くのか 興味があります。 円安基調は今後も続くと思いますが、短期で押し戻される 可能性もあり株をやっている一人としては気になるところです。

  • 回答No.5

ジャブジャブに余ったお金が、為替差損のない国内の株や不動産に流れ込んだというのがポイントでしょう。 今ですと、外人投資家の動向しだいで、どうにでもなるでしょう。

参考URL:
http://www.nomura.co.jp/terms/japan/ha/bubble_e.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

masuling21さん リンク先とてもわかりやすく短くまとめてあり良かったです。 行き場を失ったお金が為替に影響受けない国内に向かったと いうことなんですね。 その流れが加速していく途中はみんな為替は円高に向かうと 確実視していたのでしょうね。 だから、国内の方が安全だとしたのでしょうね。 一箇所に一度に集まった為小さなバブルが起こるそれが また中くらいのバブルを起こす。 ループになり大きくなったんだなと思いました。 現在はどうでしょうか、都市では土地バブルが起こっているようにも 思います。大規模なのかどうかはわかりませんが。

  • 回答No.4

不動産バブル時の株価高騰は、土地価格高騰・地上げ・ 都市銀行の不動産投資関係過剰融資が主因であったかと・・・ その過剰な余裕資金および低金利下の 特金・ファントラ・転換社債絡みの企業の財テク運用資金が 東証に向かったため、一方的な株高になりました 日本株買いによる円高で、当時の東証の時価総額は世界随一でした 個人のNTT株上場も機を一にしたため 個人の株式投資ブ-ムも、ありました。 ITバブル時は全世界的な株高による余裕資金・IT企業株式公開による余裕資金の再生産・株投資利益が利益を生む、上がるから買う、買うから上がるの循環であったかな?と・・・ 今回は円高になっても円安の一時的修正・ブレによるもので、 円安基調は変わらないようです 物価の下落もありますし。 内需拡大の円高とは行かず、円安が輸出企業を引っ張り 景気も回復というシナリオでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

皆様コメントありがとうございます。 細かい説明皆さんありがとう。 読めば読むほど判断難しいですね。 そもそも、株価を考えると業績に対して正当な値段をつける とはいえないのが株価であり(笑)それを考慮せずに深く考えようと すると混乱するだけですね。 プラザ合意に関することはわかりました。 ウィキで見るのが良かったですね。 当時の株バブルがひとつは、不動産から起因していたことも再度認識 しました。 為替に対する株価動向について・・・ ん~~、なんかもう少しすっきり出来ればいいのですが。 例えばある数値がこのような場合、状況であれば、為替が円安に動く 場合には、株高に向かう。 こんなわかりやすい指標みたいなものがあればいいのですが・・・ どんなもんでしょう?

  • 回答No.3

プラザ合意自体は、対ドル高対策として進められたものです。 その後、円高不況になるかもしれない、 という懸念に対して政府が低金利政策を取ったことにより、 株などへの投機熱が高まって発生したそうです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6%E5%90%88%E6%84%8F 個人的には、政府の無理な?介入により、本来市場の持つバランスが崩れたため 異常な状態が発生したのでは、と考えています。 >円高に振れ始めたとき、現状の日本の状況からして株価は下がる方向 >と認識していいのでしょうか? これは難しいですね。 当時と異なり、今はユーロや中国の存在などもありますし 国内株式も個人投資家が増えたりしています。 為替にしても、株式にしても現在は「参加者」が大きく変わってきていますので、 単純に昔と同じシナリオにはならないと思います。 また、円高の進行具合にもよるのでは、と思います。 円高がゆるやかに進行した場合、その円高効果を長期的に吸収できていけば 株安が発生しない可能性はあります。 ※ただし、円高による心理的な嫌気から個人投資家が敏感に反応して… などとなれば、企業業績が問題なくても株価は下がってしまうかもしれません。 一方、急激な円高が発生すれば、輸出企業へのダメージは大きいはずです。 円高の進行具合によっては致命的なダメージが発生するかもしれません。 このとき、低金利政策を取ったとしても、現在の「低金利」状態でどれほど効果が出るか… すみません。はっきりとした結論はでませんでしたが、 その時の経済情勢次第といったところでしょうか。 (と言っても専門家ではないので、「その時」になっても適切な判断はできないだろうな…)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#208568
noname#208568

確かに輸出企業にとっては、円高はマイナスです。 しかし、企業は輸出だけではありません。 内需の場合、円高は輸入資材はコスト安になります。 輸出企業でも原料安になり決してマイナス要因でもありません。 確りとした為替政策さえとれば円高でも利益を取ることは可能です。 要は、企業の為替予約の予想の失敗が折角の利益を圧迫している場合が多いと思います。 株は、その時々の為替政策を突いて時として円高がプラスになったりマイナスになったりします。 たしかバブルがはじけた頃、円が150円目指したとき市場参加者はこぞって円安だから株安で円高になりさえすれば株は持ち直すといっていましたがその後100円突破して株は暴落しました。 因みに90円台つけて日経14000円台で底をつけ円安とともに2万円に回復したと記憶しています。 個人的には、評論家の後付け評論に過ぎないと思っています。 本来、日本の経済状態がいいから円高になるのだから評価すべきことなのですが今は、日米のそれぞれの利害や思惑だけで円安になったり円高になったり投機的な動きなので正常とは思えません。 おそらく130円超えて140、150となっていくとガソリン価格など高騰して株安。 110円割れたりするとやれ円高だといって株安。 今が一番心地よい水準だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • uskt
  • ベストアンサー率49% (361/733)

簡単に言うと、過剰な円高を抑えるために、通貨当局が金利を低く抑える政策を採ったためです。 当時は、実体経済に対してドルが高すぎるということは、周知の事実であり、プラザ合意では、ドルの切り下げを決めておきながら、このままでは急激にドルが下がることは目に見えていたので、関係各国、特に日本では、円の価値をなるべく下げることに、通貨当局の努力が払われたわけです。 一方で、日本はまだ2度のオイルショックを乗り越えて、高度成長の継続に社会全体が自信を持っていた時期なので、各社とも金利が低くなると、当然設備投資に走り、新商品を投入し、企業価値の増大を図ります。 高度成長期には、あまり過剰ストックということが意識されなかったので、低金利は当然企業体力を増大し、利益を拡大すると認識されました。これが株高の原因です。 もちろん、円高によって、海外進出が促進され、収益機会が増えるなど、それ以外の要因も多いと思いますが、主因はやはり現在と同じく、低金利による景気刺激と考えていいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • バブル経済・中曽根康弘元首相真犯人説?

    バブルの引き金となったのは、「プラザ合意」からの円高。 急激な円高から輸出産業が影響を受けて、「円高不況」となりました。 円高を止めようと大蔵省(日銀でしたか?)はドルを買って円を売り、 円をばらまきました。 円高不況対策のため、公定歩合は低くなって、政府は当時としては 最大規模の財政支援(公共事業などの予算で)を行いました。 あまったお金が株や土地の投機にむかいバブル経済に突入。 こんな風にバブルの始まりを理解しているのですが、 そうすると、プラザ合意のときも円高不況対策の予算も 中曽根元首相のときだと思うのですが、中曽根氏の「政治 的判断の誤り」ではないかとか、責任を問う声は聞かれません。 今でも、首相のアドバイザー(のようなもの)になったり 政治的な影響力をもっているくらいです。 果たして、中曽根康弘元首相には責任はないのでしょうか?

  • 国内経済と円高に関して質問です

    今の日本は景気が悪化しています。 そして輸出産業は円高で苦しんでいます。 経済評論家などは、国内経済を立て直すには、 日本銀行がお札をガンガン刷ることで、円安になり、 輸出産業の業績が回復し、景気が上向くと言われている方が多数います。 実際に数年前の安部総理の政権下でお札を刷った時は、 日経平均株価が18200円まで上昇し、景気も上向きだったようです。 なぜ、米国などでは大量にお札を刷って経済対策をしているのに、 今の国内政府はお札を大量に刷らないのでしょうか? なにかデメリットでもあるのでしょうか? 些細なことでも構いませんのでアドバイスよろしくお願いします。

  • 円高、円安についての疑問です。

    円高、円安についての疑問です。 円高の時の日本が輸出をすると損をすると聞いたのですが、 100万円の日本の車をアメリカに売る時 相手は100万円分のドルを支払うわけですよね?そうなると(すごく極端ですが) 円安で1ドル200円の場合 100万=5千ドル 円高で1ドル50円の場合 100万=2万ドル こうなるとすれば 円安の時は 5千ドル 円高の時 2万ドル もらえます 取引を終えた後相手が払う金額が円安の時より円高の方が大きくなるだけで日本に結局損をしたように見えないのですが でも実際には違いますよね・・・ よくわからないんのでどなたか教えてもらえないでしょうか?

  • 【円安・円高どちらがいいのか?】

    【円安・円高どちらがいいのか?】 経済のど素人です 最近、政府が数年ぶりに為替介入したようです。 これは、円高があまりにも進みすぎて、輸出品の 価格競争力が低下し、ものが売れなくなってきた ので、円高を止めようということだと思います。 貿易立国である日本にとって、円高は不利な状況 だと思います。海外から物(エネルギーや原材料)を 輸入するときには、円高だと有利ですが、日本国内で それに付加価値をつけた(円建ての支出)うえで輸出する わけだから、日本トータルで考えると、やっぱり円安の 方が明らかに有利と思います。 また、海外投資する場合には、円高だと、外貨ベースで 大きな資金を調達できますが、投資で得られた資金を 円に還元するときは、結局高い円で換価されるから、 レートがいくらか、というのはあまり意味ないことだと 思います。 総合すると、貿易の観点では円安が得、投資の観点では 特にどちらでもなし、ということで日本にとっては 円安の方がいいと思います。 唯一、円高に賛成する理由があるとしたら、今後、内需が 非常に拡大した場合だと思います。つまり、海外から ものを輸入して、ほとんどを国内で消費するようなケース。 これは、輸入しかしないのだから、円高の方が得だと思い ます。しかし、人口減少している日本で、それはあり得ない から、やはり円安の方がいいと思います。 この考え方は正しいでしょうか?

  • 円高時、円安時、の、輸出企業の株

    A: <円高>になると、<輸出企業>の株は、売られる。 <円安>になると、<輸出企業>の株は、買われる。 ・・と、言われます。 B: <輸出企業>とは、なんでしょうか? 輸入するより、輸出する金額の方が多い、企業、・・のこと、ですか? C: A、は、なぜそうなる (<円高>になると、<輸出企業>の株は、売られる。 <円安>になると、<輸出企業>の株は、買われる。) ・・のですか? どなたか、おわかりになる方、教えていただけませんか? どうかよろしくお願いいたします。

  • 金利と為替レート

    一般論でいいのですが、為替レートと金利の関係を教えてください。さらに、日本経済の牽引役が輸出産業であることを前提とした場合、円安になると相手国の金利が上がるのか下がるのか関係ないのか?もっと言うと今後内需産業が日本経済を牽引していくと円高になると相手国の金利はどう変動するのか? どなたか分かりやすく教えてください。

  • 円高にするべきだ

    円高にしない事で、原油高や食料コスト高に苦しんでいます。 高度な技術の部品輸出産業はともかく、オートメーション化された 自動車産業からの国内総生産の恩恵は限定的。 それより材料の調達コストのほうが日本の場合資源国ではないので大きいと思います。 新興国への投資→資源飼料の高騰の対策→準備期間を取ってから円安から円高に誘導したほうが良いと思うのですがいかがでしょう? →年金生活者のリタイヤメントプログラム(7万で裕福に暮らせる海外のリトル東京を作る)だって実現するでしょうし。  治安は大事ですが。

  • 日系平均株価急落で円高?

    ここ数日急激な円高になっていますが、これに関連して質問があります。 まず私の理解では (1)円高 ↓ (2)輸出関連企業の利益圧迫 ↓ (3)輸出関連株が売られ ↓ (4)日経平均株価が下落 円高を受けて、輸出企業の株を持っている外国人投資家は利益が圧迫され株価が下がると予想し売却すると思うのですが、そうすると売却で入ってくる円をドル等に替えることになる思います。そうすると、円安に向かうと思うのですが、今日は、殆どの株が売られ日経平均株価が500円も下落しているのに引き続き円高になっています。 これは、どういうことなのでしょうか。 ・日本の株式市場に占める外国人投資家が少ないのか ・数は多いが株は売っても売却代金はドルには替えず円もまま保有し円安になるのを待っているのか 色々な要素があると思いますが、よくわかりません。 どなたかお願いします。

  • 円高でなぜ株が下がる理由は何でしょうか?

    為替相場というのは長期的な視点に立てば国力の反映だと思います。基本的には通貨が強くなれば(日本の場合円高になれば)その国も強い、と認識されるはずです。 ですがここ2日の急激な円高で株価が暴落しました。それだけでなく普段から円安は株価に好影響、円高は悪影響して捉えられていると思います。これはなぜでしょうか? 輸出企業にとって円高がマイナス要因だということは分かります。しかし今日の東証では上場企業中9割以上が下げており、ほぼすべてのセクションに渡っています。 日本が貿易立国だったのは昔の話で、モノ+サービス収支のうちサービス収支は大幅な赤字のはずですし、所得収支でなんとか保っていると数年前本で読んだことがあります(現在でもあてはまるのでしょうか?)。又円高とはいっても、過去10年ぐらいの物価変動等を勘案するとまだまだ実態よりも円安水準だと、今日WBSでコメンテーターの方がおっしゃっていました。この話もよく耳にしますが、併せてご説明頂けませんでしょうか?宜しくお願い致します。

  • 円安/円高 この考えは間違っていませんか?

    2点、お教え下さい。 『外国為替市場で外貨をカバーすることになります。 このカバーによる大量の外貨買い/円売りから円安になります』...何故、円安になるのか?ここの所、もう少し詳しく解説お願いします! ーーーーーーーーーーーーー☆ 円安/円高 この考えは間違っていませんか? *金額は、仮想です! 円安は、1ドル100円から1ドル120円に上がる事。日本から輸出する品は儲かり、輸入品は価格が高くなる。円安の意味は、あくまでも、輸入品の価格が上昇するからである。 円高は、1ドル100円から1ドル90円に下がる事。日本から輸出する品は儲けが減り、輸入品は価格が安くなる。円高の意味は、あくまでも、輸入品の価格が下がり安く買えるからである。