• 締切済み
  • 暇なときにでも

6歳と26歳で罰を変える理由 心神喪失と責任能力について

結果が同じであれば6歳と26歳に同じ重さの罰を与えるべきだと思いませんか? 責任能力と言う言葉で子供と心神喪失を保護する理由は何ですか?

noname#49528

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数142
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.5

#2です。私は、死刑廃止論者では無いので、身内がそのような被害にあえば、きっと憎いと思うし、死刑になってほしいと思うと思います。 しかし、6歳の子供であれば、#3さんのように保護者を恨むと思います。6歳の子に大人と同じ刑を科して欲しいとは思わないと思います。しかし、これが9歳ならどうか、11歳なら、15歳なら…となってくると、そう感じる境界線があやふやになってきて、15歳の子供だったら、大人と同じ刑を科してほしいと思うかもしれません。 しかし、同じ年齢で同じ犯罪で、あの子無罪で、この子は有罪と、曖昧な結果が出てはいけないので、感情とは別にある一定のラインが法律にはないといけないとは思います。(それが現在通りでいいとは思いませんが…年齢以外にも犯罪の内容などで細かく分けたりするべきだと思います) 心神喪失の場合も、同じ犯罪であれば同じ刑を科してほしいと思います。ただ、鬱病の人が自殺してしまったりする話を聞くと、精神的にきている人は、私たちには分からない感情や思考状態になっているのではないかと思います。 なので、一番最初の質問に戻ると、上記のような理由で「責任能力」という形で保護するのではないか…と考えています。 でも、それが必ずしもいい事であるとは思っていません。「犯罪を犯しても仕方の無い人」を放置せず、犯罪を犯す前に保護する制度をきちんと作らないといけないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • なぜ、14歳以下と心神喪失者は何の罰も受けないの!?

    タイトル通りですが、なぜ14歳以下や心神喪失の人間は殺人や強盗殺人などのどんな重大事件を犯しても何の罰も受けずに普通の人と同じような生活ができるんですか?亡くなられた方の遺族の方も加害者が未成年や心神喪失が理由で何の罰も受けないは納得がいかないと思うし、一般人が1人殺しただけでも死刑になるときがあるのに心神喪失や未成年の場合は10人殺しても不処分になるのはおかしいと思います。皆さんはどう思いますか?

  • 犯罪者の責任能力

    よく、犯罪が起こると、精神病と責任能力の有無などが取沙汰されます。 そこでふと疑問に思ったのですが、 1.犯罪者が健常者(精神病を患っていない)場合でも、犯罪等において心神喪失や心身衰弱が認められることは、実際に(現実的に)はあるのでしょうか。あるとしたら、具体的にはどういった場合でしょうか。 2.犯罪者が精神障害者(精神病を患っていた)場合、心神喪失や心身衰弱が認められるのは、具体的にどのような症状でしょうか。

  • 心神喪失状態

    心神喪失状態の人は犯罪の責任を問われなかったり、罪が軽減されるというのは、万国共通のことなんでしょうか? それとも、心神喪失状態云々という議論が実際には認められない国や地域があるのでしょうか(実質的に無法地帯となっている国や地域は除きます)?

  • 回答No.4
  • teloon
  • ベストアンサー率11% (71/627)

まだ学校にもあがっていない、あるいはあがったばかりの6歳の子供と、学校を出ていて社会の義務や権利など、さまざまな決まりごと、マナーを学んでいる26歳の大人とで比べた場合、与える罰の重さに差をつけるのは当然でしょう。6歳と26歳で同じ重さの罰を与えるべきだと考えるのは、普通の感覚ではないと思います。中学を卒業してある程度体の出来ている16歳と、26歳を比べるのならまだ話しは分かりますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • nidonen
  • ベストアンサー率55% (3658/6607)

 子供のケースと心神喪失のケースは、分けて考えるべきですね。 まず子供ですが、6歳の子供が26歳の大人と同じ犯罪を犯すケース 自体がほとんど想定できません。非力なので殺人は無理でしょうし、 詐欺や窃盗もそうです。  最近、親が子供に万引きさせるという情けない犯罪がありますが、 6歳の子供なら万引きが悪い行為なのかもほとんど理解できません。 むしろ、親に怒られるほうがはるかに怖いはず。自己の行動を理解 できるはずのない子供の行動は、そもそも犯罪を構成していないと 考えてしかるべきでしょう。この場合は親が子供を道具として利用し、 親が万引きとしたとみなすのが正当だと考えます。  #2さんへのお礼に書いた例ですが、6歳の子供に拳銃を持たせた としても、人を殺すという確信を持って殺人を犯すとは考えられません。 ですのでそれで人が死んでも、あくまで事故ですね。もし私の身内が その被害にあったのなら、その子供ではなく保護者を恨むでしょう。  いっぽうで心神喪失のケースは、現在の判例傾向に私も強く疑問を 感じます。心神喪失と判定するのは、たとえば「うわーっ!」とわめ きながら手を振り回したら、誰かにぶつかってケガをさせた、といった ケースなどに限定すべきと考えます。つまり、自己の行為がもたらす 結果を理解できていない状況です。  それに対し、ナイフで人を刺したような場合は、その行為に明らかに 社会的な意味がありますから、心神喪失を理由に罪を減じる必要はない と考えます。たとえ神が降りていたにしても、確信を持って人を刺した のであれば、それは傷害なり殺人の罪で裁くべきでしょう。  たとえば人の首を絞めて殺しておいて、心神喪失だったのというのは まったく道理が合いません。自分の行為を理解できない状態ならそもそも、 人が死ぬまで首を絞め続けることなどありえないからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

例えば6歳で店のものをお金を払わずに持って帰ってしまったのと26歳が同じことをした…と考えると6歳の子には、保護者や周囲の大人がきちんと教えてあげて、次からしないように、、としなくてはいけませんが、26歳だったらそういうわけにはいきませんもんねぇ。そういう事なんだと思います。ただ、その線引きをどこでするかが難しいんですが。 いつも思うのですが、子供でも心神喪失でも、確かに「どうしようも無く」その精神状態でおきてしまう事件・事故はあると思うのですが、そういう状態にしてしまった、又はそういう人間を放って置いた、保護者が罰則を受けるべきだと思うのです。保護しないといけない人を適切に保護してなかったということで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

死刑廃止論者は仮に自分が被害者となった場合でも子供や心神喪失とゆう理由で限りなく無罪放免に近い罰が犯人に科せられると言うことに納得できますか?

  • 回答No.1
  • GAG666
  • ベストアンサー率21% (244/1118)

判断能力の違いです。 あらゆる経験が少ない未成年、特に児童や幼児に関しては 「自分の行動が何をもたらすかを判断できない」というケースや 「そもそもそれが悪いことだと認識していない」というケースがあります。 そして、刑事罰に「更正」という意味合いが含まれている以上 教育次第で比較的簡単に更正可能である未成年の保護も必要です。 また、未成年に関しては「保護者に監督責任がある」という面もありますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 裁判での弁護側の「心神喪失」の多用

    既に出ているかもしれませが、凶悪な殺人事件の裁判で、計画的に凶器を用意したり、被害者宅への進入路を調べたりと、実に冷静に犯行を練っていることが証拠によって明らかなのに、弁護側は「被告は心神喪失状態で、責任能力がなかったので、無罪」を主張することがありますが、なぜですか。また、とんでもないへ理屈をこねるのはなぜですか。弁護士の人、教えてください。

  • 刑法における責任能力の根本思想

    刑法において、心神喪失の被告に対して減刑か無罪が言い渡されることがありますよね。 哲学と刑法の関わりを勉強しているのですが、この責任能力の問題と関連して、 ・法は誰の為にあるのか 何のためにあるのか ・法における人のアイデンティティとは何か(例えば薬物によって心神喪失になった人が殺人を犯して無罪を言い渡されるなら、私達は何を行為するかではなく何を思うか/何を意図するかで定義付けられることになると思います) この辺りについて、現行の刑法が採用している思想、その思想を定義した哲学者、またそれが呈示された著作など、知っていたら教えてください!

  • 責任能力とは?

    犯罪においての責任能力について質問があります。 最近、人を殺害する凶悪事件がありますよね。そのとき、しばしば出てくるのが、「責任能力」という言葉です。責任能力がなかったから、無罪となるのか納得いきません。 私としては、人を殺した事実に変わりはないのだから、責任能力があろうがなかろうが、有罪に決まっているし、それなりの罪になるのは当たり前のことだと思うのですが。殺された被害者の家族の立場になればなおさら思います。 なぜ、責任能力がないと、無罪になるのでしょうか? そもそも、責任能力とは何なのでしょうか?

  • 心神喪失、心神耗弱、保護管理責任は無い?

    当方法律に関してまったくの素人ですが、罪を犯した人が心神喪失、心神耗弱状態にあった場合、罪に問われない、もしくは軽減されるという刑法の一文の意義に関して、過去ログを拝見しまして概ね理解できたと思います。 ですが、1つだけ疑問に思います。突発的に心神喪失状態に陥ってしまったような場合は別として、普段から心神喪失…とまではいかなくてもそれに準じた自制不能な状態に陥る傾向にある人物(精神的な疾患がある等)を少なくとも単独で行動させないように管理する義務というものが、例えば医師、行政、親、兄弟及び親族等に課せられたりはしていないのでしょうか? 自分自身で行動の良否が判断できない以上、その行動に対して責任を負うことは無いのですよね?それでは、その人物がそういう状態であることを把握しながら自由行動を許した人物にはそれなりの責任があってしかるべきなんじゃないかと思うのですが?

  • 法律上の責任能力について、、

     刑法上は心神喪失状態でした行為は処罰されないことになってますね(原因において自由な行為の理論で処罰されるような例外的な場合を除いて)。  では、電車の中でべろんべろんに酔っ払った客が吐いて汚物により、自分の所有物が汚されてしまった場合、民事上もなんら責任追及できないのですか?確か民法にも責任無能力状態の行為については責任を負わないという規定がありますが。

  • 精神鑑定で心神喪失と診断されたら無罪確定?

    精神鑑定をテーマとしたスピーチを書かなければいけないのですが、わからないことが多くて困っています(><) 起訴後の精神鑑定で、心神喪失と診断された時点で、裁判官の判断は関係なく、もう無罪は確定なのでしょうか??それとも、その診断はあくまで裁判官が刑罰を決定するための一つの要素であって、裁判官が他の様々な要素を考慮した上で、その診察が正しく、責任能力は無い、と判断してようやく無罪が決定するのでしょうか?? まだまだあやふやなことしか分からなくて、質問内容も分かり難いかんじになっていてすみません(**)

  • 心神喪失殺人者の娑婆に出ての殺人繰り返し…?

    普通の人が人を2~3人殺したら殺人罪で死刑か無期懲役、そしてキチガイ(狂人)が人を殺しても心神喪失とか何たらで死刑や無期にはならず、何年か後に世の中に出てこられて、また人を殺して、そして、また心神ナントカで、死刑にも無期懲役にもならずに、またまた世間に出て来れて、人を殺して…、この繰り返し? これで殺された人は、たまったもんではないでしょう。 普通の人が殺人した場合は、それなりに理由があるでしょうし、ですから理由の範囲外なら殺されることもないでしょうが、キチガイ=心神喪失者等の場合は、理由もヘッタクレもなしに殺され、そして、この殺したキチガイは、無罪やら、そうでなくとも死刑などにはならず、また何年か後に世の中に放免され、またまた、人を殺すことを繰り返し…。 根本的に何か間違ってはいませんか? おかしいと思いませんか? 心神喪失やら心神耗弱やら、この人らが人を殺したら、この人達を世の中に放り出したらダメでしょう。 また人を殺す可能性大ことくらい明らかでしょう。 全く理解できません、こうなっている法体系が。 どうなっているのですか、メチャクチャでしょ、教えてください。

  • 心神喪失時の保険金支払いについて教えて下さい

    書き込み失礼させていただきます。 じつは私の妻の父親(80歳になります)が自動車運転中に事故を起こしました。 内容は、ガソリンスタンドから一般道に出て、そこからバックして、後ろから前進して来た車にぶつかったというものです。 相手の車の人は軽症(ムチウチのようです)で通院しており、父は脳内出血で開頭手術を受け、現在は一般病棟に移りましたが、まだ口が聞けない状況です。 ここで問題になるだろうと思われますのは、父の脳内出血が、事故前に起こっていたのか事故の衝撃でおこったのかということです。 というのも、事故時の状況が、本来はバックをせずそのまま自車も前進して、車線の流れに乗るべきところがバックを選んだということで、おかしな行動として目撃者に語られているからです。 自身も怪我を負いましたが、相手に怪我をさせているのですから、通常は人身事故による免許停止等が避けられないと思われます。 しかしながらもし、事故前にすでに脳内出血を起こしていて、その影響で心神喪失状態となっての事故の場合は、ケースにもよるでしょうが事故加害者の責任は問われないとも聞きました。 もう一つ、こちらの方が重要な問題なのですが、そのようにすでに脳内出血を起こしていて、正しい判断能力のない状態、いわゆる心神喪失状態にて起こした事故は、 自賠責保険や任意保険にて保障されている条件、すなわち対人無制限や車両保険の適用に対して、なんらかの制限やあるいは保険の適用の対象外になる等の判断をされることがあるのかという問題です。 整理しますと、 (1)心神喪失状態にあったとした場合の事故も、そうでない状態の時と同等の免許の停止等の罰則を受けるのか。 (2)すでに脳内出血を起こし心神喪失状態にあったとする場合、その為に起こした自動車事故に対して、自賠責保険、任意保険は適用されるのか。 ・・・この2つが私の知りたいことなのです。 自動車保険に詳しい方、どうかお教えください。

  • 心神喪失(あるいは耗弱)

    最近のニュースでいつも疑問に思うので質問します。 飲酒運転は禁止されていて、それは飲酒により判断力が鈍り危険が増すからですよね。そして飲酒運転で人身事故を起こした場合、しらふで起こした同程度の事故よりも重い罪が課せられます。 それなのに、なぜ覚せい剤などの禁止薬物を使用して殺人を犯しても「心神喪失」状態だったから、という理由で罪が軽くなるのでしょう? 病気による心神喪耗弱で起こした事件は別として(こちらについても言いたいことはありますが)そもそも、禁止薬物を使用して判断の出来ない状態になり、人を傷つけたという事実だけで交通事故と同じようにより重い罪を課しても良いと思うのですが。 法律で許されている飲酒で心神耗弱になって起こした事故は重く、禁止薬物により心神耗弱になって起こした罪は軽くなるのはなぜですか?

  • 責任能力って何なんですか?

    強い憤りを感じています。 育児のカテゴリーで質問しようと思ったのですが、 こちらの方が、詳しい方がいらっしゃると思ったので。 愛知県のイトーヨーカドーの事件での、犯人の発言などに対し、「責任能力の有無」を確認すべき、という意見があることを聞きました。 先日の、女児誘拐殺人事件に対しても聞きました。 責任能力って、何なんですか? 被害者を守るために法律はあるんじゃないんですか? 責任能力が無い人は、それで何で普通に生活してるんですか? たとえとして、何か犯人が重大な病気にかかっていたり、催眠暗示がかけられていたとしても、やったことはやったことでしょ? 私は、上記の犯人には死刑になって欲しいです。 もっと言えば、被害者の家族の判断で、どんな極刑でも受けるべきだと思います。 私には8ヶ月の子供がいます。この事件のせいで、買い物に行くのが恐いです。我が子を、命に変えても守る決意で生活していますが、この事件を見て、守りきる自身がなくなったからです。日本国中、こんな気持ちのお母さんはたくさんいると思います。国民の生活の安全を守る法律を、きちんと作用させて欲しいです。 詳しく教えてください。