• 締切済み
  • 困ってます

C型肝炎訴訟。どうやって証明する?

タイトルどおりなのですが。 家族がC型肝炎です。 しかし、いつ感染したのか不明とのこと。 もし、今話題の薬害だったら?と思い、調べるだけ調べてみようと思うのですが・・・。 厚生労働省のHPなども見ましたが、ほとんどの病院がカルテはないとのこと。 何年も前のことだから、あるほうが稀だと思うのですが。 でもそうなると、どうやって証明するのでしょうか? カルテがないのならもう無理では? 仮に、担当医師が生きていたとしても、 たくさんの患者の中で誰にそのフィブリノゲンなどを投与したのか覚えてないと思いますし。 覚えていたとしても、そんな遠い記憶だけで、証明するってありえるのでしょうか? あと、他の質問も見て、輸血していると証明がほぼ無理ということもみたのですが。 何から初めていいのかわからなくて質問文がぐちゃぐちゃですいません。 聞きたいことは、第一にすることはまず病院への問い合わせですか?ということ。 そして、問い合わせして、わかりませんといわれれば、それまでですか?ということです。 原告団のかたが、投与した人みんなの一律救済を求めてくれたことは すごくありがたいことだと思うのですが、 原告団のかた以外は、なかなか証明が難しいのでは?と思ってしまいます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数911
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

フィブリノゲン製剤を投与したという証拠が100%必要になります。またその時のカルテや手術台帳が必要になりますが数十年前の事です。あるわけが無いです。よって患者全体の1%~2%の方位しか給付金が支給されません。また万が一書類があっても先ず薬害肝炎訴訟で勝訴して個別に国を相手に訴訟し勝訴しなければ給付金は頂けません。このシステムを見る限り救済するつもりが全く無い事が良く判ります。 結論ですがあなた方の場合は訴訟に参加する事すら出来ません。 一律救済なんて名前だけのものですよ。原告でも給付金がいただけない方が大半ですよ。 よって政府の試算する予算の1000分の1くらいしか使ってないんじゃないですか。 C型肝炎訴訟。どうやって証明する?>あなた方が証拠を集めなければ誰も集めてくれませんよ。何も無い場合は証明する事は不可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 薬害C型肝炎被害者の一律救済について

     薬害C型肝炎についていくつか質問があります。よろしくおねがいします。(1)薬害C型肝炎ということは、薬害と前についているので、フィブリノゲンを投与されたという人だけが(もっと詳しく言うと、投与されたという証明があるひとだけが)今回の救済対象となるのでしょうか。(2)予防接種など、注射針の使いまわしで感染したC型肝炎患者は薬害ではないかもしれませんが、行政の怠慢が原因だと思います。このケースは今回の救済対象にはならないのでしょうか? (3) (1)と重なりますが、フィブリノゲン投与を客観的に証明できない(病院がもうないとか、カルテがないとか)の場合は、やはり救済対象にはならないでしょうか? (4)今回の薬害ケースは、国が一時的に経済的負担をするにしても、その一部を、製薬会社、病院にも求償するようなことにはならにのでしょうか? 製薬会社も病院も責任の一端はあるので国民の税金だけで100%救済というのはどうかと思いますが(製薬会社や病院も応分の負担し、支払うべき)そのような考えはないのでしょうか?  

  • 薬害C型肝炎の裁判所への提訴は

    『薬害C型肝炎救済法』が成立しフィブリノゲンの投与証明のカルテも入手できましたが裁判所に提訴するというのはどこの裁判所に行けばよいのでしょうか?提訴って難しいですか?

  • C型肝炎訴訟の原告になるためには

    母が、昭和40年代、2度にわたる産科系手術で、C型肝炎に感染したと思われます。以来、病状は進行し、肝硬変になり、現在は肝癌です。昭和60年を過ぎてから、感染の事実を知り、母本人も家族も大変苦労しましたが、古いことですし(病院はすでに廃院)、仕方の無いこととあきらめておりました。けれど、連日の報道を見て、原告になるべく、原告団の弁護士相談窓口に電話しましたが、「カルテ(医師の証明など)で証明できない人は原告になれない。病院が廃院なら、まず証明は不可能でしょう。」と断られました。年明けに個人的に調査するつもりですが、証明はやはり難しいのでしょうか?廃院した病院の住所、名前は分かっています。医師会を通じて、当時の医師と連絡を取ることはできるでしょうか?

  • 回答No.1

こういうところには相談してみましたか?

参考URL:
http://www.hcv.jp/chatchannel.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 こういった情報も欲しいと思っていたのに、 質問文に書くことを忘れていました・・・。

関連するQ&A

  • 薬害肝炎患者に一律救済

    薬害C型肝炎問題で、原告団が求めていた福田総理大臣との面会がようやく実現しました。 28日に法案が提出され、早ければ1月はじめには進展がありそうですが、皆様は薬害C型肝炎患者の一律救済について、賛成ですか?反対ですか? また、どういった救済が適切であるかなどご意見ください。

  • C型肝炎について教えてください

    母(63歳)20数年前に子宮筋腫の手術をしました。 おそらく、その際の輸血でC型肝炎になった可能性があります。 最近の採血検査ではC型肝炎のウィルスが検出されず 消えてしまったと、医師に言われたそうです。 ウィルスが消えることってあるのでしょうか? 薬害肝炎の場合、20年後くらいに何か症状が出ると聞いたこともありますが 実際どうなのでしょうか? 手術した病院にはもうカルテもありませんし 今更補償と言っても証拠も無く、どうすることはできないと思うのですが・・・。 ご意見お待ちしております。

  • 命の線引き

    C型肝炎訴訟で原告側は「命の線引きをせず、一律救済して欲しい」 と訴えています。 もちろん、感情的にはよくわかるのですが、原告団は一律救済と言え ども、いったいどの辺りまで求めているのかよく分かりません。 あくまでもフィビリノゲンを投与された患者を救って欲しいと言っているだけなのか(それもどこまで遡るのか分かりませんが) そうだとしても、何も分からないまま「実はそうだったかも・・」という方がたくさん出てきそうな気もします。 どこまでの次元で訴えを起こしているのか、知りたくなりました。 (決して原告の方を非難している事ではありません)

  • 白血病治療でC型肝炎に感染することはある?

    平成元年に急性骨髄性白血病と診断されました。 幸い化学療法で寛解状態となり、その後自己骨髄移植を経て現在は通院不要と医師に言われています。 ところが数年前C型肝炎に感染していることを告知され、そのときは輸血が原因であると言われました。 私が発病した平成元年前後はまだC型肝炎自体が発見されていなかったので、輸血の中にウィルスが混入していたのは避けようがなく、これはどうしようもなかったのだ、というような医師の説明でした。 感染していたことにショックを受けましたが、誰にも訴えることができないのだと諦めておりました。 が、昨今のC型肝炎訴訟のニュースを見て、出血を止めるためのフィブリノゲン投与が自分に使われた可能性はないのかと思うようになりました。 一概には言えないのかもしれませんが、白血病治療においてフィブリノゲンを投与することはあるのでしょうか? また感染が輸血であったということであれば、これは国や医療機関の過失とは言えないのでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

  • C型肝炎ウイルス検査

    新聞に入ってた、厚生労働省の「C型肝炎ウイルス検査」を すすめるチラシを見ました。 該当者は、平成6年以前に、フィブリノゲン製剤投与を 受けた方となっていますが、平成6年4月の場合は、当てはまるので しょうか?? それとも「以前」というのは、平成5年12月より過去にさかのぼって ということですか? 問合せ先の電話が混んでいて繋がらないので、こちらで質問させていただきます。 どうぞよろしくお願いします。

  • 薬害C型肝炎

    薬害C型肝炎の全国原告団が線引き和解案に抗議し福田総理に面会を求めましたが、実現できませんでした。13日に大阪高裁の和解案提示を待って対応するというのが表向きの理由だそうですが、一刻も早く対応しなければ被害者がますます困ることが誰の目にも明らかであるにもかかわらず福田総理が政治決断をためらっている本当の理由は何でしょうか。

  • C型肝炎について

    40代の男性です。 3つ質問です。 最近の検査でC型肝炎にかかっている事実が判明しました。 (1)、19歳のときに交通事故で輸血を受けていますがこの輸血が   感染原因と見るべきでしょうか?   そのほかに思い当たることがありません。 (2)、そうであればこれは薬害被害者ということ? (3)、C型肝炎の治療には結構なお金がかかりますが、今後治療費が   月額1万円になるという法案ができるとかどうとか・・真偽の   ほどは? 以上3点 どなたかよろしくお願いします。

  • C型肝炎の治療は何歳までできるのか。

     私は昭和36年出産の折、大出血して1800CC輸血しました。当時は労働条件が悪く、働いていた同室の多くが輸血し、その後、肝炎にかかっりました。あの輸血が私のC型肝炎の始まりだったのでしょう? 血清肝炎の多さを憂いた医師や製薬会社が作った薬剤が多くの肝炎患者を生み出したのです。 C型肝炎の私は大病院の肝臓外来にかかっています。今年、九月ウイルス数が急増し肝臓の数値が50を超え、インターフェロン治療を申し出ましたが、この薬は65歳までしか使用しないということでした。  今日、ベグインターフェロン+リバビリン併用治療と体験談のなどを知りましたが、使用出来る年齢は書いてなく、50歳代以下の方々の体験談ばかりでした。私は75歳。なす術はないのでしょうか。 薬害肝炎の方だけでなく、輸血による肝炎患者も国の救済をして欲しい。命の重みも肝炎の苦しみも同じです。baba

  • C型肝炎です。今TVで騒がれている薬害について

    家族の者がC型肝炎です。すでに発覚してから13年ほど経っています。20年前~10年前まで様々な病気で手術や輸血を経験しております。一時期抗がん剤投与で1ヶ月程入院しましたが、特に改善はありませんでした。現在定期的に通院しています。 最近マスコミで薬害によるC型肝炎の訴訟や判明などの話を耳にしたのですが、家族のものがそれの対象であるかどうかを調べるにはどうしたら良いのでしょうか?経済的にも我が家はかなり厳しく、もし少しでも医療負担があるのならば助けてあげたいと思います。 また、本人も何故そのような病気になったのか、まったくわからないと言っているのですが、この「薬害」以外にも原因はあるのでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。

  • C型肝炎ですが・・

    自身の母親がC型肝炎とわかったのは 献血をしてからでした。 しかし、当時、親の小さい頃は注射を回しうちを していた時代。 しかも、 親は病院で輸血など したことや、手術さえした事はありませんが。 また、幸いにも 今回C型肝炎は 自身の体内で 共存できるらしく、陰性でした。 ・・ただ、 どこで感染したのかわかりませんが、 厚生労働省で 以前、記載されている C型肝炎 のうつった可能性の高い病院名が公開されていましたが その病院は 現在もある病院ばかり。 母親の通っていた病院は 潰れていたのばかりでしたが こういう人に対して、国はどういう措置、また どう動けば いいと言っているのでしょうか? ご存知の方があれば アドバイスよろしくお願いします。 又、無料でC型肝炎の検査など出来ますでしょうか?