• ベストアンサー
  • 困ってます

C型肝炎について教えてください

母(63歳)20数年前に子宮筋腫の手術をしました。 おそらく、その際の輸血でC型肝炎になった可能性があります。 最近の採血検査ではC型肝炎のウィルスが検出されず 消えてしまったと、医師に言われたそうです。 ウィルスが消えることってあるのでしょうか? 薬害肝炎の場合、20年後くらいに何か症状が出ると聞いたこともありますが 実際どうなのでしょうか? 手術した病院にはもうカルテもありませんし 今更補償と言っても証拠も無く、どうすることはできないと思うのですが・・・。 ご意見お待ちしております。

noname#139426
noname#139426

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数328
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

以前は、C型肝炎ウイルス(HCV)の抗体検査しかできなかったので、抗体陽性者は感染者(HCVキャリア)とほぼ同義語のように扱われていましたが、その感染力は一般的には低く、配偶者間でも感染しないといわれてました。 現在は、抗原検査が可能になりましたが、5%ほど偽陽性者がいるため、先ずは抗体検査でスクリーニング(ふるい分け)して、抗体陽性者からHCVのコア抗原を検出すること(HCV抗原検査)を行い、抗原陰性者に対して核酸増幅検査によるHCVの遺伝子を検出を試みて、陰性なら現在はHCV感染リスクが低いと考えられます。 もう少し詳しく書くとHCVが体内に侵入すると、身体はこれに対抗するためにHCV抗体というものをつくります。その抗体の有無及びその量(HCV抗体価)を血液検査によって調べるのがHCV抗体検査です。HCV抗体陽性の人の中には、『現在ウイルス感染している人』(HCVキャリア)と『HCVに感染したが治ってしまった人』(感染既往者)とがいます。 そのため、この検査が陽性と出た時は必ず、肝臓専門医の元で体内に今「ウイルスがいるかどうか」の精密検査が必要で、HCV抗原検査およびHCV核酸増幅検査を適宜組み合わせて判断する方法が一般に採用されています。 絶対ではないのですが、『HCVに感染したが治ってしまった人』(感染既往者)の可能性があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に分かりやすく参考になりました。 詳しくありがとうございました。

関連するQ&A

  • C型肝炎の治療は何歳までできるのか。

     私は昭和36年出産の折、大出血して1800CC輸血しました。当時は労働条件が悪く、働いていた同室の多くが輸血し、その後、肝炎にかかっりました。あの輸血が私のC型肝炎の始まりだったのでしょう? 血清肝炎の多さを憂いた医師や製薬会社が作った薬剤が多くの肝炎患者を生み出したのです。 C型肝炎の私は大病院の肝臓外来にかかっています。今年、九月ウイルス数が急増し肝臓の数値が50を超え、インターフェロン治療を申し出ましたが、この薬は65歳までしか使用しないということでした。  今日、ベグインターフェロン+リバビリン併用治療と体験談のなどを知りましたが、使用出来る年齢は書いてなく、50歳代以下の方々の体験談ばかりでした。私は75歳。なす術はないのでしょうか。 薬害肝炎の方だけでなく、輸血による肝炎患者も国の救済をして欲しい。命の重みも肝炎の苦しみも同じです。baba

  • C型肝炎訴訟について

    私の母は30年ほど前に子宮筋腫の手術を受け輸血、C型肝炎になったと思われます。手術をうけた産婦人科は医院長が無くなり病院は今はありません。約20年位前に肝硬変となりインターフェロン治療を行いましたが、糖尿病等あり病院を出たり入ったりの状態です。こういう経緯がありC型肝炎と診断されている場合訴訟を起こしたほうがいいのでしょうか?裁判所の見解である認定期間に大きく開き(名古屋地裁は30年以上前も対象)があることからお聞きいたしたく。

  • C型肝炎について

    病気に関してズブの素人で申し訳ないんですが、質問します。 C型肝炎は、女性独特の病気なんでしょうか?それとも男女に関係ないが、女性に多いんでしょうか?また、男女全く性差は関係ないのでしょうか? というのも、薬害肝炎訴訟があってたのですが、テレビで訴えを起こしていた原告は全て女性で男性が1人も含まれてなかったので、ふと思った次第です。 C型肝炎そのものは、医学書で調べればいくらでも載ってるんですが、性差については何も書かれてなかったので、質問してみました。

  • 自己血輸血の費用

    来月、子宮筋腫の手術をすることになりました。 来週、自己血輸血を400cc採血することになったのですが、 色々な検査及び準備で出費がかかります。 自己血輸血をされた方がいらっしゃいましたら、どれぐらいの費用がかかりましたか?? 当日は、腎臓や血液検査と採血をする予定です。 宜しくお願いします。

  • 献血によるC型肝炎について

    妻が2年前にc型肝炎と言われました。今まで特別治療ということもなかったのですが、今回また血液検査をしました。結果はまだ説明を受けていませんが、採血の前に輸血の経験や親の肝炎などを聞かれたそうですが心当たりがなく、ただ20年以上も前に2回献血したことがありますが、献血でC型肝炎に汚染されるということがあるのでしょうか。また出産による汚染ということもあるのでしょうかお知らせください。

  • γーGTPについて(過去C型肝炎治療あり)

    母(61歳)が先日血液検査したところ、γーGTPが70でした。 (母は以前、子宮筋腫の手術をし、その際輸血をしたそうで、 それが原因なのか、C型肝炎と診断され投薬治療をしていました。) 現在のかかりつけの医師は 数値が2桁だから問題ないとのことでしたが、 再度検査したほうがよいのでしょうか? 母は飲酒、喫煙はしません。 ただ甘いものが好きで間食は多いと思います。 数値を下げる方法はあるのでしょうか? 肝臓に良いと言うので、粉末のウコンを飲んでいたら、だいぶ数値も低くなり安定していたのですが、、、。 今回はちょっと高くなってしまいました。 飲食店を経営している為、朝から晩まで働きっぱなしですので 疲れは相当あります。 どのような点に気をつけたらよいのでしょうか?

  • 薬害肝炎の訴訟原告の一人について

    薬害肝炎の訴訟団、九州の原告で福田さんとかいう20代の若い方がいらっしゃいますが、この方はどうして薬害に遭われたのでしょうか? 大抵の方はもう20数年前の出産などでフィブリノゲンを使った人で、50代くらいですね。この方の年代ではもう肝炎ウィルス入りの血液製剤は使われていなかったのではないのですか?

  • C型肝炎です。今TVで騒がれている薬害について

    家族の者がC型肝炎です。すでに発覚してから13年ほど経っています。20年前~10年前まで様々な病気で手術や輸血を経験しております。一時期抗がん剤投与で1ヶ月程入院しましたが、特に改善はありませんでした。現在定期的に通院しています。 最近マスコミで薬害によるC型肝炎の訴訟や判明などの話を耳にしたのですが、家族のものがそれの対象であるかどうかを調べるにはどうしたら良いのでしょうか?経済的にも我が家はかなり厳しく、もし少しでも医療負担があるのならば助けてあげたいと思います。 また、本人も何故そのような病気になったのか、まったくわからないと言っているのですが、この「薬害」以外にも原因はあるのでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。

  • 薬害肝炎の補償

    薬害肝炎の補償を山口美智子氏の主張する全員にすることになった場合、そのお金は誰が出すのでしょうか。 (まさか、国民の税金を使う?) 税金を使うんだったら、別件で補償してもらいたい人がいるはずなので、きりがなくなるんではないでしょうか。

  • 肝炎の検査に行った方がいいですか?

     だいぶ前(5年前)に、輸血を受けました。その当時、お医者さんから「肝炎が発症する可能性がある」と言われ、現在まで半ば放っておいていました。しかし、最近妙に気になって近くの保健所で検査を受けようかと考えています。  テレビで薬害肝炎のニュースを見たのが最大の要因なのですが、早急に検査をする必要があるか、正直疑問にも思います。その辺りの事情に詳しい方の、アドバイスとやらをお願いしたいと思います。