• 締切済み
  • すぐに回答を!

C型肝炎の治療は何歳までできるのか。

 私は昭和36年出産の折、大出血して1800CC輸血しました。当時は労働条件が悪く、働いていた同室の多くが輸血し、その後、肝炎にかかっりました。あの輸血が私のC型肝炎の始まりだったのでしょう? 血清肝炎の多さを憂いた医師や製薬会社が作った薬剤が多くの肝炎患者を生み出したのです。 C型肝炎の私は大病院の肝臓外来にかかっています。今年、九月ウイルス数が急増し肝臓の数値が50を超え、インターフェロン治療を申し出ましたが、この薬は65歳までしか使用しないということでした。  今日、ベグインターフェロン+リバビリン併用治療と体験談のなどを知りましたが、使用出来る年齢は書いてなく、50歳代以下の方々の体験談ばかりでした。私は75歳。なす術はないのでしょうか。 薬害肝炎の方だけでなく、輸血による肝炎患者も国の救済をして欲しい。命の重みも肝炎の苦しみも同じです。baba

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数429
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
  • seams
  • ベストアンサー率35% (5/14)

大変ですね。 詳細は、よく分りませんが、以下私の経験・考え方を述べさせていただきます。もし、不適当な内容であればお許しください。   >薬害肝炎の方だけでなく、輸血による肝炎患者も国の救済をして  欲しい。  *全くその通り同感です。 掛かり付け医院で高齢にて治療できないとのこと、インターフェロン治療に関しては、ドクターのガイドブックには、そのように示されているようです。 私の肝炎治療中にも、受診時とき折ドクターがガイドブックを引っ張り出して、確認し、私も聞いております。 そのガイドブックに沿って治療しようとすると、hirarihiraさんの様な結果(話し)になる事になります。 でも、先日肝炎講演会にて、講師医師から聞いた話ですが、高齢者(70歳以上)の治療例として、仰るように普通は出来(治療し)ないようですが、実例として77歳の長崎(?)の修道院の方だったそうですが、「私は、C型肝炎になるような覚えはない、どうしても治療したいと」と、治癒されて90歳で亡くなられた実例を聞きました。 また、一般論で私などの場合は、70歳が限界、その前は65歳だったと思いますが、とにかく、担当医に説明を求めるのは無論のこと、それだけでなく他の医療機関や相談窓口・症例・実例など、ご自分で積極的に最新の治療情報を集め、セカンドオピニオンどころか、地域の「肝友会」等をはじめとして、あらゆる手立てを尽くして情報を収集して最適な医療を求め・相談・治療方針をご自分(家族)で選択・見出し、試みるようお勧めしたいです。 医師は、普通ガイドライン以上の治療は、お勧めする事は、無いと思いますので、この際はご自分で医療機関を探し、先の修道女さんのように、基本的な治療方針なりを決めて進めていくのはいかがでしょうか? いずれにしても、治療法は日進月歩、高齢者の「ベグインターフェロン+リバビリン併用治療」も、量を減らしての治療法もあり、先の77歳の治療例もあり、前向きに治療に取り組まれることを念願しております。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • C型肝炎について教えてください

    母(63歳)20数年前に子宮筋腫の手術をしました。 おそらく、その際の輸血でC型肝炎になった可能性があります。 最近の採血検査ではC型肝炎のウィルスが検出されず 消えてしまったと、医師に言われたそうです。 ウィルスが消えることってあるのでしょうか? 薬害肝炎の場合、20年後くらいに何か症状が出ると聞いたこともありますが 実際どうなのでしょうか? 手術した病院にはもうカルテもありませんし 今更補償と言っても証拠も無く、どうすることはできないと思うのですが・・・。 ご意見お待ちしております。

  • C型肝炎の治療費

    私の両親がC型肝炎です。父親は5,6年前にインターフェロンで治療しました。その当時、週に3回注射をし、それを半年くらい続けました。(うろ覚えなので間違っているかも)母親は、現在、治療の真っ最中で、週に1回インターフェロンをやっており、1年くらい治療する予定だそうです。 質問は、現在舛添厚生相が「インターフェロン治療費助成」を考えていると言っていましたが、薬害以外で感染した人には助成がないのでしょうか。ネットでのニュースとか読んでみますが、私の読解力がないのかよく分かりません。ちなみに両親は、輸血も血液製剤も投与されていないので、注射のまわし打ちにあったというのが一番の可能性ではないかと考えています。 母親は、「治療を中断して助成を待つ」ことはしんどいのでできないと言っており、助成を受けることはできないと思われますが、今後の知識として知っておきたいので質問しました。

  • C型肝炎の新しい治療

    彼がC型肝炎です。 輸血で感染したと聞きました。 何年か前にインターフェロン? (←違っていたらごめんなさい;) の治療をしましたが型に合わず 効かなかったそうです。 今は進行を抑える注射を週に 1~2回しています。 早くて今年中に又新しい 治療が出ると聞いたのですが どんな治療なのでしょうか? また、もう行っている病院が あるのでしょうか? 良かったら教えて下さい。

  • C型肝炎の治験について

    現在私の母がC型肝炎で治験を受けることになりました。 母は1型bのタイプのウイルスです。 薬の名前がABT-450/r/ABT-267の三種類の薬が含まれているものです。このrはリトナビルというHIVに用いられる薬です。 現在インターフェロンを用いた治療が主流になっているC型肝炎治療ですが、この薬はインターフェロンを用いない治療法だそうです。 そこで、わからないことがあります。 私の調べた限りでは海外でこの新薬はリバビリンを含めた4つの薬による治験が行われていたようだったのですが、母の治験薬の中にはリバビリンが含まれていません。そこで、リバビリンを含まなかった場合の治癒率などが全く分かりません。 私の母は以前インターフェロン治療を行っていたのですが、効果はありませんでした。このインターフェロンの効果がみられなかった人に対するこの薬の治癒率など詳しい情報も知りたいのですが、なかなか分かりませんでした。 すみませんが、この辺の細かい情報を教えていただけないでしょうか。

  • C型肝炎の伯母のことで・・・

    先日、C型肝炎と診断をされた伯母なのですが、大の病院嫌いで困っています。 私は、C型肝炎の知識に乏しく、伯母が診断をされてから色々、調べました。 病院からは、インターフェロンとリバビリンの治療を勧められたそうです。その治療を受けるにあたって、副作用の度合いを見るのに1週間から10日位の入院が必要だそうです。 今まで、大きな病気にかかったこともなく初めての経験で不安なのはわかりますが、入院したくない・・・病院に行きたくない・・・と、治療を拒否します。 私としては、インターフェロンとリバビリンの治療で、ウィルスを全滅させられる可能性があるのなら治療をしてほしいのです。 近くに住んでいるなら無理やりでも病院に連れて行きたいくらいですが遠くに住んでいるため電話での説得くらいしかできません。 そこで、お尋ねしたいのが、伯母は今年66歳です。 これから先、治療を受けなくても今の状態から悪化したりはしないのでしょうか? また、ご自身で・・・周りの方でインターフェロンとリバビリンの治療を受けた方、いらっしゃいましたら何でも結構です。 何かアドバイスを頂けたら幸いです。

  • C型肝炎のインターフェロン治療について。(特に医師の方お願いします!)

    宜しくお願いします。 知人がC型肝炎を10年程前から患っております。 5~6年ほど前にインターフェロン(単独で)の治療をしたそうですが、ウイルスは消滅しなかったそうです。 そこで、最近インターフェロンとリバビリンを併用するといった治療が効果を上げているという事で、その治療を受けているそうです。 インターフェロンの注射は週1回打っており、薬は朝・昼・晩の1日3回を毎日飲んでいるそうです。 しかし、飲んでいる薬を見せてもらうと、「リバビリン」ではなく、「シンメトレル50mg」という名前の薬でした。 「リバビリンン」と「シンメトレル」は同じ作用ですか?それとも「シンメトレル」を使用する意味が他にあると思われますか?インターネットを使って、C型肝炎の治療をした方の色んな情報を見ていますが、「シンメトレル」を使用している人がいらっしゃらなかったので、質問させていただきました。宜しくお願いします。

  • C型肝炎について

    病気に関してズブの素人で申し訳ないんですが、質問します。 C型肝炎は、女性独特の病気なんでしょうか?それとも男女に関係ないが、女性に多いんでしょうか?また、男女全く性差は関係ないのでしょうか? というのも、薬害肝炎訴訟があってたのですが、テレビで訴えを起こしていた原告は全て女性で男性が1人も含まれてなかったので、ふと思った次第です。 C型肝炎そのものは、医学書で調べればいくらでも載ってるんですが、性差については何も書かれてなかったので、質問してみました。

  • C型肝炎の末期の治療でペグインターフェロンとリバビリンの併用という治療ってどう...

    C型肝炎の末期の治療でペグインターフェロンとリバビリンの併用という治療ってどうなんでしょうか。 70歳ですが、C型肝炎末期でアンモニア数値が高くて再入院したら、肝臓が破壊されてきてるといわれました。最後の望みの治療として、まだ認可の下りてない1度の注射で1万5千円するものを使いたいといわれました。過去にインターフェロンを2度注射しても、効果がなくて途中で治療をやめた経緯があります。医者は長い間診てもらってた先生(長年の父の主治医)が、入院患者を担当できないポジションになったとかで、その先生の後輩(教え子?)に今回の入院から変わりました。薬の名前は聞きにくく確認してません。 末期の肝硬変に、この治療ってありえるのでしょうか・・・?1度目の注射のあと、ひどい不眠や全身のかゆみや、今までに無い倦怠感(だるさ)がありました。 そうでなくても、体力が弱ってるのに・・。とても心配です。 この注射の少し前には、プロヘパールという錠剤の服用も始めています。その後輩の医者がいうには、自分の患者にはいくらか効果が出たとのことですが、どんどん悪くなる一方で、その後インターフェロン治療を始めました。 しかも、はじめる前には、もともとの主治医に、電話で確認を取りたいのに、連絡が取れないと言い、他の医者とも相談して、使用するからと言われました。 ひどい不眠を起こしたために、かゆみをとめて眠れるようになるという注射を打たれたのですが2日間も起きません。 これって、治療がおかしいのではないでしょうか・・。

  • C型肝炎の治療についての質問です

    C型肝炎の治療についての質問です 今日は、C型肝炎の治療についてのアドバイスをいただきたく質問させていただきました。 この病気に関して詳しい方がいらっしゃったら教えてください。 私の妻の父(53歳)は、過去に病院でC型肝炎にかかりました。その後、病院で肝臓を焼く手術を繰り返しています。先日も、局部麻酔の為、死ぬくらい痛かったと聞いています。今までは、1年に3回程度の入院・手術だったのですが、最近ではペースが速くなり、本人も家族も心配しています。以前、旧型のタイプだと思うのですが、インターフェロンの治療もしたのですが、経済的な面もあり、長期にわたって治療する事が出来ず、効果が出ませんでした。もしかすると、治りにくいタイプの肝炎かもしれないのですが、芸能人の森進一さんをはじめ多くの人が完治しているという話を聞き、私の義父も治らないものかと、毎日いろいろ調べております。 それで、最近TVのCMで、「ペグインターフェロン・リバピリンの新治療方法」というのを聞いて、資料も取り寄せました。これは、治りにくい人でも60%くらい治る可能性があるといっているのですが、どんなものでしょうか?治る可能性が高いというのであれば、是非勧めてみたいと思いますので、現在治療されている方や、医療関係者、また完治された方のお話を聞かせてください。 それとは別ですが、義父から聞いたのですが、宮崎県に独特の治療方法を取り入れて肝炎の治療をしている病院があると聞いたのですが、知っている方がいらっしゃったら情報をください。そこは、完治して退院する人が多いと聞きました(義父が病院の別の患者さんから聞いたみたいですので、確かな情報ではありませんが)また、全国どこでも構わないのですが、C型肝炎治療で名の知れた病院等があれば、情報を頂けると幸いです。義父も、このままいくと、あまり長くは・・・という状況なので、少しでも治る可能性がある病院に行ってもらいたいと思います。 お手数をおかけしますが、アドバイスや意見を頂きたいと思います。よろしくお願いします。

  • C型肝炎について

    40代の男性です。 3つ質問です。 最近の検査でC型肝炎にかかっている事実が判明しました。 (1)、19歳のときに交通事故で輸血を受けていますがこの輸血が   感染原因と見るべきでしょうか?   そのほかに思い当たることがありません。 (2)、そうであればこれは薬害被害者ということ? (3)、C型肝炎の治療には結構なお金がかかりますが、今後治療費が   月額1万円になるという法案ができるとかどうとか・・真偽の   ほどは? 以上3点 どなたかよろしくお願いします。