• 締切済み
  • 困ってます

白血病治療でC型肝炎に感染することはある?

平成元年に急性骨髄性白血病と診断されました。 幸い化学療法で寛解状態となり、その後自己骨髄移植を経て現在は通院不要と医師に言われています。 ところが数年前C型肝炎に感染していることを告知され、そのときは輸血が原因であると言われました。 私が発病した平成元年前後はまだC型肝炎自体が発見されていなかったので、輸血の中にウィルスが混入していたのは避けようがなく、これはどうしようもなかったのだ、というような医師の説明でした。 感染していたことにショックを受けましたが、誰にも訴えることができないのだと諦めておりました。 が、昨今のC型肝炎訴訟のニュースを見て、出血を止めるためのフィブリノゲン投与が自分に使われた可能性はないのかと思うようになりました。 一概には言えないのかもしれませんが、白血病治療においてフィブリノゲンを投与することはあるのでしょうか? また感染が輸血であったということであれば、これは国や医療機関の過失とは言えないのでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数626
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

>白血病治療においてフィブリノゲンを投与することはあるのでしょうか? 可能性は否定しませんが、感染の機会としては輸血のほうが高いように思います。 >また感染が輸血であったということであれば、これは国や医療機関の過失とは言えないのでしょうか? いえません。なぜならば、ウイルスの存在自体同定できていなかったのですから。 「輸血になぞの病原体があるかもしれないので、輸血はできない。白血病治療で、輸血をすれば助かかもしれないが、なぞの病原体を輸血で感染させてしまうかもしれないので、輸血はできない。」 どうでしょうか?こちらのほうが過失のように思いませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 白血病の治療

    先月末に父親(53歳)が体調不良のため地元の病院で検査し、その後大きな病院を紹介され再検査したところ"急性骨髄性白血病"と診断されました。 即入院をすることになり数日後には抗癌剤による化学療法が始まりました。 白血球が300~400まで下がった現在ではその副作用で髪は抜け発熱はもちろん口内炎もひどく苦しい生活を送っているようです。 そうしたなかつい先日病院から本人を除く家族が呼び出しを受け医師の説明を聞いたのですが、そこで良性の白血球がでてこないこと、さらに調べてみると"フィラデルフィア染色体"が発見されたこと、今後の治療方法として骨髄移植しかないこと、ただし今の状態ではそれも難しく少しでも回復しないと実施は無理ということを告げられました。 また抗癌剤による影響だと思いますが、今の状態が長く続けばいずれ感染により命を落とす可能性が高いとまで言われました。 ここで、ひとつ疑問に思ったことがあるのですが、いろいろ調べた結果"フィラデルフィア染色体"="慢性骨髄性白血病"という認識を現時点で持っています。 また、"フィラデルフィア染色体"=骨髄移植しかないという認識でもいますが、そうなると結果論に過ぎないかもしれませんが最初に抗癌剤を使用したのは意味がなかったかもしくは逆効果だったのではないかという思いがあります。 要は最初に"急性"ではなく"慢性"という診断がなされていれば抗癌剤ではなくとりあえず白血球の数を下げる薬などで安定化をはかり時期をみて骨髄移植、もしくはあえて治癒(寛解)を目指すのではなく延命ということを目的に治療する方法もあるのではないかと考えるのです。 治療をお願いする医師をはじめ病院に対して変に疑いを持つのはどうかと思いますが、白血病に関してはまだまだ解明されていない部分も多く今回の治療手順が正当なものかどうかを知りたいというのが正直なところなのです。

  • 白血病について

    私の彼が急性骨髄性白血病になり、第7染色体異常で予後不良なんです。 骨髄移植を行って、どのくらい生存率が上がるのか教えて下さい。

  • 骨髄移植と年齢について 急性骨髄性白血病

    少し長くなってしまうかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。  私は秘書をしているのですが、自分の尊敬する上司(56歳です)が今年の3月に急性骨髄性白血病を発病しました。白血病には色々なタイプがあるようなのですが、不幸中の幸いで、比較的治療がしやすいタイプとのことで、化学療法だけで寛解となりそうだということで、その言葉通り4ヵ月後、退院をいたしました。ところが、喜びもつかの間、その4ヵ月後に再発してしまいました。お医者様もなんでこんなに早く再発したかわからないとのことで、今回は骨髄移植をしなければならないかもしれないといわれているそうです。本人は相当ショックらしく、私は何も出来ませんし、根掘り葉掘りきくわけにもいかず、黙って仕事をするしかないのですが、信頼関係はとても厚く、心から尊敬しており毎日とても不安です。それで、ネットで骨髄移植など調べているのですが、年齢が高いと成功率が低いというような記述を見つけました。一般的に白血病は年齢が上のほど、治癒率も低くなるという記述もありました。  どうなのでしょうか。私の上司と同じくらいの、50代の方で、骨髄移植を成功している方、同年代で同じ病の例をご存知でしたら、教えていただけないでしょうか。不躾な質問なのは百も承知なのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 回答No.2

白血病は出血傾向を示すことが多いので、治療にフィブリノゲンを使用した可能性はあります。 また、お話しにあるように輸血の際に感染した可能性もあります。 しかし、白血病発症当時これらの治療を行わなければ命の危険があったわけで、 治療にあたったスタッフは最善を尽くしたと思います。 問題は国が感染性の危険を知りながら隠蔽していたかどうかだと思います。 ちょうど今フィブリノゲンの話がマスコミで騒がれていますので、 可能であればご自身の経緯を調査してみた方がいいと思います。

参考URL:
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1209-1/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>>白血病治療においてフィブリノゲンを投与することはあるのでしょうか? 可能性はあります。 >>感染が輸血であったということであれば、これは国や医療機関の過失とは言えないのでしょうか? 分かってなかったんだから仕方ないでしょう。 それが過失と責められるなら、誰も医療をしなくなってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 急性骨髄性白血病の化学療法での治癒の確率を教えて下さい

    急性骨髄性白血病(M4)と診断されたばかりの40代男性です。 何も知識がない状態です。 できれば化学療法のみで、移植はしないで完治したいです。 しかし、多くの人が寛解後に再発している現実があるようです・・・ 化学療法だけで寛解し、その後再発しない確率はどのくらいなのでしょうか? 教えて下さい。

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病と慢性骨髄性白血病とは、同じ白血病でも、急性と慢性では全く違うものだそうですが… 急性白血病が寛解して治癒してから、また慢性白血病になる可能性ってあるんでしょうか?

  • 急性骨髄性白血病の感染症

    急性骨髄性白血病の疾患・治療による白血球異常のため、どのような感染に対する抵抗力が低下するのですか?

  • 小児急性骨髄性白血病について教えて下さい

    小児急性骨髄性白血病について教えて下さい 1歳3ヶ月の子供が急性骨髄性白血病と診断されました。 M4とのことです。 16逆位という話もされました。 完全寛解率はどれくらいのものなのでしょうか? それから 少し聞くのが怖いのですが この子の将来はどのようになりますか? 5年、10年生存率はどれくらいなのでしょうか?

  • 急性骨髄性白血病の再発について

    急性骨髄性白血病になり 入院して治療した後、 完全寛解になり退院しました。 その後再発するとしたら どのくらい経ってからしますか?

  • 急性骨髄性白血病と慢性閉塞性肺疾患について

    またまた失礼します。 看護学生です。 既往歴としてCOPDを有し、HOT2リットル投与中の方が 急性骨髄性白血病になり化学療法を受ける中で この2つの疾患をどのようにからめて考えていかなければならないのでしょうか?? 現在個々の疾患理解に必死でパニックに陥ってしまっています。 どうかよろしくお願いします。

  • 白血病について

    今回、白血病についてお聞きしたく思います。 ふと知りたくなってお聞きします。シロウトです。 白血病は、大きく分けて骨髄性とリンパ性の二種類、そして このそれぞれに、慢性と急性があるとは聞いています。 二点程、今回お聞きしたく思います。 一点目ですが、急性転化と言う現象について、教えて下さい。 急性転化とは、慢性骨髄性白血病の状態から、急性骨髄性白血病 の状態に、また慢性リンパ性白血病の状態から、急性リンパ性 白血病の状態に変化することで良いのでしょうか? また具体的には、どう言う状態になることを意味しているのでしょうか? 慢性でも、急性でも、どちらの場合でも、また骨髄性でも、リンパ性 でも、正常な働きをしない白血球やリンパ球が正常な状態より増えている のは間違いないでのしょうが。メカニズムがいまひとつ分かりません。 二点目の質問をさせて下さい。 慢性骨髄性白血病ですと、急性に移行しなければ、ノバルテイス社製の 治療薬、タシグナのような良い治療薬で症状を抑える事もできると聞き ます。 慢性リンパ性白血病の場合も、日常生活を送れるような治療薬は、現在 あるのでしょうか? 慢性リンパ性白血病の場合は、有効な治療薬は、慢性骨髄性白血病の場 合と比べて、現在も開発されていなく、骨髄移植が一番有効な治療法な のでしょうか? 骨髄移植の場合も適正年齢の限度があって、あまり年を取るとむずかしく なるとはききますが。

  • 悪性リンパ腫の再発、その治療について

    37才・女性です。 平成元年に頸部のしこりを自覚し、平成3年、ホジキン病と判明。 ABVDとC-MOPPを交互に各5回ずつの化学治療後、寛解。 平成16年9月、頸部にパチンコ球大のしこりを自覚。 平成17年2月、「ホジキン病・結節硬化型」再発と判明。ステージII。 平成17年9月現在、1年を通して、3度にわたってのCTでは、進行が極めて低速度。医師が見て、微妙に大きくなってる気がする程度で、他への転移は無し。様子を見ながら治療の方法を検討中。 1回目の寛解から、12年以上を経ての再発であり、また(今のところ)進行のゆっくりな低悪性度のリンパ腫。しこりを感じる以外の自覚症状は特に無し。 ホジキン病の再発の場合、超大量の化学療法と自家骨髄移植の方法がとられる場合が多いようです。 化学療法がとてもよく効くというのは知っていますが、再発の為の治療は、寛解率70%。合併症・二次癌の発症などのリスクがあり、その中で5年後生存率の統計が30%程という情報を得ています。 ただ、再発が3年以内に起こった悪性度の高いものに対して、その処置がとられていると理解しているので、私の場合、はたして自家骨髄移植を大前提にした治療を選択するのが最良なのか迷っているのです。 通常量の化学療法で、寛解までもっていって、それでも再再発してしまった時には骨髄移植を試みる・・・というのはどうなのか? また、もう暫く様子を見て、ステージIIIに進行したり、悪性度が増したりするまで治療に踏み切らない・・・というのもアリなのか? 化学療法のリスクを充分に理解しておられる、医療の分野の専門家にご回答頂ければ幸いです。 「もしも、ご自分やご家族がこのような状況におかれたら、どういった治療方法を選択されますか?」 この場で1人でも多くの専門家の率直なご意見を伺えたら・・・と思い書き込みました。

  • カルテの見方(血液製剤)

    今話題となっているC型肝炎に関することですが、血液製剤が投与されていたとしたら、カルテにはどのような記載がありますか。 以下の経緯もあり、カルテ開示してもらいコピーが手元にあるのですが・・・。フィブリノゲンという文字を発見したのですが、どうやら血液の検査項目?だったりと全くと言っていいほど分かりません。 母が慢性C型でH20.3~インターフェロン治療をはじめました。初め入院治療だったので生命保険会社へ出す為「診断書」を出してもらったのですが、医師からのコメントは慢性C型肝炎になったのは原因不明とありました。 実は母はこの病院に平成元年に白血病で入院しておりました。非加熱製剤納入医療機関でもあましたし、検査を受けたところ慢性C型と診断されました。 白血病の治療にはそもそもフィブリノゲン製剤や特定血液凝固第IX因子製剤などは投与の可能性があるのか分かる方いらしたら教えてください。

  • C型肝炎訴訟。どうやって証明する?

    タイトルどおりなのですが。 家族がC型肝炎です。 しかし、いつ感染したのか不明とのこと。 もし、今話題の薬害だったら?と思い、調べるだけ調べてみようと思うのですが・・・。 厚生労働省のHPなども見ましたが、ほとんどの病院がカルテはないとのこと。 何年も前のことだから、あるほうが稀だと思うのですが。 でもそうなると、どうやって証明するのでしょうか? カルテがないのならもう無理では? 仮に、担当医師が生きていたとしても、 たくさんの患者の中で誰にそのフィブリノゲンなどを投与したのか覚えてないと思いますし。 覚えていたとしても、そんな遠い記憶だけで、証明するってありえるのでしょうか? あと、他の質問も見て、輸血していると証明がほぼ無理ということもみたのですが。 何から初めていいのかわからなくて質問文がぐちゃぐちゃですいません。 聞きたいことは、第一にすることはまず病院への問い合わせですか?ということ。 そして、問い合わせして、わかりませんといわれれば、それまでですか?ということです。 原告団のかたが、投与した人みんなの一律救済を求めてくれたことは すごくありがたいことだと思うのですが、 原告団のかた以外は、なかなか証明が難しいのでは?と思ってしまいます。