• ベストアンサー
  • 困ってます

沖縄戦の集団自決について教えて下さい。

沖縄戦の集団自決について教えて下さい。資料等を調べてみたのですが「国からの集団自決の命令があったのか否か」は現在でもはっきりしないところであるようです。今般「命令があった」という文書が教科書から削除されたことに対し、沖縄の方々は憤慨されていると伺いました。 無知なため問題の本質が見えずに困っています。仮定の話なのですが、もし集団自決の命令が「あった」ということだとどういう状況が控えており、「なかった」ということだとどうなるのかを教えて下さい。「あった」とした場合、沖縄の人達は国家に損害賠償を求める~ということになってくるのでしょうか?しかし、もしそういった大きな問題であれば、いきなり教科書から集団自決の文言を削除してしまうというのは相当問題だと思います。事の本質が見えずどなたか基本的なところから教えて下さい。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数111
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • komes
  • ベストアンサー率29% (147/494)

現在最大の問題点は軍の命令があったかどうかが争われています。 「あった」とするには証明が不十分なので検定委員会が削除したというのが政府側の言い分です。 しかも政府には検定に立ち入る事は教育に政治の権力が介入することになるから出来ないという立場をとっています。 どちらの意見も一見正当に聞こえます。 この中で検定委員会の説明が未だに公式にも非公式にも発表されない事も不思議です。 ここで冷静に当時の状況を想像してみましょう。 先ず軍から手榴弾の支給があったのは事実と思われます。  その時に米軍攻撃用としてか、自決に使用の為としてか話がなかったとするのは無理があります。 なんの話もなかったとすれば軍の兵器の横流しですが当時米軍の上陸を想定しているのに武器の横流しは考えられません。 兵士が無言であっても捕虜になるのは恥辱と考える教育は徹底していましたから自決用と考えるのは当然だったでしょう。 兵士から自決用であると告げられた複数の証言があります。 さらに手榴弾が不発で死ねなかったので捕虜になったという証言もあります。 これらの証言が不正確で少数であるというのが検定で削除の理由と考えられます。 貴方はどう考えますか? 「軍命令がなかった」として沖縄の人達が国家賠償を求める事は出来ないと思います。  既に時効となっていますし、他のケース」(戦災死など)とのバランスもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • Roman0
  • ベストアンサー率18% (118/628)

「あった」場合。  左翼・サヨクが大喜びして、日本を悪宣伝する材料の一つに使い続けるでしょう。  あと、遺族補償の年金の支払いは、正当だった、ということになるでしょう。 「なかった」場合。  左翼・サヨクが日本を悪宣伝するため、他の材料を探すでしょう。悪宣伝すること自体は、変わりません。  遺族補償の年金の支払いは、今更ねえ、という感じですが。  ちなみに、沖縄の方々が憤慨しているわけではありません。サヨク・左翼が憤慨しているのです。悪宣伝する材料が減りますし、自分達の主張が間違っていることに人々が気付くきっかけになるからです。  実際、例の集会では、「創価学会」の幟が目立ちましたね。多くて4~5万人の人数を、11万人と水増ししていましたし、相変わらずのサヨク・左翼のやり口です。  なお、沖縄は非常に同調圧力が強いムラ社会です。気の弱い人(=たいていの人)は、風潮に反することを言うことすらできませんし、その同じ人が風潮に反する言動をする人に露骨な嫌がらせをすることもマレではありません。ですから、風潮の慣性が非常に強く、サヨク・左翼には都合のいい現状になっています。  最後に、「命令があった」の定義ですが、調べる際、軍の方針として命令があったのか、個々の部隊や個々の軍人が個別事情で命じたのか、よく区別して下さいね。  ここを混同するゴマカシが、よく見られますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

もう一つありましたので参考にされてください。 沖縄戦に関する過去の事件、資料など、いろいろ紹介されています。 今後、政府によりよりいっそう解明されることを期待しています。 なお、沖縄県民の方々に対する、安易な同情や勝手な想像での判断は、かえって沖縄県民の方々を侮辱することになりますので、史実のみを記載している回答を選ばれて判断されたほうがよろしいかと思います。 私の過去の回答もほぼ精神論、感情論の類のため参考にはなりません。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3403784.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • gaisei
  • ベストアンサー率7% (8/102)

ANO1の言われたように、過去にも多くの方が質問をしたり、回答をしたりしています。私もこれに回答したいけれども、同じ意見になるので私が回答した下記も参考にしてください。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3391609.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

現在、この問題は他のところで大論争中のため、皆さん疲れてここでは回答が少ないかもしれませんので、下記を参考にしてください。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3405191.html

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3405191.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 沖縄戦の集団自決

    集団自決をした村民の生き残りの人たちが名前を出して次の証言をしています。 「集団自決は村の助役が決めて梅澤隊長に申し出た」 「赤松隊長は『村民が国から補償をもらうために自分が自決を命令したことにしてください』と言われた。私たちのためを思って自ら悪役を引き受けてくれたんです」 「国の調査の時、『隊長に集団自決を命じられた』と嘘を言ったのは村民が国の保証金をもらうため」 これらの証言がある一方、高嶋伸欣琉球大学教授のように「集団自決は日本軍による強制・命令だった」という人もいます。私にはどちらが事実なのかよく分かりません。そこで、次のことを教えてください。 質問 1、軍による強制・命令があったという人たちは何を根拠にそう言っているのでしょうか。   「軍の命令」という村民の」証言が根拠だとしたら、上記の経緯(これが事実だとしたら)を知らなかった可能性を否定できないので、分からないのです。

  • 沖縄戦集団自決についてのレポート

    連続で質問すいません。 日本史の課題で、 沖縄集団自決についての幾つかの記事を印刷したプリントを数枚渡され、 「資料を読み、何が問題になっているのかそれぞれの主張を整理してまとめる。また、自分はどちらの主張を支持したいか、立場を示すとともにその理由を『歴史的事実』ということに関連して述べる。(3200字~8000字)」 という内容の課題を出されました。 ある程度、資料(渡された、記事の印刷)を読んだ限りでは、沖縄戦集団自決の記事を教科書に載せない事に賛成か反対か書く、というものだと思うのですが、 そういった記事を書くにあたって、参考になるサイト等、ありましたら教えていだきたいです。 同じカテゴリーに連続で質問すいません。よろしくお願いします。

  • 沖縄集団自決命令

    かつての沖縄戦におけるいわゆる「集団自決命令」はウソだと聞きました。 一般の遺族の方々にも援護法を適用させる為に軍の命令があったことにしようとしたことが、既成事実化してしまったそうです。 ですが、ここで一つ分からない事があります。 もし軍の命令がなかったとしたら、「軍の命令で自決させられた」と証言されている方々はウソをついているってことですか? 何のためにウソをつくのでしょうか? 逆に、集団自決の強制があったとすれば、本土復帰するときになぜ沖縄の人はあれだけ喜んだのでしょうか? また、アメリカ兵の暴行事件などでは勇ましく暴動を起こしNOを突きつけるのに、なぜ集団自決のときは大人しく従ったのでしょうか? 沖縄の人はそんなに臆病な人たちではないと思うのですが。 あとネットでいろいろ検索したら、 先日の県民大会に11万人が来たというのもウソ?みたいですよね。 そして、米軍基地が沖縄に78%集中していることもウソみたいです。 これだけウソが続くと果たして集団自決自体があったのかどうかさえ怪しく思ってしまっています。 さらに「民主党の沖縄ビジョン」や 「日中記者交換協定」、 韓国の新聞が今回の教科書問題に便乗して慰安婦問題を教科書に書くように報じていたことを知りました。 これって、つまり今回の件は中国、韓国、反日サヨク?とマスコミの人たちのグルだったということでしょうか? 質問があっちこっちにいってしまいましたが、お答えいただけるところだけで結構ですので分かる方は是非お願い致します。

  • 沖縄戦で住民に集団自決

    沖縄戦で住民に集団自決の裁判関連の記事の 座間味島の守備隊長だった原告梅沢裕さんのとても90歳とは思えない毅然とした姿に興味を持ちました。いろいろなサイトを見てこの問題を少し理解をしました。 ただ分からない点が出てきました。 (1)座間味島で20年3月26日・渡嘉敷島で20年3月28日に起きた集団自決の関連性 (2)3月に起きた集団自決のあとの終戦までの間の 座間味島の守備隊長だった梅澤元少佐 および渡嘉敷島の守備隊長だった赤松元大尉の取った行動。   ・米軍の島占領下での4ヶ月間をどう生き延び    ・どのように降伏したか、   ・部隊の生存者数 またどのような状況だったか 個人的興味ですが とても90歳には見えない梅澤氏の戦後の生き方も気になります。 知っておられる方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • なぜ教科書の集団自決の項が変わったのですか?

    沖縄戦の集団自決、政府は日本軍の関与は今も書いてあると言ってます。しかしどうも日本軍が強制させた部分が削除されたようですね。それで教えてください、 1なぜ教科書から、日本軍の強制という所を書き換えることになったのですか?根拠は何ですか?そういう歴史書、学術書、論文(もしかしたら学会発表)があるのですか?教えてください 2ネットでは命令はなかったという証言?も見かけますが、それって新しいものではないですね。あれは根拠なのでしょうか、上記の研究と関係あるのですか?

  • 沖縄集団自決について

    沖縄の集団自決について 文科省の教科書検定に関わる話しですが、集団自決について旧日本軍からの 強要があったかどうかで意見が割れています。 官僚の立場として、(旧日本軍から自決への)働きかけがあったことを認める と、彼らにとってどのような不利益が生じるのでしょうか。 休日の朝などに、散歩をしながらiPodで「島唄」を聞いていますが、秋空に 響く調べには心を打たれます。 YouTubeの中で、別の歌詞を挿入した映像を見ましたが、この唄に込められ た意味をじっくり噛み締めました。

  • 集団自決を書いた教科書を直すのは悪いこと?

    沖縄戦の「集団自決」の教科書が検定で直されていて、それを又直さないといけないそうですね。福田総理も文部大臣も、やってくれそう。でも家で読んでる新聞は違う、事実を曲げるな政治介入だって書いてある、一応日本で一番多い新聞のはずなんです。 よくわからない、事実って関与があったんでしょ、そのように直すのはいけないの?うちの新聞(読売ね)がいう事実って何?みなが言ってるように正しく直すのがどうしていけないの?もうよくわかんない。 誰か説明してください。

  • 集団自決は誰が悪いのか?

    このサイトの集団自決に関する質問を見ていて、疑問に思ったので質問させていただきます。「集団自決」の責任の所在についてです。 「集団自決」について、軍による強要であるという事が多くの人の証言から言われているし、高島伸欣先生など研究者もそう分析していますね。また最高裁までいった裁判でも「強制というのが学会の大勢」と認めていますね。 結局日本軍によって「集団自決」に追い込まれた、住民は本当は死にたくなかったがそうせざるを得ない状況だったという事でしょう。 そこをもう少し考えてみたいのです。追い込まれたという現象は分かるが、それはどういう事なのか?もう少し深く考えてみたいのです。 ●例えば「集団自決」ってどういうイメージでしょう?多くの軍人の中でごく少数の、例外的な軍人がやらせた事なのか?あるいはもっと全体的な共通した考え方なのか?又、日本軍としての作戦なのか、そういう命令はあるのか?慶良間のように本来は特攻隊である若い将校が、自分が死を覚悟してるもんだから血気にはやってやらせたのか?あるいは古参の兵隊がどさくさの混乱の中で、自分可愛さにしたのか?もっと漠然に当時の日本国全体の雰囲気みたいなものだったのか? ●こうした具体的なイメージを元に責任も分かるのでは?どうなのでしょう?

  • 集団自決は日本軍のせいなのですか?

    今回の事件まで集団自決っていうのは、民間人でも軍人のような気になって自分で進んで死んだと思っていましたが、どうも違うようですね。日本史は明治までしかやっていないので知らないのです。それであたらめて教えてください。 1集団自決は日本軍のせいなのですか? 2それはどんな本を読めばわかりますか?いい歴史の本を教えて。あるいはいいHPも可。 3沖縄の新聞には住民が日本軍にスパイ容疑で撃ち殺された「住民虐殺」も書いてありました。集団自決と住民虐殺は関係あるのですか?住民虐殺は特殊なケースなのですか?また集団自決もそうなのでしょうか?

  • 沖縄の集団自決は嘘説はネット右翼が広めたのは本当な

    沖縄の集団自決は嘘説はネット右翼が広めたのは本当なのだろうか? 皆さは沖縄の集団自決は本当にあったと思いますか?それとも嘘だだと思いますか? ニュースカテゴリー皆さんの ご回答のほど、 お待ちしております。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/沖縄戦における集団自決 https://www.kansai-u.ac.jp/Keiseiken/publication/report/asset/sousho154/154_03.pdf https://ci.nii.ac.jp/search?q=集団自決&range=2&count=20&sortorder=1&type=0