• 締切済み
  • 暇なときにでも

キリンの首の長さが半分のほ乳類の化石が無いのはなぜ?

いつもお世話になっています。 進化論の初歩的な問題を教えてください。 有る時代から新しい生物が登場した場合「それとそれ以前の物との中間の形の化石が見いだされるハズだが、それがたいていの場合見いだせない」といわれています。 例えば、キリン。キリンに進化するまでの中間の長さを持ったほ乳類の化石は無い様です。 このような現象はなぜ起こるのでしょうか? グーグルで調べたり、もしかしたら学校で習ったのかも知れません。調べずにズルして質問しています。 生物を選考されている方、素人に難しく無い程度の説明をお願いします。

noname#46689
noname#46689

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1089
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.4

 カラスは黒いですが、ごくまれに色素欠損で白いカラスが生まれることがあります。「黒いカラスが白になったのなら、中間の灰色のカラスがいるはずだ」ということになるでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとう御座いました。 >。「黒いカラスが白になったのなら、中間の灰色のカラスがいるはずだ」ということになるでしょうか? おっしゃることはよく分かります。確かに、キリン程度だったら中間体の存在の必然性は無いでしょう。しかし、アメーバからいきなり人間が生じる事があるでしょうか?中間体の存在を考える方が自然と思います。 ありがとう御座いました。

関連するQ&A

  • 化石

    化石の説明についてわからないことがありますので、質問させてください。 化石は生物進化の過程を推測する上で重要な資料となるが、同時に化石になりにくい種がある、形質のうち化石になりにくい部分がある、見る化石の一部で中間型が見つからないことが多い、などの限界もある。 ここでいう中間型というのは、何と何の中間なんでしょうか。

  • 進化論

    私は、大学の理系の学部を卒業しましたが 生物系ではないので進化論は、やっていません。 高校でもやった覚えはありません。 アメリカでは、義務教育に進化論が入っているのでしょうか。 最近の、放射線事故で分かった人もいると思いますが、 進化論は、実験不能なので化石の年代測定が誤っているだけ で、崩壊してしまう脆い理論だと思います。 ここまでは、科学の疑問でしたが わざわざ、哲学カテゴリで質問しているのは 進化論という理論自体が人間にとって都合の 悪い理論だと思うからです。 自然淘汰などを主張するならば、人類より 現代の地球に適した生物や人類より優れた 生物、人類より賢い生物が現れたら、 地球の支配権(?)をその生物に譲り渡すということでしょうか。 (私は、それでもいいですが) 私には、キリスト教的な人間だけが特別の存在である という理論のほうが受け入れやすいですが。 アメリカでしつこく、進化論が正しいと主張している人は 何がしたいのでしょうか。

  • 生物の進化論っておかしくないですか?

    僕も高校過程の生物をさらっとさわっただけなので、あまり難しいことは分からないし、えらそうな論理も言えないですが、ぶっちゃけ進化論っておかしくないですか? 例えばキリンは高い木の実を食べるために少しずつ首が長くなっていって今の形になったと言われていますが、まだキリンになりかけのキリン(つまり首が中途半端に長いキリン)の過去または現在における存在は確認されていません。 偶然が重なっていまの自然環境ができたといわれてもいまいち納得できない点が多すぎます。

  • 回答No.3

多くの生物の体が単純な構造の反復でできていることに注目してください。首をのばすことは、一つの骨から次の骨まで今までは5cm、これからは10cm、という単純なプログラムの変化で達成できるのです。ゆっくり進化する必要はないのです。単純なプログラムを書き換えればいいのです。 生物の体を作る遺伝子のツールボックスは異なった種間で驚くほど共通していることがわかってきています。そのツールをいつ使うか、という部分の仕様書を改変するだけで生物の体のプロポーションは大きく変わります。変った後に自然選択が働くのはもちろんのこと。適応的でないものは排除されます。 ツールボックス遺伝子、ホックス遺伝子あたりで検索すれば、更なる情報を得られるでしょう。 もちろんこの主張は、従来言われているように進化が化石の残りにくい環境で進んだんだ、という主張を否定するものではありません。また、小進化は遺伝子浮動や自然選択で説明可能なものでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとう御座いました。 >一つの骨から次の骨まで今までは5cm、これからは10cm、という単純なプログラムの変化で達成できるのです。ゆっくり進化する必要はないのです なるほどですね。徐々に進化が行われる必然性など無いのですね。 >生物の体を作る遺伝子のツールボックスは異なった種間で驚くほど共通していることがわかってきています そうなんですか。 ありがとう御座いました。

  • 回答No.2
noname#39330
noname#39330

ミッシングリンクという言葉が存在します。 下記にその一例を載せておきます。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとう御座いました。勉強になりました。 ミッシングリンクという新たな概念を得る事ができました。 ありがとう御座いました。

  • 回答No.1
  • 1fan9
  • ベストアンサー率33% (209/622)

進化が起こる時には、それなりに進化する理由があると考えられますけど、その原因が、急激な環境の変化だったりする場合、進化も急激に起こるかもしれません。 個体数がそれほど多くない生物において短期間で進化が起こったとしても化石として残る確率は低くなると思います。その生物が短期間しか地球にいなかったとしたら、化石の残る確率も少なくなるのかもしれません。 また環境の変化で、すみかをうばわれ個体数も減った動物が、中間体を経てうまいこと進化してその後繁栄したとしても、中間体の絶対数は少ないと思います。やっぱりはじめは少数ですからね… 動物は必ずしも化石になるわけではないですが、探せば中間体も見つかるかもしれないと思います。 化石を広範囲にわたって掘れる仕事をしている人多くはないということも原因でしょう。 鳥と恐竜の中間の生物の化石が少ないのは不思議でたまりません。 進化には、全く詳しくない素人なので、うそばっかり言ってるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速回答ありがとう御座いました。 >個体数がそれほど多くない生物において短期間で進化が起こったとしても化石として残る確率は低くなると思います なるほどですね。空間的・時間的に個体の絶対数が不足している為に化石として残る確率は少ないと言うことですね。仮説として説得力がありますね。専門科の定説はどうなって居るんだろう? ありがとう御座いました。

関連するQ&A

  • 生命の源「アミノ酸」は彗星が元種を地球に落下した

    アミノ酸は地球上では存在しない。 化学物質と時間(圧力、温度)では生命(アミノ酸)が誕生できない。 つまり、 生命は自然にはできない(存在しない)のではないのですか? - 単細胞が登場してから人間になるのも時間「自然(進化論)」では出来ないのではないですか? すべに当てはまるそうですが、その中間が化石として証明できないからと知りました。 -

  • なぜ猿と人間の中間の生き物はいないんですか?

    キリスト教では進化論を否定しています。 猿と人間はまったく別の生き物です。 しかし現在の物理学では進化論が一般的です。 僕はまったく専門的なことはわかりません。 猿が進化して人間になった。 そういわれても否定しません。できません。 しかしキリスト教のように神がつくったと言われても理解できません。 ただ思ったのは猿と人間。 別の生き物にせよ、同類にせよ、そう中間の生物がなぜいないんですか? 猿と人間の中間の生物がいてもいいように思うんですが・・。

  • 「変化論」でなく、「進化論」と呼ばれるわけは?

    進化論について、非常に初歩的なことがわからなくなってしまいましたので、教えてください。 「進化論」は、遺伝子の突然変異と自然淘汰により、生物の進化が進んだという考え方だと思うのですが、もし、そうだとすると、「進化論」は、「生物の性質が変化すること」、すなわち、「様々な多様な生物が発生すること」の説明にはなっていますが、「生物が進化する」ことの説明にはなっていないのではないでしょうか? 「変化」という言葉には、「方向性」の意味は含まれていませんが、「進化」には、「より高度な方向へ向かっての変化」というような方向性の意味が含まれていると思います。 「進化」という言葉の意味をそのように考えると、「進化論」は、生物種が「変化」する理由の説明にはなりますが、「進化」する説明にはならない、すなわち、「生物が高度化する説明」にはならないのではないでしょうか? 何故なら、自然淘汰された種と自然淘汰されなかった種があった場合、後者が前者より「高度」であるという根拠は全くないからです。例えば、「マンモス」が淘汰され、「みみず」が未だに淘汰されていないからと言って、「みみず」の方が「マンモス」より高度だとは言えないからです。 従って、「進化論」は、本当は「変化論」と呼ぶべきなのではないでしょうか?

  • ミッシング・リンク(失われた環・鎖)とは

    はじめまして 先日読んだ本で「はて?」と思ったことを 質問させて頂きます。 「ミッシング・リンク」とはWikipediaでは 生物学におけるミッシングリンク 生物を扱う分野において、ミッシングリンク(失われた環/鎖)とは、発見されていない中間形の化石のことをいう。 最も代表的な例は、類人猿の化石である。 人間はサルの祖先から分岐し進化したという考えは現代では広く受け入れられた定説であるが、ダーウィンが進化論を発表した当時は、その進化があったことを裏付けるサルと人類の中間の化石が発見されていなかった。ダーウィンは、1871年に発表した著書の中で「将来、必ずヒトとサルを結ぶミッシングリンクが発見されるに違いない」と述べており、その後の発掘調査により、猿人(アウストラロピテクス)、ジャワ原人やペキン原人(ピテカントロプスやシナントロプス)、旧人(ネアンデルタール人)、新人(クロマニヨン人)などミッシングリンクを埋まる化石が次々と発見された。現在残っているのは猿人アウストラロピテクスとサルをつなぐミッシングリンクである。 とありますが、この「環」と「鎖」では、「わっか」と「1本」のちがいくらい 意味合いが違うように思えます。 進化は枝分かれして真っ直ぐな鎖の様になっています(先端は進行形) しかし「環」だとすると、人類と何かがくっついている(わっか) の様に聞こえます。 何故「失われた・環」なのですか?

  • 進化と創造

     私は聖書の勉強をしているものです。聖書の中には神様は「その種類にしたがって増えよ。」と言っています。つまり生物はその種の内無いで増えていくように書いています。つまり進化完全否定です。  また欧米では進化論はまだ仮説として扱われているようですね。事実、学校でも進化論と聖書の神による創造を両方教えているようです。  みなさんは進化と創造論どちらを信じていますか?また、その信じた理由をお聞かせください。

  • 質問:なぜダーウィンの進化論を教科書に載せますか?

    ダーウィンの進化論は信用できません。「人間は猿から進化した」と いってるにもかかわらず、肝心の「人間と猿の中間生物(ミッシング・リンク)」は「絶滅した」で片付けています。なぜ進化したのに絶滅して、退化したままの猿は生き残っているのでしょう。まったく意味不明です。しかも、「ミッシング・リンクの化石」も、どう見ても猿の化石にしか見えないものを無理に こじつけているだけです。骨だけの化石であれば、好きなように肉付けできるのは当然です。想像力は評価しますが、かがくとしては失格です。また、これらのダーウィンの進化論を否定する客観的情報はインターネット上に多く掲載されています。よって、ここでは それを議論の対象としません。 ここでの質問は「なぜダーウィンの進化論を教科書に載せますか?」です。上記の通り、正しいか間違っているかすら不明の仮説を、堂々と かがくの教科書に掲載することじたい、ばかげています。これは明確に かがくに対する冒とくです。なぜ、このような ひどいことをしているのか教えてください。 よろしく お願い致します。

  • 生物毒と進化論との関係を教えてください。

    モウドクフキヤガエルと云うカエルがいることを知りました。 小さなカエルなのに10人分の致死量の毒を持っていて 狩猟民族が昔から吹矢の矢に塗る毒として使用している ことから、その名があるとのことです。 そして黄色やコバルトブルーなどの目立つ色をした種類が 多いようです。こうした手段で護身していると説明されてい ますが納得できません。 そもそも有毒であっても食べられてしまえば当然絶命しますし 後の祭りです。派手な色をしていても人間なら食べませんが それは他人から危険を知らされいて食べないのであって 動物が何故危険を認識できるのでしょうか。 知能の発達した犬やカラスなどは思考力や判断力さらには 仲間同士の情報伝達能力を持っているのでしょうか。 進化論で生物毒を獲得した種が生存率を高める理由を 教えてください。 それとフグ毒についても教えてください。フグは今でも年間 一人二人は食中毒で死者を出している有名な魚ですが その味は絶品であると聞いています。食べられないように 獲得した生物毒なのに、何故味が絶品なのでしょうか。 進化論では説明できない現象もあるようですが、上記の 謎を進化論的に説明するとどんなメカニズムになるので しょうか生物学にお詳しい方からのご回答を心待ちに しています。

  • 人はなぜ別れを悲しむのか?

     たとえばチンパンジーの母は自分の子の死をしばらくは悲しむように見えますが、一日もせずにそれを他のごみと同様に放棄するそうです。人間以外の生物が夫婦の別離(死別だけでなく)を悲しむ場面を見たことがありません。 この人間特有の現象にどのような(進化論的?)説明が可能なのでしょうか? 自立できない頃に親が死ぬのは子供にとっては死活問題ですが、兄弟の死はむしろ自身にとっては慶ぶべき状況のようにも思えます。愛とか倫理が関係しているとも思えませんが、別れの感情は人類史でも最近のことなのでしょうか。悲しみとは不快とか不安に近い感情ですが、人間だけの特別なものなのでしょうか。

  • 鳥インフルエンザウイルスと豚インフルエンザウイルスの間には進化論的関係がある?

    H5N1型鳥インフルエンザというのが数年前に流行しましたが、このウイルスと今流行しているH1N1型豚インフルエンザウイルスあるいはH1N1型新型インフルエンザウイルスとは、進化論的(血統的? 系統的?)には関連があるのでしょうか。つまり、H5N1型のRNAの一部が変化してH1N1型になったとか、あるいはその逆の現象が起きたとかのことが確認されているのでしょうか。 H1N1型豚インフルエンザウイルスが変化して人から人に感染するようになったのがH1N1型新型インフルエンザウイルスですから、H1N1型豚インフルエンザウイルスとH1N1型新型インフルエンザウイルスとの間には進化論的(血統的? 系統的?)関係があるんですよね。 いずれもここ数年に流行したインフルエンザであるし、型の記号もH5N1とH1N1とでよく似ているので、この2つの間にもそのような関係があるのではないかと思っています。 当方、生物学は全くの素人です。 よろしくお願いします。

  • キリンの首って?

    キリンの首はなぜ長いのか? 昔、少しずつ首が伸びたとか突然変異から長くなったとかと習いました。 けど、そんなことあり得ないと思います。 だいたい、首が中途半端に長いとかの化石もありませんし、突然変異で伸びたにしても劣勢遺伝で消滅するか淘汰されるのが普通です。 こんなことを未だに信じていて、それを学校で教えているとは思いたくもありません。 何か今は新たな理論や教え方をしているのでしょうか?