解決済み

インシュリンの過剰反応とは

  • 暇なときにでも
  • 質問No.32281
  • 閲覧数529
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

インシュリンの過剰反応とは何でしょうか。
食生活が乱れると食べたあとそうなるそうですが、
これはもしかして過剰分泌のことではないかと思うのですが、どうでしょう。
ちなみに糖尿病の基本についてはおおよそ理解できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

摂取された糖分(炭水化物)は血糖として血液中に循環するものを除き、肝臓にグリコーゲンという形で蓄えられます。そして、グルカゴンなどの働きで、必要に応じて再びグルコースという糖に再変換されてバランスを保っています。
ところが、極端なダイエット、度を過ぎたカロリー制限などで飢餓状態になるとします。
そうすると、エネルギー源として血液中に存在している中性脂肪が使い果たされてしまいますネ。その結果、それを補うために肝臓に蓄えられているグリコーゲンがどんどんと消費されていきます。
そういうときに糖分を摂取すると、血液中の糖分をグリコーゲンに変換して蓄えようとしてインスリンが沢山分泌されることになります。
そして、変換されたグリコーゲンは血中の中性脂肪や皮下脂肪として蓄えることが優先されることになってしまい、血糖値が下がりすぎてしまうことになる恐れが出てきます。
ご質問の食生活の乱れによる過剰反応というのは日常的には、こういう現象のことを指しているのだと思われます。
糖尿病の治療に関係しての過剰反応は、インスリン製剤の効果が出すぎることですネ。
糖尿病の治療薬には必ず『この薬を飲んで気分が悪くなったら、すぐに角砂糖をなめてください』といった注意書きが書かれていますが、血糖値がそれほど高くないときにインスリン製剤を摂取しますと低血糖症という状態となります。血糖値が一定以下になってしまうと低血糖症という状態となり、命に関わることになるのです。
以上kawakawaでした
お礼コメント
noname#2813

ありがとうございます。
とても詳しく説明していただき勉強になりました。
投稿日時 - 2001-01-26 03:28:50
感謝経済、優待交換9月20日スタート
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ