• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

交流電力(R-L直列回路で)の求め方について(お願いします。)

お世話になります。 標記について、参考書などではR-L直列回路を例にして説明しているのをよく見かけます。 交流電力を求めるに際し、電圧に基準にして、コイル(インダクタンス)があることから、回路には遅れ電流が流れるという説明がなされています。 しかし、直流の回路においては、電流は一定になることから、抵抗、コイルの電圧を計算して合成電圧を求め電流との関係を説明することになると思います。 電圧を基準にしたとしても、直列回路においては抵抗にかかる電圧とコイルかかる電圧の合計が電源電圧になることから、それぞれの電圧がわからないことから、回路電流の大きさは直ぐに求めることは困難であり、電圧との位相差を求めるもの面倒になると思います。ただ、イメージとして電圧を基準にすると遅れ電流が流れるというのはわかりますが・・・。 ただ、交流電力をベクトル図で示す場合、電圧を基準にとり、ある位相差θの電流のベクトルをとって、その電流をcosθとsinθに分けて考えるのがわかりやすいと思うのですが、どうしても入口のところで電圧を基準に取った場合の電流ベクトルの描き方に混乱してしまいます。 R-L直流回路の電流ベクトルはこうなる!!といってしまえばそれまでですが。直流回路では電流が一定で各要素の電圧をに違いが生じることから、合成の電圧を求め、その位相差をだすというのが考えやすいと思いますが、電圧を基準にして、電流の位相を考えるにはどのようにすれば良いのでしょうか。電源電圧は各要素の合成になることから、電流を基準にして各要素の電圧のベクトルを考えてから合成の電源電圧のベクトルを求めるべきと思うのですが・・・。 なかなかわかりづらい文章で申し訳ございません。 例えば、直流回路で抵抗16Ω、誘導リアクタンス12Ωで、電源に100Vを加えた場合を考えると、ベクトル図を考える場合、合成のインピーダンス(20Ω)から回路電流(5A)を求め、これを基準に取り、それから各要素の電圧(抵抗の電圧:80V コイルの電圧:60V)の大きさ、これらの遅れ又は進みの電圧を記載してから合成電圧(100V)を作図して位相差(tan-1(60/80)・・・の進み電圧)をだすものと思いますが、これを電圧を基準にとって電流の位相差を考えるにはどのようにすれば良いのでしょうか。 イメージいにくい内容かもしれませんが何卒宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2055
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

#3です。 >結果として、  ? >電流を基準にして、進み電圧のベクトル図を書くか、電圧を基準にした遅れ電流のベクトル図を書くかということでしょうか。  直列接続でベクトル図を書く場合、入力電圧をベクトルの基準に書くと、書きにくいと言うことだけです。  何故なら、入力電圧をベクトル基準にとっても、それと同じ位相のベクトルが何も無く、電流、Rの電圧、Lの電圧の位相もそれぞれの値が決まらないと決まらないため、書けない(書きにくい)のです。  ベクトル図で何かが起こっているわけではなく、それぞれの関係が分かるように書いているだけです。  だから、事象を説明する時は、入力電圧に対して電流が遅れると説明し(因果関係)、その時の関係をベクトル図に表す時は書きやすい及び関係を理解しやすいように電流をベクトル基準に書くだけです。(あくまで書きやすいための基準ですから、事象的にはそのベクトル図の入力電圧を基準に(回転させて)説明することで良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 交流回路の計算について

    お世話になります。 電験三種の勉強をしていて疑問に思ったことがありましたのでご教示ください。かなり初歩的なことになりますがお願い致します。 RL直流回路についてなんですが、直流回路については回路を流れる電流はどこも同じになるためIを基準として計算するとテキストに書いてあります。 電圧についてはRとLで位相差があるためVRとVLのベクトルの合成した値になることは理解できます。 ここで疑問なのですが、電圧に位相差ができれば電流にも位相差が出来てくるので電流値もベクトルの合成した値になる気がします。ですが演習問題の答えでは問題文に何も説明がなくても電流値は位相差が無い値になっています。 どう理解したらよいのでしょうか? 以上初歩的ですが混乱してきましたのでご教示お願いいたします。

  • 交流回路の電力の求め方(その2)

    お世話になります。 標記について、以前R-L直列回路のベクトル図の書き方について質問させていただきました。 標記の電力計算について参考書においては電圧基準しているものがほとんどかと思いますが、なぜ電圧基準にするのでしょうか。ベクトル図を書く際には直列回路であれば電流基準にすべきと思いますがいかがでしょうか。 また、この平均電力を求める場合 P=E・Icosφ から求められますが、ベクトル図解するさいに、 Icosφ・・・と電流を分割するのでしょうか。そもそも、電流基準とし、電圧をEcosφ・・・と分割し、実はこれは抵抗にかかる電圧成分になっている・・・と説明した方わかりやすいような気もしますがいかがでしょうか。 わざわざ、共通の電圧の位相差を同相成分と90度のずれた成分に分割する必要があるのかなと疑問になります。 ちなみに、R-Lの並列回路における平均電力については、同様に P=E・Icosφ から求められます。このベクトル図解するときも電圧を基準としてIcosφ・・・と電流を分割するのでしょうか?。 そうするのであれば、この成分はまさに抵抗に流れる電流の成分となると思いますが、このような理解でよろしいのでしょうか。 となると並列回路における平均電力を求める場合は、わざわざ合成電流を求めなくても抵抗に流れる電流だけを求めればよいと言うことでしょうか。

  • 交流回路

    出ていた答えの数字がとてつもない数字で正解かどうかわかりません。教えてください。抵抗、コイル、コンデンサの交流直列回路を電圧6〔V〕、周波数1〔KHz〕交流電源に接続した。抵抗は100〔Ω〕コンデンサの容量は1〔μF〕,コイルのインダクタンスは10〔mH〕であるという。この直列回路に流れる電流をもとめよ。また、電源電圧と電流との位相角はいくらか? ですが、XE=2πfL=0.06〔Ω〕、Xc=1/2πfc=159154.9〔Ω〕 I=V/Z=3.78×10(-5)という答えになりましたが、ただしいのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • ruto
  • ベストアンサー率34% (226/663)

具体的に数値で電流Iを計算すると I=V/Z=100/(16+j12)=4-j3[A]となります。 抵抗にかかる電圧Vrは Vr=I・R=64-j48[V] コイルにかかる電圧Vlは(XL:リアクタンス) Vl=I・XL=36+j48[V] 電源電圧Vは V=Vr+Vl に成ります。 これらの数値のベクトル図を書けばおのずと理解できると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

#2です。 >その前提として、まずは電流を基準にして、合成電圧(電源電圧)は進みの電圧となる。 ここで、この電圧を基準にした場合、電流は遅れとなるという説明を省略していると考えるしかないというですね。  省略というより、上記はベクトルの関係(ベクトル図)を言っており、参考書は単に事象の原因(供給電圧)に対する結果(電流)を言っているわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみませんでした。 結果として、 電流を基準にして、進み電圧のベクトル図を書くか、電圧を基準にした遅れ電流のベクトル図を書くかということでしょうか。

  • 回答No.2

>参考書の説明上は、交流のR-L直列回路においては、電圧を基準にすると電流の位相が遅れるというのは、 >御回答のようにまずは電流基準で考えた上で、ベクトル図を回転させたものを前提にしているということですね。  多分、参考書はそこまでのベクトル図をイメージしていっているわけではないでしょう。  供給AC電圧に対して、流れる電流の位相が遅れるといっているだけでしょう。  ベクトル図を書くと分りますが、その前に電流は連続であるということを頭に入れておく必要があります。  直列R-Lに流れる電流は連続ですから同じ位相の同じ電流iになります。この電流を角度0°(基準)とすると、抵抗にかかる電圧は同位相のR*iになり、コイルの電圧はjwL*i(位相がプラス90°)になります。  そして、この抵抗とコイルにかかる電圧の合成ベクトルが供給電圧になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まさに、R-Lの直列回路を考える場合はそのようにベクトルを考えないといけないと思っています。 参考書は単に遅れ電流が流れると言っているとすると、 その前提として、まずは電流を基準にして、合成電圧(電源電圧)は進みの電圧となる。 ここで、この電圧を基準にした場合、電流は遅れとなるという説明を省略していると考えるしかないというですね。

  • 回答No.1

ベクトルの遅れ進みのところの理解は大体いいようですが直流についての誤解があるようです。 > 例えば、直流回路で抵抗16Ω、誘導リアクタンス12Ωで、電源に > 100Vを加えた場合を考えると、ベクトル図を考える場合、合成の > インピーダンス(20Ω)から回路電流(5A)を求め、 これは直流回路ではなく交流回路です。直列回路の誤りでしょうか。 一応直流回路ではないとして RL直列回路では電流基準でベクトル図を書くのが普通です。 そのほうが書きやすいからです。 まず貴方ががやられているように電流の絶対値を求めたあと、電圧ベクトルを合成します。 必要が有ればこのあとベクトル図を回転させて電圧基準にします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

もうしわけありませんでした。 直列の間違いです。 参考書の説明上は、交流のR-L直列回路においては、電圧を基準にすると電流の位相が遅れるというのは、 御回答のようにまずは電流基準で考えた上で、ベクトル図を回転させたものを前提にしているということですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • RLC直列回路の計算

    RLC直列回路の計算 下記問題を電卓を使用せずに導く方法を教えてください。 図に示す抵抗、コイル及びコンデンサの直列回路に電源電圧100(V)を加えたとき、回路に流れる電流の大きさとして、正しいものを下の番号から選べ。ただし、電源電圧の角周波数を1×10^4[rad/s]、抵抗、コイルの自己インダクタンス及びコンデンサの静電容量の値をそれぞれ50[Ω]、1[mH]及び10[μF]とする。また、コイル及びコンデンサの内部抵抗は無視するものとする。

  • LR直列交流回路について質問します。(長いです…)

    はじめまして。 質問が多いですが、よろしくお願いします。 1)R=10【Ω】、L=50【mH】の直列回路にV=10√(2) sin100πT【V】の電圧を加えた場合、流れる電流の実数値はいくらか?  この問題で、電圧を0【Rad】とした場合、電流が-(1/2)π【Rad】になるのは、どうしてでしょうか?  インダクタンスというのが誘導性リアクタンスで、jωLだから、本来ならグラフは右上の部分を走ると思うのですが、電圧を基準にすると、右下を走ります。(グラフをx軸y軸で区切って、右上とか右下って意味です) 2)6【Ω】の抵抗と8【Ω】の誘導性リアクタンスの直列回路に4【A】の電流が流れた時、ベクトル図を書いて、電圧の大きさ、および電流との位相の関係を求めよ。  こちらの問題では、グラフは右上になります。  これは、電流を基準に取っているからでしょうか? 3)抵抗8【Ω】に誘導性リアクタンス6【Ω】を直列に接続した回路に100【V】を加えた時、流れる電流をそれぞれ求めよ。  この問題は、電圧を基準にグラフを書くと右下になります。  上記の問題群を教えて欲しいです。  また、以上の問題すべてから、自分なりに考えて、「交流回路」で「電圧を基準」で「誘導性リアクタンス」だと、「電流の位相は早まる」と考えたのですが、合っているのでしょうか?  では、「交流回路」で「電圧を基準にして」「容量性リアクタンス」なら、-j{1/(ωC)}なので、遅くなるのでしょう?  さらに、「交流回路」で「電圧基準」で「並列」の場合、jωCや-j{1/(ωl)}となりますから、直列の場合とは真逆の結果になるのではないかと考えていますが、実際のところ、どうなのでしょうか?  いろいろと質問して申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  • RL直列回路の回路電流について教えてください。

    コイルと抵抗を直列に接続した回路があります。 電源周波数を0Hz(=直流?)とした時、 回路電流はどうなりますか? 計算では V(電源電圧)=√(VL^2+VR^2) Z(合成インピーダンス)=√(L^2+R^2) オームの法則から I=V/Z のように解くと予想したのですが… できれば計算での求めかたも教えてくださると助かります。。。

  • RC直列回路,RL直列回路

     交流電圧源(電圧E〔V〕,周波数f〔Hz〕)に抵抗器(R〔Ω〕)とコンデンサ(C〔F〕)を直列に接続したRC直列回路において,抵抗器の両端の電圧|VR|と,コンデンサの両端の電圧|VC|を求める論理式はどのようになりますか。  同様に,交流電圧源(電圧E〔V〕,周波数f〔Hz〕)に抵抗器(R〔Ω〕)とコイル(L〔H〕)を直列に接続したRL直列回路において,抵抗器の両端の電圧|VR|と,コイルの両端の電圧|VL|を求める論理式はどのようになりますか。

  • RC直列回路

    E(V)の直流電源が接続されていて、コンデンサが十分に充電されたRC直列回路があったとします。 この回路をある時間Tで直流電源の電流を流す向きを変えるとします。 (プラスとマイナスを反転する。) すると、電流の時間変化は図のようになると思うのですがどうでしょうか? また、コンデンサに加わる電圧の時間変化はどのようになるのでしょうか? (おそらく回路方程式は E+Vc=Vr (Vc,Vrはそれぞれコンデンサ、抵抗に加わる電圧)になると思うのですが…) よろしくお願いします。

  • RL直列回路 応答とは?

    RL直列回路 応答とは? タイトル通りなんですが…。 RL直列回路にて、起電力f(t)が与えられたとき、その応答をラプラス変換を用いて求めなさいという問題です。 ここでいう「応答」とは何を示しているのですか?回路を流れる電流?抵抗またはコイルにかかる電圧?そのすべて?どなたか教えてください。

  • RC直列回路にて

    さきほど <RC直列回路で電流が電圧よりπ/2進むのはなぜなのでしょうか? と質問したのですが、まちがってるみたいで RC直列回路で電流が電圧よりtan^-1 * 1/ωCR進むみたいなんですが、これもなぜなのでしょうか??

  • 交流回路

    交流回路 抵抗と誘導性リアクタンスがそれぞれ50ΩであるRとLの直列回路に100vの交流電圧を加えたとき流れる電流と位相差についてもとめる問題です。

  • RL直列回路について

    RL直列回路にt=0で直流電圧を加えたとき、tが何秒かたったときに回路に流れる電流の求め方が知りたいです。 もう1つ、抵抗とインダクタンスの端子電圧が等しくなる時間の求め方も教えていただくと助かります。積分など関係あるのでしょうか。 電気回路が苦手で基本も曖昧です。オームの法則や鳳ーテブナンの定理がわかるくらいのレベルです。よろしくお願いいたします。

  • RC直列回路

    RC直列回路で位相が電圧より電流の方がπ/2進む、ということなんですが、これはなぜなんですか?返答お願いします!

専門家に質問してみよう