• ベストアンサー
  • 困ってます

デスノートの疑問

デスノートは良くできたストーリーで、一気に全12巻を読んでしまいましたが、どうしても分からないところがありますので教えて下さい。 ・レムが死んだとき、月はその場に真っ先に駆けつけ、レムのノートを密かに自分のズボンに隠しました。(7巻P.127) ・夜神総一郎がメロ達から奪い返したノートを、月は死に神のシドウに返しました。(9巻P.87) ・しかし、その後も日本捜査本部にはメロ達から奪い返したとされるノートが保管されています。そして、月はノートを取り戻したことをニアに認めます。(9巻P.90)ニアは日本捜査本部にノートがあることを聞き、たちまちキラが日本捜査本部にいることを見破ります。(9巻P.92~95)結局、これが月の命取りになりました。 月がシドウにノートを返したことは、その場にいた皆が見ています。 月がレムのノートを持っていることは、誰も知りません。 日本捜査本部の皆(月以外)は、この時点で人間界にあるノートは、あと一冊だと考えるはずです。(8巻P.18参照) 月はニアにノートは死に神のシドウに返したと言えば良かったのです。それは事実ですし、日本捜査本部の皆が知っていることです。 月がレムのノートを誰にも知られずに持っていることこそ、月の最大の武器になるはずです。 日本捜査本部に保管されていたノートは、月がレムのノートを捜査本部に渡したとしか考えられませんが、何故月はそんな何の得にもならないどころか、致命的な失敗をしたのでしょうか。何故ニアにノートが日本捜査本部にあると認めたのでしょうか。月がレムのノートを隠し持っていたら、結末は全然違ったものになっていたでしょう。 私にはどこか思い違いがあるのでしょうか。どなたか教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数522
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ikijfd
  • ベストアンサー率35% (92/258)

まず、メロ達から奪い返したノート(リュークが書いた説明付)はシドウが死神界に持って帰りましたが、その前(9巻P.18~)に月がメロ達を確実に殺させるよう日本捜査本部にリューク(死神の目)が憑いているレムから奪ったノート(表紙に何も書かれていない)を送りつけています。 メロ達の一件が一段落した後で、日本捜査本部が保管しているのはこのノート(表紙に何も書かれていない)です ニアは「キラと連携してノートを取り返した」(しかし、キラは連絡手段を持っているにもかかわらず、脅迫などしてノートを取り返そうとはしない)ということから日本捜査本部に疑いを持ちましたが、 もし、月がニアに何の情報も与えなかったとしても、他の日本捜査本部のものに疑われてしまうので、仕方がないと思ったんでしょう。 しかし、個人的には総一郎が月はキラではないと証言した(9巻P.81)ので多少疑わしくてもごまかしたほうがよかったのではないかと思います。 なぜ、わざわざ大事なノートを日本捜査本部に送ったのか? それは、シドウがアジトの見張りをしているせいです。 日本捜査本部のものは皆大統領の私兵が突入して失敗しているのを知っています。 それなのに、敵であるキラから「おまえらはアジトに突入してメロ達ノートを取り戻せ。やつらのほとんどはわたしが殺してやるから安心しろ」といわれても、信用できない上に、自分達も大統領の私兵のように謎の死神(シドウ)の助力で殺されてしまうと判断して実行しません。 そこで、マフィアが死んだと確認できる死神の目と、謎の死神(シドウ)と交渉できるリュークを送り込んだわけです。 月はまずなによりもノートと死神に関する情報を秘匿することを優先したんでしょう。 だから、ノートと死神を手に入れたメロ達を多少強引でも真っ先に殺そうとし、ニアにはまったく死神のことを教えなかったんだと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速教えていただきありがとうございます。一気読みしたため、9巻p.18~を忘れてしまったようです。重要な箇所なのにすみません。また、月がレムのノートを日本捜査本部に送った理由もよく分かりました。 ただ、リュークを使い日本捜査本部にレムのノートを届けさせる時、事前に月がリュークに、レムのノートは必ず後日自分に返すことを約束させていれば、比較的簡単に捜査本部から再びリュークを使って月がレムのノートを取り戻すことが出来るのに何故しなかったのだろうと考えたとき、そんなことをすればリュークが月に憑いても、ミサに憑いても日本捜査本部の皆にリュークの姿が見えるため、たちまちキラの正体がバレてしまう。また、捜査本部の皆を殺しても、月は生き残るわけだからやはりバレてしまうということに気がつきました。結局、月がレムのノートを捜査本部に送ったら最後、月はレムのノートを取り戻すことはできなかったのですね。 ニアは死に神の存在を知らないのに、キラがノートを取り戻さないことに不審を抱き、キラは2代目エルだと推理します(9巻p.95)。それに比べて日本捜査本部の皆は、全くの無能に描かれているのですね。

関連するQ&A

  • 『デスノート』 月の最後の計画に疑問

    『デスノート』終盤の「魅上に月以外の全員の名前を書かせて殺す」という月の計画に疑問を覚えたので、質問します。 なぜSPKの名前だけを書かせなかったのでしょうか? そうすれば、ノートが本物であれ偽物であれ、結果的に月以外の全員を殺せたと思うのです(これについては後述)。 さらに「ノートに名前のない者=キラ」というニアの狙いも阻止することができます。 「魅上のノートが偽物」の可能性を予想できなかったとしても、この点に月が気づかなかったはずはありません。 なぜわざわざニアの土俵に上がったのでしょうか? 私の考える計画とはこうです。 「SPKの名前だけを先に書き、SPKの死を確認した後、捜査本部の名前を書け」 月が魅上に対して上のように指示します。 ノートが本物であれば、SPKは全滅し、最大の敵ニアが死にます。 魅上は捜査本部の名前を書く前に、彼らに捕まるでしょうが、もはや魅上は月にとって不要です。 魅上が月に助けを求めようが、「月=キラ」の決定的な証拠はありません。 後は魅上と捜査本部とを、月の時計にあるノートで殺します。 問題はノートが偽物の場合ですが、前述の通り「月=キラ」の証拠はありません。 しかも魅上の偽ノートを見ればSPKの名前が手に入り、その場を離れた後に、捜査本部・魅上も含めて時計のノートで殺せます。 邪魔者を殺した後は、捜査本部にあるノートをミサに所有させ、再び「死神の目」の取引をさせれば完了です。 かなり主観・希望的観測が含まれているでしょうが、ご意見頂ければ幸いです。

  • 善か悪か?漫画:DEATH NOTEについて

    DEATH NOTEという漫画をご存知でしょうか? ご存じない方は下記URLを参照してください。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88 さて、DEATH NOTEの簡単なストーリーの流れはこのようになっています。※ウィキペディアより 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」 死神リュークが落としたデスノートを手に入れた、日本の高校生・夜神月(やがみ ライト)。自分の行為を正義と信じる月は、犯罪者のいない理想の新世界の神になることを誓う。月は、世界中の犯罪者の名を次々とノートに書き込んでいき、やがてその存在に気付いた大衆は、殺し屋=Killer の意味から「キラ(KIRA)」と呼び始めるようになる。 一方、キラの存在を察したICPOは、手がけた事件は必ず解決に導くとされる「L(エル)」と呼ばれる謎の探偵にキラ事件の調査を依頼。 Lは、全世界の警察を掌握できる唯一の存在であり、その本名はおろか、居場所も顔も一切謎に包まれている。 キラを「悪」と考えるLは、綿密な方法で「キラが日本の関東にいること」を証明し、日本に捜査本部を設けキラに挑む。こうして二人は、お互いの正体を暴く為に、それぞれの正義を掲げて対立することになる。 さて、あなたは犯罪者を裁き、世界から犯罪を無くそうとするキラを支持しますか? それとも、Lを支持しますか? 理由も添えてご回答お願いします。 では、回答お待ちしております。

  • デスノート the last nameのラストのトリック

    ついこないだテレビでやっていましたよね。 どうしてもわからないところが2点あるので質問します。 最後のところで死んだと思っていたLが現れたとき、ライトはそこにあるノートが偽物であると気付きます。偽物なのになぜ犯罪者が死んでいたのかは捜査本部の情報操作でそう見せかけていただけ。 ミサのノートをすでに偽物とすり替えていたのなら、Lは自分が23日後に死ぬなんて書く必要なかったのでは? それと、エレベーターの中?でレムがノートに名前を書き込みますよね?あれはワタリの名前だったんでしょうか?ワタリは別に殺す必要なかったのではないでしょうか? デスノート(特に原作)が大好きですが、どうしてもひっかかって気になって仕方がありません。わかる方よろしくお願いします。

  • 今更ですが、デスノートについて。

    今更なのですが、最近、デスノートのアニメ版を見ました。 そこで、疑問に思ったことがあったので、分かる方、教えてください。 原作は、読んでいません。 (1)月が火口を殺して、デスノートの所有権を取りましたよね。 それから、そのノートは、日本警察が保管していてメロに奪われ マフィアの一人に所有権が移っていましたが、いつ、月は、所有権を 放棄したのでしょうか? (2)月がレムのノートの所有権を放棄し、記憶を忘れないためにミサの ノートをお腹に入れていましたが、その後、そのノートの所有権を ミサに放棄させ魅上に渡しますが、月は、デスノートの記憶を どうやって、維持させていたのでしょうか? (3)メロがニアの所に自分の写真を取りに行く場面で ニアに「ノートには、偽のルールがある」と教えていましたが 実物のノートを見たことの無いニアが、なぜ13日のルールまで 知っていたのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 映画デスノート後編ラスト なぜリュークがライトに呼ばれて出てくる?

    今更恐縮ですが、最近当該映画を観て疑問に思いました。いろいろ映画版には矛盾点があるようですが、  ミサのノートをすり替え、捜査本部に押収しているので、ミサを連行しているワタリにも、捜査本部員にも、エルにも、ミサに憑いているリュークは見えているはずですが、映画ではライトに呼ばれて姿を現してませんか? リュークは高見の見物を決め込んで隠れていたのでしょうか? 

  • デスノート第5巻デスノートの使い方24

    本日発売の DEATH NOTE 第5巻の26頁 単行本追加ページ「 DEATH NOTE HOW TO USE IT XXIV 」の記述なんですが、これだと 死神は、ノートを人間が所持していない場合は82時間しか人間界にいられないことになります。 が、ヨツバのキラが動き出すまで、月が監禁されてから2週間かかっています。 このルール、おかしくないですか? ヨツバのキラに渡すまでの間82時間毎にレムが誰かを殺してるのでないかぎり辻褄が合わないように思います。 82時間でなく14日間と書いてあればなんの破綻もないのですが、単なる「おまけ頁のミス」なのでしょうか。 うまく説明できる方おられましたら私に教えてください。 尚、私は週刊少年ジャンプを毎週買ってますので、ヨツバのキラが誰だったとか、今明かされてないトリックとかも知ってますが、ネタバレを考慮してこの質問では伏せました。回答される方も単行本のみで愛読されてる方のことを考えてその点お気遣いよろしくお願いします。

  • デスノート分かんない!!(映画版含む)

    映画版2回見ましたが・・・自宅に監視カメラ設置された北村さんって、どの俳優さんですか?津川さんですか? そして原作版なんですが・・・ ざっと読んだ私の解釈なんですが、要はオリジナルを入手したニアが、 月・三上さん両名を発狂して死ぬ様、又は松田に打たれて死ぬ様、帳面に書いたって事ですか? 私は1・7・9~12巻しか読んでいませんが、なぜリュークは10巻から全く出演してないんですか? 松田さん含む日本捜査チームはなぜ、最後まで操作チームであり続け、実質操作を月に丸投げしたんですか?月を泳がせるしか手立てがなかったんですか?ミサミサは月が死んだ後、捕まったんでしょうか?そしてリュークは死神界へ帰ってしまったんですか?

  • 水戸主婦殺害について

    ニュースを見ていて疑問に思ったことがあったのですが、検索をしても何もひっかからなかったので… 水戸署捜査本部の発表した「石田こと大平哲也容疑者」とは、どういう意味なのでしょうか? よく聞くのは、(日本名)こと(韓国や中国名など)です。 今回は(日本名)こと(日本名)でした。 こんな事でひっかかるのは私くらいかも知れませんが、意味が分かる人がいたら教えてください。

  • 目黒夫婦殺傷事件 何故通名を使いたがるのでしょうか

    目黒夫婦殺傷事件 また韓国人の犯罪に見えますが・・・・・ 何故、通名ばかりマスコミは使いたがるのでしょうか? 日本に国籍がなく(所謂在日、現時点ではまだ詳細は不明。記事内容から判断)、韓国国籍があるなら韓国名を使うべきだと思うのですが・・・・ ほんの少し前まで純なる日本人が日本人を殺害したと思っていました。 娘の入院費捻出で犯行か 韓国への渡航を計画 2011.2.13 02:00 (1/2ページ) 東京都目黒区の元会社役員、大原道夫さん(87)夫妻殺傷事件で、殺人容疑などで逮捕された自称無職、木村義昭容疑者(65)=福島県いわき市=の長女が韓国で入院し、木村容疑者が韓国に渡航しようとした直前に任意同行されていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁目黒署捜査本部は、木村容疑者が娘の入院費用を捻出するため犯行に及んだとみており、慎重に裏付け捜査を進める。  捜査本部では、防犯カメラの解析で福島県のいわき湯本から東京駅に向かう高速バスを実名で予約していた木村容疑者を特定。自宅近くにビデオを設置するなど行動確認を進めていたところ、木村容疑者が10日午後1時10分発の韓国・仁川空港行き航空便に乗るため、福島空港に向けて出発したことをつかんだ。このため、捜査員が任意同行を求め、最寄りの警察施設で逮捕に踏み切った。  捜査関係者によると、木村容疑者は平成15年から産業廃棄物処理の仲介で生計を立て、年金も受給するなど生活に困窮していなかったという。しかし、昨年秋に約15年来の知人から数百万円の借金をしており、長女の入院でまとまった現金が必要だったとみられる。  捜査本部によると、木村容疑者はこれまでの調べに具体的な動機は語っていない。捜査本部は長女の入院に伴って韓国に帰国した妻からも事情を聴く方針。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110213/crm11021302010001-n1.htm

  • 船舶事故の保険について

    (1)日本国内で、船舶の事故で乗客に死者が出てしまった場合、保険は違法運行でも支払われますか? (2)保険が支払えない場合は船会社が負担することになりますか? ↓MSN産経新聞ニューズの記事 セウォル号の本来の船長が捜査本部の事情聴取に対し、「(改造で)重心が高くなった船に貨物をたくさん積んでは駄目だと数回会社に訴えたが、無視された」 (3)今回の韓国の船舶事故の場合は被害者への補償はどうすると予想しますか?