• ベストアンサー
  • 困ってます

総会議事録 同監査役の辞任&就任

ちょっと提出前に気になってしまったので・・・ よろしくお願いします。(長文失礼します) (法の改正た関係で)同監査役を辞任&就任させた場合の記載方法例について教えてください。監査役の辞任は、株主総会前です。 やはり、何日辞任と何日就任について記する必要がありますよね? どういう風に文言を加えたら良いのでしょう・・・ 辞任がない場合の一般的な例文を下に書きました。 第●号議案 取締役及び監査役の任期満了による改選に関する件 議長は、取締役及び監査役全員が本定時総会の終結と同時に任期満了し退任することとなるので、その改選の必要がある旨を述べ、その選任方法をはかったところ、出席株主から議長の指名に一任したいとの発言があり、一同これを承認したので、議長は下記の者を指名し、これらの者につきその可否を議場ではかったところ、満場一致をもってこれを承認可決した。 取締役 ● 監査役 ● なお、被選任者は、いずれもその就任を承諾した。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2443
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

議事録はOKです。届出日は、別途提出されている文書に記載があるはずです。登記の時には添付してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

迅速な回答感謝します。 この議事録OKですか? 別途提出とは、登記すべき事項(別紙として) 取締役は重任にたいし・・・ 「役員に関する事項」 「資格」監査役 「氏名」● 「原因年月日」平成○年○月○日就任 ↑これのことですね? では、議事録において、特別に辞任と就任について記さなくて良いのですね?他力本願ですみません。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

御社は旧商法下の小会社で、みなし規定(旧商法での小会社は、会社法施行後、定款に会計監査限定の監査役を置く定めがあるものとみなされます。整備法53条)を利用せずに定款変更をして、監査役に業務監査もしてもらうようにした、といったところでしょうか。 そうであれば、定款変更と同日に、単純に退任の議事録+就任の議事録となります。重任ではないッス。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 株主総会議事録(役員の変更について)

    株主総会議事録(役員の変更について) 取締役会設置会社です。任期満了による改選で、代表取締役が退任しました。監査役2名のうち、1名が取締役に就任した為監査役の辞任届を提出してもらいました。監査役は、任期が2年残っているので、1名だけ新たに選任しました。また、署名押印の関係で印鑑証明を取らなくてもいいように、代表者資格喪失ということで処理する予定です。この場合、株主総会議事録の書き方として任期満了による改選と、代表者資格喪失のことと、監査役の1名選任についてどのようにまとめたらいいでしょうか。詳しい方、教えてください。また、取締役議事録で代表者を選任したいと思います。代表取締役たる取締役の辞任に伴う後任者選任の場合の議事録の書き方も併せてご教示願います。

  • 役員の辞任・就任の日に総会が行えない場合の議事録

    いつもお世話になっております。 このたび、弊社の取締役(代表権無し)が1名および監査役が1名12月末で辞任することになりました。また1月1日より平取締役が2名、監査役が1名就任するということになっております。 そこで何点かお聞きしたいことがあるのですが、通常というか、よくある株主総会議事録の雛形では、その総会の日に辞任・就任するケースでの雛形ばかりなのですが、 1.今回の場合年末年始で総会が行えないのですが、12月の下旬などで臨時株主総会を開いて、12月末で2人が辞任すること、および1月1日に3人が就任することを承認決定してもよろしいでしょうか。(その場合の議事録等はどのような違いがでてくるのでしょうか。その見本のようなものがあればいいのですが) 2.上記の場合、12/31に辞任、1/1就任となるわけですが、雛形などでは辞任・後任選任は同日のケースが多いようです(12/31辞任12/31就任もしくは1/1辞任1/1就任)。役員報酬の部分で変にもめないようにとも思い、上記のようにしたいわけですが、問題ないでしょうか。とくに監査役は1人しかおりませんので同日でないと連続性が無いとかいうことが出てくるのでしょうか。 3.この事項は登記が必要な事項だと思いますが、確か登記は2週間以内だったと思います。その基準は今回のような場合、総会の日ではなく、あくまで辞任する日・就任する日から2週間以内ということでよろしいでしょうか。 自分なりに調べたりしているのですが、よくわからない状態です。どうかアドバイス願います。 何卒よろしくお願いいたします。

  • 監査役の任期変更

     基本的質問で申し訳ありません。  監査役の任期について伺います。 現在の監査役のは平成16年に登記を行い、来年に任期満了なのですが、今年、役員変更登記を行う必要があることから、現在の監査役は任期中ですが、一度辞任し、改めて監査役に就任する事が出来ると聞きました。この場合、株主総会議事録には「取締役任期満了による改選の件」のどのような文言で付け加えればよいのでしょうか。宜しく御願い申し上げます。

  • 株主総会議事録の署名捺印について

    質問させていただきます。 株主総会にて取締役及び監査役の任期満了に伴う後任者選任の決議を、後任候補者立会いのもと諮り、即時就任承諾にて決議確定いたしましたが、その場合の株主総会議事録における取締役の署名捺印は後任の取締役の署名捺印もいるのでしょうか?それとも旧取締役の署名捺印のみでよいのでしょうか? また代表取締役以外の人の印鑑は実印でないとだめなのでしょうか?初歩的な質問ですが、ご返答よろしくお願いいたします。 ちなみに変更は下記のようになります。 旧取締役      新取締役 Aさん(代)    Fさん(代) Bさん(代)    Gさん Cさん       Hさん Dさん 旧監査役      新監査役 Eさん       Iさん

  • 監査役の辞任について

    はじめまして! 今株主総会の資料を作成していますが、困っています。 司法書士の先生もお休みのようで途方にくれています。 どなたかお分かりになる方、宜しくお願いします。 7月決算月で10月に株主総会を開く。 監査役が8月末で任期満了前に辞任。 この場合、10月の株主総会で監査役辞任の決議をとった方がよいのでしょうか? もしくは、10月前に取締役会を開き辞任の決議をとっておくべきだったのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 役員の変更登記について

    役員の変更登記について教えてください。 会社が昨年12月31日に第3期を終え、これに伴い役員の変更があります。具体的には、以下のような感じです。 (これまで)   ・取締役A   ・取締役B   ・取締役C(任期満了で退任)  (今後)   ・取締役A   ・取締役B   ・取締役D(新任) この場合、登記関連の書類について教えて欲しいのですが。 ■1点目 任期満了で退任する場合には、退任届は必要なのでしょうか? ■2点目 新任の取締役は、就任承諾書は必要なのでしょうか? これについては、株主総会議事録の記載で援用してよいのか、それとも別途作成した方がよいのでしょうか? ■3点目 登記の場合の書類は、以下でよいのでしょうか? ・変更登記申請書、登録免許税納付用台紙 ・登記OCR ・株主総会議事録 ・取締役会議事録 ■4点目 株主総会議事録の中で、任期満了の退任の記載は必要なのでしょうか?(作成例では記載してません) 第2号議案 取締役及び監査役任期満了による改選に関する件 議長は、取締役及び監査役の全員が本定時株主総会の終結と同時に任期満了し退任することになるので、その改選の必要がある旨を述べ、その選任方法を諮ったところ、出席株主中から議長の指名に一任したいとの発言があり、一同これを承認したので、議長は下記の者をそれぞれ指名し、これらの者につきその可否を議場に諮ったところ、満場一致をもってこれを承認可決した。 取締役 A 同 B 同 D なお、被選任者は、いずれもその就任を承諾した。 ■5点目 OCRの登記事項で、満期退任の場合は、記載は必要ないのでしょうか? あと、新規取締役の場合は、「就任」という文言でよいのでしょうか? 非常に一般的なケースなのですが、よく分からなかったので教えて頂ければ幸いです。

  • 監査役に一旦辞任してもらい再任したい

    1)商法改正前に監査役の改選があり、現在あと1年の任期を残しています。取締役は改選の時期なのですが、次回からの変更登記をいっしょに済ませたいので、一旦監査役に辞任してもらい、改めて再任することにしたいのですが、問題はありませんか。辞任届は用意します。 2)変更登記の際、「役員に関する事項」欄は「辞任」「就任」と分けて書く必要がありますか。「重任」としてしまうのは問題だと思いますが・・・

  • 監査役の任期

    例えば、監査役Aが2007年9月30日の定時株主総会終結前に辞任した場合、補欠監査役Bは、定款に定めがあった場合、前任者Aの任期満了日まで選任されるとのことですが、では「定款に定めがなかった場合」は辞任したA監査役の後継者と、その会社の体制はどうなるでしょうか? もう1つ。C株式会社の任期満了した取締役Dは、その後も継続してC株式会社の監査役を引き受けることはできるのでしょうか?

  • 任期途中での監査役の任期変更について

    新会社法の施行により、取締役、監査役とも、株式譲渡制限のある非公開会社の場合、任期は10年までの間で任意に設定できるようになりました。 今期、取締役の任期満了に伴い変更登記を行う際に、任期を今までより長期(5~10年)に変更することになりましたが、監査役の場合、まだ任期途中です。しかし、今後の任期満了に伴う変更登記の手間を考えると、同時に監査役の任期を変更したいと考えています(取締役と同期間) その場合、監査役が任期変更に伴い、辞任して、新たに就任決議を株主総会で取れれば、新決算年度より新たに10年の任期とすることができるのか、それとも、残存任期満了までは、現任期(4年)とされ、任期満了後に変更された任期になるのかを教えてください。 なお、現状の定款では、 「監査役が任期満了前に辞任した為に選任された監査役(補欠)の任期は前任者の残存期間と同一とする。」 とされています。

  • 株主総会議事録

    取締役会非設置会社の定時株主総会議事録の文言についてお尋ねします。株主は2名ですが1名が8割の議決権を有していて、代表取締役です。他に役員はいません。 第1号議案 事業報告、貸借対照表等の承認の件 の後に、いろいろな書式集には、監査役・・・は、上記の種類を綿密に調査したところ・・・・・・という文言が入っていますが、監査役も置いていないのでここの部分をどうしたらよいかわかりません。 議長が承認可決すればよいのですか? 教えてください。