• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険見直しに助言願います

いま、失業中で、職が見つかる宛てがありません。 今後、保険料の支払いに窮することも考えられます。 保険の見直しを考えておりますが、助言ねがいます。 現在、44歳独身です。 1.生命保険 「終身保険(2000万)+定期保険(2000万)+災害・傷害特約(2000万)」+医療保険(死亡50万)があります。 払込終了(65歳)まで20年近くあります。 保険料=約30、000円。 2.癌保険 (1)普通の癌保険。保険料=約1、000円 (2)重大疾病治療特約付。保険料=約3、000円 3.個人年金 (1)払込期間15年、約15、000円 (2)払込期間10年、約10、000円 助言お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数130
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

加入内容をざっと拝見するに、所謂「高利率時代の既得権」という内容のものばかりで、解約するのは惜しいですね。けれども保険は経済保障なので、収入応分の保障が基本です。 定期保険については基本は掛け捨てなので即、解約しても大丈夫です。ちなみに定期保険は90年当時から現在では料率が安くなっており、年齢が上がっていても保障期間が短くなる分、仮に余裕が出てから加入し直したとしてもさほどの不利はないかも知れません。 しかし定期保険が特約として終身保険に付加されている場合は、会社によって減額に基準があり全部外すことができない可能性もあります。 そもそも、予定利率が6%に近い90年頃加入の終身保険は、最後まで掛けないほうが有利な場合もあります。つまり、払い済み変更、という手段を用いることです。 「払い済み保険」については下記のURを参照して下さい。要は掛け金の支払が今後不要になる、ということです。通常は保障がその分下がるのですが、お持ちの終身保険ではその下がりが実際かなり割り得になるのです。 例えば30年掛けて終わると2000万の終身保険が買える、というのであれば、15年目で払い済み変更すると(支払が半分なので買える保障も半分の)1000万の保障となる、と言うのであればごく当然の勘定ですね。ところが、予定利率の高い終身の場合では15年目で払い済みすると1500万とか、極端な場合は2000万を超えることもあるのです(主契約額を超えた払い済み変更が可能な会社とそうでない会社がある)。30年払って2000万なのに、15年でも2000万買えるのであれば、当然そのほうが賢い選択です。 保険会社の本社窓口で払い済み変更の試算を依頼してみて下さい。判断の目安は、その払い済み終身の額が「35年÷払込年数(14年)×2000万」(つまり800万)より多ければ、変更したほうが得、となります。 ただし医療保障はなくなりますので、浮いた30000円の中から別途考える必要があります。死亡保障がなくて心配なら、それも含めて通販を利用すればよいと思います。 それと、払い済みを変更しても「復旧」と言って、未入分の掛け金を後で払うことで元の状態に戻すこともできます(健康状態も問われる)。再就職してお金が貯まったら元に戻すこともできるわけです。 で、実は同じ変更が年金保険にもできます。 「税制適格年金控除特約」の付いている年金保険(おそらくどちらかには付いています)は払い済み年金への変更はできない、というのは常識ですが、実は10年を経過するとできます。そして年金保険は終身保険よりも、変更したほうが利殖率がより顕著に高くなります(額は減りますがちゃんと年金はもらえる)。保険会社はあまり教えてくれません。 ですので、結論として、「現在失業中」であるかに関係なく、いずれ払い済み変更をしたほうがよい、というご加入内容であるとは言えそうです。浮いた55000円で医療充実、安い掛け捨て、現金積み立てなどご検討下さい。 まだ払い済みしてもそう有利とも思えない場合は、復旧して(通常2~3年以内なら可能。確認下さい)しばらく続けてから変更する、というのでもよいでしょう。

参考URL:
http://hoken.fpex.info/archives/cat103/post_11.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

専門的なご意見有難うございます。 少し、勉強いたします。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについて

    初めまして、生命保険の見直しを考えています。 50歳、独身女性、子供無しです。 加入保険内容 種類        金額   払込期間  保険期間 終身保険(主契約)…600万   25年     終身 定期保険特約・・・・1900万   25年     25年 医療保険EVER HALF       終身     終身 (女性疾病特約付き) 医療保険と生命保険は別会社です。 生保の払込期間は14年が経過しています。 私のように配偶者も子供もいない場合は、上記の保険内容をどのように変更するのが理想なのでしょうか? 定期保険は掛け捨てなので解約し、死亡保障も300万位に減額して別会社のがん保険等に加入するなど考えていますが、はたしてこの方法で良いのか悩んでいます。 保険等詳しくないので良きアドバイスをお願い致します。

  • 生命保険商品に関してお尋ねしたいことが。。。

    仮に以下の様な二つの定期保険特約付終身保険(生命保険商品A&B) があるとします。 「生命保険商品A」 種類 定期保険特約付終身保険 契約開始年齢 30歳 現在年齢 36歳 保険期間 終身 払込期間 60歳 主な保障内容 終身保険 500万円 定期保険特約 2500万円 三大疾病特約 500万円 医療特約 5000円/日 ※特約部分は10年間 保険料 月払い10,600円 「生命保険商品B」 種類 定期保険特約付終身保険 契約開始年齢 27歳 現在年齢 36歳 保険期間 終身 払込期間 60歳 主な保障内容 終身保険 200万円 定期保険特約 4800万円 三大疾病特約 500万円 医療特約 5000円/日 ※特約部分は15年間 保険料 月払い10,600円 まず保険商品Aに関してなのですが、 この商品は60歳までの総払込金額が382万円程なのに、 終身保険が500万円になっているのはありえないと 思うのですがいかがでしょう。。。 終身保険とはつまり死んだときにもらえるお金ですよね? それとも特約が切れるタイミングくらいで 保険料の見直しがあるのでしょうか? 次は保険商品Bに関してなのですが、 こちらの商品の15年間有効な定期保険特約をもし仮に いますぐ辞めて、終身保険だけにしたとしたら、 保険料は月払いでどれくらい変わってきますか? 保険は非常にややこしくてすごい手間取ってるので、 どうかご存知の方いらっしゃいましたらご教示ください。。

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

早くにお返事頂きありがとうございます。 回答遅くなりました。 まずやはり定期保険2000万と災害・傷害特約は解約できます。  医療保険ですが5日以上の入院ででるタイプではないですか?死亡50万も余分かと思いますので 1日目からの入院で給付が出る終身医療保険に見直しされてください。 ガン保険はアフ社の「新がん保険」でしょうか? 重大疾病・・は保険料高いですがこちらの特約を見直しして下さい。  特約MAXを8000円ないし10000円をつけることで終身医療となります。1入院120日型や60日型(保険料安)があります。 そして終身保険2000万と個人年金2件ですがどれも利率がよいので継続できたらよいですね。3の(2)が利率は他の2つより低いですね。低いのでこれから払い済みにしましょう。ただ保険会社により今、出来ない場合もあります。(払い込みをもう少し継続することになる。) http://lify.jp/contents/insurance_study/s04.php 現金が早急に必要になればどれかを解約もやむを得ませんが 「解約」は出来る限りしないで下さい。  「払い済み保険」にしますと価値も残せて貸付そして解約もできます。 http://www.hoken-hatena.com/34/41/000044.php ご加入保険会社で3証券を「払い済みにするとどうなるか」「解約したらいくら返ってくるか」を聞いてみてください。担当外交員さんが説明が上手な方なら 払い済みの説明を聞いてみてください 新商品を勧められても決して話にのらないでください。  貯蓄性のある保険商品はご自身の老後の資金になりますので是非継続していただきたいです。  払い済みや解約する際は慎重にされてくださいね。 文才が無くてすみません。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧に有難うございます。 参考にさせて頂きます。

  • 回答No.3

ANO.2です。 すみません見当違いなことを言ってしまいました。つい他社への乗り換えを考えてしまって・・ 失礼しました。 現在ご加入の中での見直しなのですね。 1生命保険は何年に加入されたのでしょうか? 経過年数によって、どうしたら良いのかが決めやすいのですが。 2ガンと 3個人年金それぞれ も加入年齢を教えてくださいませ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>生命保険を見直す前に定職に就かれる事が先に必要です・・・ 確かにそうです。そのように、努力はしております。 加入年度は以下のようになっています。 1.生命保険:90年(30歳) 2.ガン保険:普通の癌保険=82年(22歳)、重大疾病治療特約付=90年(30歳) 3.個人年金:90年(30歳)、95年(35歳) チョット、アバウトですが、以上です。 宜しく、お願いいたします。

  • 回答No.2

こんにちは。 すみません 生命保険を見直す前に定職に就かれる事が先に必要です・・・  基本的に質問者様の年齢で「無職」ではご加入が困難かと・・・ 男性の場合、そのご年齢の保険契約者は何らかの収入が月々無いと契約はできないと思いますよ。間違ってたらごめんなさい。 保険会社に問い合わせて確認ください。  親御さんが契約者で質問者様が被保険者となれば契約できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

独身でウン千万の死亡保障は必要でしょうか?? 遺産を残す相手が居るのであれば別ですが・・・ 最低限度、自分の死亡時に面倒見てくれる人に お金の負担をかけずに済む500万円程度で十分だと思われます。 そうなると 1.生命保険  終身保険(2000万) 500万に減額  定期保険(2000万) 解約  災害・傷害特約(2000万 解約  医療保険(死亡50万) 解約 月の保険料は6000円以内になると思われます 減額にせずともここで終わりにする(払い済み保険)こともできます。 いつから払っていたのかにもよりますが 場合によっては500万くらいになるかもしれません そうなると毎月の支払はなくなります。 自分の老後を心配する前に今の心配が必要であれば 3.個人年金 (1)払込期間15年、約15、000円 (2)払込期間10年、約10、000円 どちらか、もしくは両方を解約すれば 払い込んだ金額相当は返ってきますよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 最終手段ですね、参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについて

    昨年の結婚を機に,生命保険の見直しを考えています。13年前に23歳で生命保険に加入し,あまり考えずにいままで来てしまいました。ようやく重い腰を上げたところです。どうぞよろしくお願いします。 36歳男性(会社員) 契約は1993年(23歳) 定期特約付終身保険です 主契約保険料払込期間満了年 H35(2023) 53歳 主契約保険期間満了年 終身 (定期保険)特約等満了年 H25(2013) 43歳 現在の合計保険料 10833円 更新後の合計保険料 16942円 43歳~ 52歳 終身保険(主契約) 120万円 保険期間:終身 53歳払込 保険料1141円/月 定期保険特約 2880万円 保険期間:43歳 保険料8035円/月 (43歳更新後13478円/月:43~52歳) 新災害入院特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料345円/月(5日目から) 新入院医療特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料1030円/月(5日目から) 通院特約 日額 3000円 保険期間:43歳 保険料282円/月(5日以上の場合) ※これにプラスして,3大疾病特約(1263円/月で300万円:10年ごと更新)に加入しています。 現在,子どもはおらず共働きです。子どもができたら,妻はしばらく仕事を辞める予定です。 考えているのは,終身保険が120万円と低く,特約分の支払いが今後大きくなってくることでの経済的負担増。43歳で更新しても,53歳までは健康的には大丈夫かなあという気持ちがあり,定期分の支払いが無駄になってしまうのでは?と。 医療保険も,5日目からしか出ないため,メリットも小さい気がしています。 生命保険会社からは,「生きる力EX(12392円/月:ただし5年前の試算)」というのを勧められていますが,いかがでしょうか? 現在の保険を継続するか,別の保険にするか迷っています。その方法も,解約か転換か・・・ 難しいですね保険って。 なかなか的を得ない質問で申し訳ありませんが,よろしくお願いします。

  • 生命保険見直しで悩みまくっています…

    37歳の会社員です(既婚、子供二人、妻は専業主婦) 持ち家購入を機に保険の見直しを考えています。(平成11年加入)勧められるがままに訳も分からず加入し、私も保険のことは全く分からない素人ですので、どなた か詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかお知恵をお借しください。 現在、検討しているのは、 ・補償額を下げて月々の保険料を下げる。 ・解約して掛け捨てタイプに加入する。(損保ジャパン等) といったところです。 契約の内容は以下の通りです。 保険種類:定期保険特約付き5年ごと利差配当付き新・ 終身保険 契約:平成11年 保険期間:終身 保険料払込期間:65歳払込 保険料:月払い16954円 死亡保険金:1500000円 定期保険特約(15年):43500000円  うち転換部分:3864800円 特定疾病保障定期特約(15年):5000000円 障害特約(15年):5000000円 災害入院特約(15年):5000円 疾病入院特約(15年):5000円 成人病入特約(15年):5000円 がん入院特約(15年):10000円 通院特約(15年):3000円 リビングニーズ特約付加 以上、宜しくお願いいたします。

  • 生命保険の見直し

    こんにちわ。現在加入している生命保険の見直しを考えています。内容は、 D生命の定期保険特約付・終身保険で、 契約日は昭和62年10月1日で払い込み期間は25年(65歳)。 主契約の終身保険S62 720万円、定期保険特約2280万円 傷害特約S58(本人・妻)500万円 災害入院特約S62(本人・妻)8000円 疾病特約S62(本人・妻)8000円 災害割増特約3000万円、主契約終了後の特約保険料は満了時に一括前納する事となっています。現在59歳(男)54歳(女)の夫婦です。 S62年に転換し、その時一時金を入れた為、主契約の保険料は安くなっています。 来年更新の通知が来ました。このままの内容で更新すると定期保険特約の保険料だけがアップします。 フアイナンシャルプランナーに相談したら、主契約と疾病特約だけ残して他は全部解約して、新たに外資系の入院保険を夫・妻別々に入ることを勧められました。新たに入る入院保険の保険料は高額ですが、入院1日目から日額1万円出て80歳まで保険料は変わらないそうです。 保険料を上げたくないので、このまま定期保険特約だけ減額して継続するか、プランナーの勧めに従うか迷っています。 良きアドバイスあればよろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    現在の加入状況です。 本人(43歳) ウィンタートゥル生命変額終身保険 1992年加入 保険料月額24,845円 主契約 2000万 保険期間終身 払込60歳まで 災害割増 2000万 保険期間60歳まで 払込60歳まで 手術給付金付入院保障特約日額 5000円 保険期間80歳 払込60歳まで アクサ生命 定期保険 1997年加入 保険料月額9,145円 主契約 2500万 保険期間20年 払込2017年まで 障害特約 1000万 保険期間20年 払込2017年まで coop共済 たすけあい(医療保険?) 月額1000円×5人分 アフラック がん保険 月額3,602円(妻・子3人分) 妻(39歳) ウィンタートゥル生命変額終身保険 1992年加入 保険料月額4,700円 主契約 500万 保険期間終身 払込55歳まで 傷害特約 500万 保険期間80歳 払込55歳まで 災害割増 500万 保険期間55歳 払込55歳まで ウィンタートゥル生命医療保険 1992年加入 保険料月額3,672円 入院日額6000円等 親子5人で月額5万円を超えています。スリム化が目的です。15年継続してきたのですが、変額終身部分での運用益は大幅マイナスです。死亡時に主契約以上の額は期待できません。30年間払い込み時の金額を計算したのですが、がん保険とたすけあい以外を解約して、coop共済もしくは全労災にシフトしようかと考えています。皆様のご意見を頂戴できれば幸いです。

  • 保険の見直し 医療保険と終身保険について(長文)

    保険の見直しで悩んでいます。調べていると、何がいいのか分からなくなってきました。宜しくお願いします。 ●31歳の主婦(パート) 子供なし(いずれは欲しい) ●現在の保険 第一生命 テンダーU→22歳の時に契約 [主契約]5年ごと利差配当付終身保険 保障額120万 保険料1,050 [死亡・高度障害の特約補償]定期保険特約 保障額3080万 保険料4,738、特定疾病保障定期保険特約 保障額300万 保険料795 [傷害・入院等の特約補償]傷害特約 保障額100万 災害入院特約 保障額5,000/日、疾病特約 保障額5,000/日、女性特定疾病入院特約 保障額5,000/日 →保険料計1,744 ※入院特約は5日以上の入院で5千円 ※主契約は払込期間が50歳で、37歳の時に保険料の改定があり、1,570円になる予定 ※傷害・入院特約は払込期間は終身で、37歳で保険料の改定があり、3,244円になる予定 ※主契約以外は更新型 ●比較中の保険 ソニー生命 [終身保険]変動終身型オプションA 保険期間:終身 保険金200万 保険料2900、傷害特約 保険期間:80歳 保険金200万 保険料159 [医療保険]総合医療保険120日型 保険期間:終身 保険金6,000/日、入院初期給付特約 保険期間:終身 保険金6,000円/日、女性医療特約120日型 保険期間:80歳 保険金4,000/日→保険料5,342 払込期間60歳 ●悩んでいる点 [医療保険]現在の保険は更新型で、保険期間も80歳までだが、37歳までの保険料は安い。37歳まで第一の医療保険で、37歳になってからの変更も考えたが、37歳になって加入する医療保険の金額を考えると不安。 [終身保険]現在の終身保険は、内容は悪くないと思うので残しておきたいと思うが、そうなるとソニーの終身保険に加入する必要があるのか。お葬式代程度の保障額を考えてるので、第一の終身保険+貯蓄にしたほうがいいのか。 [死亡~の特約]必要ないとは思うがセールスの方は、この保険料でこの保障額がある保険はないというので、どうすべきか。

  • 生命保険の見直しについて悩んでいます。

    私と妻・子供(5歳と1歳)の4人家族です。年収は約500万円です。 保険についての知識が乏しく、適正かそうでないかがわからず困っています。 下記に保険の内容を記載しますので、アドバイスいただければ幸です。 <私(28歳)> (1)プルデンシャル(契約年齢24歳) 保険料=118,476円/年間 〈保険種目・種類〉積立利率変動型終身保険65歳払込済 〈保険の内容〉リビング・ニーズ特約付 介護前払特約付        死亡(高度障害)保険金額 3,000,000円 〈保険期間〉終身(払込期間)41年 〈特約〉 ・基準年金月額 100,000円(特約期間)30年 ・災害死亡(高度障害)保険金額 10,000,000円(特約期間)56年 ・入院給付日額 5,000円(特約期間)56年 ・疾病障害による保険料払込免除特約(特約期間)56年 (2)プルデンシャル(契約年齢24歳) 保険料=45,492円/年間 〈保険種目・種類〉積立利率変動型終身保険65歳払込済 〈保険の内容〉リビング・ニーズ特約付        死亡(高度障害)保険金額 2,000,000円 〈保険期間〉終身(払込期間)41年 〈特約〉 ・がん入院給付金日額 100,000円(特約期間)終身 ・疾病障害による保険料払込免除特約(特約期間)41年 【プルデンシャル合計:163,968円/年間】 <妻(36歳)> (3)JA共済(契約年齢27歳) 保険料=137,221円/年間 〈保険種目・種類〉終身型 〈保険期間〉終身〈払込期間〉33年 〈保険の内容〉 ・死亡保険金額(病気)30,000,000円 ・死亡保険金額(がん)30,000,000円 ・死亡保険金額(災害)60,000,000円 ・病気入院日額 10,000円 ・がん入院日額 20,000円 ・災害入院日額 10,000円 〈特約〉 ・生前給付特約 【JA共済合計:137,221円/年間】 <子供(5歳)> (4)日本郵政公社の学資保険(契約年齢0歳) 保険料=68,760円/年間 〈保険種目・種類〉生存保険金付学資保険(18歳満期) 〈保険期間〉18歳迄〈払込期間〉178年 〈保険の内容〉 ・生存保険金額 1,000,000円 〈特約〉 ・災害特約 ・疾病障害/入院特約 <子供(1歳)> (5)日本郵政公社の学資保険(契約年齢1歳) 保険料=82,836円/年間 〈保険種目・種類〉生存保険金付学資保険(18歳満期) 〈保険期間〉18歳迄〈払込期間〉17年 〈保険の内容〉 ・生存保険金額 1,300,000円 ・死亡保険金額 1,040,000~1,300,000円 ・満期保険金額 1,040,000円 〈特約〉 ・災害特約 ・疾病障害/入院特約 【日本郵政公社合計:151,596円/年間】 以上、家族全員で年間総額【452,785円/年間】も保険に掛けていることになります。 将来引越しも考えていますが、貯金どころか、日々の生活でいっぱいいっぱいです。 保険の知識が乏しい為、上記記載方法に間違いがあるかもしれませんが、アドバイスいただけないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 生命保険をソニー生命で見直したのですが。。。本当にこれでよかったのでしょうか?

    皆様初めまして。ご助言頂けると嬉しいです。 夫(35)/妻(27)/子(10ヶ月) 先日保険の見直しをしました。今まで入っていたのが 朝日生命で、医療保険も含めて全て定期で契約 していたので、今後の保険料が上がる事への不安と 担当者への不信感(2年に1度は「いい保険が出来たので ^^*」と契約のし直しを勧められたり、何度も アポ無し訪問をされる等)があり、子供の学資保険と 一緒にソニー生命に頼んでプランを立てて頂きました その結果 夫:変額終身保険:800万    14768円   逓減定期保険:2200万(20年)    3234円   終身医療保険:日額1万(120日)/死亡保障100万          特約:三大疾病診断給付金:100万    8540円   (全て60歳払込) 妻:終身医療保険:日額1万(120日)/死亡保険100万    6930円   (55歳払込)←主人との年の差があるので 子:学資保険:20歳満期/保険金額30*30*100*100(万) という様な形です。 なんだか初めて終身保険を契約したのと、払込期間を 短くしているせいもあると思うのですが、ちょっと 保険料が割高な気がしています。 他の外資系(アリコやアメリカンファミリー等)では 医療保険などはもう少し安い気がします。 この保険料の差はどこからくるのでしょうか? アリコ等では手術が限定されていたりというのも 聞いた事があるのですが。。。 ご意見を伺えたら嬉しいです。

  • 生命保険の見直しについて

    はじめまして。26歳の独身女性です。 今回、母が私のために加入した保険について相談させて頂きたいのですが、 H19年にニッセイ終身保険(重点保障プラン)に加入しました。保障としては以下になります。 終身保険(主契約) 600万 保険料8568円 (60歳払い込み) 介護保障定期保険特約 400万 新傷害特約 200万  特定損傷特約 5万 総合医療特約 日額5000円 新がん入院特約 日額5000円 (特約に関しては、全て20年更新) この保険を続けて行ったほうがよいのか、新たに終身医療保険に加入し直した方がよいのかわからずにいます。 どのようにするのがよいのか、アドバイスを頂ければと思います。 よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直し

    よろしくお願いします。生命保険を見直そうと思っています。 まったく分からないので、教えてください。 主人36歳、私34歳、子供2人(4歳.1歳) 主人の保険はニッセイの2種類の保険にはいっています。45歳で更新です。 主人の保険 @ニッセイ生きるちから 「30年払込(終身)」 終身保険(主契約)10万円 がん入院特約「本人型」日額5000円 「10年払込10年満了」  定期保険特約 2390万円 3大疾病保障定期保険特約 500万 疾病障害保障定期保険特約 100万円 介護保障定期保険特約 500万円 入院が7種類ほどで 日額8000円 保険料合計が15943円 下の特記事項に「保険証払込免除特約が付加されています」 @5年ごと利差配当付払済保険 終身保険(主契約y)149万円  うち契約転換特則の保険金額 3万円 下の特記事項に「契約転換方式:基本転換方式(主契約部分に転換価格を充当)でご加入いただいております」 で以上なのですが、まずすごく気になるのが特記事項に書いている内容なのです。前回入社当時から入っている保険を上記の保険に変更したときに 払済保険の充当金額内訳  解約払戻金 536,302 ー 契約貸付精算額 0 - 保険料立替精算額 0 =払済保険金額 1.494.800円となっているんです。のお知らせ書類が届いてそのときはなんだか分からずにおいておいたのです。 私はできれば定期保険特約2390万と5年ごと利差配当付払済保険だけをおいといて、後は共済に加入しようかなって思ってます。 まずそれはできるのでしょうか?払済保険の充当金額内訳の金額がすごくきになるんです。

  • 生命保険の見直し

    よろしくお願いします。不況による収入減、わたしの退職などで保険料の負担がつらくなってきました。 (1)日生終身保険(重点保障プラン)H1年契約 296204円/年 30年払込満了 定期保険特約15年払込15年 満了 終身1千万 定期保険特約3千万 新災害、新入院医療 特約各1万/日 配偶者特約付 (2)AFLACスーパーがん保険 H3年契約 4120円/月 終身家族契約付 診断100万 死亡150万 入院1.5万/日 通院 0.5万/日(がんによる65歳未満) 疾病特約(入院 0.5万手術給付5万入院初期給付2万) 災害特約(入院 0.5万入院初期給付2万) 特約はH11年契約 10年満期 1513円/月払 (3)AFLACスーパー介護年金プラン H7年契約 3990円/月 終身 介護年金百万/年 一時金百万 死亡百万(死亡保険金 は65歳迄逓増期間だが金額は?) 以上の被保険者が夫S35生、以下は妻S33生が被保険者 (4)第一 定期保険特約付終身保険 S62年契約 全期前納済 終身8百万 定期保険22百万(60才迄) 傷害特約5百万 災害入院、疾病入院、女性特定疾病入院特約各0.5万/日(80才迄) (5)第一 終身保険15百万 S63年契約 一時払済 (6)住友海上 年金払積立傷害保険 確定型10年 H5年契約 117130円/年 基本年金額71,3万 60才開始 傷害による死亡・後遺障害付 (7)AFLAC 夫の(3)と同じ介護保険 H7年契約 5030円/月 日本生命の定期保険特約と配偶者特約を更新せずに(H16年更新)終身1千万、新災害入院、新入院医療特約各1万/日という型にできないかなと考えているのですが可能かどうかはわかりません。夫の死亡保険が終身1100万(合計)ちょっとでは少ないでしょうか? 妻の保険金額はパートの現在では多額だと思っていますが、保険料の負担をしていないことと、妻の(4)は60才以降(5)は50才以降で年金移行(各30万以上)ができるとのことです。解約というと(3)(6)(7)と思うのですが、どうでしょうか。アドバイスをお願いします。