• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険の見直しについて教えてください

今、私たちが入っている保険を見直そうと思っています。 40歳になって見直すには遅いような気もしますが、主人の会社と付き合いのある第一生命の方が熱心で「5年ごと利差配当付更新型終身移行保険」(病気ケガ特約100万円・3大成人病特約100万円・保険金部分1520万円)というプランを作ってきてくれました。でも、いろいろ読ませていただきあまりに解約が多いのに不安です。保険金の部分は、今は下の子が10歳なので保証のことを考えると必要だということで、10年後の更新時に保険金を下げればいいと言われたみたいでした。 解約返戻金を頭金にして月々12,000円位、10年後の更新時は31000円となっていくようです。 我が家の入ってる保険をわかる範囲で説明します。 夫○セゾン生命 「ライフサイクル無配当終身保険」月々6000円位   死亡6,139,000円(55歳まで)55歳~は500万(生涯保障)   災害死亡11,139,000円(55歳まで)55歳~65歳(1000万)   1981年契約今月の時点で解約返戻金88万円  ○JA共済 「養老生命共済」年払8万円くらい(毎年変わっています)   満期共済金額100万円   死亡1500万・災害給付500万・災害死亡1000万(保障総額3000万)   災害以外死亡1500万    (保障は70歳に達する共済年度の末日まで)   1981年契約今月の時点で解約返戻金75万円 私○JA共済の主人とおなじ物に入っています(1986年契約)   1986年契約解約返戻金の計算はしてもらってません あとアメリカンファミリーの「スーパーガン保険」(終身)の家族契約と個人契約(子供特約)にも入っていますが一部の特約が65歳以上になると半額になってしまうみたいです。 子供達も県民共済「子供共済」月々1,000円コースに加入 主人の入ってる二つと私の保険も解約で勧められてるものに入ろうとしているのですが、以上な概要で申し訳ありませんがアドバイスお願いします。      

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数579
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • papy-k
  • ベストアンサー率65% (17/26)

補足にアドバイスさせていただきます。 保険には、生命保険と損害保険があります。 (介護保険を含め、最近は相互取り扱いがあり複雑な所がありますので、 基本的なことで書かせていただきます。) 生命保険は、病気死亡と長生きを保障する保険です。 (長生き保障は年金のことです。。。そこでここではふれません。) 損害保険は、人と物に対しての災害を保障する保険です。 そのため、生命保険では病気死亡、損害保険では災害死亡の保障を主契約といいます。 ところが人の死亡には、病気と災害の両方があるわけですので、それをカバー するためにつける保障を特約といいます。 また、生命保険は大きく分けると、死ぬまで保障(変な表現ですが)する終身保険、 一定期間を保障する定期保険、一定期間と生きてることを保障する養老保険(死亡し ても保険金がおりますし、生きていても満期金として保険金が出ます。)の3つに分け られます。掛け金のこともあり、通常はこれらを組み合わせて作られます。 セゾン生命は、主契約 終身保険500万円           +定期保険113、9万円(55歳まで) 病死   613、9万円           +災害特約500万円          災害死1,113、9万円    となっているのではないでしょうか。 うまく表現できないところもありますので、詳しくは 下の参考URL 社団法人生命保険協会 → 生命保険の基礎知識 を ごらんになってください。 これに対し、損害保険は災害死亡を主契約とし、災害(けがなどを含む)後遺障害、 入院、手術、通院を保障しています。死亡保障額は災害死亡をさしますので、病死の場合は、 保障額が低く(商品によっては病死は保障されていないのもあるようです)なります。 これも詳しくは、 日本損害保険協会 http://www.sonpo.or.jp/  をごらんになってください。 長くなってしまいましたが、重複して保障されているところもありますが、 生命保険と損害保険は別な商品と考えてください。 まず、旦那さんもetumiさんも、セゾンとJAの保険では、入院特約は加入されて いないのですか?これがついているとすれば、特約変更で、新たに単体で医療 保険に加入されるよりは掛け金は割安になるはずですが。。。 ただ、医療終身となると、単品で加入するしかないかもしれませんね。 まず、入院保障は1日いくらくらい必要かを考えてみてはいかがでしょうか。 1日10000円とすれば、特約で5000円、単品で5000円という方法もできます。 それと、成人病または三大成人病型ですと悪性新生物(いわゆるガン)も含まれるはずですから、 ガン保険とのかねあいも検討されるといいと思います。 No1さんへの補足にあったけがによる通院は、損害保険の方になります。 ですので、生命保険では該当しません。 (ん?最近医療保険で、あった様な気もしますが。。。) 長々と書いてしましましたが、一度一覧表でも作られたらいかがですか。 たとえば      旦那さん            55歳まで   65歳まで 70歳まで  終身      セゾン・JA        セゾン・JA セゾン 病死   21,139,000         20,000,000  5,000,000      アメリカン         ??      興亜         ?? 災害死亡 セゾン・JA  セゾン・JA       セゾン      41,139,000   40,000,000 35,000,000  5,000,000      興亜(3年ごと更新)        800,000  病気入院 災害入院  *** そうすると、ここの部分はちょっとよけいかなぁ~、逆にここが足りない という部分が見えてくるはずです。 その下に、お子さんのその時の年齢(旦那さんが55歳になったときの お子さん全員の年齢)を書き込んでおくと、まだ勤めていないから保障は いるなぁ~、とか、もう独立しているから少なくてもいいか、などがはっ きりしてくるはずです。    長いわりには、あまりお役に立てないようですみません。    必要な部分だけ、参考にしてください。    

参考URL:
http://www.seiho.or.jp/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当に詳しく説明していただき有難うございます。 大体わかってきました。 今回のことでは色々私なりに調べましたが保険って難しいですね・・ というより私の勉強不足でした。 今まで保険のことなんか掛けっぱなしだったんですから少しは勉強になったと思います。 ご質問の入院特約ですが 「セゾン」 病気で20日以上継続入院して一日6,000円       災害で5日以上継続入院して一日6,000円       1回120日まで通算700日までが保障対象 「JA」  病気で100日以上継続入院して初日から200日までの入院       災害で5日以上入院して200日以内までの入院       どちらも一日5,000円 これまでのは改正前のでしたので設定日にち等は調べましたら多少変わっていましたが、「三大成人病」「女性疾病医療」等のことも考えないといけないと思うので今入ってる保険の中の特約で考えるか、新たに医療保険を考えるかで色々探している状態です。興亜の損害保険も保障が低いので考えようと思っています。 長々とすみません。 参考になりました。有難うございました。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについて。

    下記の保険に入っております。 夫41歳会社員・妻38歳専業主婦・娘6歳の三人家族です。 昨今の不景気で収入も減った為、保険料の見直しというか月々の支払いを減らしたいと考えています。 住宅ローンもフラット35で73歳まで組んでいます。 外資系は将来、契約通りに保険金を支払ってもらえるのか不安ですし、県民共済や全労災か安くて厚い保障があるようなイメージがありますが、実際のところどうなんでしょうか。 夫41歳会社員 アリコ 積立利率変動型終身保険 月19.120円 契約 平成11年 終身65歳払い済み  病気死亡 1.000万円 災害死亡 2.500万円 アリコ 積立利率変動型終身保険 月5.976円 契約平成11年 終身払い込み 入院 1日 8.000円 手術 8.16.32万円 AIU 普通障害保険 月2.260円 契約 平成11年 死亡1.000万円 入院保険金日額 5.000円 通院保険金日額 3.000円 障害医療費用保険金額 100万 妻38歳専業主婦 第一生命 契約 平成8年 リビングニーズ 月5.734円 終身(60歳払い済み) 死亡・高度障害 500万円 障害特約100万円 災害入院特約 入院給付金日額 5.000円 疾病特約 入院給付金日額 5.000円 女性特定疾病入院特約 入院給付金日額 5.000円

  • 生命保険の見直しを考えています。。。

    現在、主人30才 会社員 年収500万程度 2000年に5年ごと利差配当付終身保険に加入  死亡保険金額 1000万円 災害保険金額500万円  災害・疾病入院給付日額 一万円 80才まで。 2000年から10年間の生命共済に加入。  死亡・重度障害共済金 1500万円  災害特約共済金 1500万円  妻 30才 パート 年収100万程度 2000年から10年間の生命共済に加入  死亡・重度障害共済金 500万円  災害特約共済金 500万円 同じ所で医療共済にも加入 入院日額5000円  持ち家有り。住宅ローン有り。月10万程度返済 主人名義で住宅ローンの保険に加入しているため、主人が亡くなった場合ローンの心配はありませんが、私が亡くなった場合、収入減により、ローンの返済が大変だと思われます。 1)主人の終身保険を解約し、2千万程度の逓減定期保険  に加入する。 2)夫婦共にそれぞれ終身医療保険に加入する。   (日額5千円か一万円か悩んでいます。) 3)妻の死亡保障を1千万程度に上げる。  もしくは、妻も逓減定期保険に加入する。 4)出来れば外資系のガン保険にも加入したい。 上記のように考えております。 ちなみに子どもは6才、4才、2才と3人いるので、我が家の生活はキツイです。。 なるべく無駄のないようにと考えたつもりですが、いかがでしょうか?どなたかアドバイスを頂けますと助かります。

  • 生命保険の見直しを迫られています。

    今入っている生命保険の更新がせまり、2~3日中に 手続きするようにと新しい商品を勧められています。 現在、38歳の会社員(独身)です。 現在の保険: ■パスポート21 定期保険特約付終身保険 15年更新型※平成4年に契約。 死亡・高度障害保障3000万、終身保障300万 災害割り増し特約1500万 傷害特約500万 災害入院特約1日5000円 疾病特約1日5000円 ※終身に移行は55歳 月々の保険料 現在13009円->更新後15806円 勧められている保険: ■堂々人生 5年毎配当付更新型終身移行保険 10年更新型※69歳終身移行 死亡・高度障害時2300万 (一時金1100万+年金として240万×5年) 終身保障:299万 *3大疾病などになった場合 シールド特約300万 傷害保障特約200万 インカムサポート100万×10年 ペイサポート月16000円 新総合医療特約1日5000円 新生活習慣病特約1日5000円 特定損傷特約10万 となってます。※月々の保険料 14238円 月々の保険料は若干安くなりますが、10年後の更新時は 倍以上になってます。あさってまでに返事してと期日が 迫っています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願い致します。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

 生命保険は難しいと思っていますが、私の理解してる範囲で 説明させて頂きます。  解かっていることかもしれませんけど・・・  あなたの旦那さんの保険は終身保障が500万円で他は特約と言うことですね。  まとめて考えると難しいですが、終身と特約を別に考えると理解できると思います。  終身はあなたの旦那さんが保険に加入した時の年齢と男性の平均寿命とかから計算されていて、加入した時から亡くなると思われる時期の間の保険料を 加入した時から55歳までの間に払うんです。  終身保険の保険料は、ずっと変わらないと思います。  保険料が変わるのは、特約の部分です。  特約はだいたい10年更新とかになっていて 10年経つと、金額がぐんと上がってしまいます。  どうしてかというと、 例えば40~50歳だと30~40歳よりも死亡率は高いですよね。  特約部分は10年くらいの単位で考えられているので 10年経つと金額が上がるんです。  うまく説明できなくて伝わるか心配ですけど・・・  終身は入った時から、亡くなるまでの保険料を平均して払っているみたいなものだと思います。  若いうちに、終身保険に入ると掛け捨てよりも高いと感じるのは 歳をとった時に払うぶんも若いうちに負担してるからなんです。  歳をとった時の負担分が解約返戻金というもので帰ってくると思うと解かりやすいかも・・・  特約は掛け捨てとも言われますけど 10年ごと単位で、10年間の平均保険料だけを払っているので 若い時は安いんですけど、危険度の増す年齢になるとビックリするほど高くなってしまいます。  あなたの旦那さんの一生涯の保障は終身500万円です。  65歳以降は500万円の保証だと思っていてください。  65歳までは特約をつけたまま入っていると 613万9千円の保証があるんじゃないですか?  保険のセールスが勧めてくる時、保険料をそのままで保証を大きくされる時は だいたい終身部分を削られて特約を増やされます。  以上のことを、終身と特約を上手に組み合わせて考えるといいと思います。  少しは、お役に立てたかしら・・・     

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

保険の基礎から学ばねばならなかったんですよね。 質問して答えが返ってきてもわかんなかったんですから・・恥ずかしいです。 今は色々私も調べ少しづつ理解できるようになってきました。 わかりやすい説明い有難うございました。

  • 回答No.2
  • papy-k
  • ベストアンサー率65% (17/26)

初めまして、etumiさん。 アドバイスということで参考にしてください。 結論からいうと、第一生命の方には申し訳ないですが、見直さない方が 良いと思います。 その理由は、  1)一番の死亡保障(病気)が    終身500万(セゾン)+定期付養老1500万(JA)=2000万   から、1520万(第一)に下がってしまうのではないですか?   これでは、見直しの意味がありませんし、40歳で下のお子さんが10歳と   いうことは、今一番保障が必要なときで、死亡保障総額が3000万~5000万   位まで上がるので無ければ見直しは、むしろマイナスと考えます。  2)現在の保険は20歳くらいの時に加入されたようですので、保険料としては   一番安い年代の保険であり、終身と養老がうまく組み合わされていますので、   当時としては最も良い加入の仕方をなされているようです。  3)第一に一つにまとめると、etumiさんの保障が家族型となり、大幅にダウンするの   ではないですか?  4)これはよけいなことかもしれませんが、現在のような社会情勢では、保険も   分散加入がおすすめです。その点からも今のままがベターです。  今、見直すとすれば、加入から20年経過されていますので、  特約関係 入院保障(疾病特約とか医療保険)は、現在加入されている保険会社で       検討される余地はあります。       成人病特約とかリビングニーズなどの付加も検討されてもいいでしょう。         今、解約して入り直すより、現在加入している保険会社で、特約内容を見直すことを  おすすめします。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

色々お教えいただき有難うございます。 今だに保障内容を確認してても、難しいやらで疑問もいっぱいですがその疑問すらどういう風に説明していいかわからない状態です。すみません。 あと質問で文字数に限度があって加えられなかった保険があります。 興亜損保の「障害総合保険」(積立基本特約付)保険期間3年で30万 これは3年ごとに更新しています。 特約関係で入院保障を検討した方がいいということですが、私も成人病・女性医療の 特約のことでは考えていました。だから、改めてそういう関係の医療保険に単品で(終身医療保険等)入ろうかと思ってたのですが、そういうことは掛け金等で無駄になってしまいますでしょうか。 説明もうまくできないのですがもう少しお教えください。

  • 回答No.1
  • kensaku
  • ベストアンサー率22% (2112/9525)

現在のままでも十分だと思います。かけているのは疾病に対する補償です。これをカバーする掛け捨ての安いものに入られてはいかがでしょうか? ガンや三大疾病に対するものが多いですが、あらゆる疾病への対策は必要だと思います。 あとは、家族傷害保険(損保会社で扱っています)に「賠償責任特約」と「携行品損害特約」をつければいいでしょう。 基本的に、お子さんが成人するまにご主人が万一の場合の養育費用が捻出できればいいと思いますので、逆に奥様の補償が過剰な気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイス有難うございます。保険に関しては全然わかりませんでしたし、契約 内容を見ましてもチンプンカンプン状態です。 そんな中見直しのことが出て自分なりに調べていったら、疑問が多くて皆様に どうしたらいいかアドバイスをもらいたいと思ったのです。 今までのもので十分ですか・・それを聞いて安心しましたが、一つお教え下さいませんか? というのは、50歳~55歳位で大体払い込みというのが終えるようにしてあるようなんですが、普通「終身」と聞くと死ぬまでだと思ってたので保障内容とか見たら 図式では「生涯保障」となってるのに説明を見ると「65歳まで」となってるのが 疑問です。じゃぁ65歳からはどうなるんだろう・・って。 質問に入りきれなくて加えられなかったんですが傷害保険にも入ってます。   興亜損害の「家族総合保険」(積立型基本特約付)保険期間3年 30万    (3年ごとに今まで更新続けています)    傷害保障 死亡・後遺障害 本人80万 配偶者68万  親族57万         入院保険金   本人640円 配偶者500円 親族400円         手術保険金   手術の種類に応じて入院保険金の10・20・40倍         通院保険    本人240円 配偶者220円 親族200円         被害事故保障保険金 3000万    その他の損害 入退院一時金 入院保険金日額の10~20倍           日常生活賠償責任 1000万 私としてはここ数年ケガが多いので(骨折等)自転車・徒歩等を含めて単独で 入れる保険がないかと思っています。でも、骨折の時思ったのですが、この興亜 だけなんですよね・・「通院」だけで保険が下りたのは・・ どうして「入院して通院」とならないと保険が利かないんでしょうか。 「通院保険」というのがあればいいと思いました。 本当にすみませんがもう少し教えてください。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについて

    家族の生命保険、簡保の見直しを検討しております。 アドバイスいただけたら嬉しいのですが・・。 夫・・44歳。 現在加入の保険・・共済組合のグループ保険 死亡保障3,000万(月9510円。5年ごとに保険料アップ) 入院保険日額8,000円(月2,380円)入院5日目より保障 いずれも、定年退職までの保障です。 入院保険には、手術給付金が一切ない事を最近知りました。 妻・・35歳。 現在の保険・・住友生命「5年ごと利差配付き終身保険」 払込期間は35年。契約日は1997年7月。 一度転換をしています。 終身部分は、2,513,800円。 定期保険、特定疾病、重度慢性疾患各300万円。 入院は日額5,000円で一日目から出ます。 その他、女性特約や成人病、疾病医療、災害入院特約などついています。 去年の三月、12日間の入院手術で保険を給付しております。 娘・・今年8月で4歳 郵便局「18歳払込済生存保険金付き22歳満期学資保険」 保険料の払込期間は17年。17年4月に契約。 月払いで10,580円(うち特約分480円) 18歳で120万が下り、20歳22歳で各40万が下りる合計200万の保険です。 まず夫ですが・・ 身分的には国家公務員扱いなので、共済のグループ保険一本しか 入っておりません。 毎年50%近い還付があります。 しかし、これは定年退職まで。終身保険の部分が一切ありません。 それ以降は、60歳の年齢で入り直さないとならないということで 金額が大変になるのでは?と思っています。 入院も今時5日目からですし、手術給付金などが一切ない事を 初めてしりまして・・・。これも不安です。 FPさんに勧められたのは・・ ○医療保険・・アクサ生命のセルフガード(終身)        日額一万円、終身払いで6,450円  ○終身保険・・東京海上日動の長割 ○無解約返戻金型収入保障保険(月15万タイプ)・・月6,330円。 共済の死亡保障を減額して、終身や収入保障に充てるのが いいのでは?とのことでした。 入院日額は1万円必要だ!と言われましたが、果たしてどうなんでしょう。 私ですが・・。 住友生命は、年齢が上がるごとにどんどん保険料アップするので、 解約したほうがいいかと思いましたが・・ 終身だけ残し、あとははずす。 もしくは、払込済みにしてしまう方法はどうかと思っております。 2012年に、更新を迎えます。 以前、住友生命にそのような相談をしたところ、 2012年までは何も動かす事が出来ないような事を言われましたが、 それは本当なんでしょうか。 FPさんからは、医療保険をオリックス生命のキュアダブルにと勧められました。 解約を前提で、終身はやはり長割を勧められました。 娘の学資保険については、単純計算すると158,000円の元本割れを する状態です。 今解約すると、いくら返戻金があるか問い合わせると本人が来店しないと 教えられないと言われてしまい、いくら損するかわからないため 解約すべきか、特約をはずしかけ続けるか悩んでおります。 解約した場合、これまた東京海上日動の長割にしなさいと言われました。 ずいぶんと長割を推してきてるのですが、そんなにも魅力的な商品でしょうか? 娘の学資保険は、教育資金と考えております。 ソニー生命も評判がいいらしいですが、現時点で移行すべきかどうか。 FPさんは一切ソニーの話はしていませんでしたが・・ あれこれ考えすぎて、全然まとまらなくなってきてしまったので、 ぜひアドバイスをいただけたらと思っております。 保険料は出来るだけ抑えたいのですが・・・。 特に掛け捨て部分が大きくなると大変ですよね。 夫と私の年齢差があることや、夫の定年時娘は19歳ということもあり、 やはり手厚く保障をかけるべきなのか・・と思っております。 二人目は考えておりません。

  • 生命保険の見直しで悩んでいます

    48歳主婦です。主人53歳、子供は、21歳(大学生)19歳(大学生)16歳(高校生)です。この年齢になってお恥ずかしいのですが、主人の生命保険を見直そうと色々資料など読んでも、混乱するばかりでなかなか結論がでません。よいアドバイスがあれば、よろしくお願い致します。 現在、加入中の保険は ・終身 3000万円(63歳払い済み)40000円/月 ・団体生命保険(掛け捨て)5000万円 20000円/月 ・共済組合の医療保障(掛け捨て)8000円/日 ・三井生命の介護保障付定期保険特約付終身保険  (これを平成12年11月からかけていますが、解約しようかと悩んでおります。)  内容は  主たる保険けいやく・・・・・1000000円(22年まで)  定期保険特約 ・・・・・・ 9000000円(22年まで)  介護生活保証特約・・・・・ 2000000円(22年まで)  災害入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  疾病入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  成人病特約   ・・・・・  5000円(22年まで)  ガン入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  通院給付特約  ・・・・・  3000円/日(22年まで    死亡保障は65歳まで医療保障は80歳までで、22年から保険料は更新されて上がります。(65歳払い済み)   保険料は30275円/月です。 長々となりましたが、保険料がかなりの額になるので、 最後の分を解約して、もう少し負担の少ない医療保障のみの保険にできないかと思っております。今解約するのは、もったいないでしょうか?アドバイスがありましたらよろしくお願い致します。 

  • 生命保険の見直しについて

    いつもお世話になっております。28歳(夫)、29歳(妻)の夫婦の生命保険の見直しを考えています。 【現在】 夫は死亡(終身)500万円 三大疾病保障特約500万円 災害・医療関係特約 特約は20年払込で以後更新され、現在の保険料は9,648円/月です。 妻は(契約内容は夫とほぼ同じ)60歳まで保険料は変わらず、一律で 11,860円/月です。 【見直し後】 夫は従来の保険の特約をすべて解約して死亡(終身)500万円のみに変更し、さらに新規で 医療・がん(終身)入院1日目より5000円/日 三大疾病   初回200万円(再発5回まで100万円/一回)  災害・医療関係特約 病気による身体障害 200万円 要介護状態60万円 死亡高度障害(一時金490万円 生活保障120万円×10年) この保険を契約する。合計の保険料は19,385円/月 (従来の保険を全て下取り(死亡終身保険を解約)したら1万円程度と思います。) 妻は従来の保険を下取りして医療・がんの終身保険を新規契約します。 災害・医療関係特約、三大疾病・病気による身体障害・要介護状態は夫ほぼと同じ 死亡高度障害    一時金1590万円 この保険を契約する。合計の保険料は12,223円/月 ---------------------------------- です。保険はすべて本人型で、我が家は共働きです。(現在子供2人。(2歳、0歳)) 悩むところは夫の死亡終身保険500万円(5,740円/月)を残すべきか否か、 それとも下取りに出して夫婦とも死亡終身保険を解約して医療終身に乗換えるべきか、 はたまた現在のまんまの保険でいいのだろうか?とても悩んでいます。保険料は合計3万円以内に抑えたいのが本音です。 無駄・足りないと思うところなど、お気づきの点がありましたらご指摘していただけませんか? よきアドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直し

    今年4月65歳、定年後1年継続雇用、妻56歳パート、収入5割減、借家住まい。ローンなし、  契約開始平成5年 (1)ニッセイ終身保険、     保険金・給付金  保険料   保険期間   払込期間   家族型  払込保険料、月/25.140円    更新時払込保険料(66歳) 月/37.090円  主契約               500万円      7.735円   終身 71歳  契約転換特則の保険金額   124万円  定期保険特約         1.000万円     11.760円     66歳     66歳  災害割増特約         1.000万円       430円    66歳     66歳  新傷害特約           1.000万円 600円     66歳     66歳     本人型  新災害入院特約       日/5.000円       475円    66歳     66歳    本人・妻型 新入院医療特約       日/5.000円      4.140円    66歳     66歳    本人・妻型  払込保険料、月/25.140円    更新時払込保険料(66歳) 月/37.090円                       (2)アフラック がん保険 終身 家族契約 1口  (団体) 契約開始平成5年  月/3.870円             本人  65歳未満  65歳以上      配偶者  65歳未満  65歳以上    診断給付金         100万円   50万円              60万円   30万円  退院給付金     日/ 5.000円   2.500円         日/  3.000円   1.500円  死亡保険金         150万円   75万円             100万円   50万円  入院給付金           日/1.5000円                   日/1.0000円          在宅療養給付金      1退院/最高 20万円              1退院/最高 15万円  死亡払戻金(がん以外)  15万円   7万5千円             10万円   5万円 以上が現状の保険です。 毎月の保険金支払いが無理なので最低限の保障で保険か共済をおしえてください。 至急に乗り換えたいと考えています。よろしくお願いします。  

  • 生命保険の見直しをしています

    今、生命保険の見直しをしています。 私は今年結婚した専業主婦です。夫はサラリーマン。 今、夫は生命保険に入っていません。会社のグループ保険くらいです。私は独身の時になんとなく入った終身保険に入っています。今生命保険の見直しをしていて、夫にはなにか定期付終身保険又は定期付養老保険?とかいろいろ考えています。医療保険のほうも入ろうと検討中です。 私の終身保険は 平成5年契約ニッセイ50歳払い込み満了。月払9758円 死亡保険金1000万円 特約・新災害入院特約5000円/日   ・新入院医療特約5000円/日   ・通院特約   3000円/日です。 この保険を死亡保険金500万円に減額しようとも考えたのですが、たいして月払金は変わらなかったのでやめようとも考えています。 私の考えではとりあえず私に関しては医療保険に重点をおき、死亡保険金はなし又は100万から500万円あればうれしい。夫に関しては子供が大きくなるにつれて金額が少なくなり、最終的に終身を500万円くらいでと思っています。でも定期付終身保険は60歳になったら定期保険はなしになって、いままで払い込んでいた分が損ということになるみたいだし。養老保険?もあるらしいですが詳しいことはわかりません。どうかどなたかよいアドバイスください。お願いします。

  • 生命保険を見直したいのですが

    生命保険が我が家にみあったものかどうか、月々の保険料が高めなのもありまして是非見直しをしたいと思います、他県に移転したため契約時の信頼できる(主人の話では)担当者と連絡を取るのも難しものでして。詳しい方からアドバイスを頂けますと大変有り難いです。 現在主人32歳、私(妻)28歳、子一才、数年後にもう一人予定 主人27歳契約、定期付終身保険(特別保障更新型) 38年払込、月々保険料21、000円、死亡保険金額主契約500万、定期保険特約2,100万、他収入保障基本年金180万・特定疾病死亡保険金300万、重度慢性疾患死亡保険金500万・災害死亡保険金500万・傷害災害保険金500万・損傷給付金五万・新災害入院一万・新疾病入院一万・通院3000円・新成人病入院5000円 の特約付き 十年確定個人年金、月々一万、 終身共済、35年払込、基本契約300万、月々6500円、生存給付金特約5%、長寿共済金特約5%、災害特約300万、疾病・災害医療特約5千円 以上です。不明確な部分もあり大変恐縮です。分かり易く アドバイスいただければと思います。宜しくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しについて

     現在、30歳男性独身です。今まで簡保の養老保険に入っていたのですが、終身医療保険がほしくてそちらにも入りました。  この機に保険を見直したいと思うのですが、良きアドバイスをお願いします。 個人的には  ・簡保の特約のみ減額か中止(主契約を続けた方が得か)  ・簡保を解約か払い済みにし、別の保険(現在と同様定期1千万、長期的に考え終身保険)に入る  ・その他 現在加入保険 [簡保]  特別養老保険5倍型  平成9年加入 期間20年  死亡保険金 1000万円  満期金    200万円  特約 疾病・傷害 1日につき約15000円     事故・災害死亡 約1000万円  支払い額   基本部分  9200円   特約部分 約4500円 [終身医療保険]  120日型 終身保障 60歳払い込み済   支払い額   約3500円   

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

  • 生命保険の見直しについて(長文です)

    現在主人(41才)の契約で三井生命の 死亡、高度障害 40,000,000円 災害、疾病入院特約日額 7,000円 成人病入院特約日額 5,000円 新ガン入院特約日額 5,000円 ファミリー入院特約(私 41才) 死亡、高度障害 3,000,000円 災害死亡、高度障害 6,000,000円 入院日額 3,000円 私の契約でAFLAC EVER 入院日額5,000円 に加入しています。 主人の保険はバブル期に加入した定期付終身保険を3年前に転換したものです。 転換した直後に主人が失業し、3年経った今もアルバイト程度の収入しかなく、現在社会保険も私の扶養になっています。(私はフルタイムで働いており、年収は3,650,000位です) 実家に帰っている主人からは毎月生活費として5万円程度しか受け取っておらず、貯金も使い果たしたため、主人の保険を負担するのがむずかしく、解約返戻金を生活費と子供(14才 中三)の教育費の足しにしようと思っています。 ただ、解約後もなんらかの保険には加入しないと不安です。 死亡保障はそれほど大きな額は必要ないと思うので、主人の方は葬儀代と子供のためにいくらか残せる程度、私のほうは葬儀代が出ればいいと思っています。 医療保障は主人はガン保険と通常の医療、私は今のものに女性疾病を追加したらいいかなと思っています。 FPの無料相談に申し込んで話を聞いたのですが、漠然としすぎていてよくわからず、提携している代理店から案内をしてもらうことにしたのですが、全労済や都民共済も検討したいのです。 アドバイスいただければと思います。 ちなみに子供は三井生命の愛児保険とあいおい損保のこども保険に加入しており、医療費等は十分と考えています。

  • 生命保険について

    現在JA共済の養老生命共済保険に加入しています。父が掛けてくれていた保険で結婚を機に引き継ぎました。 最近二人目の子供も生まれたので遅くなってしまったのですが保険の見直しを考えております。 JAの方からは終身保険の転換を薦められています。保険の事は全くわからないのでアドバイス頂けると助かります。 現在33歳で28歳の時からかけており、毎月9,505円支払っています。 48歳で満期で100万円受け取れるようです。 死亡・一級後障・重要介護(災害)3,000万円 死亡・一級後障・重要介護(疾病)1,500万円 入院5,000円 定期特約1,400万円 災害給付特約500万円 災害死亡割増特約1,000万円 全入院特約5,000円