• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生命保険の見直しについて

家族の生命保険、簡保の見直しを検討しております。 アドバイスいただけたら嬉しいのですが・・。 夫・・44歳。 現在加入の保険・・共済組合のグループ保険 死亡保障3,000万(月9510円。5年ごとに保険料アップ) 入院保険日額8,000円(月2,380円)入院5日目より保障 いずれも、定年退職までの保障です。 入院保険には、手術給付金が一切ない事を最近知りました。 妻・・35歳。 現在の保険・・住友生命「5年ごと利差配付き終身保険」 払込期間は35年。契約日は1997年7月。 一度転換をしています。 終身部分は、2,513,800円。 定期保険、特定疾病、重度慢性疾患各300万円。 入院は日額5,000円で一日目から出ます。 その他、女性特約や成人病、疾病医療、災害入院特約などついています。 去年の三月、12日間の入院手術で保険を給付しております。 娘・・今年8月で4歳 郵便局「18歳払込済生存保険金付き22歳満期学資保険」 保険料の払込期間は17年。17年4月に契約。 月払いで10,580円(うち特約分480円) 18歳で120万が下り、20歳22歳で各40万が下りる合計200万の保険です。 まず夫ですが・・ 身分的には国家公務員扱いなので、共済のグループ保険一本しか 入っておりません。 毎年50%近い還付があります。 しかし、これは定年退職まで。終身保険の部分が一切ありません。 それ以降は、60歳の年齢で入り直さないとならないということで 金額が大変になるのでは?と思っています。 入院も今時5日目からですし、手術給付金などが一切ない事を 初めてしりまして・・・。これも不安です。 FPさんに勧められたのは・・ ○医療保険・・アクサ生命のセルフガード(終身)        日額一万円、終身払いで6,450円  ○終身保険・・東京海上日動の長割 ○無解約返戻金型収入保障保険(月15万タイプ)・・月6,330円。 共済の死亡保障を減額して、終身や収入保障に充てるのが いいのでは?とのことでした。 入院日額は1万円必要だ!と言われましたが、果たしてどうなんでしょう。 私ですが・・。 住友生命は、年齢が上がるごとにどんどん保険料アップするので、 解約したほうがいいかと思いましたが・・ 終身だけ残し、あとははずす。 もしくは、払込済みにしてしまう方法はどうかと思っております。 2012年に、更新を迎えます。 以前、住友生命にそのような相談をしたところ、 2012年までは何も動かす事が出来ないような事を言われましたが、 それは本当なんでしょうか。 FPさんからは、医療保険をオリックス生命のキュアダブルにと勧められました。 解約を前提で、終身はやはり長割を勧められました。 娘の学資保険については、単純計算すると158,000円の元本割れを する状態です。 今解約すると、いくら返戻金があるか問い合わせると本人が来店しないと 教えられないと言われてしまい、いくら損するかわからないため 解約すべきか、特約をはずしかけ続けるか悩んでおります。 解約した場合、これまた東京海上日動の長割にしなさいと言われました。 ずいぶんと長割を推してきてるのですが、そんなにも魅力的な商品でしょうか? 娘の学資保険は、教育資金と考えております。 ソニー生命も評判がいいらしいですが、現時点で移行すべきかどうか。 FPさんは一切ソニーの話はしていませんでしたが・・ あれこれ考えすぎて、全然まとまらなくなってきてしまったので、 ぜひアドバイスをいただけたらと思っております。 保険料は出来るだけ抑えたいのですが・・・。 特に掛け捨て部分が大きくなると大変ですよね。 夫と私の年齢差があることや、夫の定年時娘は19歳ということもあり、 やはり手厚く保障をかけるべきなのか・・と思っております。 二人目は考えておりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数513
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • RXH7
  • ベストアンサー率18% (216/1186)

長割り終身は、払い込み期間中の返戻金を低く抑えることで、保障額に対する保険料を安く抑え、払い込み満了時に返戻金がアップします。 解約金を老後の資金にしようと思っているのなら最適ですが、 終身の死亡保障として持つのならば、変額終身が絶対的に有利です。 奥様のほうは、住友生命の終身保険のみ残して、特約は解約し、キュアWでよいと思います。 県民共済等は、年齢から考えても捨て金になるのでやめておいたほうがよいでしょう(60歳以降に泣きを見ます)。 民間の生保の医療保険も病気や事故などの種別は関係なく給付されます。 娘さんの学資保険は、解約して、ご主人被保険者で長割り終身の10年払い込みなどがお勧めですよ。 娘さんの医療保険は必要ないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! 「変額終身」という言葉初めて聞きました。 生保はまだまだ知らないことだらけです・・。 勉強してみます。 私の方は今日住友生命に確認し、終身だけ残すことが出来るとのこと。 金額も250万くらいなので、妥当だしそうしようと思います。 最後の敵、保険のおばちゃんとのバトルがありますけどね・・・。 共済などは、60歳以降泣きをみるのですか? co-opの共済とかも同じでしょうか? 保険料が上がるってことですか? それならキュアにしたほうがいいですよね。 学資保険だけは、まだ悩んでおります。 解約金がいくらになるのかがわからないっていうのもありますし、 せっかく3年かけ続けてきたのに・・という思いも。 夫が若ければいいですが、今18歳満期を考えるとボーダーラインですから。医療保険はいらないですか。 学資保険を残すにしても、特約ははずそうと思います。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについて悩んでいます。

    私と妻・子供(5歳と1歳)の4人家族です。年収は約500万円です。 保険についての知識が乏しく、適正かそうでないかがわからず困っています。 下記に保険の内容を記載しますので、アドバイスいただければ幸です。 <私(28歳)> (1)プルデンシャル(契約年齢24歳) 保険料=118,476円/年間 〈保険種目・種類〉積立利率変動型終身保険65歳払込済 〈保険の内容〉リビング・ニーズ特約付 介護前払特約付        死亡(高度障害)保険金額 3,000,000円 〈保険期間〉終身(払込期間)41年 〈特約〉 ・基準年金月額 100,000円(特約期間)30年 ・災害死亡(高度障害)保険金額 10,000,000円(特約期間)56年 ・入院給付日額 5,000円(特約期間)56年 ・疾病障害による保険料払込免除特約(特約期間)56年 (2)プルデンシャル(契約年齢24歳) 保険料=45,492円/年間 〈保険種目・種類〉積立利率変動型終身保険65歳払込済 〈保険の内容〉リビング・ニーズ特約付        死亡(高度障害)保険金額 2,000,000円 〈保険期間〉終身(払込期間)41年 〈特約〉 ・がん入院給付金日額 100,000円(特約期間)終身 ・疾病障害による保険料払込免除特約(特約期間)41年 【プルデンシャル合計:163,968円/年間】 <妻(36歳)> (3)JA共済(契約年齢27歳) 保険料=137,221円/年間 〈保険種目・種類〉終身型 〈保険期間〉終身〈払込期間〉33年 〈保険の内容〉 ・死亡保険金額(病気)30,000,000円 ・死亡保険金額(がん)30,000,000円 ・死亡保険金額(災害)60,000,000円 ・病気入院日額 10,000円 ・がん入院日額 20,000円 ・災害入院日額 10,000円 〈特約〉 ・生前給付特約 【JA共済合計:137,221円/年間】 <子供(5歳)> (4)日本郵政公社の学資保険(契約年齢0歳) 保険料=68,760円/年間 〈保険種目・種類〉生存保険金付学資保険(18歳満期) 〈保険期間〉18歳迄〈払込期間〉178年 〈保険の内容〉 ・生存保険金額 1,000,000円 〈特約〉 ・災害特約 ・疾病障害/入院特約 <子供(1歳)> (5)日本郵政公社の学資保険(契約年齢1歳) 保険料=82,836円/年間 〈保険種目・種類〉生存保険金付学資保険(18歳満期) 〈保険期間〉18歳迄〈払込期間〉17年 〈保険の内容〉 ・生存保険金額 1,300,000円 ・死亡保険金額 1,040,000~1,300,000円 ・満期保険金額 1,040,000円 〈特約〉 ・災害特約 ・疾病障害/入院特約 【日本郵政公社合計:151,596円/年間】 以上、家族全員で年間総額【452,785円/年間】も保険に掛けていることになります。 将来引越しも考えていますが、貯金どころか、日々の生活でいっぱいいっぱいです。 保険の知識が乏しい為、上記記載方法に間違いがあるかもしれませんが、アドバイスいただけないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 生命保険教えて下さい。

    夫の生命保険を考えているのですが 知識がなく苦労しています。現在加入は県民共済だけです。 日本生命に学資保険や夫の親が掛けている保険(被保険者は夫)があるのでステージ割引も考えて、日本生命に加入を検討しています。 私としては定期保険(20年、3800万)終身保険200万、終身医療保険(入院日額5000円)が欲しいのですが 進められるのは新生きる力EXでとても特約が多く難解で保険料も高い気がします。 私のこの考えで(定期保険(20年、3800万)終身保険200万、終身医療保険(入院日額5000円)が欲しいのですが)ニッセイでは保険は組めない?のでしょうか。。。 出来ないとは言わないのですが、希望の設計書を作ってくれません。。。 希望の金額は満たしているのですが特約が多いです。この特約要りませんというと、この特約がないと生きる力は組めないです…などとおしゃるのですが 私は生きる力にこだわってはおりません。 あまりに無知な質問でお恥ずかしいのですが宜しくお願い致します。

  • 生命保険の見直しについて

    昨年の結婚を機に,生命保険の見直しを考えています。13年前に23歳で生命保険に加入し,あまり考えずにいままで来てしまいました。ようやく重い腰を上げたところです。どうぞよろしくお願いします。 36歳男性(会社員) 契約は1993年(23歳) 定期特約付終身保険です 主契約保険料払込期間満了年 H35(2023) 53歳 主契約保険期間満了年 終身 (定期保険)特約等満了年 H25(2013) 43歳 現在の合計保険料 10833円 更新後の合計保険料 16942円 43歳~ 52歳 終身保険(主契約) 120万円 保険期間:終身 53歳払込 保険料1141円/月 定期保険特約 2880万円 保険期間:43歳 保険料8035円/月 (43歳更新後13478円/月:43~52歳) 新災害入院特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料345円/月(5日目から) 新入院医療特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料1030円/月(5日目から) 通院特約 日額 3000円 保険期間:43歳 保険料282円/月(5日以上の場合) ※これにプラスして,3大疾病特約(1263円/月で300万円:10年ごと更新)に加入しています。 現在,子どもはおらず共働きです。子どもができたら,妻はしばらく仕事を辞める予定です。 考えているのは,終身保険が120万円と低く,特約分の支払いが今後大きくなってくることでの経済的負担増。43歳で更新しても,53歳までは健康的には大丈夫かなあという気持ちがあり,定期分の支払いが無駄になってしまうのでは?と。 医療保険も,5日目からしか出ないため,メリットも小さい気がしています。 生命保険会社からは,「生きる力EX(12392円/月:ただし5年前の試算)」というのを勧められていますが,いかがでしょうか? 現在の保険を継続するか,別の保険にするか迷っています。その方法も,解約か転換か・・・ 難しいですね保険って。 なかなか的を得ない質問で申し訳ありませんが,よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • OMICHI
  • ベストアンサー率34% (11/32)

保険屋です。こないだまで公務員だった会社の。軽くアドバイスを。 終身保険に関しましては、長割は旦那様は一本必要かと。また奥さんは、倍型保険などで満期は少なくても保障が多いものがお勧めかと。入院保障については、県民共済や国民共済などでカバーするのはいかがかと。毎年掛金の40%の返戻金が帰ってきますし、死亡額としては大きくないですが、医療保障にはいいですよ。共済保険と、一般のソニーやアフラックさんなどの保険の大きな違いは約款に記載されてる事項にあります。共済や簡保は病気や事故などの種別を選びませんが、一般のものは悪性新生物(軽度ガン)などは支払いの対象外になっているものがあり、安かろう悪かろうな点もあります。 お子さんの学資保険については、元本割れの部分があるとのことでしたが、入院保障等の部分が超えていますので(特約保障です。満期200万だと1日3000円)特約部分だけの解約で見直してみては?正直22歳満期は新製品ですが、あまりお勧め商品じゃないので・・。ただ、民営化前の契約は解約・復活といった一部のことしかできなくなっているので、契約の変更(契約そのものの変更)は無理かと。 結果的によく商売上話すことなのですが、夫が亡くなると妻は経済的に。妻は入院すると家の経済が悪化するものなので、男は死亡保障重視、女は入院重視かと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

専門家の方のアドバイス、とてもありがたいです。 やはり、夫の終身は一本必要ですよね。 長割で検討しようと思います。 私の方は、今日住友生命に確認したところ今払い済みにすると、 約250万の終身が残るそうなんで、それを生かそうと思っております。 あとは、保険のおばちゃんとのバトルが待っていますが・・・。 医療保障は、出来るだけ安くしたいなーと思っています。 お金がかかるのはガンになった時とかですので、 ガン保険も検討をし始めました。 子供の学資保険は、まだちょっと悩んでおります。 夫は解約せずに特約はずせばいいんじゃない?って思っているようです。 特約はずせば、実質の元本割れは5万くらいなので・・。 でも、長割も魅力で決断出来ず(汗) 3人分一気に質問してしまって、ちょっと回答しずらい質問になって しまいました・・・。 もう少し整理して、また質問させていただきたいと思うので その時はどうぞよろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直し。年払いの支払い前に検討したい

    31歳未婚 女 会社員です。 結婚は考えていません。 24歳の時に付き合いで現在の終身保険に加入しました。 保険料を安くして、その分貯蓄に回したいと思い、 見直し・他会社の保険への乗り換えを考えています。 年払いの支払いがもうすぐなので、できればその前に決めたいと思っています。 アドバイスよろしくお願いします。 ----------------------------- プルデンシャル生命 年払い/113,998円 終身保険65歳/3,500,000円 無解約返戻金型入院総合保障特約終身65歳払込済/日額 5,000円 災害死亡給付特約80歳65歳払込済/5,000,000円 無解約返戻金型がん入院特約終身65歳払込済/日額 20,000円 無解約返戻金型女性疾病特約80歳65歳払込済/日額 5,000円

  • 生命保険の見直しについて

    現在の加入状況です。 本人(43歳) ウィンタートゥル生命変額終身保険 1992年加入 保険料月額24,845円 主契約 2000万 保険期間終身 払込60歳まで 災害割増 2000万 保険期間60歳まで 払込60歳まで 手術給付金付入院保障特約日額 5000円 保険期間80歳 払込60歳まで アクサ生命 定期保険 1997年加入 保険料月額9,145円 主契約 2500万 保険期間20年 払込2017年まで 障害特約 1000万 保険期間20年 払込2017年まで coop共済 たすけあい(医療保険?) 月額1000円×5人分 アフラック がん保険 月額3,602円(妻・子3人分) 妻(39歳) ウィンタートゥル生命変額終身保険 1992年加入 保険料月額4,700円 主契約 500万 保険期間終身 払込55歳まで 傷害特約 500万 保険期間80歳 払込55歳まで 災害割増 500万 保険期間55歳 払込55歳まで ウィンタートゥル生命医療保険 1992年加入 保険料月額3,672円 入院日額6000円等 親子5人で月額5万円を超えています。スリム化が目的です。15年継続してきたのですが、変額終身部分での運用益は大幅マイナスです。死亡時に主契約以上の額は期待できません。30年間払い込み時の金額を計算したのですが、がん保険とたすけあい以外を解約して、coop共済もしくは全労災にシフトしようかと考えています。皆様のご意見を頂戴できれば幸いです。

  • 生命保険の見直しについて

    はじめまして。26歳の独身女性です。 今回、母が私のために加入した保険について相談させて頂きたいのですが、 H19年にニッセイ終身保険(重点保障プラン)に加入しました。保障としては以下になります。 終身保険(主契約) 600万 保険料8568円 (60歳払い込み) 介護保障定期保険特約 400万 新傷害特約 200万  特定損傷特約 5万 総合医療特約 日額5000円 新がん入院特約 日額5000円 (特約に関しては、全て20年更新) この保険を続けて行ったほうがよいのか、新たに終身医療保険に加入し直した方がよいのかわからずにいます。 どのようにするのがよいのか、アドバイスを頂ければと思います。 よろしくお願いします。

  • 生命保険見直しについて

    生命保険の見直しについてのアドバイスをお願いします。 夫:25歳 会社員 妻:25歳 公務員 子供:0歳 今後子供をつくる予定はありません。 妻は公務員ですが定年までは働かないと思います。 数年以内に自宅を購入予定です。 妻⇒<東京海上日動あんしんせいめい>    長割り終身保険・60歳払い込み終了・終身保険    死亡、高度障害 300万円    災害、疾病入院時 日額5000円         5日目から 360日型 ☆この場合、がんになった場合でも入院費は出るのでしょうか?妻は保険は変えずこのままでいこうと思うのですが、追加として3大疾病の保険は必要でしょうか?また入院は日額一万必要でしょうか? 夫⇒ソニー生命の変額保険 60歳払込終了で500万    医療保険はAFRACの10000円で60日型か    東京海上のメディカルミニの10000円       120日型を考えています ☆日額が一万円なら3大疾病の特約は不要かなとも  考えていますが、3大疾病特約は必要でしょうか?    現在は堂々人生の2500万円の保険に入っていすが、 更新型の保険に疑問を感じていますし、夫が死んでも妻 の収入でなんとかやっていけるのではと思っています。 その他⇒学資保険代わりとして、東京海上あんしんせいめ    いの長割終身15年満期       保険金額500万円を夫にかける 長文になりましたが、お願いいたします

  • 生命保険の見直し

    養老保険が満期になる為、新しい保険加入しようと思っていいます。 独身女性。未婚。死亡保障は必要なし。 保険相談に行ってきたのですが、その結果です。 現在プレデンシャル生命にも加入中(65歳払込→36年のうち13年経過) ・有期払込終身保険(80歳までの保障) ・手術給付金は種類により10~40倍。「死亡保障1000万円。リビングニ ーズ特約付き」(8240円/月) 「災害死亡保険の場合1500万」(465/月) 「入院給付7000円/日」(3024円/月)保険料~計11729円/月。 死亡保障は解約払戻金があり貯蓄と考えこのまま継続、他は解約し(8240円/月継続)。新たに加入 *オリックス生命保険「CRUE Lade(60日)+先進医療(女性入院特約+ 手術特約)(終身65歳払込) 「入院給付10000円/日~日帰り入院から保障」 「女性特有病気又はがんの入院時5千円上乗せで15000/日」 「手術20万/1回」  保険料~6969円/月 *東京海上日動あんしん生命保険「がん治療支援保険」 「入院10000/日」「ガンの診断(悪性・上皮内がん)100万円」 「手術20万円」「通院給付金~入院前後から支払いあり、1入院45日」  初めてガンと診断されてから2年経過していれば、再発等でも診断給付金が支払われる」 保険料~3545円/月(終身/払込終身) 月の保険料が18745/月 65歳まで続きます。 トータル的な払込もかなりの金額になり(プレデンシャルは解約払戻金があるので良いと思うのですが・・・)本当に必要かとも思います。 オリックスの入院保障を5000円/日とも考えていますが。 将来病気になった時の安心料ということで、保険に加入していた方が良いと思ってはいますが、今ひとつ色々な保険があることと、目的ははっきりしていないこともあり悩んでいます。 アドバイスを頂けるとありがたいのですが。 (出来れば来月年齢がアップするので、その前にと思っています)

  • 生命保険の見直し

    生命保険について。詳しい方お願いします。 富士生命の無配当低解返終身保険に入っています。 35歳独身女性です。 死亡・高度障害のとき 500万円 特約 災害で2日以上継続して入院のとき 1日目から日額10000円 疾病で2日以上継続して入院のとき 1日目から日額10000円 女性特定疾病で2日以上継続して入院のとき(疾病入院日額に加算) 1日目から日額5000円 リビングニーズ(余命6ヶ月以内と判断された時生存中に保険金をもらえる) 月に17,815円はらってます。保険に入って4年目ですが少々キツイです。特約を解約すれば8千円ぐらいになるんですが、いろいろネットで調べてみましたが終身タイプの医療保険のほうが大切だとか書いてあったり、終身保険はムダと書いてあったりイロイロでした。 こうすれば良いとか、もっと良い保険があれば教えていただきたいです。近いうちに担当者の方と会うので相談させていただきました。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しを考えています。

    主人31歳(公務員)妻30歳(専業主婦)現在子供なしですが2人くらいは欲しいと考え中。 <第○生命> 「ライセンスU」27歳で加入15年ごと更新(妻型は60%) 月額 17869円  終身100万円 定期保障1700万 特定疾病保障定期500万 生存給付付定期200万 障害保障500万 定期保険(妻型)300万 傷害特約(本人・妻)100万 災害入院(本人・妻)日額1万円   疾病入院(本人・妻)日額1万円 成人病日額5千円   通院(本人・妻)日額3千円  特定損傷5万円 <ア○○ック> 妻のみ本人型 月額1470円 入院日額1.5万円  通院5千円 死亡時150万円(ガン) 以上が現在の保険です。更新時に倍の保険料になるそうですし、満期時の特約部分一括支払の不安のため、若いうちに低料金で終身医療保険だけでも確保したいという思いと少しでも保険料が低くなればと思っています。 見直したい場所は (1)入院・通院(妻型)特約・ガン保険解約で本人型終身医療保険に加入したい。300万円の定期保険特約(妻型)だけを残して入院・通院だけの解約は可能でしょうか? (2)他の質問の回答も拝見しましたが、生存給付金特約が今年の7月に5年目満期を迎えるので、給付金をもらった後解約したい。解約後200万円の保険金減額になるがそこをどうするか? (3)主人の入院特約日額1万円のところ5千円に減額して、別の日額5千円の終身医療保険に入る。このような入院特約の減額は可能なのでしょうか?それとも無駄な努力なのでしょうか? 慎重に解約していこうと思っているので(1)は終身医療保険加入後免責期間終了後早急に(2)(3)はその後にしようと思っています。特約の解約は何回にわたってでもできるのでしょうか?長い質問で申し訳ありません。保険素人なもので質問や見直しのポイントがずれているかもしれませんがどうかアドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直し

    こんにちわ。現在加入している生命保険の見直しを考えています。内容は、 D生命の定期保険特約付・終身保険で、 契約日は昭和62年10月1日で払い込み期間は25年(65歳)。 主契約の終身保険S62 720万円、定期保険特約2280万円 傷害特約S58(本人・妻)500万円 災害入院特約S62(本人・妻)8000円 疾病特約S62(本人・妻)8000円 災害割増特約3000万円、主契約終了後の特約保険料は満了時に一括前納する事となっています。現在59歳(男)54歳(女)の夫婦です。 S62年に転換し、その時一時金を入れた為、主契約の保険料は安くなっています。 来年更新の通知が来ました。このままの内容で更新すると定期保険特約の保険料だけがアップします。 フアイナンシャルプランナーに相談したら、主契約と疾病特約だけ残して他は全部解約して、新たに外資系の入院保険を夫・妻別々に入ることを勧められました。新たに入る入院保険の保険料は高額ですが、入院1日目から日額1万円出て80歳まで保険料は変わらないそうです。 保険料を上げたくないので、このまま定期保険特約だけ減額して継続するか、プランナーの勧めに従うか迷っています。 良きアドバイスあればよろしくお願いします。

  • 生命保険 更新

    現在42歳(会社員 年収600万 借家住まい)で以下の契約をしております(保険料:12230円/月額)。 家族構成:妻42歳(パート12万/月)・長男中学1年・長女小学5年。 ★現在契約内容(日本生命) ●終身保険(主契約)・給付金:500万(うち契約転換特則の保険金額:195万) ・保険期間:終身 ・払込期間:58歳 ・保険料:2875円 ●定期保険特約:給付金2500万 ・保険期間:43歳 ・払込期間:43歳 ・保険料:7700円 ●新傷害特約:給付金500万 ・保険期間:43歳 ・払込期間:43歳 ・保険料:290円  ●新災害入院特約:給付金5000円/日額 ・保険期間:43歳 ・払込期間:43歳 ・保険料:335円 5日以上継続入院の時、5日から支払い ●新入院医療特約:給付金5000円/日額 ・保険期間:43歳 ・払込期間:43歳 ・保険料:1030円 5日以上継続入院の時、5日から支払い 来年43歳で更新(保険料:18265円/月額)を迎えます。 アドバイスを宜しくお願い致します。 他に ●がん保険夫婦型(損保ジャパン) 死亡高度傷害:100万-60万 入院:日額1万-6千 手術:40万~6万 がん認定:100万-60万 ●妻:全労災医療保険:入院日額5000円 ●長男:かんぽ学資保険:400万 ●長女:かんぽ学資保険:460万

  • 生命保険をソニー生命で見直したのですが。。。本当にこれでよかったのでしょうか?

    皆様初めまして。ご助言頂けると嬉しいです。 夫(35)/妻(27)/子(10ヶ月) 先日保険の見直しをしました。今まで入っていたのが 朝日生命で、医療保険も含めて全て定期で契約 していたので、今後の保険料が上がる事への不安と 担当者への不信感(2年に1度は「いい保険が出来たので ^^*」と契約のし直しを勧められたり、何度も アポ無し訪問をされる等)があり、子供の学資保険と 一緒にソニー生命に頼んでプランを立てて頂きました その結果 夫:変額終身保険:800万    14768円   逓減定期保険:2200万(20年)    3234円   終身医療保険:日額1万(120日)/死亡保障100万          特約:三大疾病診断給付金:100万    8540円   (全て60歳払込) 妻:終身医療保険:日額1万(120日)/死亡保険100万    6930円   (55歳払込)←主人との年の差があるので 子:学資保険:20歳満期/保険金額30*30*100*100(万) という様な形です。 なんだか初めて終身保険を契約したのと、払込期間を 短くしているせいもあると思うのですが、ちょっと 保険料が割高な気がしています。 他の外資系(アリコやアメリカンファミリー等)では 医療保険などはもう少し安い気がします。 この保険料の差はどこからくるのでしょうか? アリコ等では手術が限定されていたりというのも 聞いた事があるのですが。。。 ご意見を伺えたら嬉しいです。