• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険の見直し

今主人が入っている生命保険の更新がせまり、 新しい商品を勧められています。 主人は36歳のサラリーマン、妻、子供(園児2人)の 家族構成です。 現在入っている保険は、「パスポート21」で平成7年に契約。主な内容は 死亡保障2000万、終身保障300万、 入院保障は5日以上から一日5000円 あと特約として「シールド(定期型)」が500万ついてます。 終身に移行するのは65歳からです。 勧められている保険は、新「堂堂人生」(10年契約) 死亡の場合は一時金1000万+年金として200万×5年 (合計2000万) 3大疾病などになった場合 インカムサポート300万×5年 保険料払込免除特約付 入院保険は1泊2日から5000円/日 75歳から終身保障218万となってます。 月々の保険料はほとんど変わりません。 が、10年後の更新時の保険料は倍違ってます。 あさってまでにどうするか返事してくれ!と 生保レディーに言われています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数470
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • NoRhy
  • ベストアンサー率35% (29/82)

否定的な意見ばかりなので、少し中立的な意見も入れておきます。 まず、大前提として予算がどのくらいなのか、どの「目的」に優先順位を置いて保障を買うのかによって判断は分かれます。 現在加入している保険も定期保険特約部分は予定利率以外の要素が作用して更新時に新規で定期保険に入ったほうが安いかもしれません。(当然、無条件で保険に入れる健康状態があることが前提となりますが) ですから、期間限定の死亡保障を「目的」の最優先に考えると転換も悪い選択肢では無くなります。 ただし、貯蓄という「目的」を加味するなら、皆さんが言うように予定利率の高い終身保険を転換で失うのはもったいないということになります。 さらに、magu1026さんが収入保障機能に魅力を感じているように、優先する「目的」は死亡だけではない可能性がありますから、それこそ予算の範囲で追加も含めた選択をすると良いと思います。 よって、アドバイスとしては 1.転換 予算と目的次第で転換もありうる。 2.特約部分の入れ替え ・現在月々の貯蓄を別途しているのであれば、それも予算の検討範囲に入れて、終身保険部分の利回りと比較して終身を残すかどうか考える。 ・定期保険特約とその他の特約部分は新しいものと比較し、保障内容が気に入れば、もともと入ってた保険の特約は更新をせず(特約ははずして終身だけにすることになります)、新しい契約に追加で入る。 という選択肢も(あくまで健康なら)ありうるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 収入保障機能はとても魅力的だったのですが、 夫婦とも、この10年間のこの保険会社のやり方、 生保レディーの態度にあきれており、 自動車保険のように、他の保険会社に移れたらとさえ、思っていました。 今回の生保レディーさんは、時間も態度もきちんとしており、 好印象だったため、ついつい情にほだされそうになりましたが、 今回は更新して、足りない部分は追加 しようと考えております。 今回の件で、「無知ほどこわいものはない」ということを思い知りました。 なにごとも勉強ですね。 回答者の皆さん全員に、こころからお礼申し上げます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しを迫られています。

    今入っている生命保険の更新がせまり、2~3日中に 手続きするようにと新しい商品を勧められています。 現在、38歳の会社員(独身)です。 現在の保険: ■パスポート21 定期保険特約付終身保険 15年更新型※平成4年に契約。 死亡・高度障害保障3000万、終身保障300万 災害割り増し特約1500万 傷害特約500万 災害入院特約1日5000円 疾病特約1日5000円 ※終身に移行は55歳 月々の保険料 現在13009円->更新後15806円 勧められている保険: ■堂々人生 5年毎配当付更新型終身移行保険 10年更新型※69歳終身移行 死亡・高度障害時2300万 (一時金1100万+年金として240万×5年) 終身保障:299万 *3大疾病などになった場合 シールド特約300万 傷害保障特約200万 インカムサポート100万×10年 ペイサポート月16000円 新総合医療特約1日5000円 新生活習慣病特約1日5000円 特定損傷特約10万 となってます。※月々の保険料 14238円 月々の保険料は若干安くなりますが、10年後の更新時は 倍以上になってます。あさってまでに返事してと期日が 迫っています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願い致します。

  • 生命保険の見直しについて

    現在30才のサラリーマン。賃貸に住んでいます。主人の生命保険の見直しを検討しています。 契約は24才。 死亡・高度障害(10年間毎年)→240万        (一時金)→400万        (終身保険)→100万 3大疾病→300万 病気による身体障害→300万 骨折・脱臼→5万 通院→3000円 怪我・病気で入院→1万 見直しを考えた理由ですが (1)44才に更新になり、保険料が11871円から30596円になる。 (2)64才払い込み満了以降、保障がなくなってしまう。 以上の点を、担当の生保の方に相談し、下取りで新しいプランを作ってもらいました。 死亡・高度障害(10年間毎年)→200万        (一時金)→390万 3大疾病(初回)→200万     (再発5回まで)→100万 病気による身体障害→300万 骨折・脱臼→5万 成人病で入院→5000円 通院→3000円 怪我・病気で入院(終身)→5000円 ガンで入院(終身)→5000円 新しいプランは50才更新で15619円から40669円になります。50才の頃には子供も大きくなっているので、保障を減らし支払いを少なくしようと思っています。 入院保障が終身なので、このプランで見直そうと思いますが、月々の支払いが約4000円あがるのと、他の特約の保障が多すぎないかと気になっています。賃貸に住んでいますが、万が一主人が亡くなるようなことがあれば、実家に帰ると思います。そうなると、死亡保障はもう少し少なくても・・・と思ったりもしてしまいます。サラリーマンなので、会社からの保障も多少あると思いますし、夫婦では「必要最低限の保障でいい。入院した時にお金が余る程はかける必要はない」と考えています。見直しが必要かどうか、見直すとしたら無駄な保障はないか、ご指導の方宜しくお願いします。

  • 生命保険を見直したいのですが

    生命保険が我が家にみあったものかどうか、月々の保険料が高めなのもありまして是非見直しをしたいと思います、他県に移転したため契約時の信頼できる(主人の話では)担当者と連絡を取るのも難しものでして。詳しい方からアドバイスを頂けますと大変有り難いです。 現在主人32歳、私(妻)28歳、子一才、数年後にもう一人予定 主人27歳契約、定期付終身保険(特別保障更新型) 38年払込、月々保険料21、000円、死亡保険金額主契約500万、定期保険特約2,100万、他収入保障基本年金180万・特定疾病死亡保険金300万、重度慢性疾患死亡保険金500万・災害死亡保険金500万・傷害災害保険金500万・損傷給付金五万・新災害入院一万・新疾病入院一万・通院3000円・新成人病入院5000円 の特約付き 十年確定個人年金、月々一万、 終身共済、35年払込、基本契約300万、月々6500円、生存給付金特約5%、長寿共済金特約5%、災害特約300万、疾病・災害医療特約5千円 以上です。不明確な部分もあり大変恐縮です。分かり易く アドバイスいただければと思います。宜しくお願いいたします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

転換については、皆さんのアドバイス通りです。 ただ、生命保険は、まず「必要保障額」の確認 が最優先です。 ご主人に万一の際、「いくら」 の保障が「いつまで」必要なのか、シュミレーション した上で、根本的な見直しをされるのも、一つの 方法でしょう。 平成7年の契約なら、少なくとも「あさって」まで に返事をする必要はありませんので、ゆっくり検討 されて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 生保レディーが上司と2人連れでやってきて、 コンピューターでシュミレーションもしてくれたのですが、その結果の「必要保障額」は満たしておりました。 休日のたびに、上司と2人でやってきて、契約を せっつき、挙句の果てに「今すぐどうするか決めてくれ」といわれたので、「せめてあさってまで待ってくれ」という展開になりました。 確かに、全く急いで決める必要はないですよね・・・・。

  • 回答No.5

 結論からいいますと、転換すべきではないと思います。  「パスポート21」は、いわゆる「定期保険特約付終身保険」で、主契約の終身保険に定期保険特約が乗っかる、二階建て構造の死亡保険です。これに入院保障特約やシールド(特定疾病保障定期保険)特約を付けた形で現在契約しているわけですね。  一方、新「堂堂人生」の方は、主契約と特約の両方が一定期間で同時に更新する、いわば転換契約型の保険です。これは冷静に見れば、養老保険を連続して契約するのと形が一緒になります。養老保険で満期を迎えたら、満期保険金を受け取らずに次の契約に充当し、同じ条件で継続し、また満期を迎えたら・・・の繰り返しです。当然、更新時期に保険料が上がります。  「パスポート21」も定期保険特約と他の特約部分が更新するたびに保険料が上がりますが、堂堂人生ほど激しくは上がりません。何しろ、主契約部分である終身保険に関しては途中で更新されるわけではないので、更新時の年齢で保険料が再計算されるような仕組みにはならないからです。  「堂堂人生」シリーズは主契約部分も全部一緒に更新するので、そのたびに保険料を再計算されます。  注意しなければならないのは、終身移行時の保険金額は契約時に設計されたプランで最後まで保険料を納めることができればの話ですから、途中で死亡保障などの保険金額を減額したりすれば必然的にファンドも足りなくなり、結果的に終身保険への移行自体が難しくなることがあります。  これは「堂堂人生」シリーズ特有の問題ではありませんが、更新ごとに段階的に保険料が上がるので、家計負担を考えなければ、いずれまた新しい保険を勧められて転換を繰り返すことになります。転換を繰り返すたびにファンド形成は不利になることは常識ですから、今の契約を軸にして、特約部分を減額するなり、他の掛捨型収入保障保険を契約する方が無難でしょう。  インカムサポートは収入保障保険の一種で、死亡・特定疾病(3大成人病)で支払われるものです。これは、一時に全額支払われる定期保険などでも、毎年分割して受け取ることにすれば年金と同じです。課税関係では、保険料負担者と受取人が同じ場合、一時所得か雑所得かの違いもありますので、この辺も考慮すべきでしょう。  現在の契約も決して悪いものではないと思いますが、定期保険特約が更新型なのは、ちょっと失敗でした。できれば更新しない全期型(平準型)の方がよかったでしょう。しかも、保険金額が毎年下がる逓減定期保険のタイプであれば更に合理的です。  なぜなら、子供がいたとしても、約20年そこら経てばやがて独立して巣立っていきますから、家族に対する責任も年々下がると考えるのが一般的です。  もし私なら、今の契約は解約せずに、且つ定期保険特約が更新時期を迎えるごとに、定期保険特約の保険金額を段階的に減額していきます。足りないと思う保障は補完的に、他の掛捨型商品を選択します。また、仮に急な支出に見舞われたら、契約者貸付を利用するであろうとも思います。  なるべく、今の契約を最大限活用することをお奨めします。なにしろ、主契約部分の終身保険については、予定利率が今よりも条件がいいですから、むしろ死守した方がよいのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 今の契約を更新することに決めました。 丁寧な解説、わかりやすくて助かりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • kamochi
  • ベストアンサー率41% (282/677)

インカムサポートのしくみや特約保険料がよくわかりませんが、いざとなったら傷害年金も出るし、いらないのでは? ちなみに、予定利率は下記参照してみてください。 とにかく少なくとも今は転換(正確には解約)しないほうがいいと思います。

参考URL:
http://www.familyagency.co.jp/zemi/zenpan/19.html?ov

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • kamochi
  • ベストアンサー率41% (282/677)

10年後に保険料が倍になるのを分かっていて、新堂堂人生に切り替えたいと考える理由がわかりません。 転換すべきだとは思いません。 私も第一生命にエスコートという商品から堂堂人生への転換を勧められましたが、丁重にお断りしました。 (しかも約10年前の予定利率がとっても高いやつを、ですよ!) 詳しいことは、下記のサイトをみてください。 ただ、今の保険、質問者さんがもし専業主婦とかパートなどの仕事なら、定期保険の死亡保障が少ない気がします。 今の保険で定期特約を増やせるのなら、増やしたほうがいいのでは? できないのなら、他の掛け捨ての保険で補充してもいいし。

参考URL:
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0111.htm#name

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 今回は、更新する(転換しない)ことにしました。 保険に貯蓄性は求めていないのですが、 もったいないことはしたくないので、 参考URLもとても勉強になりました。 10年後の保険料のことは、担当者に聞いたのですが、うま~くかわされるというか、 「10年後は特約などをはずせば・・・」などと いって今の契約と変わらないというニュアンスで プッシュしてくるので、ついその気になってしまいました。

質問者からの補足

新堂堂人生に切り替える場合の理由のひとつは、 万一、主人が死にはいたらないけど、働けなく なった場合(3大疾病など)を考えると、インカムサポートは魅力的にうつったことです。 過去ログなどを検索すると「予定利率」という言葉によく遭遇するのですが、今入っている保険の予定利率や、勧められている保険の予定利率がいくつなのか、 どこをみればわかるのかわかりません。 あと、これは最初に書くのを忘れてましたが、 この保険以外に、主人の会社の団体保険に同額程度、入ってます(掛け捨て、死亡保障のみ)。 書き忘れてすみませんでした。

  • 回答No.2

#1さんと同意見です。 35才を超えたら変えないほうが良い場合多いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1

細かいデータを検討する必要があるものの、基本的に&一般的に「転換=よくない」です。 更新をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険更新時の見直しについて

    生命保険の更新時期がきます。 「死亡保障額を減らして、入院や病気時の補償を少し上げたい。 保険料は今と同じか下回るくらいにしたい」旨を伝えた後、担当者から提案をいただきました。 <現保険内容> 第一生命 生存給付金定期付終身保険(S62)コーラス (ステップ払込み方式 月支払い 10500円、10年後更新時保険料 12500円) ・死亡高度障害補償 2000万円 ・入院時補償 各5000円、手術給付金有 <おすすめプラン> 5年ごと配当付終身保険 順風人生 (月支払い 12800円、10年後更新時保険料 19500円、払込み満了 60歳) ・死亡高度障害補償 2000万円(シールド(特定疾病補償)特約定期 300万円、スーパーリライ(障害補償特約)100万円、定期保険特約 1480万円、終身保険(主契約)120万円) ・入院時補償 5000円 ・入院一時給付特約 5万円 ・手術時 20万円前後 収入が低く今後支払い能力に不安があり、子供がいないため死亡保障も極力減らし(葬式代くらいあれば十分)たいと、再度伝えたものの、 「コンピューターにエラーが生じてしまうので不可能。とりあえずはこの金額で更新をして、1年くらい経てば減らすのは可能。」 という返答でした。 死亡保障よりは老後補償を考えたいのですが・・・。 アドバイスを宜しく御願い致します。

  • 生命保険見直しで迷い、不安があります

    夫婦共に第一生命の定期特約付終身に入っていて、主人つい最近、妻私2年前に減額して更新しました 考える暇無く更新してしまったのですが、今後を考えて保険料を安くしたいのと子供無しなのでシンプルなものに見直したいのと、終身医療保険に変えたいと思っています 現在他に夫婦共がん保険と私が個人年金保険に入っていてこれは続ける予定です 主人42歳私43歳子供無し、、持ち家ローン残り10年 共働きで月収手取り40万 以下のように考えています 二人共 保険会社で 定期死亡保障500万円 終身医療入院一日5000円 と 県民共済2型で介護特約付き \合計 死亡保証1500万円(病死だと900万円) 介護特約で長期入院もカバー 私が同じ金額なのはローン残の返済が心配だからです 迷っているのは、 ・主人死亡保障少な過ぎ? ・ローン残10年で心配し過ぎ?妻の死亡保障多過ぎ? ・終身医療保険一日5000円と共済の医療保険では老後が心配? ・定期死亡保証期間は? ・収入保障保険も気になるが必要か? そして今までの第一生命は払済にすればいいのでしょうか あちこちに残っているのが面倒ですが解約は損ですか 解約すると終身死亡保険は無しという事になります 無知な者ですがアドバイスお願いいたします

  • 主人の生命保険に見直し(転換)について

    初めまして、アドバイスをお願いします。 主人は、16年1月に十二指腸潰瘍(出血性)で12日間入院しました。手術等はしていません。現在は完治してますが、予防のため薬を飲んでおります。 夫、公務員35歳  妻 専業主婦32歳 子供1才 近いうちにもう一人希望しています。 現在「パスポート21」定期保険特約付終身保険(60歳払済)です。 平成5年に契約 15年更新型 予定利率4.75% 現在保険料10117円 次回38歳 13948円 契約内容は  死亡(高度障害)2500万 (終身保険100万、定期保険特約2400万)  災害死亡高度障害2500万上乗せ 計5000万  傷害特約 500万 通院特約3000円  災害・疾病入院共に5日目から1日5000円です。  (成人病ならプラス5000円)  手術5~20万 現在の配当金は20万程です。  勧められている保険は、5年ごと利差配当付更新型終身移行保険「新、堂堂人生」(10年更新で75歳で終身移行。) 35歳 保険料13513円 死亡医保険計2620万  入院保障は1日目から(5000円)シールド(300万)・スーパーリライ(200万) 等の多くの特約が付いてます。  3大疾病などになった場合のインカムサポートや以後の保険料免除等、今の保険より充実してます。 メリットのみしか生保の方は教えてくれません。デメリットの部分もあると思います。自分なりに勉強はしてみたのですが、デメリットが私にはわかりません。  75歳まで保険料を払い込まないといけない。   パスポート21は金利がいい時の保険みたいだけ  ど、値段的にいくらぐらいもらえるのか?  主人の病歴では他の保険会社に無条件で加入はム  リだと思うので、損しても充実した方に転換したほ うがいいのか?ご助言お願いいたします  

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

  • 生命保険の見直しで悩んでいます

    48歳主婦です。主人53歳、子供は、21歳(大学生)19歳(大学生)16歳(高校生)です。この年齢になってお恥ずかしいのですが、主人の生命保険を見直そうと色々資料など読んでも、混乱するばかりでなかなか結論がでません。よいアドバイスがあれば、よろしくお願い致します。 現在、加入中の保険は ・終身 3000万円(63歳払い済み)40000円/月 ・団体生命保険(掛け捨て)5000万円 20000円/月 ・共済組合の医療保障(掛け捨て)8000円/日 ・三井生命の介護保障付定期保険特約付終身保険  (これを平成12年11月からかけていますが、解約しようかと悩んでおります。)  内容は  主たる保険けいやく・・・・・1000000円(22年まで)  定期保険特約 ・・・・・・ 9000000円(22年まで)  介護生活保証特約・・・・・ 2000000円(22年まで)  災害入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  疾病入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  成人病特約   ・・・・・  5000円(22年まで)  ガン入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  通院給付特約  ・・・・・  3000円/日(22年まで    死亡保障は65歳まで医療保障は80歳までで、22年から保険料は更新されて上がります。(65歳払い済み)   保険料は30275円/月です。 長々となりましたが、保険料がかなりの額になるので、 最後の分を解約して、もう少し負担の少ない医療保障のみの保険にできないかと思っております。今解約するのは、もったいないでしょうか?アドバイスがありましたらよろしくお願い致します。 

  • 生命保険見直しで悩みまくっています…

    37歳の会社員です(既婚、子供二人、妻は専業主婦) 持ち家購入を機に保険の見直しを考えています。(平成11年加入)勧められるがままに訳も分からず加入し、私も保険のことは全く分からない素人ですので、どなた か詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかお知恵をお借しください。 現在、検討しているのは、 ・補償額を下げて月々の保険料を下げる。 ・解約して掛け捨てタイプに加入する。(損保ジャパン等) といったところです。 契約の内容は以下の通りです。 保険種類:定期保険特約付き5年ごと利差配当付き新・ 終身保険 契約:平成11年 保険期間:終身 保険料払込期間:65歳払込 保険料:月払い16954円 死亡保険金:1500000円 定期保険特約(15年):43500000円  うち転換部分:3864800円 特定疾病保障定期特約(15年):5000000円 障害特約(15年):5000000円 災害入院特約(15年):5000円 疾病入院特約(15年):5000円 成人病入特約(15年):5000円 がん入院特約(15年):10000円 通院特約(15年):3000円 リビングニーズ特約付加 以上、宜しくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しについて

    いつもお世話になっております。28歳(夫)、29歳(妻)の夫婦の生命保険の見直しを考えています。 【現在】 夫は死亡(終身)500万円 三大疾病保障特約500万円 災害・医療関係特約 特約は20年払込で以後更新され、現在の保険料は9,648円/月です。 妻は(契約内容は夫とほぼ同じ)60歳まで保険料は変わらず、一律で 11,860円/月です。 【見直し後】 夫は従来の保険の特約をすべて解約して死亡(終身)500万円のみに変更し、さらに新規で 医療・がん(終身)入院1日目より5000円/日 三大疾病   初回200万円(再発5回まで100万円/一回)  災害・医療関係特約 病気による身体障害 200万円 要介護状態60万円 死亡高度障害(一時金490万円 生活保障120万円×10年) この保険を契約する。合計の保険料は19,385円/月 (従来の保険を全て下取り(死亡終身保険を解約)したら1万円程度と思います。) 妻は従来の保険を下取りして医療・がんの終身保険を新規契約します。 災害・医療関係特約、三大疾病・病気による身体障害・要介護状態は夫ほぼと同じ 死亡高度障害    一時金1590万円 この保険を契約する。合計の保険料は12,223円/月 ---------------------------------- です。保険はすべて本人型で、我が家は共働きです。(現在子供2人。(2歳、0歳)) 悩むところは夫の死亡終身保険500万円(5,740円/月)を残すべきか否か、 それとも下取りに出して夫婦とも死亡終身保険を解約して医療終身に乗換えるべきか、 はたまた現在のまんまの保険でいいのだろうか?とても悩んでいます。保険料は合計3万円以内に抑えたいのが本音です。 無駄・足りないと思うところなど、お気づきの点がありましたらご指摘していただけませんか? よきアドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    はじめまして。26歳の独身女性です。 今回、母が私のために加入した保険について相談させて頂きたいのですが、 H19年にニッセイ終身保険(重点保障プラン)に加入しました。保障としては以下になります。 終身保険(主契約) 600万 保険料8568円 (60歳払い込み) 介護保障定期保険特約 400万 新傷害特約 200万  特定損傷特約 5万 総合医療特約 日額5000円 新がん入院特約 日額5000円 (特約に関しては、全て20年更新) この保険を続けて行ったほうがよいのか、新たに終身医療保険に加入し直した方がよいのかわからずにいます。 どのようにするのがよいのか、アドバイスを頂ければと思います。 よろしくお願いします。

  • 夫の生命保険の見直しについて

    主人(36歳)の生命保険の見直しについて考えています。 (専業主婦・7歳・4歳の子供あり、2年前にマンション購入住宅ローン残り33年) 現在の保険は S生命  31歳契約  65歳払込終身保障         保険料20.5229円[うち終身部分(ステップ払)1.758円]       5年ごと利差配当付終身保険(特別保障更新型)         定期保険特約10年更新   終身部分200万         死亡4000万円(65歳まで)  災害死亡5000万円(65歳まで)         死亡 800万円(80歳まで)  災害死亡1800万円(80歳まで)         収入保障特約(年金250万円×10回分)         入院保障5日から5,000円(がんは10,000円)         他にVガード特約、リガード特約(定期タイプ)、         などたくさん特約あり 特約が多くて入院時の保障も充実しているのですが、これから40歳50歳と病気になる可能性が高い時期に同じ保障を確保するためには、保険料も倍以上になります。 更新時期ではないのですが、特約部分を減らして 安全な企業の終身医療保険に入ったほうがよいのか迷っています。 以前は平成3年よりシンプルな定期付終身(お宝保険?)に加入していたのですが 保険外交員に進められ、今の保険に転換してしまった経緯もあり 企業・担当者には不信感を持っています。(格付けをみても心配なのです)   できれば全部解約したいところですが、終身のみ残す事例が多いですよね。 確保したいのは、医療保障(がん含む)と死亡保険金4000万円です。 終身医療保険は保険料も一定なので、今後住宅ローンの返済額が上がっても 心配ないかなと考えています。 定期部分をどの保険にしたらよいのかわかりません。 アドバイスをよろしくお願いいたします。         

  • 生命保険の見直し

    18年ほど前に契約をした保険があります。(親の仕事関係のつきあいで) 今から2年後に更新の時期が来ます。 しかし今月に入り保険員の方から連絡があり、新しい保険への切り替えを勧められました。 更新時期の2年前に保険の切り替えを行わなければ、これまでの積立金(のようなもの?)が次の保険に充当できなくなると言われました。その期限が今月中で切れるというのです。 ちなみにこの18年間に200万円以上の保険料を支払ってきましたが、積立金(のようなもの?)はたったの40数万円です。 また、新しい保険への切り替えを行わず、2年後に同じ保険を更新する場合の保険料は5~6万円程度値上がりするそうです。 無知が故かもしれませんが、軽い詐欺にあったような衝撃でした。 今勧められている新しい保険は明○安○生命のラ○フ アカウント LAというものです。 こちらも10年後に更新となり、保険料は約2倍になるようです。 正直なところ、今現在の私には負担が大きすぎるように思います。 私が求める理想の保険は、 (1)死亡保障1000万円程度 (2)一生涯の医療保障 5000円程度/日 (3)ある程度の年齢に達したときに、払い込み保険料を積み立てたそれなりの金額が生存中に受け取れるというもの(その場合は死亡保障は減額されても構いません) わたしは、どのような保険を契約すればいいのでしょうか。 実は「終身保険」というものが上記のような保険だと勘違いしていました。 現在契約中の保険は「定期保険特約つき新・終身保険 定期特約・医療特約ー更新型」というものです。  勉強不足の素人ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

専門家に質問してみよう