• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生命保険の見直しを考えています。。。

現在、主人30才 会社員 年収500万程度 2000年に5年ごと利差配当付終身保険に加入  死亡保険金額 1000万円 災害保険金額500万円  災害・疾病入院給付日額 一万円 80才まで。 2000年から10年間の生命共済に加入。  死亡・重度障害共済金 1500万円  災害特約共済金 1500万円  妻 30才 パート 年収100万程度 2000年から10年間の生命共済に加入  死亡・重度障害共済金 500万円  災害特約共済金 500万円 同じ所で医療共済にも加入 入院日額5000円  持ち家有り。住宅ローン有り。月10万程度返済 主人名義で住宅ローンの保険に加入しているため、主人が亡くなった場合ローンの心配はありませんが、私が亡くなった場合、収入減により、ローンの返済が大変だと思われます。 1)主人の終身保険を解約し、2千万程度の逓減定期保険  に加入する。 2)夫婦共にそれぞれ終身医療保険に加入する。   (日額5千円か一万円か悩んでいます。) 3)妻の死亡保障を1千万程度に上げる。  もしくは、妻も逓減定期保険に加入する。 4)出来れば外資系のガン保険にも加入したい。 上記のように考えております。 ちなみに子どもは6才、4才、2才と3人いるので、我が家の生活はキツイです。。 なるべく無駄のないようにと考えたつもりですが、いかがでしょうか?どなたかアドバイスを頂けますと助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • hoken24
  • ベストアンサー率34% (183/524)

1)主人の終身保険を解約し、2千万程度の逓減定期保険  に加入する。 終身保険の解約はもったいないと思います。ただし、定価解約返戻型に加入しなおした場合同程度の保険料になる場合もあります。 逓減定期保険と似たものとして月々何万円を一定期間保障する定期保険もあります。過去回答にたくさんでてきますから、調べて見て下さい。 月3200円で毎月10万円を60歳まで保障するということであれば、最大3600万円の保証となります。 毎月の生活費ということで考えると保障は減っていきますが、今までの他の方の回答も含め、評判は良いと思います。 終身保険は60歳過ぎの解約返戻金は600万円か700万円以上あるはずですので、なるべく残すか減額がよいと思います。 2)夫婦共にそれぞれ終身医療保険に加入する。   (日額5千円か一万円か悩んでいます。) 会社員であれば健康保険から多くの人は1か月72300円を越えた分は99%戻ります。また戻るまでの無利子の貸付制度もありますし、傷病手当金という制度で給与の6割は保障されます。 ですから5000円の終身医療保険であれば某社では 奥様2610円 ご主人2410円 終身払いになりますがこれぐらいなら負担は少ないと思います。 がんの保障をこれに付けたいのであれば、東京海上の「超保険」であれば、診断給付金を2年経過すると何度でもお支払いできます。金額も自由に設定できます。 女性の場合乳ガンなど初期で発見される場合が多いですが、診断給付金は100%でます。再発、転移予防の為のお金に使えます。 3)妻の死亡保障を1千万程度に上げる。  もしくは、妻も逓減定期保険に加入する。 奥様の収入から住宅ローンにいくら支払っているかなどを整理してそれに合わせて逓減定期か収入保障型の定期保険 月当たりは1000円台で済むはずです。 4)出来れば外資系のガン保険にも加入したい。 遺族厚生年金は月15万円程度かそれより少し安いと予想します。民間の保険以前に社会保険にたくさん支払っているのですから、有効に利用して下さい。 将来の年金のことを考えると無理の無い範囲で終身保険は残した方が良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御丁寧なお返事をありがとうございます! hoken24さんの事は他の方への回答で何度かお見かけしておりましたので、こうしてお返事を頂けるのは嬉しい限りです。 終身保険は出来るだけ残す形で・・・というのは少し驚きました。国内大手生保のものですが、いつ倒産するかわからないので支払いもキツイし辞めようかなと思っていたので。 おっしゃる通り、確かに将来の年金のことは不安に思っています。 子供も3人いるので教育費にかかって、老後の貯蓄なんて出来そうもないな と。。。 医療保険の某社というのは・・・?終身払いといえど、安い掛け金なので魅力ですね。 どこの商品なのか頑張って調べてみます。 東京海上の「超保険」いいですね。 ガン保険は外資系が良いと思いこんでいましたが、そうとは限らないのですね。 まだまだ勉強が必要だと実感しました。。。といっても生活に追われて、なかなか調べる時間が取れないのがツライところです。 

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

 現段階での支払いを、できるだけ減らしたいということですね。(保障はしっかりと)  まず、終身保険は払い済みにします。もっとも2または3年経たないと払い済み出来ないとか、500万以上でないと出来ないなんて言っているS友生命なんかもありますので、出来るかどうかは確認してください。出来なくても、働いているときは死亡弔慰金なんかもあるので、お葬式代は困らないでしょう。  ご主人の死亡保険は、やはり所得補償タイプで月10万円を年金支給の65歳までで、月5000円位の支払い。医療は120日型の1日5000円で、終身払いなら月2000円くらい。  奥さんは、同じく所得補償タイプでも、子供の手が離れる20年保障だと、月10万円でも支払いは月2000円弱。同じく医療も月2000円くらい。  以上で、月々11000円になり、保障も充実しますね。  ガン保険は、最近ならどこでも十分な保障があります。  保険料は上がりませんが掛け捨てなので、子供が手を離れたら老後の貯蓄を考えるようにしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! 終身保険は払い済みと言う方法もあるんですね。 でも、ご指摘のS友生命なんです。。。出来るかどうか確認してみようと思います。 >以上で、月々11000円になり、保障も充実しますね。 上手に組み合わせれば結構安くなるんですね。びっくり!です。 是非、参考にさせて頂きます。

  • 回答No.5
  • hoken24
  • ベストアンサー率34% (183/524)

2000年に加入した大手生保の終身保険であれば、予定利率自体は3%以下であれば、破綻しそうな場合保護されるはずです。実質的には影響を全く受けない可能性もあります。詳細は覚えておりませんが3%以上の予定利率を3%に下げるという法案が成立したはずです。 念のため、加入保険会社に予定利率を確認するのが、間違いないでしょう。 月10万円のローンで入院日額5000円で心配であれば、所得補償保険と組合わせると割安になります。危険なお仕事だと割高の可能性もありますが、通常は所得補償保険の方が安いはずです。 住宅ローンの死亡保障も必用ですが、入院等の場合もローンの終わるまでと一生の保障とを組み合わせると良いでしょう。いつまでの保障が必用かということも重要です。 当面、住宅ローンの支払いはあんしんできるようにしておきましょう。 終身保険は余裕がなければ、減額が良いでしょう。 どうしても不安であれば、格付けの高い保険会社で低解約返戻型の終身保険が良いと思います。支払いに不安があるのであれば、通常の終身保険の方が良いと思います。 災害割増しは特に危険な仕事でなければ、優先順位は低いです。保険料は安いですから、バランスを考えておきましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2度もご回答頂きありがとうございます! 調べてみましたら終身の予定利率は3%以下でした。 なので、破綻しそうな場合保護されるのですね。。。 >当面、住宅ローンの支払いはあんしんできるようにしておきましょう。 そうですね。住宅ローンの支払いを安心できるように、夫だけでなく私の保険も重視していかなくては。と思いました。hoken24さん本当にありがとうございました。

  • 回答No.3

NO2です、ごめんなさい、終身保険だったのですね。 じゃあ2万はします。その分が高いのです。 ただ、終身だと、更新による保険料のUPがない、またはあっても少額。 定期だと更新による保険料UPがある(なくす事も出来るが高い)。 それぞれにメリット・デメリットがありますが、定期の方がいいんじゃないかな。 ご主人の年齢だったら一般的な保険で1.3万円位でフル装備かつ死亡保障が3千万円というのが設定できます。 また、死亡保険金以外にも生前に受け取れる商品がたくさん出てます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2度もご回答頂きありがとうございます。 一般的な保険というと定期付終身保険と言うことでしょうか。。。 以前は4千万くらいの保障で加入していたのですが、更新で保険料が上がることと掛け捨てになる部分があまりにも多いような気がして、解約して現在の終身保険に入ったのです。 その時は2万くらい払えるかなと思ったのですが、家を購入してから支払いがキツくて。。。 以前の定期付終身保険を解約しない方が良かったなんて。。。トホホ~です。

  • 回答No.2

逓減型の保険を検討されているようですが、 今のご主人の年齢でしたらお勧めしません。 確かに保険料は若干下がるかもしれませんが 1.末のお子様が2歳、成人されるまであと18年あ  ります。つまりこれからがお金が掛かるのに   ご主人に万一の事があった時、逓減型だと死亡保  険金が減っているのですよ、これでは保険を掛け  ている意味合いが薄くなってしまうんじゃないか  という私見です。 ご主人の定期付終身は終身の部分が幾らになっているかご確認下さい。終身保険は比較的貯蓄性が高い分、保険料が高く設定されています。 例えば、同じ1千万の保障で定期と終身を比較したらがぜん、終身の方が保険料が高いのです。 又、貯蓄性が高いと言っても3年前の加入でしたらあまり期待は出来ないのが実情です。 もし奥様の死亡保障を1千万UPさせる、しかし保険料は抑えたいというのであれば、ご主人の現在の保険に 特約として妻型の保障を「特約変更」と言う形で付け足してもらったらいいです。 かなり安く出来ると思いますので担当者に試算してもらってはいかがですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! >逓減型だと死亡保険金が減っているのですよ、これでは保険を掛けている意味合いが薄くなってしまうんじゃないか という私見です。 なるほど。。。そうかもしれませんね。もう一度考慮してみます。 >ご主人の定期付終身は終身の部分が幾らになっているかご確認下さい 主人の保険は定期付終身ではなく、終身1千万です。60才まで払い込みで、月2万円位払っています。 この支払いがキツイので見なおそうと思ったのがキッカケなんです。 保険料の負担を減らして貯金をして住宅ローンの繰り上げ返済をしていきたいのです。。。 >特約として妻型の保障を「特約変更」と言う形で付け足してもらったらいいです そんな事ができるんですか。知らなかったです。新たに入るより、その方が安く済みそうですね。

  • 回答No.1
noname#4825
noname#4825

実際に保険業に関わっている人が集まって、 相談にのってくれるサイトがあるので、そちらに 相談してみてはいかがでしょうか。 サイト名「賢い生命保険の入り方」

参考URL:
http://www3.plala.or.jp/kyog/insurance/doc/main.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々のご回答ありがとうございます! 是非、参考にさせて頂きます。

関連するQ&A

  • こどもが生まれた事で保険の見直しをしています。アドバイスお願いいたします。

    保障が途中で切れてしまう共済という事が一番の気がかりです。夫婦ともども解約または特約部分のみ外して、新たに終身の医療保険と生命保険に加入するべきか、満期を迎えてから新たな保険に加入するべきか、と問題点をうまく上げる事さえできていない状態です。どうか具体的なアドバイスをお願いいたします。 現状は以下のとおりです。 夫(私)27歳会社員 持家・・JA養老生命 主契約100万 共済期間30年満期(H41で満期) 定期特約1400万 重度障害年金特約50万 災害給付特約500万 災害死亡割増特約1000万 がん倍全入院長期保障特約5000円 災害入院特約5000円 通院特約3000円 (災害による死亡・重度障害3000万 病気による死亡・重度障害1500万 災害による入院日額10000 円 がん以外の疾病による入院日額5000円 がんによる入院日額10000円 入院に伴う通院 日額300 0円) 共済金・・103806円(年払い) 妻21歳パート ・・JA養老生命(中途給付特則付3年型) 主契約100万 共済期間20年満期(H36で満期) 中途給付金主契約共済金額の10% 定期特約1400万 全入院特約5000円 通院特約3000円 (災害による死亡・重度障害1500万 病気による死亡・重度障害1500万 災害による入院日額5000円 がん以外の疾病による入院日額5000円 がんによる入院日額5000円 入院に伴う通院 日額300 0円) 共済金・・87085円(年払い) 子0歳 ・・ソニー生命の学資保険&県共済の医療保険に加入予定

  • 生命保険の見直しについて。

    下記の保険に入っております。 夫41歳会社員・妻38歳専業主婦・娘6歳の三人家族です。 昨今の不景気で収入も減った為、保険料の見直しというか月々の支払いを減らしたいと考えています。 住宅ローンもフラット35で73歳まで組んでいます。 外資系は将来、契約通りに保険金を支払ってもらえるのか不安ですし、県民共済や全労災か安くて厚い保障があるようなイメージがありますが、実際のところどうなんでしょうか。 夫41歳会社員 アリコ 積立利率変動型終身保険 月19.120円 契約 平成11年 終身65歳払い済み  病気死亡 1.000万円 災害死亡 2.500万円 アリコ 積立利率変動型終身保険 月5.976円 契約平成11年 終身払い込み 入院 1日 8.000円 手術 8.16.32万円 AIU 普通障害保険 月2.260円 契約 平成11年 死亡1.000万円 入院保険金日額 5.000円 通院保険金日額 3.000円 障害医療費用保険金額 100万 妻38歳専業主婦 第一生命 契約 平成8年 リビングニーズ 月5.734円 終身(60歳払い済み) 死亡・高度障害 500万円 障害特約100万円 災害入院特約 入院給付金日額 5.000円 疾病特約 入院給付金日額 5.000円 女性特定疾病入院特約 入院給付金日額 5.000円

  • 生命保険の見直しを考えています。

    主人31歳(公務員)妻30歳(専業主婦)現在子供なしですが2人くらいは欲しいと考え中。 <第○生命> 「ライセンスU」27歳で加入15年ごと更新(妻型は60%) 月額 17869円  終身100万円 定期保障1700万 特定疾病保障定期500万 生存給付付定期200万 障害保障500万 定期保険(妻型)300万 傷害特約(本人・妻)100万 災害入院(本人・妻)日額1万円   疾病入院(本人・妻)日額1万円 成人病日額5千円   通院(本人・妻)日額3千円  特定損傷5万円 <ア○○ック> 妻のみ本人型 月額1470円 入院日額1.5万円  通院5千円 死亡時150万円(ガン) 以上が現在の保険です。更新時に倍の保険料になるそうですし、満期時の特約部分一括支払の不安のため、若いうちに低料金で終身医療保険だけでも確保したいという思いと少しでも保険料が低くなればと思っています。 見直したい場所は (1)入院・通院(妻型)特約・ガン保険解約で本人型終身医療保険に加入したい。300万円の定期保険特約(妻型)だけを残して入院・通院だけの解約は可能でしょうか? (2)他の質問の回答も拝見しましたが、生存給付金特約が今年の7月に5年目満期を迎えるので、給付金をもらった後解約したい。解約後200万円の保険金減額になるがそこをどうするか? (3)主人の入院特約日額1万円のところ5千円に減額して、別の日額5千円の終身医療保険に入る。このような入院特約の減額は可能なのでしょうか?それとも無駄な努力なのでしょうか? 慎重に解約していこうと思っているので(1)は終身医療保険加入後免責期間終了後早急に(2)(3)はその後にしようと思っています。特約の解約は何回にわたってでもできるのでしょうか?長い質問で申し訳ありません。保険素人なもので質問や見直しのポイントがずれているかもしれませんがどうかアドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直しについて(長文です)

    現在主人(41才)の契約で三井生命の 死亡、高度障害 40,000,000円 災害、疾病入院特約日額 7,000円 成人病入院特約日額 5,000円 新ガン入院特約日額 5,000円 ファミリー入院特約(私 41才) 死亡、高度障害 3,000,000円 災害死亡、高度障害 6,000,000円 入院日額 3,000円 私の契約でAFLAC EVER 入院日額5,000円 に加入しています。 主人の保険はバブル期に加入した定期付終身保険を3年前に転換したものです。 転換した直後に主人が失業し、3年経った今もアルバイト程度の収入しかなく、現在社会保険も私の扶養になっています。(私はフルタイムで働いており、年収は3,650,000位です) 実家に帰っている主人からは毎月生活費として5万円程度しか受け取っておらず、貯金も使い果たしたため、主人の保険を負担するのがむずかしく、解約返戻金を生活費と子供(14才 中三)の教育費の足しにしようと思っています。 ただ、解約後もなんらかの保険には加入しないと不安です。 死亡保障はそれほど大きな額は必要ないと思うので、主人の方は葬儀代と子供のためにいくらか残せる程度、私のほうは葬儀代が出ればいいと思っています。 医療保障は主人はガン保険と通常の医療、私は今のものに女性疾病を追加したらいいかなと思っています。 FPの無料相談に申し込んで話を聞いたのですが、漠然としすぎていてよくわからず、提携している代理店から案内をしてもらうことにしたのですが、全労済や都民共済も検討したいのです。 アドバイスいただければと思います。 ちなみに子供は三井生命の愛児保険とあいおい損保のこども保険に加入しており、医療費等は十分と考えています。

  • 生命保険の見直しについて悩んでいます。

    私と妻・子供(5歳と1歳)の4人家族です。年収は約500万円です。 保険についての知識が乏しく、適正かそうでないかがわからず困っています。 下記に保険の内容を記載しますので、アドバイスいただければ幸です。 <私(28歳)> (1)プルデンシャル(契約年齢24歳) 保険料=118,476円/年間 〈保険種目・種類〉積立利率変動型終身保険65歳払込済 〈保険の内容〉リビング・ニーズ特約付 介護前払特約付        死亡(高度障害)保険金額 3,000,000円 〈保険期間〉終身(払込期間)41年 〈特約〉 ・基準年金月額 100,000円(特約期間)30年 ・災害死亡(高度障害)保険金額 10,000,000円(特約期間)56年 ・入院給付日額 5,000円(特約期間)56年 ・疾病障害による保険料払込免除特約(特約期間)56年 (2)プルデンシャル(契約年齢24歳) 保険料=45,492円/年間 〈保険種目・種類〉積立利率変動型終身保険65歳払込済 〈保険の内容〉リビング・ニーズ特約付        死亡(高度障害)保険金額 2,000,000円 〈保険期間〉終身(払込期間)41年 〈特約〉 ・がん入院給付金日額 100,000円(特約期間)終身 ・疾病障害による保険料払込免除特約(特約期間)41年 【プルデンシャル合計:163,968円/年間】 <妻(36歳)> (3)JA共済(契約年齢27歳) 保険料=137,221円/年間 〈保険種目・種類〉終身型 〈保険期間〉終身〈払込期間〉33年 〈保険の内容〉 ・死亡保険金額(病気)30,000,000円 ・死亡保険金額(がん)30,000,000円 ・死亡保険金額(災害)60,000,000円 ・病気入院日額 10,000円 ・がん入院日額 20,000円 ・災害入院日額 10,000円 〈特約〉 ・生前給付特約 【JA共済合計:137,221円/年間】 <子供(5歳)> (4)日本郵政公社の学資保険(契約年齢0歳) 保険料=68,760円/年間 〈保険種目・種類〉生存保険金付学資保険(18歳満期) 〈保険期間〉18歳迄〈払込期間〉178年 〈保険の内容〉 ・生存保険金額 1,000,000円 〈特約〉 ・災害特約 ・疾病障害/入院特約 <子供(1歳)> (5)日本郵政公社の学資保険(契約年齢1歳) 保険料=82,836円/年間 〈保険種目・種類〉生存保険金付学資保険(18歳満期) 〈保険期間〉18歳迄〈払込期間〉17年 〈保険の内容〉 ・生存保険金額 1,300,000円 ・死亡保険金額 1,040,000~1,300,000円 ・満期保険金額 1,040,000円 〈特約〉 ・災害特約 ・疾病障害/入院特約 【日本郵政公社合計:151,596円/年間】 以上、家族全員で年間総額【452,785円/年間】も保険に掛けていることになります。 将来引越しも考えていますが、貯金どころか、日々の生活でいっぱいいっぱいです。 保険の知識が乏しい為、上記記載方法に間違いがあるかもしれませんが、アドバイスいただけないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 保険の見直しをしたいのですが・・・わかりません。

    現在主人32歳 私30歳 子供 2才と5才 持ち家 ローンあり(団信は行っています)  現在加入している保険は *アリコの終身医療保険(夫婦)  病気入院 日額¥10.000.-  災害入院 日額¥10.000.-  手術 給付金種類により 10/20/40万  無事故見舞金 20万  特定疾病 100万    //妻の方は 日額¥8000のものです。 ¥払い込みは 月11.438.- ********************************************  府民共済  生命4型 事故等 日額 ¥9000       病気 日額 ¥3000       通院 日額 ¥3000  交通事故  2000万  病気    800万  //妻は生命2型(上記約半分) *払い込みは 月6000.- *******************************************  子供もあり家のローンもあるので  死亡保障が3000万程度のものに加入しようと  おもっています。  少なくとも下の子が20歳までは3000万  その後は補償額を2000万などに変更しても・・と  おもっています。  ただこのアリコの終身医療保障は払い込みも  終身ですし、出来たら何か他の保険   3000万程度の保障のもののほうにまとめて  入って払い込みが60歳まで・・・というようなものにしたほうがよいのでしょうか?  死ぬまで払い続ける保険で1万は高いような・・  高いというより将来どうだろう・・・と  いう不安があります。  

  • 生命保険の見直しについて教えてください

    今、私たちが入っている保険を見直そうと思っています。 40歳になって見直すには遅いような気もしますが、主人の会社と付き合いのある第一生命の方が熱心で「5年ごと利差配当付更新型終身移行保険」(病気ケガ特約100万円・3大成人病特約100万円・保険金部分1520万円)というプランを作ってきてくれました。でも、いろいろ読ませていただきあまりに解約が多いのに不安です。保険金の部分は、今は下の子が10歳なので保証のことを考えると必要だということで、10年後の更新時に保険金を下げればいいと言われたみたいでした。 解約返戻金を頭金にして月々12,000円位、10年後の更新時は31000円となっていくようです。 我が家の入ってる保険をわかる範囲で説明します。 夫○セゾン生命 「ライフサイクル無配当終身保険」月々6000円位   死亡6,139,000円(55歳まで)55歳~は500万(生涯保障)   災害死亡11,139,000円(55歳まで)55歳~65歳(1000万)   1981年契約今月の時点で解約返戻金88万円  ○JA共済 「養老生命共済」年払8万円くらい(毎年変わっています)   満期共済金額100万円   死亡1500万・災害給付500万・災害死亡1000万(保障総額3000万)   災害以外死亡1500万    (保障は70歳に達する共済年度の末日まで)   1981年契約今月の時点で解約返戻金75万円 私○JA共済の主人とおなじ物に入っています(1986年契約)   1986年契約解約返戻金の計算はしてもらってません あとアメリカンファミリーの「スーパーガン保険」(終身)の家族契約と個人契約(子供特約)にも入っていますが一部の特約が65歳以上になると半額になってしまうみたいです。 子供達も県民共済「子供共済」月々1,000円コースに加入 主人の入ってる二つと私の保険も解約で勧められてるものに入ろうとしているのですが、以上な概要で申し訳ありませんがアドバイスお願いします。      

  • 生命保険の見直しについて

    現在の加入状況です。 本人(43歳) ウィンタートゥル生命変額終身保険 1992年加入 保険料月額24,845円 主契約 2000万 保険期間終身 払込60歳まで 災害割増 2000万 保険期間60歳まで 払込60歳まで 手術給付金付入院保障特約日額 5000円 保険期間80歳 払込60歳まで アクサ生命 定期保険 1997年加入 保険料月額9,145円 主契約 2500万 保険期間20年 払込2017年まで 障害特約 1000万 保険期間20年 払込2017年まで coop共済 たすけあい(医療保険?) 月額1000円×5人分 アフラック がん保険 月額3,602円(妻・子3人分) 妻(39歳) ウィンタートゥル生命変額終身保険 1992年加入 保険料月額4,700円 主契約 500万 保険期間終身 払込55歳まで 傷害特約 500万 保険期間80歳 払込55歳まで 災害割増 500万 保険期間55歳 払込55歳まで ウィンタートゥル生命医療保険 1992年加入 保険料月額3,672円 入院日額6000円等 親子5人で月額5万円を超えています。スリム化が目的です。15年継続してきたのですが、変額終身部分での運用益は大幅マイナスです。死亡時に主契約以上の額は期待できません。30年間払い込み時の金額を計算したのですが、がん保険とたすけあい以外を解約して、coop共済もしくは全労災にシフトしようかと考えています。皆様のご意見を頂戴できれば幸いです。

  • 保険の見直しアドバイスお願いします。

    只今、10年更新の保険に加入中です。 10年ごとに保険料が上がるものから 保険料が変わらないものに見直しを考えております。 我が家は、主人(会社員)31歳・妻(会社員)31歳 子供1歳です。 夫婦共働きで、住宅ローンは夫婦どちらが死亡しても なくなります。 主人の保険 変額保険終身型   300万円 60歳払込  3,516円 逓減定期保険特約2,000万円 25年保障・払込2,160円 がん特約 日額1万円 終身保障・60歳払込 1,910円 傷害特約  500万円 80歳保障・60歳払込  375円 総合医療保険120日型 日額1万円(5日目から)           終身保障・60歳払込   6,920円 成人医療特約120日型 日額5千円(5日目から)           80歳保障・60歳払込   1,240円              合計:月々 16,121円 ※変額は300万は葬式代と考えておりますので  途中解約はありません ※主人はガンの家系なのではずせません 妻の保険 変額保険終身型   300万円 60歳払込  2,940円 総合医療保険120日型 日額1万円(5日目から)           終身保障・60歳払込  6,760円 女性医療特約120日型 日額5千円(5日目から)            80歳保障・60歳払込  1,440円 家族収入保険(母の保障)月額5万円                70歳保障・払込2,165円              合計:月々 13、305円 ※同じく変額は葬式代です ※母と同居しており私が死亡した後のことを考え加入  したいと思ってます。 現在、支払っている保険料が24000円になるので 見直しを迷っております。 保険料が一生この金額ならとは思うのですが なかなか踏み切れません。 他に、これはこっちの保険がいいよなど アドバイスがありましたらお願いいたします。

  • 生命保険を見直したいのですが

    生命保険が我が家にみあったものかどうか、月々の保険料が高めなのもありまして是非見直しをしたいと思います、他県に移転したため契約時の信頼できる(主人の話では)担当者と連絡を取るのも難しものでして。詳しい方からアドバイスを頂けますと大変有り難いです。 現在主人32歳、私(妻)28歳、子一才、数年後にもう一人予定 主人27歳契約、定期付終身保険(特別保障更新型) 38年払込、月々保険料21、000円、死亡保険金額主契約500万、定期保険特約2,100万、他収入保障基本年金180万・特定疾病死亡保険金300万、重度慢性疾患死亡保険金500万・災害死亡保険金500万・傷害災害保険金500万・損傷給付金五万・新災害入院一万・新疾病入院一万・通院3000円・新成人病入院5000円 の特約付き 十年確定個人年金、月々一万、 終身共済、35年払込、基本契約300万、月々6500円、生存給付金特約5%、長寿共済金特約5%、災害特約300万、疾病・災害医療特約5千円 以上です。不明確な部分もあり大変恐縮です。分かり易く アドバイスいただければと思います。宜しくお願いいたします。