• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

就職難の時に就職を勝ち取った人は真に優秀ですか?

団塊の世代が退職したら、新卒がたくさん就ける時代がやってくるそうですが、そういう意味では、さほど優秀でない人も就職に就きやすいと思われます。(語弊があるかもしれませんが。) ここ10年ほどは就職難でしたが、その難関を勝ち取った人からすれば、以後、簡単に就けた人に対し、”思う”ところが多々あるのでは?と思いました。 では、そう思っている先輩さん達は逆に真に優秀なのでしょうか? お勉強はそれなりだと思いますが、人格的に、会社に常に利益を与え、優秀なのでしょうか?自分の周りにはそういう人はいないので知りたいのです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数102
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • zap35
  • ベストアンサー率44% (1383/3079)

>お勉強はそれなりだと思いますが、人格的に、会社に常に利益を与え、優秀なのでしょうか? これに対する答えはNOです。でも以下も読んで参考にして下さい。 これから就職する若者が優秀かどうかは分かりませんが、私の会社で「バブル期採用組」とその後の「就職氷河期採用組」を比較するとやはり後者の方が優秀な社員比率が多いと感じています。(端的に言えば「はずれ」が減った) 私の会社は採用は「学科テスト」「心理テスト」「面接(=自己アピール)」の総合評価で決めていますが「学科テスト」は明らかに「氷河期組」の点数が良いそうです。だからと言って優秀な社員になれるとは単純に考えていません。でも「バブル期組」には「指示待ち族」「マニュアル族」が多かったのに対して、「氷河期組」は相対的に「自分で考え、自立的に行動できる」人が多く採用されているように感じます。 やはりこれは大勢の中から厳選した結果といえるのではないかと思います。 勿論、仕事に耐えられなくて脱落した人は「バブル期」「氷河期」どちらにもいます。メンタル面の強さはテストもしますが、やはり実際に仕事をさせてみないと分からないみたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答感謝いたします!氷河期を超えるにはやはり、ただタフなだけではなく、どう乗り越えるかを考え実行に移せる人が生き残れるのですね。 耐えられなくなって脱落した人は同じ比率のようですね。勝ち得た人だけの特権なのでしょうが、辞めるなら試験を受ける前に、耐えられなくなるかどうか、そこのところを考えてもらいたいものです。メンタル面は勝ち取った人は抜群に強いかと思ってましたが、そうでもなさそうですね。勝ち取った事のプライドが優先して、いやな仕事に遭遇すると弱くなったりもするのでしょうね。

関連するQ&A

  • ●就職難の体験談はありますか?

    京都在住の僧侶志望の者です。 最近のニュースで、新卒の方の就職難(超就職氷河期)を聞きます。真面目に努力して大学卒業したのに、超就職氷河期では苦労が報われません。努力したり、真面目に生きる方が報われない社会ではあまりに気の毒です。・・・と言うか涙が出てしまいましたm(__)m。 ある新卒の方は30社すべて不採用であり、(新卒かどうかわかりませんが)100社落とされた方もいます。今では就職説明会に、不採用の心のケアをするカウンセラーまでいるそうです。 何もできませんが・・・就職難や超就職氷河期の体験談(悩み・グチ)はありますか?せめて悩み・グチをお聞きしたいと思います。 人間は人に話を聞いてもらい、悩み・グチを吐き出す事でかなり楽になります。よかったら体験談や悩みを吐き出してみませんか?若僧でよければいくらでもお聞きします。どうか遠慮なさらずにどんどん悩みを吐き出してみてください。かなり楽になりますよ。 このアンケートが少しでもお役に立てますようにm(__)m。 合掌

  • 就職難の原因に?偏差値リスト

    なっていないでしょうか? 新卒はもちろんのこと、就職難の時代で、もはや学歴優勢の時代が終わっているというようなドラマでもよく話題として取り上げられていますね。 でも、中高年層もリストラや企業の倒産で 再就職困難の時代は長く続いています。 そんな時、高校、短大、大学の偏差値リストを見つけました。 現在の偏差値と驚くぐらい変化があり、極端な話、中高年層が現役時代に、5流?偏差値40にも満たなかった高校などが どういうわけか 一流70台もの偏差値に書かれていたり、短大の偏差値は 過去は60-70台などの所があったり、大学がある短大部門など、大学では4年間で取得すれば良い単位を、半分の2年間で取得しなければならないハードなカリキュラムでレベルが高かったということもありましたが、そんな名門でも、現在、偏差値40台-50台とされてしまっています。 これを企業の採用担当者などが参考にして、採否を決めたりすれば、優秀な学歴だった人たちが採用見送られ、かなり学歴は低い人たちが採用される、ということもあり得てしまうのでは?と思うくらい、変化していました。 偏差値リストは、就職難の原因の1つになっていたりということはないのでしょうか? もはや中高年世代の就職にも、学歴優勢の時代は終わっている など  学歴自体、現代は、あまり関係なくなっているのでしょうか?

  • 就職難と人手不足について教えてください。

    就職難と人手不足について教えてください。 将来的に人手が不足し外国人労働者を受け入れる体制が必要と言われてますが、 一方で新卒の就職が厳しい現実があります。これはどのような意味での人手不足なんでしょうか? 1:現在は人が溢れているが2、30年後に人手不足になるという意味。 2:単純労働者を除いた有能な人材が日本人は少なくなったという意味。 3:低賃金で雇用が確保できないという意味での人手不足。 また、解決法は何が考えられますか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

あんまり意味のない疑問です。あるところで「優秀」と評価された人間はずっと「優秀」でありつづけるでしょうか。もちろんエリート街道ひた走る人もいるでしょう。でもつまづくかもしれない。いじけるかもしれない。そこからまた這い上がってくるかもしれない。あるところで「優秀ではない」と評価された人も同様。 そもそもオールマイティな「優秀」なんてないのです。 村上龍さんの「盾(シールド)」幻冬舎でも読んでみてはいかが。品切れらしいので図書館ででも探してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。まだまだ未熟でした。出直してみます! 評価を一度受けた人は有る意味幸せですよね。その重圧はあるかもしれませんが、思い通りに事が進むのは悪い気はしませんからね。

関連するQ&A

  • 就職難の時代に

    今ちょうど三十くらいで、就職が厳しかった時代に有名企業に採用された人はだいたい有名大学を出ていることが経験上多いですが、知り合いの男性はたいしてレベルの高くない大学にもかかわらず、その時代に有名企業に採用され、同期も難関大学卒が多いそうです。仕事の評価も明らかに他のひとよりいいとのことです。大学の友人にも何で採用されたんだ?と不思議がられているそうです。仕事の評価がいいというのが事実なら、入社試験で可能性を感じたから特別に無名大学でも採用になったんですか?

  • 新卒者の就職難についてのエコノミストの見識についてお願い致します。

    新卒者の就職難についてのエコノミストの見識についてお願い致します。 私は経済専門のエコノミストであり海外旅行に35か国をパックツアーに頼らずに 自分ひとりで冒険旅行をしてきた国際派です。 私はなにも自慢をしたいから書いているわけではないのですよ。 毎年ニュースで新卒者が就職できへんとでます。 今年は二割が進学も就職もしてないそうです。実際はもっと膨大な実態だと思いますが。。 でも就職でけへんのは、品質の劣化が主な原因ではないでしょうか? というのも求職数は昔からさほど大きな変化はありません。 しかし進学率が上がるに従って学生の品質も劣化しています。 つまり本来は高卒で就職するよなレベルの人でも大学に行き就職を先延ばししている だけではないかと国際派のエコノミストの私は精緻かつ緻密に分析しとります。 質問は 品質劣化が就職難の原因でしょうか?です。 よろしくお願いします。

  • 就職氷河期?

    高校生です。 ニュースを見ていると、新卒の大学生の方々の就職が非常に厳しいというようなことをよく聞きます。 あまり良く覚えていませんが、団塊の世代が一気に定年で退職し、就職がしやすくなると耳にしたことがあります。 あとどのくらいの時がたてば、就職は安定するのでしょうか? 尚、原因と考えられることは何でしょうか? 65歳まで働けるようになったからですか?

  • 不景気の今の時代の就職難について

    こんにちは。 お手数ですが下記の質問を見てくだされば幸いです。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4730425.html ついに退職願を出しました。 3年続けたので、もういいかな。と自分の中で区切りがついたためです。 予想以上に驚かれ、誘導尋問のように上司から呼ばれ引きとめられました。 理由は以前の質問を見てくだされば分かるかと思いますが、仕事の内容が 妥当じゃないこと、それに合った給料じゃないことです。 私はパートで、もちろん賞与も昇給もありません。正社員とほぼ同じ条件で 手取り10万以下です。正直よく生活できたなと思う給料ですが。 上司は「とくに気を引くような資格もないし今はきっと見つからないと思う」と 言い張ります。正直、なにを言われても辞めようという気持ちだったのですが 説得力のある言い方に少し今はためらってしまっています。 たしかに不景気で就職難かもしれませんが、自分の中でここまでの仕事を経験できたので 経験のないよりは少し有利かなぐらいに思うところがあります。 それにある程度事務に携われるような最低限の資格は保持しています。(パソコンや簿記など) なによりもまだ20代前半で若さもあるし、いざとなればどこでもあるような 甘い考えかもしれませんが少なからずそのようなことを思っています。 今のところに就職するまでは経験もなく、就職活動はとても大変でした。 しかし今は不景気といっても経験を積んでいるので、多少なりともあるかなと 思っていますが、今の私の条件だとやっぱり難しいでしょうか。 たかが3年勤めたぐらいで偉そうなことを言っていますがどうか 先輩方のアドバイスを頂戴いたします。

  • 弁護士・会計士試験の就職難について

    弁護士・会計士試験の就職難について 当方、会計士の受験を目指していましたが、昨今の経済事情により、就職状況がかなり厳しくなりました。 先輩の話をきくと、試験に合格してもアルバイトで生活をまかなっている人も少なからずいるらしいです。 特に大手では早期退職などを募集しているとのことで、 理系大学院卒、27歳の私には厳しい条件だと思っています。 また将来的に定年まで勤める企業ではないのが一般的だとは思うのですが、上記のことを考えると将来が心配です。 そこで質問ですが、 ・このまま就職できるかわからないが、試験勉強をつづける ・仮に中小を含め監査法人に就職できなかった場合に、どのような就職活動をとるのか ・会計とは全く異なる業種で就職活動すべきか(経理も視野にいれていますが、全く違う業種も考えています) ・監査法人からの転職の場合には、どのような業種・会社が一般的に多いのか。やはり会計士として生きていくのか、経理やコンサル、taxにいくのが当たり前なのかどうか。 ・また不謹慎ですが、万一早期退職(クビ)になった場合に、監査法人は斡旋してくれるのか。 多くの方が疑問をもっているとは思いますが、共感できる方・経験者の方のアドバイスをいただきたいです。

  • 大学生の就職難は努力しない人の甘えではないですか?

    私は現在、私立の医学部を受験中、一浪の者です。 私立と言っても、やはり難関で偏差値は60前後、倍率は20倍近くあり、苦戦しています。 予備校内で頭のいい人は受かり、普通以下はだいたい落ちる厳しい世界です。日々努力で 机に向かっています。 そんな私が最近気になっているのが、テレビのニュースなどで大学生が就職難で苦戦している という情報。結論から言ってただの甘えなのではないかと思います。 彼らは高校で勉強をロクにせず、苦手科目のない学部に入り、大学でさんざん遊んだ挙句(噂では掛け算も出来なくなるほどバカになるそうで)、そういう努力出来ない姿勢が染み付いて就職という受験に似た競争の場で、ようやく苦労する。だから、おおげさに騒ぐのではないですか? 受験で苦労して乗り切った人、真面目に努力してきた人は会社員になる試験で苦戦なんかしないと思います。ハングリー精神がありますし、挑戦する気持ちがあります。 ダラけきった人たちが、生まれて初めて本当の壁にぶつかるのが、就職難なのでは? 私にはダメ人間が落とされ、努力出来るまともな人が社会の入り口で選抜されているような気が します。 テレビなどでコメントしている大学生が苦しんでるように見えません。 彼らは社会に出れるレベルに達しないほど大学ダラけている 一種の不良みたいな感じなんじゃないですか? 学歴がどうこうよりダラけきって、あきらめてる姿勢が目立ちます。

  • 派遣や就職難で思うこと

    ひとつ、派遣切りや就職難で思ったことを 書きます。 派遣切りなどで、政府を批判する人、 社会を批判する人、派遣切りを断行した 会社を批判する人がテレビで見ていて 結構います。 でも、毎月10万くらいの収入があれば 僕は幸せだって思うのですよ。 もしかしたら、子供ができないかもしれない。 それに、贅沢な暮しはできないかもしれない。 でも、毎日食べられて、寝る場所があれば、 僕は十分に幸せな人生だと思うのですよ。 仮にその生活がいやだとしたら、 資格勉強を夜したり、もしくは ある程度お金を貯めて、それから、 仕事を辞めて資格の勉強に専念すれば いいと思います。 仮に年収が200万くらいでも、十分生活できると思います。 仮にその生活に僕がなったとしても、不満を言わずに 一生けん命生きていこうと思います。 年収200マンなら、必要最低限の生活費と家賃で、 十分貯蓄します。 僕はもともと、娯楽にはまったくお金を使わないので、 食費と電気代くらいで十分です。 仮にぜんぜん収入がなくても、それでも、僕は寄付とかして なんとか世の中の役に立つようにしたいです。 今は学生の身ですが、まったくといっていいほど、 お金を使いません。貯金はみるみるたまります。 食費くらい(しかもほとんど家で、あまりものばかりで まったく消費しません。)です。 でも、楽しいです。 友達と会話するだけで、とても幸せな気分になります。 派遣切りにあっても、前向きに仕事見つけようって (もしかしたら、仕組みが悪いのかもしれませんが) 思えないんでしょうかね? 派遣切りにあっても、その会社に対して、今まで 雇ってくれてありがとうとか、 政府も頑張ってるから、おれも違った形で応援しようとか そういう気にはなれないんですかね? もし仮に、派遣切りにあった人で、酒やたばこ、ギャンブル 雑誌などを買っている人がいたら、やっぱり、贅沢してるなと思います。 テレビが家にあるだけでも贅沢だと思います。 僕は、いつでもその生活になっても、ぜんぜんかまないですし、 景気が悪いから、逆に僕が派遣切りになることで 世の中のためになるとおもってしまいます。 みなさんは、どう思いますか?

  • 今は本当に就職難なのか?それとも仕事をより好みしてるだけなのか?

    今は本当に就職難なのか?それとも仕事をより好みしてるだけなのか? 最近やたら、今春卒業した学生の就職率の低さが話題になっていますが、実際のところ就職は本当に厳しかったのでしょうか? リクルートの調査によると、求人数はかつての氷河期をはるかに上回っていて、大学全入じゃないですがより好みしなければどこかには就職できるという求人数だそうです。 その求人数を企業規模別に就職希望学生数で割って求人倍率を出すと就職希望者はことごとく大企業に集まり、中小企業(特に小企業)は求人倍率が8倍を超えていて以下のような声もあります。 ただし、求人数が多いといってもその求人の中にはカラ求人が含まれている、正社員に見せかけた派遣や契約社員の求人も含んでいる、ブラック企業に就職するくらいなら就職しない方がマシという声もあり、一概に数字だけで判断することはできませんが、実際就職活動をされた方、人事をされている方などから見て以下に貼り付ける内容は正しいのか、そうでないのか判断いただきたいです。 貧困社会論、若者はかわいそう論は、ニセ社会問題 http://mercamun.exblog.jp/tags/%E4%BF%97%E6%B5%81%E8%8B%A5%E8%80%85%E8%AB%96%E6%89%B9%E5%88%A4/ 同書では、統計的根拠に基づき、若者の焦点を絞り、貧困社会論にまつわる通説をことごとく否定する。 【若者の就職難はウソ】である。大企業の求人も減っていないし、中小企業の求人は非常に多いという。 からくりは、大学進学率の増加によって大学生の数=母数が増加し、学生たちが中小企業の求人を拒否し、大企業の求人に殺到することにあるという。 卒業 倍率 求人数 就職希望学生数 00年 0.99 40.7万 41.2万←求人倍率過去最悪の就職難 01年 1.09 46.2万 42.2万 02年 1.33 57.3万 43.0万 03年 1.30 56.0万 43.1万 04年 1.35 58.4万 43.4万 05年 1.37 59.7万 43.5万 06年 1.60 69.9万 43.6万←好景気 07年 1.89 82.5万 43.7万←好景気 08年 2.14 93.3万 43.7万←新卒バブル 09年 2.14 94.8万 44.3万←新卒バブル 10年 1.62 72.5万 44.7万        ↑ 売り手と煽られた2006年を上回る求人数なのにマスコミが話題作りのために氷河期と煽る。内定率が悪いのは06~09年の新卒バブルで大企業病にかかった学生が身の丈にあわずに大企業ばかり受けて玉砕しているため 2000年 求人数(40.8万)<就職希望学生数(41.2万) 2010年 求人数(72.5万)>就職希望学生数(44.7万) 従業員規模別の求人数・民間企業就職希望者数・求人倍率 リクルートワークス調べ <2010年>            求人     就職希望者  求人倍率 超大企業(従業員5000人~)   4.5万人  11.7万人   0.38倍    大企業(1000~4999人)  11.5万人  17.4万人   0.66倍    中企業(300~ 999人)   16.3万人  10.8万人   1.51倍    小企業(300人未満 )    40.3万人   4.8万人   8.43倍←受ければいくらでも就職先はあるのに受けようとしない ---------------------------------    合計               72.5万人  44.7万人   1.62倍 大企業病の原因 検証「超・売り手市場」 偏差値40台「日東駒専」から 人気メガバンクへ、内定続々300人超 http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2007/20071015/ http://www.toyokeizai.net/life/rec_online/topics/detail/AC/139c8d8eb2547fa675af86084b3b03b1/page/1/ Aさん 同期は2000人です。就職活動中、銀行は「ザル」と言われてましたね。面接に遅刻さえしなければ、誰でも通る。 みずほFG新卒採用数      早慶   マーチ   日東駒専 01年 113名  136名    19名 09年 271名  396名   206名 JR東日本 新卒採用数        早慶   マーチ   日東駒専 2001年  36名   23名    11名 2009年  58名   94名   130名

  • 今の就職率は高いが不景気になったらこの世代の人達がまず切られる?

    私は就職氷河期という時代の人間でみんな行きたくても行けない企業が多かった記憶があります。もちろんトップの大学を出ている優秀な人達は例外でしたが。そこで、今は求人率も多く就職率も高いです。団塊の世代の人達の退職なので大量に雇うというのも理解できます。 しかし不景気がおとずれて会社の利益が圧迫されるようになった時に、今の時代(求人率の多い)に雇用された人達がまず首を切られていくのでしょうか?つまりその世代の人達の数が就職氷河期の人達に比べ人口が多いのでまずリストラがはじまった時に、この今の世代に会社に入った人達の優秀じゃない人達から首を順に切られていくのでしょうか?

  • 博士進学と就職について

    文系M2のものです。 女性で一浪しています。 最近まで博士進学を考えていましたが、お恥ずかしいですが能力不足や将来への不安を感じ、今更断念しようかと考えております。 最初から分かっていたことですが、先輩方の就職難が酷く‥ しかし他にやりたい仕事がなく、就活もしたことがない、どうしたらいいか途方にくれています。 今からだと相当厳しいでしょうし。。下手をすれば4月からは生活できないかもしれませんし。やはりもう手遅れでしょうか。。 この時期で新卒としての就職についてご存知のかた、ご意見よろしくお願いします。